格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

DMMモバイルでテザリンクする方法について 設定方法や注意点

DMMモバイルでテザリングはできるの?

DMMモバイルとはネット通販や動画配信で有名な株式会社DMM.comが運営する格安SIMサービス。他社格安SIMサービスと比較しても低価格でコースが多彩に用意されているために、最も人気の高い格安SIMサービスの1つとなっています。
テザリングとは、手持ちのスマホやiPhoneをルーター替わりにして、パソコンやタブレットなどをスマホ・iPhoneで利用中の通信回線経由でインターネット接続する機能です。モバイル環境でノートパソコンやタブレット等をインターネット接続するためには、本来モバイルWi-FiルーターやポケットWi-Fiといった機器や専用の回線契約が必要ですが、テザリングを使えばそういった機器や契約は必要なく、スマホ・iPhone1つですみます。
au・ドコモ・ソフトバンクといった大手キャリアのスマホ・Android端末を契約している場合、テザリングを使うには専用のオプション契約が必要でその分の月額料金が発生することがあります。しかしDMMモバイルなら、別にオプション契約をしなくてもテザリングを使うことが可能です。

手元のスマホ・iPhoneはテザリングに対応している?

DMMモバイルに関してはテザリングについて特に制限をかけていません。そのため手元の端末がテザリングに対応してさえすれば、DMMモバイルでテザリングの利用が可能です。DMMモバイルでは以下URLで、自社検証を行った上で調べた端末ごとのテザリングの動作確認の結果を示しています。テザリングの可否を調べたいのであれば、以下URLを参考にしてみて下さい。

http://mvno.dmm.com/doc/terminallist.html

ドコモで使っていたAndroid端末はテザリングできない?

これはDMMモバイルに限った話ではありませんが、NTTドコモで販売されている多くのAndroid端末では、ドコモ以外の契約でテザリングを利用できない傾向にあるようです。というのはNTTドコモのAndroid端末が、テザリングで接続しようとすると強制的にドコモの指定する接続先(APN)につながろうとしてしまうため。他のAPNを利用する必要がある場合は、テザリンクが利用できません。これはSIMロックが解除されているか否かとは別の問題です。
その他、au・ソフトバンクで購入しSIMロック解除された端末、SIMフリー版の格安スマホ、ドコモ版iPhoneでは基本的にテザリンクができるようです。具体的な機種毎の対応可否は上述の動作確認端末の一覧からご確認ください。

DMMモバイルでテザリングする方法

3種類のテザリングがある

設定方法を確認する前に、Wi-Fiテザリング・USBテザリング・Bluetoothテザリングの3種類があることを知っておきましょう。それぞれのテザリングの特徴・メリット・デメリットは以下の通りです。なおここでいう親機とはテザリングの接続元となるスマホ・iPhone、子機とはテザリングでインターネット接続するノートパソコンやタブレットなどをさします。

Wi-Fiテザリング

親機・子機をWi-Fiで接続するタイプのテザリング

▽メリット

・Wi-Fi接続さえできれば、子機は端末を選ばない

・USBテザリングの次に通信速度が速い

▽デメリット

・親機の消費電力が激しい

USBテザリング

親機・子機をUSBで接続するタイプのテザリング

▽メリット

・通信速度が速い

・テザリング中に親機の充電が可能

▽デメリット

・USB接続が可能なノートパソコンしか子機として

 利用できない

Bluetoothテザリング

親機・子機をBluetoothで接続するタイプのテザリング

▽メリット

・消費電力が少ない

▽デメリット

・通信速度がBluetoothの限界である最大3Mbpsと低速

この3つのうちで最もよく使われるのは汎用性が高く通信速度も速いWi-Fiデザリングでしょう。そのため基本的にはWi-Fiテザリングの設定方法さえわかればよいかと思われますが、必要に応じて他のテザリングも使い分けられると、より便利に利用できるようになります。

