b-mobileでテザリングを使う方法 メリット・デメリットまで解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

b-mobileでテザリングを使う方法 メリット・デメリットまで解説

b-mobileでテザリングは利用できる?

b-mobileは日本通信株式会社が手掛けるドコモ回線を使った格安SIMサービス。日本通信は、ウィルコムのPHS回線をリセールした日本で初めてのMVNOとしても知られています。

テザリングとはスマホやiPhoneをアクセスポイント(親機)として、スマホ・iPhoneの通信回線を使いパソコンやタブレット、ゲーム機などをインターネット接続できる便利な機能です。別途ポケットWi-Fiなどの機器を用意する必要はありません。

b-mobileでテザリングが利用できるか否かですが、結論から言うとb-mobileの通信サービス側では特に制限などないのでテザリングが可能です。auやドコモ、ソフトバンクのような大手キャリアと違って、テザリングのためのオプションを契約する必要があったり、別途追加費用が発生したりすることはありません。

▽スマホ・iPhone側がテザリングに対応しているか否かが問題

テザリングの可否は、親機となるスマホ・iPhone側が対応しているか否かによって変わります。たとえばドコモで購入したAndroidスマホのほとんどは、残念ながらテザリングに対応していません。これはそれらの通信端末のAPNと呼ばれる接続設定が特殊な仕様となっているためです。テザリングを使おうとすると、ドコモで購入したほとんどのAndroidスマホは、ドコモの指定する特定の接続先(APN)へ繋がろうとしてしまい、b-mobileなどの格安SIMの回線では接続できなくなってしまいます。SIMロックが解除されているかどうかは関係ありません。(とはいえドコモで購入した全てのAndroidスマホが、テザリングに対応していないということでもないのが難しいところです。)

b-mobileのサイトではありませんが、同じくドコモ回線を利用した格安SIMサービス「mineo」の以下動作確認端末一覧ページでは、端末毎のテザリングの可否も記載されているので参考になるでしょう。

 http://mineo.jp/device/devicelist/docomo/

またドコモのAndroid端末以外の以下にあげる端末については、機種毎に対応さえしていればb-mobileでテザリングが可能。機種毎の可否は、やはり上記mineoサイトが参考になります。

・市販のAndroidスマホ

・SIMフリー版のiPhone

・au・ソフトバングから購入したAndroidスマホ

・ドコモ・au・ソフトバンクから購入したiPhone

b-mobileでテザリングする方法

b-mobileでテザリングをする場合、別途専用オプションの申込等は必要ありません。端末側でテザリングの設定さえすれば利用できるようになります。以下Android・iOSそれぞれのテザリングの設定方法を紹介します。

