格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

IIJmioウェルカムパック for BIC SIMの魅力と開通方法

IIJmioウェルカムパック for BIC SIMとは?

IIJmioウェルカムパック for BIC SIMとは、BIC SIMカウンターで購入できるsimカードを購入するためのパッケージのことです。

パッケージを購入し、簡単な手続きを行うことで手軽にデータ通信を行ったり、通話を行ったりできるようになります。

BIC SIMという名称から、ビックカメラの独自の格安simサービスのように感じるかもしれませんが、IIJmioと中身は同じものです。

  • 選べる回線

BIC SIMの大きな特徴の一つは、回線をdocomoかauで選べることです。

2つのプランに分かれているため、今持っている端末や、これから購入する端末の仕様に合わせてプランを契約することができます。

  • タイプD: docomo回線を使用します。
  • タイプA: au回線を使用します。
     

※タイプAを契約する場合、auで購入した端末のうちsimロック解除されていること、VoLTEに対応していることの両方を満たしている必要があるため注意してください。

simロック解除の方法と解除可能な端末は、auのSIMロック解除のお手続き(https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/ ) をご覧ください。

VoLTEに対応しているかはau VoLTE( https://www.au.com/mobile/service/volte/ )をご参照ください。

  • 料金プラン

料金プラン(月額)はIIJmioと同じです。

ただ、au回線のタイプAはデータ通信専用のsimは提供していないため注意が必要です。

タイプDの料金

 

データ通信

データ+SMS

通話機能付き

データ量

備考

ミニマムスタート
プラン

900円

1,040円

1,600円

3GB

simカードを最大2枚にできる。

2枚目を追加すると、月額400円が追加される。

ライトスタート
プラン

1,520円

1,660円

2,220円

6GB

ファミリーシェア
プラン

2,560円

2,700円

3,260円

10GB

simカードを最大10枚まで利用できる。1~3枚目は月額に追加料金なし。

4~10枚目は月額400円/枚が追加される。

 

タイプAの料金

 

データ通信

データ+SMS

通話機能
付き

データ量

備考

ミニマムスタート
プラン

提供なし

900円

1,600円

3GB

simカードを最大2枚にできる。

2枚目を追加すると、月額400円が追加される。

ライトスタート
プラン

1,520円

2,220円

6GB

ファミリーシェア
プラン

2,560円

3,260円

10GB

simカードを最大10枚まで利用できる。1~3枚目は月額に追加料金なし。

4~10枚目は月額400円/枚が追加される。

 

  • IIJmioよりオトクなBIC SIM

基本的には中身が同じIIJmioとBIC SIMですが、違いがあります。

それは、BIC SIMなら月額362円のWi2 300という公衆無線LANサービスを無料で利用できることです。

公衆無線LANサービスがあれば、駅や空港、飲食店などで通信量を気にせずインターネットに接続することができます。

BIC SIMを契約したら忘れずにWi2 300への登録も行うと良いでしょう。

IIJmioウェルカムパック for BIC SIMはどこで購入できる?

全国のビックカメラ、一部のソフマップやコジマで購入することができます。

BIC SIMのホームページ(https://www.iijmio.jp/bicsim/counter.html )でお近くの店舗を探していくと良いでしょう。

店舗によっては、タイプDの販売は行っているものの、タイプAのパッケージの販売を行っていないところもありますので、自分の購入する回線タイプを取り扱っているか事前に調べていくようにすることをおすすめします。

IIJmioウェルカムパック for BIC SIMの利用方法

■開通までの手順

  1. IIJmioウェルカムパック for BIC SIMを購入する
  2. IIJmioのサイト( https://www.iijmio.jp/start/notes.jsp )にアクセスする
  3. mioIDを持っていない方は作成する
  4. “お申し込み方法の選択”画面で、パッケージをご購入済みの方にチェックを入れる
  5. START PASSに記載された電話番号とパスコードを入力する
  6. ”お申込み情報の入力”画面でプラン、simカードの機能、simカードサイズを選択する
  7. ”登録基本情報”画面で住所氏名等を入力する
  8. メールで認証コードが届くので、”申込み内容確認”画面で入力する
  9. 内容に間違いがなければ各種確認項目にチェックして申し込む
  10. simカードを端末に挿入する

■端末の設定手順

  • iOS

APN設定のためにWi-Fiに接続しておく必要があります。Wi-Fi接続後の設定方法は次のとおりです。

IIJmioのプロファイルダウンロード画面(https://www.iijmio.jp/hdd/devices/config.jsp )からプロファイルをダウンロードする→プロファイルのインストール画面に遷移するので、”インストール”をタップ→警告画面でも再び”インストール”をタップ

  • Android

ホーム画面の”設定”をタップ→”その他の設定”をタップ→”モバイルネットワーク”をタップ→”アクセスポイント名”をタップ→右上の”追加”ボタンをタップ→下記のAPN情報を入力→”戻る”ボタンをタップ

APN情報:
 APN                iijmio.jp
 ユーザー名       mio@iij
 パスワード       iij
 認証タイプ       PAPまたはCHAP

■Wi2 300への登録方法

以下のようにWi2 300への登録を行います。

  1. BIC SIMユーザー用の登録ページ( http://wi2.co.jp/jp/300/int/bic-sim/ )へアクセスする
  2. “申し込み情報入力”ページでメールアドレス、ログインID等を入力する
    ※電話番号とICCIDは、simカードがついていたカードの裏面に記載されています。
  3. ”内容確認”ページで内容に相違がなければ申し込む
     

IIJmioウェルカムパック for BIC SIMに関する注意点

  • 購入から登録までの期限がある

パッケージの裏面に有効期限が記載されています。有効期限を過ぎてしまいますと申込みをすることができなくなってしまいますので必ず期限までに申し込むようにしましょう。

  • 購入できる回線が限定されている場合がある

IIJmioウェルカムパック for BIC SIMは全国のビックカメラと一部のソフマップやコジマで購入することができます。

BIC SIMはdocomoとauの回線を選択することができますが、au回線を使用するタイプAのパッケージは取り扱っていない店舗もあります。

au回線を利用することを検討されている方は、BIC SIMのHPを確認してから店舗へ行くようにしましょう。

  • simサイズを間違えると再発行する必要がある

simカードのサイズを間違って購入してしまい、サイズを変更しようとすると、2,000円のsimカード再発行手数料がかかってしまいます。インターネットで申し込むと到着に数日かかってしまいますし、BIC SIMカウンターで即日発行しようとすると即日発行手数料1,000円が上乗せされてしまいます。

パッケージの表面にsimカードのサイズを記載したシールが貼られていますので、端末の仕様とパッケージのsimサイズを良く確認してから購入すると良いでしょう。