以下、Android・iOSを使ったそれぞれのテザリング設定方法を紹介します。

Android OS 5.0 / 6.0の場合

<Wi-Fiテザリングの設定方法>

1.通知エリアの「設定」をタップ

2.「もっと見る」をタップ

3.「テザリングとポータブルアクセスポイント」をタップ

4.「Wi-Fiアクセスポイントをセットアップ」をタップ

5.Wi-Fiアクセスポイントの設定画面が開くので以下情報を入力

ネットワーク名

(SSID)

Wi-Fiのネットワーク名。

任意の文字列を入力する。

セキュリティ

WPA2 PSKのまま

パスワード

8文字以上で任意のパスワードを入力

AP帯域幅

※Android 6.0

2.4GHz・5GHzのいずれかを選択。

2.4GHzなら多くの子機が利用可だが、

5GHzなら電波干渉が起こりにくく通信速度が遅くなりにくい

6.全て入力し終わったら「保存」をタップ※テザリングの準備が可能

7.次の画面で「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」をタップすればテザリングがON、もう一度タップすればOFFとなる

あとは子機側で、親機で設定したネットワーク名(SSID)に対してWi-Fi接続すればテザリングの設定完了です。

<USBテザリングの設定方法>

1.あらかじめパソコンとAndroidスマホをUSBケーブルで接続しておく

2.通知エリアの「設定」をタップ

3.「もっと見る」をタップ

4.「テザリングとポータブルアクセスポイント」をタップ

5.「USBテザリング」をタップ

<Bluetoothテザリングの設定方法>

1.通知エリアの「設定」をタップ

2.「もっと見る」をタップ

3.「テザリングとポータブルアクセスポイント」をタップ

4.「Bluetoothテザリング」をタップ

5.改めて通知エリアの「設定」をタップ

6.「Bluetooth」をタップ

7.周囲でBluetooth接続が可能な端末一覧が表示されるため、子機の端末名をタップ

8.「ペア設定する」をタップ

9.あとは子機側でペア設定を行えば接続完了

iOS9のデザリング設定方法

<Wi-Fiテザリングの設定方法>

1.ホーム画面の「設定」をタップ

2.インターネット共有」をタップ

3.「”Wi-Fi”のパスワード」をタップ

4.パスワード欄に、Wi-Fi接続する際のパスワードを入力

5.「完了」をタップ

6.「インターネット共有」をタップしONに切り替える

あとは子機側で、Wi-Fi接続すればテザリングの設定完了です。SSIDにはiPhoneの名前が掲載されます。

※iPhoneの名前は「設定」→「一般」→「情報」から変更することも可能です。

<USBテザリングの設定方法>

1.ホーム画面の「設定」をタップ

2.インターネット共有」をタップ

3.パソコンをiPhoneとUSBケーブルで接続する

<Bluetoothテザリングの設定方法>

1.ホーム画面の「設定」をタップ

2.インターネット共有」をタップ

3.あとは子機側でペア設定を行えば接続完了

DMMモバイルでテザリングするメリット・デメリット

テザリングは便利な機能ですが、メリット・デメリットがあります。それらを理解しておけばテザリングを快適かつ有効に使うことができるでしょう。

メリット1:モバイルWi-Fiルーターなどが不要

ノートパソコンやタブレットなどをインターネット接続する際には、モバイルWi-FiルーターやポケットWi-Fiなどの契約や機器が必要。しかしテザリングを使えば、普段使っているスマホやiPhoneで代替できてしまうのでそれらが不要です。その分の月額費用を節約できることに加え、モバイルWi-FiルーターやポケットWi-Fiの機器を持ち歩く必要もありません。

メリット2:DMMモバイルのデータ通信量を有効活用できる

せっかく大容量の契約をしていても、月によってデータ通信量が使い切れないこともあるのではないでしょうか。そんな時にテザリングが使えることもわかっていれば、その余ったデータ通信量を有効活用することもできます。