▽Androidのテザリング設定方法

ここで紹介するのは、Android 5.0/6.0の場合です。その他OSによって設定のメニュー名等が異なりますが、手順的には同じなので参考になります。

1.通知エリアから「設定」(歯車のマーク)をタップします。

2.「もっと見る」をタップします。

3.「テザリングとポータブルアクセスポイント」をタップします。

4.「Wi-Fiアクセスポイントをセットアップ」をタップします。

5.Wi-Fiアクセスポイントの設定画面が開きます。

 ここではWi-Fi接続するのに必要なネットワーク名(SSID)・パスワードを入力します。

 ネットワーク名は接続先を識別するためのものなので、自分で分かりやすいものを入力

 して下さい。

 パスワードはWi-Fiの通信を暗号化するために必要なセキュリティのための設定です。

 8文字以上で入力します。

 ※Android6.0でなおかつ接続先のスマホ端末が対応していれば、「AP帯域幅」として2.4GHz・5GHzのいずれかが選べます。

  2.4GHzならほとんどの端末がテザリング接続できますが、電波干渉が起こる可能性

  が高くなります。5GHzは電波干渉が起こりにくいですが、端末が対応していない

  可能性があります。テザリング接続する側の端末の仕様を確認して下さい。

6.右下の「保存」をタップします。

7.これでテザリングを設定するための事前準備が終わりました。

 あとは、機能をONにすればテザリングが利用できるようになります。

 「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」をタップすればON、もう一度タップすればOFF

 です。あとは適宜切り替えて下さい。

▽iOSのテザリング設定方法

ここで紹介するのはiOS 9のパターンです。

※SIMフリー版のiPadは後述の注意を先に確認して下さい。

1.ホーム画面の「設定」をタップします。

2.「インターネット共有」をタップします。

3.「”Wi-Fi”のパスワード」をタップします。

4.パスワード欄に、Wi-Fi接続する際のパスワードを入力して「完了」をタップします。

5.「インターネット共有」のスイッチをタップしてONに切り替えます。

以上でAndroidスマホ・iPhone側(親機側)のテザリングの設定は完了。あとは、パソコンやゲーム機などの子機側でWi-Fi接続の設定をするだけです。

▽Wi-Fi以外のテザリング方法

テザリングはWi-Fiを使う方法が最も一般的ですが、USBかBluetoothを使う方法もあります。USBを使うとテザリング接続と一緒にスマホの充電が可能です。ただしUSBケーブルで接続するのでパソコンしか接続できません。一方Bluetoothは消費電力が少ないのが特徴ですが、Bluetooth自体の最大通信速度が3Mbpsと低速なのでテザリングで接続する場合も高速な通信が期待できません。

それぞれのやり方ですが、まずAndroidでは上記手順のうち「テザリングとポータブルアクセスポイント」をタップした後、「USBテザリング」「Bluetoothテザリング」2つのメニューがあるのでそれぞれ設定する方をタップすればスマホ側の設定は完了です。なおUSBテザリングの場合はあらかじめPCとUSBケーブルで接続しておく必要があります。

一方、iOSでは、上記手順で「インターネット共有」をタップすればUSBによるテザリングが可能、Bluetoothでテザリングをしたい場合は「インターネット共有」をタップした上で端末のBluetoothをオンにすればOKです。

▽SIMフリー版の一部iPadはAPN構成プロファイルのインストールが必要

SIMフリー版の一部iPadでは、以下b-mobileのサイトから専用のAPN構成プロファイルをダウンロードしてインストールする必要があります。

 http://www.bmobile.ne.jp/devices/devices.html

上記サイトは常に最新の情報に更新されるようなので、テザリングを利用する場合は、事前に確認して下さい。

b-mobileでテザリングするメリット・デメリット

テザリングは便利な機能ですが、メリットだけでなくデメリットもあります。ここでは、b-mobileでテザリングを利用する際のメリット・デメリットを解説します。

■メリット1:他にモバイル通信用の契約をしなくてもよい

テザリングを利用することのメリットは、パソコンやタブレット、ゲーム機をインターネット接続するにあたって、ポケットWiFiなどその他のモバイル通信契約をしたりそのための機器を別途携帯したりしないでよいことです。スマホやiPhone1台とその契約さえあれば、パソコン等をインターネット接続できるので便利ですね。

■メリット2:b-mobile通信契約のデータ通信量を有効活用できる

調査会社MM総研が2015年に行った調査によると、スマホ利用者の約6割が1ヶ月で消費する月間データ通信量が3GB以下だったとのことです。高画質な動画をたくさん鑑賞するなどすれば消費されるデータ通信量も増えますが、ネットサーフィンやLINE、SNSぐらいでしかスマホを使わなければ確かに消費されるデータ通信量はそれほど増えません。

そのためせっかく大容量のプランを契約しても「毎月データ通信量が月末まで大分余るな」と思っているユーザーも多いのではないでしょうか。その際テザリングが使えることが分かれば、自宅のPCを使ったり新たにタブレットを購入したりして、テザリングで余りのデータ通信量を有効活用するといった方法もありますね。

