格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

SIMデータ通信5GBプランは、どの位データ通信を利用出来るの?5GBプランで出来ること まとめ

5GBで出来ること

■動画

YouTubeを参考にしてみます。YouTubeでは再生動画の画質を調整できます。480p 360pというのがそれです。最近のスマホでは720p以上(HD画質)以上の解像度を再現できるようになっています。ただし、高解像度な映像を視聴するとそれだけデータ量がかかってしまう点に注意が必要です。

消費するデータ量と、5GBで視聴できる最大時間数は?

画質 動画時間 データ量 5GBで視聴できる最大時間数
360p 6分51秒 23.5MB 1,457分
480p 34分7秒 171MB 998分
720p 34分7秒 590MB 289分

 

サンプル動画から1分あたりの平均データ量を算出し、その値で5GBを割っています。動画の内容(静止画が多いものはデータ量が少ないです)によってデータ量が異なりますのでだいたいの指標としてお考えください。

5GBで格安スマホを契約するなら楽天モバイルを強くおすすめします。月々のスマホ代金を大幅に下げつつ楽天ポイントを貯める事が可能です。

詳しくは楽天モバイルのGBと料金プランをご覧ください。

解像度に関する豆知識

解像度が2倍になるとデータ量も2倍という感覚が強いかもしれませんが、そうではありません。解像度が2倍になると表示されるデータ量は4倍になります。

ポッドキャストの定期購読を多用している方

ポッドキャストは無料でも十分楽しめる番組が多いので利用されている方も多いのではないでしょうか?ラジオとは違い、番組放送に合わせて聴く必要もありません。購読をすると自動的に放送がダウンロードされ、ユーザーは好きなタイミングで視聴を行うことができるのが特徴です。ポッドキャスト1話分のダウンロード容量は数MBから数十MBとさほど大きくはありません。しかし、購読している番組数が多くなってくると話は別です。サンプルケースで試算してみましょう。

■分あたりの平均データ量は?
1分あたりの平均データ量を計るためにいくつかの番組からその分数とデータ量をサンプルとしてピックアップしました。
「32分14.6MB」「25分11.5MB」「8分3.65MB」の3つのデータから0.457MB/分となります。番組によってサンプリング周波数などが違い、それに伴いデータ量も変わってきます。この数値はだいたいの指標とお考えください。

■5GBでどれくらい視聴できるのか
5GB=5,000MBですので「5,000÷0.457=10,940.92」約10941分(182時間)ぶんの視聴が可能です。

■分数ではなく番組数では?
分数では少し分かりづらい面がありますので、1週間に1度30分の番組を放送するポッドキャストをダウンロードする場合の月間データ量を計算してみます。これから月間で何番組分聴けるのかを試算します。

■30分14MBの番組の月間データ使用量
1ヶ月4回放送と仮定します。
14×4=56(MB)
1番組1ヶ月で56MB利用する場合、5GBで何番組分に相当するのか
5,000÷56=89.29
となり約89番組分の視聴が可能です。

ポッドキャストの豆知識

ネットラジオとは違い、リアルタイム配信ではありません。そのため、Wi-Fi接続時にのみダウンロードをすることで番組をスマホやタブレットなどの端末に蓄積させておくことができます。こうすることでデータ消費量を抑えられます。

ネットラジオ

代表的なradiko.jpアプリを利用した場合の分あたりのデータ量からご紹介します。

■分あたりのデータ消費量は?
1分あたり0.5MBです。

■5GBでどれくらいの時間視聴できるのか
5,000÷0.5=10,000
10,000分(約167時間)です。

ネットラジオの特徴

ポッドキャストと違って「ほぼ」リアルタイム配信となります。そのため、事前にWi-Fiを使った番組ダウンロードが出来ないのがデメリットとなります。ただし、普通のラジオと同じ感覚で利用できるので、ライブ感が味わえるのが特徴だと言えます。

5GBはこんなに人におすすめ

■業界標準の3GBでは物足りない方に
2016年現在では3GBが格安SIMの標準データ容量だと言っても過言ではありません。3GB容量で格安SIMデビューをされた方も多いのではないでしょうか?実際に3GB(もしくはそれ以下の容量プラン)を使って物足りないという方におすすめできるのが5GBです。
「3GBで足りなければ、まず4GBではないの?」という意見があるかと思いますが、なぜか格安SIM業界には4GBプランを用意しているMVNOが2つ(BB.exciteモバイルLTEとSo-netモバイル)しかありません。業界最多の容量プランを用意しているDMM mobileでも4GBだけは空欄です。そのため「3GBで足りなければまず5GBプランを探す」というのが一般的な流れなのでしょう。