デメリット1:スマホ・iPhoneのバッテリー消費がはげしい

子機として接続できるのがパソコンに限られるUSBテザリングや通信速度が遅いBluetoothと比較して、Wi-Fi接続が可能であればどんな機器でも接続できなおかつ通信速度も速いWi-Fiテザリンクは出番が多くなることでしょう。ただし、このWi-Fiテザリングは、利用している間は常にWi-Fiでの接続を行っている状態となるためバッテリー消費が激しいのが難点。Wi-Fiテザリングを頻繁に利用する場合は、モバイルバッテリーが手放せなくなるでしょう。
またスマホやiPhoneのバッテリーが残り少なくなってしまった際のために、BluetoothテザリングやUSBテザリングが活用できればなお便利。あらかじめやり方を確認して置いたりUSBケーブルを持ち歩いておいたりすればより快適に利用できます。

デメリット2:データ通信量の消費が激しい

特にノートパソコンについては、仮にデスクトップで何もしていなくても、インターネットへ接続するとセキュリティソフトをはじめとした各種ソフトウェアのアップデート、Googleドライブなどのファイル共有サービスの同期などで、びっくりするくらい膨大なデータ通信量が消費されてしまうことがあります。ノートパソコンの大きな画面で高画質な動画の鑑賞などでも思いがけないデータ通信量が必要です。
その結果、テザリングを多用してノートパソコンをインターネット接続していたら、いつの間にか月間のデータ通信量を使い切って速度制限にかかってしまう、というのは普通に起こり得ることです。DMMモバイルで速度制限に抵触すると、他の多くの格安SIMサービスと同様に通信速度が月末まで最大200Kbpsになります。最大200Kbpsの環境下では、ある程度画質の良い動画が鑑賞できなくなったり画像の多いサイトの読み込みに時間がかかってしまったりなど、快適にインターネット利用ができなくなるので注意しましょう。
なおDMMモバイルでは最大200Kbpsの低速通信時に、通信しはじめの一定量だけ高速通信を行う「バースト転送」機能を提供しています。そのため仮に速度制限に抵触したとしても、テキストメインのホームページの読み込みなどはスムーズにできるでしょう。

DMMモバイルでテザリングする際の注意点

DMMモバイルでテザリングを利用する場合に限りませんが、端末がテザリングに対応しているか否かの確認は重要。この点は端末購入の前などにDMMモバイルオフィシャルページの動作確認端末一覧を確認するのがおすすめです。
あと気を付けなければいけないのは速度制限。ノートパソコンのモバイル通信用にテザリングなどを頻繁に使うと、数GB程度のデータ通信量はすぐに吹き飛んでしまう可能性があります。
DMMモバイルには月間データ転送量20GBの大容量プランまで用意されているので、もしテザリングを多用するのであれば、より容量の大きなプランを契約しておいた方が安心ですね。あとで1,000MB/480円(繰り越しなしの場合)などでデータ通信量を追加することもできますが、はじめから容量の大きなプランを契約しておくより割高になってしまいます。またDMMモバイルで通話SIMを契約しているのであれば、テザリング用に別途データSIMプランを契約しモバイルWi-Fiルーターを使った方がよいこともあるでしょう。
それからDMMモバイルでは、オプションとして日本全国63,000ヵ所以上のWi-Fiスポットが利用できるオプション「DMM Wi-Fi byエコネクト」(月額362円)を提供しています。マクドナルドやスターバックスをはじめWi-Fiスポットは街のさまざまな場所に設置されている上、Wi-Fiスポットを使えば契約で決められたデータ通信量を消費することもないので節約が可能です。
以上のようにテザリングを使う頻度によっては、契約をいろいろと見直した方がよいことがあります。Android・iPhoneに対応した「DMM mobileツールアプリ」でデータ通信量の消費量を確認しつつ、自分にあった契約を検討するのがよいでしょう。