特にb-mobileでは「b-mobile おかわりSIM 5段階定額」(最大データ通信量5GB)の他に選べるのが、「b-mobileSIM 25GB定額」となりその差は20GBもあります。たとえば、「b-mobile おかわりSIM 5段階定額」から「b-mobileSIM 25GB定額」へせっかくプラン変更しても、この大容量プランを結局有効に活用できていないユーザーも多いことでしょう。

■デメリット1:スマホ・iPhoneのバッテリー消費が激しい

Wi-Fiでのテザリングを行う際は、接続元となるスマホやiPhoneのバッテリー消費が激しくなります。これはスマホ・iPhoneとパソコンやタブレットと常にWi-Fi通信が行われる状態となるためで、テザリングを頻繁に使うならモバイルバッテリーの出番が多くなることでしょう。

ちなみに同時にバッテリー充電ができるUSBテザリングではPCしか接続できない、バッテリー消費が少ないBluetooth接続では通信速度が遅いといったデメリットがあり、結果的にWi-Fiテザリングが使われる機会が多いと想定されます。

■デメリット2:データ通信量の消費が激しい

スマホやタブレットと違い、PCをテザリングでインターネット接続すると、ウイルスソフト等のアップデートだったりGoogleドライブやDropbox等のクラウドストレージサービスの同期だったり、思わぬところで膨大なデータ通信量が発生してしまうことがあります。コーヒーショップなどで、ノートPCを開きテザリング接続して何時間か仕事をしていたら、いつのまにか月間データ通信量を消費しきって速度制限に抵触してしまった、なんてことも起こりえます。ちなみにb-mobileの「b-mobile おかわりSIM 5段階定額」「b-mobileSIM 25GB定額」には1日間・3日間で消費したデータ通信量による速度制限はないのでその点の不安はありません。

b-mobileの場合、月間データ通信量を消費しきった際の通信速度は最大200Kbpsまで制限され、そうなるとちょっときれいな画質の動画が観れなくなるなどの支障が生じます。なおb-mobileでは最大200Kbpsの通信下ではWebアクセラレータという機能が動作し、ホームページ参照の際に画像データが圧縮されて表示されるので、他社の回線で最大200Kbpsの通信を使うよりホームページの表示は速くなるでしょう。(かわりに圧縮される分、画像は粗くなります。)

b-mobileでテザリングする際の注意点

気を付けるべきは速度制限です。テザリングでPC等を頻繁にインターネット接続するなら、消費されるデータ通信量が膨大になると想定されます。そのため月間データ通信量の上限が5GBの「b-mobile おかわりSIM 5段階定額」ではなく、大容量の「b-mobileSIM 25GB定額」を契約することをおすすめします。

仮に上限に達してしまった場合でも、Turbo Chargeを利用すれば100MB/300円・500MB/1,200円(いずれも利用期間は最大90日)でデータ通信量の追加購入が可能です。しかし、仮に「b-mobile おかわりSIM 5段階定額」で500MBだけでもデータ通信量を追加すれば「b-mobileSIM 25GB定額」より月額料金が高くなってしまうので割高。頻繁にTurbo Chargeをするようならはじめから「b-mobileSIM 25GB定額」を契約するのがおすすめです。

その上で「b-mobileSIM 25GB定額」でも足りないのであれば、一層のこと市販のモバイルWi-Fiルーターを購入して「b-mobileSIM 25GB定額」(データ通信SIM)はPC等の接続用に使い、スマホのテザリングは使わないという選択をしてもよいでしょう。この時スマホ用には別途「おかわりSIM 5段階定額」の音声通話SIMを契約します。それでも月額料金はあわせて最大で約4,700円(月間データ通信量の合計は30GB)。仮にドコモで月間データ通信量の30GBのプランを契約すれば月額約10,000円になるので約半額です。

一方、時々テザリングを利用する程度であれば大容量プランも不要です。b-mobileでテザリングを使う場合は、実際に使った上でスマホで消費されたデータ通信量をこまめにチェックするなどして、自分の利用にあったプラン選択をするとよいでしょう。