格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

BIGLOBE SIMの速度について 評判や遅い場合の対処法

BIGLOBE SIMの速度は速い?遅い?

BIGLOBE SIMはdocomoの回線を利用してデータ通信を行うことができます。そして、下り最大262.5Mbpsの速度を出すことができます。

これは言い換えると1秒当たり、およそ33MBのデータを受信可能ということです。これは、1秒で音楽ファイル(1曲あたり4MB)であれば8曲ダウンロードできることができる計算になります。映画(1分あたり4MBで120分)であれば15分ほどでダウンロードすることができる速度です。

こうした点を考えると、BIGLOBE SIMは十分早い回線であると言えます。とはいえ、この262.5Mbps(33MB/s)はあくまで理論上の最大速度です。

利用機器、電波の状態、回線の混雑状況によって変わってしまい、実測値は最大値に届かない場合があります。

BIGLOBE SIMの速度を計測する

では、実際にBIGLOBE SIMの速度を測定してみましょう。今回は、SPEEDTEST(スピードテスト)というアプリを利用して、平日の朝・昼・晩、休日の朝・昼・晩の6回測定しました。

  平日 休日
朝 (8:00) 22.34Mbps (2.79MB/s) 20.97Mbps (2.62MB/s)
昼 (12:00) 0.44Mbps (0.05MB/s) 2.42Mbps (0.30MB/s)
晩 (19:00) 1.70Mbps (0.21MB/s) 10.36Mbps (1.30MB/s)

 

理論上の最大値と実測値にかなり差がでる結果になりました。

特に、昼の時間帯は平日で50KB/s、休日でも300KB/sという速度になっています。この速度ではYouTubeのような動画ストリーミングサイトはもちろん、画像の多いホームページをブラウザで開こうとしてもなかなかダウンロードが完了しない状態になってしまう可能性が高いでしょう。

BIGLOBE SIMの速度の評判

BIGLOBE SIMの評判をいくつか挙げてみましょう。「速い」という意見もあれば、「遅すぎる」という意見もあります。

格安simをbiglobeからmineo Dに乗り換え決定。一番長く使ったbiglobeだがどうにも最近遅すぎる…昼だけならまだしもこの時間でも遅い。サヨナラー
https://twitter.com/arimiitomo/status/827136729781899264

BIGLOBEのsim、遅い。。。時間が時間なのはわかるけど、1M出てない。これは悲しい。。。MVNOはこんなもんなのかな。。。
https://twitter.com/JJ_Fujita/status/765477271964483584

格安SIMでこの速度って速いよね!(ドコモMVNO BIGLOBE)
まぁこんな時間だからこそなのだけども。
https://twitter.com/JT501/status/784848782647107585

BIGLOBE SIMの速度に関する注意点

受信最大速度はベストコンディションでの速度だということに注意する必要があります。

使用するスマホや、周囲あるいはBIGLOBE SIMの回線全体の混雑具合によって大きく速度は変化します。

BIGLOBE SIMの速度が遅い場合の原因と対処法

■速度が遅い原因

  • 利用者が多くて混雑している

先ほど実測した結果から、昼頃の速度が著しく低下しているということがわかりました。これは、お昼の時間帯に回線を利用している人が多かったためと考えられます。

また、時間に関わらず、特定の格安simの新規契約者が増えてきてしまう場合も、速度が遅くなる要因の一つになってしまいます。データ通信を行うための回線幅は決まっているため、その中を利用する人数が増加すればするほど個人の速度は落ちてしまいます。

この点、BIGLOBE SIMは2017年1月31日にネットワークの帯域増強を行いました。そのため、混雑する時間帯を除けば、しばらくはある程度の速度を出すことができると考えられます。

  • 使用している端末の環境

端末によっては、端末のスペック上最大受信速度が150Mbpsなど、BIGLOBE SIMの最大受信速度に届かないものもあります。また、近年では「キャリアアグリゲーション」と呼ばれる、複数の電波をつかむ技術によりデータ通信速度を上げることができる端末もあります。

端末の最大受信速度や、キャリアアグリゲーションに対応しているかといったハードウェアの環境によって速度が遅くなる場合もあります。

■速度が遅い場合の対処方法

  • 時間を変える

昼頃や、夜18:00以降はデータ通信を行う人の数が増える時間帯です。そうした時間帯は通信速度がかなり遅くなる傾向にあります。少し時間を変えてみて、混雑する時間を避けるならストレスなく利用できる可能性が高いでしょう。

  • 場所を変える

回線全体の混雑に加えて、自分がいる周辺の基地局が混雑しているため速度が遅くなるという場合もあります。場所を変えて混雑時ていない場所で通信を行ってみるというのも、一つの対処法と言えます。

  • 端末を変える

端末そのものの受信速度が遅い場合があります。受信速度の高い端末やキャリアアグリゲーションに対応している端末に変えてみることで、速度を上げることができる可能性があります。

  • 回線増強を待つ

これは、かなり受け身な方法ですが、時々事業者側が回線状況を行い通信の品質を改善することがあります。もし、上の方法を試しても改善しなかった場合は、事業者にメールを出して回線増強を待つしかないと言えるでしょう。