■個人用途からビジネス用途まで対応できる幅広さを求める方
用途が増えれば増えるほど、消費するデータ容量も比例して増えていきます。5GBは大容量プラン入門コースのようなものですので、個人用途からさらに幅を広げた用途にも対応できるでしょう。

GB単価が安い方が良い方に
格安SIMの契約データ容量は多ければ多いほどGB単価が下がっていきお得です。5GBプラン(データ通信専用)ですと250~300円が平均的なGB単価となります。3GBでは333円/GBが相場ですので1GBにつき数十円お得です。

■ポッドキャストや音楽データを外出先でダウンロードしたい方に
音声データは再生時間が長いほどデータ容量も大きくなります。また、音質が良いほどデータ容量も比例します。

■IP電話・無料通話アプリを多く利用したい方に
5GBあれば、IP電話や通話アプリの利用において時間を気にする必要がほぼ無くなります。電話機能を利用すると電話代が高くついてしまうので、これらのアプリで代替することを強くおすすめします。相手側も同じアプリが入れられる条件が整っていれば、通話料金も気にすることはありません。(ただし、IP電話は通話先により有料の場合もあります)

■メールを多用する方に
メールにおいては、通話アプリよりデータ通信量が少ないため5GB容量では、ほぼ使い放題の感覚で利用できるでしょう。ただし、メールに添付ファイルを付け加えた場合はこの限りではありませんのでご注意を。

5GBでデータ通信を契約するならおすすめは楽天モバイルです。詳しくはこちらの楽天モバイル料金プラン解説をご覧ください。

5GBで契約した時の料金はどのくらい?

事業者名 プラン名 データ容量 月額料金
DMM mobile データSIMプラン 5GB 1,210円
通話SIMプラン 5GB 1,970円
OCNモバイルONE データ通信専用SIMカード 5GB 1,450円
データ通信専用SMS対応SIMカード 5GB 1,570円
050 plusつきSIMカード 5GB 1,600円
音声対応SIM5GB/月コース 5GB 2,150円
楽天モバイル データSIM SMSなし 5GB 1,450円
データSIM SMSあり 5GB 1,570円
通話SIM 5GB 2,150円
U-mobile データ専用プラン 5GB 1,480円
通話プラスプラン 5GB 1,980円
IIJmio データ通信専用SIMライトスタートプラン 5GB 1,520円
SMS機能付きSIM ライトスタートプラン 5GB 1,660円
音声通話機能付きSIM みおふぉん ライトスタートプラン 5GB 2,220円
DTI SIM データプラン 5GB 1,220円
データSMSプラン 5GB 1,370円
音声プラン 5GB 1,920円
mineo Aプラン シングルタイプ 6GB 1,580円
デュアルタイプ 6GB 2,190円
mineo Dプラン シングルタイプ 6GB 1,580円
デュアルタイプ 6GB 2,280円

参考までに、キャリア契約の5GBプランの料金を掲載しておきます。

■au
・データ定額5(V) 5,000円/月

■ドコモ
・データMパック 5,000円/月

■ソフトバンク
・スマ放題 5GB 5,000円/月

通信量のプランを変更したい時はどうすればいいの?

通信料→通信量に修正しています

契約先のMVNOに申し出ることによりプラン変更が可能です。必ずこうなるとは言えませんが、次の手順でプラン変更を受け付けているところがほとんどです。参考にしてみてください。

1.契約先のMVNO公式サイトにログイン
2.プラン変更メニューを探し、「容量の変更」のような内容の項目を選択
3.変更したい容量と注意事項を確認し、申し込む

手順的にはこのように単純なものです。ただし、注意点があります。

■容量の変更が実施される締め日がMVNOによって異なる
「変更申し込みの締め日」「実際に変更が適用される日」が設定されているMVNOがあります。この場合、締め日直後に申し込みをしてしまうと、実際の変更まで最長1ヶ月待ちということもあり得ます。

■容量プランとSIMカードタイプの変更は別
容量プランの変更は違約金が発生しないのが基本ですが、SIMカードタイプの変更となると話は別です。容量プランは割と気軽に行えるのがメリットですが、同じ流れでSIMカードタイプの変更をしないようにしておきましょう。

スマホゲームを頻繁に使用する人は5GBじゃ少ない?

まず、ゲームアプリをインストールするため大規模なものですと1GB近くの容量を使うようです。この容量はタイトルによって大きく異なりますので、一概に5GBで足りるとは言い切れません。しかし、小容量のプランより確実に対応しやすいというメリットがあるのは間違いないでしょう。少しでも余裕を作るためには次のような工夫がおすすめです。

■アップデート・インストールはWi-Fiで行う
一度、低速通信でゲームが可能かどうかをチェックする
低速通信でゲームがプレイできるようならば、低速通信の状態でゲームプレイをしましょう。こうすることで高速通信のデータ量を節約できます。