格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

イオンモバイルのプラン変更方法について 手数料や注意点なども

使い方に合わせて毎月でも変更できる

まずプラン変更手続きですが、大手キャリアだから簡単、格安SIM事業者だから難しい、というようなことはありません。どちらも手続きの手間はそれほど変わりません。

今回取り上げるイオンモバイルの場合は、最小は500MBから、最大50GBまで10段階以上といった多数のプランから選べるので、利用状況に応じて変更すれば、常に適切な料金で利用することができます。

例えば、月々を安く抑えようと思ってデータ通信量が2GBのプランで申し込んだら、月末近くに通信制限にかかってしまったとします。そうした場合は、月の途中で変更手続きをすれば、翌月から4GBプランに変更することができます。また、例えば来月は旅行で多くデータ通信を使いそうといった場合でも手軽にプラン変更でき、さらにその翌月にはまた元のプランに戻すことなども簡単です。

イオンモバイルのプラン変更方法

プラン変更の方法は、イオンモバイルを取り扱いしているイオンのお店に行くか、お客様センターから申し込むかのどちらかです。

お店に行って変更する場合、休日などは混み合うことも多いと思いますので、電話で行ってしまう方がおすすめです。

イオンモバイルお客様センター
0120-025-260
受付時間:10:30~19:30(年中無休)

ドコモなどキャリアのお客様センターでは、なかなか繋がらず、何分も待たされたうえに、かけ直しになることも多々あります。しかし、イオンモバイルは実際にお客様センターに電話してみても、あまり待たされることなくオペレーターさんに繋がりますので、電話してしまう方が早く、簡単だと思います。

ただ、多くの格安SIM事業者は、インターネット上でプラン変更手続きをすることができますが、イオンモバイルはそれが出来ない点が少し残念です。

プラン変更のタイミングと手数料は?

では、プラン変更手続きをする場合、どんなタイミングで行えば良いのでしょうか。

もしプラン変更をしたい場合は、月の途中ならいつでも変更手続きを行うことが可能です。そして、手続きした内容が翌月に反映されるかたちとなります。

ただし、月の最終日だけは対象外で、最終日に申し込んだ場合は翌々月の反映になりますので注意が必要です。必ず最終日1日前までに申し込みましょう。

月末最終日は、プラン変更だけでなく、解約も受付けていませんので、併せて覚えておきましょう。

また、プラン変更手続きに対して手数料はかかりません。なので、極端な例で言うと毎月プラン変更をしたとしても、問題ありませんし、特に手数料もかかりません。

プラン変更手続きにおける注意点は?

何度でもプラン変更でき、特に手数料もかからないので、難しいことは無いかと思いますが、いくつか注意点はありますのでまとめてみました。

音声プランからデータプランなど、契約種別が変わるプラン変更は一度解約扱いになる!

イオンモバイルのプラン変更は手数料がかからないと説明しましたが、音声プランの中でデータ通信量を変更するようなプラン変更の場合です。もし、音声プランからデータプラン(もしくはその逆)など、契約種別を変更したい場合は、一度解約してまた新規で契約し直すことになります。分かりやすく言うと、音声プランの場合は電話番号が変わることになります。

当月にデータ通信量が足りない場合は追加できる!

プラン変更が適用されるのは来月からですが、今月のデータ通信量を途中使い切ってしまったら?そんな場合は、当月にデータ通信容量の追加という手段もあります。データ容量追加は、1GBあたり480円で、何度でも必要なだけ追加することができます。なお追加したデータ通信量は、申し込み当月のみ有効で、追加分が余った場合でも、翌月に繰り越すことはできません。

まとめ

イオンモバイルは、ドコモなど大手キャリアより細かくプランが分かれているのが特長です。そして、音声プランからデータプランといった契約種別が変わる手続きでなければ、変更手数料はかからないので、気軽に何度も変更して大丈夫です。生活スタイルに合わせて変えてみて、自分に適したデータ通信量を見つけましょう。