格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

イオンモバイルは3日間の速度制限なし!速度切替方法と注意点まとめ

イオンモバイルには高速通信制限はある?

イオンモバイルの通信制限はこのような仕組みになっています。

●1か月ごとのデータ制限はされます

そもそも、データ容量に合わせてプラン料金が決まっている以上は当然ですね。他社と同じく、次月の初めになればデータ使用量がリセットされます。

また、データ容量が余った場合は次月に繰り越されます。データの繰り越しは翌月末までの期限があります。プラン変更をした場合は、翌月から適用されます。

●高速通信の3日間制限はありません

なんと、イオンモバイルには高速通信の3日間制限がありません。

3日間制限とは、その日を含む直近の3日間で使えるデータ使用量が月間のデータ容量と別に定められているものです。例えば、3日間制限が1GBであれば、当日、1日前、2日前のデータ使用量の合計が1GBを超えると低速化します。

このような制限は、急激なデータ通信量増加による混雑を防ぐためのものでした。

一方で、イオンモバイルは3日間制限がないため映画鑑賞などでたくさんのデータを使うことや、繰り越した分をしっかり使いきることができます。

通信制限時の速度はどれくらい?

通信制限時の速度は200kbpsとなります。

この速度はテキストのダウンロードは問題なくできるけど画像より重いファイルには対応できないレベルのスピードです。オンラインでできることは文字だけのページ閲覧やメールくらいです。

逆に、ネット環境を必要としないものであれば、どんなに重くても使えます。よって、オフラインのゲームなら遅くなりません。

通信制限はいつ解除されるの?

通信制限の解除は翌月の初めです。

もし、当月の内に通信制限を解除したい場合はデータ容量を追加で購入します。

イオンモバイルでは、データの追加を1GBにつき480円(税抜)で受け付けています。一度に追加できるのは1GBのみで、回数は3回まで。つまり、最大で3GBまでデータを追加することが可能です。

※以上がQ&Aの説明ですが、公式サイトのデータSIM紹介を見ると追加の回数制限がないと書かれています。http://aeonmobile.jp/simtype/

おそらく、データ追加回数の変化があると思われます。

●データ追加の方法

データの追加はマイページ内の操作で行います。

マイページにIDとパスワードを入力してログインしたら左上をクリックしメニューを展開します。

そして「サービス」をタップすると現在のデータ使用量とその下部に「高速データ通信容量を追加」という文字が現れます。

この文字をタップすると、購入画面に移動します

注意事項に同意すれば手続きが完了します。

イオンモバイルには速度切り替え機能がある

イオンモバイルには高速通信オンオフ機能があります。これは、高速通信が必要ない時に、200kbpsの低速通信に切り替えられるものです。

この機能を使うことで、データ使用量の節約ができます。特にプランで定められた高速通信容量が少ないと言う人にお勧めです。

イオンモバイルの速度切り替えの方法

イオンモバイルの速度切り替え方法はこちらです。

まず、マイページにIDとパスワードを入力してログインしたら左上をクリックしメニューを展開します。

そして「サービス」をタップすると現在のデータ使用量とその下部に「高速データ通信容量を追加」という文字が現れます。ここまではデータ容量追加と同じですね。

さらに、その下へスクロールすると「SIMカード1:電話番号090-××××-××××」という文字が現れます。この部分をタップすると画面が下に展開します。

ここでは、利用開始日やオプションの契約状況などを確認できますが一番上に「高速データ通信」という文字があります。初期状態では高速データ通信が「利用中」となっています。

「利用中」の右隣にある「変更」をタップすれば確認画面に移ります。

最後に「高速データ通信を停止」をタップして完了です。

イオンモバイルの通信制限に関する注意点

●低速データ通信には3日間制限がある

イオンモバイルは高速通信に3日間制限を定めていません。ところが、低速通信については3日間の通信制限が定められています。

3日間で366MB 以上のデータを使うとさらに低速になります。「低速通信の時にそんなにデータを使うの?」と思いますが、見落としてはいけないのがIP電話です。

050の電話番号を使った通話はパケットを消費します。具体的には1分で250KBほど消費します。つまり、4分で1MBとなります。これは、LINEやSKYPEの無料通話も一緒です。

もし30分通話すれば7.5MB、1時間通話すれば15MBとなります。毎日通話する人は少ないと思いますが、他の機能や予期せぬアプリ更新が重なればすぐに366MBの制限を超えてしまいます。

もし、3日間制限を超えた場合はさらに遅くなるものの切断はされないようです。

ちなみに、シェア音声プランを使っている場合に低速通信の3日間制限がされた場合は、該当のSIMカードのみが対象となります。

●タイプ2のSIMカードは低速通信がないものの、音声通話機能は用意されていない

低速通信の3日間制限をなくしたい場合は、データSIMをタイプ1(通常のSIM)でなくタイプ2(新しく取り扱われるSIM)にする方法があります。

簡単な紹介をしますが、これを見ても一長一短だと分かります。

≫ タイプ1

・IIJ mioがMVNEとなっている

・契約の初月が日割り

・低速通信が3日間で366MB

≫ タイプ2

・NTTコミュニケーションズがMVNEとなっている

・契約時の日割りがない

・低速通信の3日間制限がない

・音声通話SIMはなく、今後サービスが開始する予定もない

・データ追加は月に6回まで可能

●わざわざマイページにアクセスしないといけない

マイページへのアクセスはWEB上で行います。イオンモバイルには専用のアプリがないので、すこしめんどくさいです。

●データ追加は当月限り

データ追加をした場合は、その容量を翌月に繰り越すことができません。せっかく480円(税抜)も払ったのにほとんど使わなかった...ということは避けたいですね。

月末は、データをむやみに追加せず我慢した方が良いでしょう。

●通常のデータ繰り越しも翌月末まで

通常のデータ繰り越しも、翌月末までが限界で翌々月まで繰り越すことができません。よって、「データが繰り越せたらラッキー」というくらいの気持ちで、余ったデータを使い切りましょう。