DMMモバイルの開通までの手順を詳しく解説します

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

DMMモバイルの開通までの手順を詳しく解説します

DMMモバイルは開通までにどれくらいかかるの?

新しい通信サービスを契約したら、できるだけ早く使いたくなるのが人情ですよね。私のようにネットワークのサービスをいじるのが好きなユーザーはもちろん、ビジネスで利用する場合は、1・2日ネットワークサービスの開通がズレるだけで多大な損害につながることもあります。

DMMモバイルは株式会社DMM.comが提供する格安SIMサービス。低価格なプラン設計が人気で多くのユーザーが利用する人気の格安SIMサービスの1つです。

DMMモバイルでは、簡単に説明すると申し込みから通常3~4日で登録した住所宛にSIMカードが配送されます。宅内工事はないので、MNPという手続き方法をとって他社から既存の電話番号を持ち込んで移行するパターンでなければ、届いたSIMカードをスマホ等に挿して簡単な設定をすればすぐに利用可能です。

より正確に利用開始日(開通日)について説明するためには課金のシステムについて説明する必要があります。DMMモバイルは前払い制となっており、オンライン申込後に申し込み内容に不備がなければ毎日12時頃か13時30分頃に、登録したクレジットカードに対して決済が行われます。(決済が行われた後の時間に申し込んだ場合は翌日に決済)そしてその翌日から3日以内にSIMカードが配送されるのですが、利用開始日はMNP転入を行わないのであればSIMカードの着荷予定日です。

なお申込情報の確認作業に時間がかかったり申込情報に不備があったりすると、SIMカードの配送が遅れ結果的に利用開始日も後ろ倒しになってしまいます。早く使いたいのであれば、クレジットカード情報を含めて申込情報には誤りがないようにしましょう。 

  • MNP転入する場合の開通日は? 電話できない期間は発生する?

MNP(Mobile Number Portability)は日本語に訳すと「携帯ナンバーポータビリティ」と言い、携帯電話やスマホの加入者が元の番号を移行先の通信業者でも継続して利用できる制度のことです。一昔前はこの制度がなかったために携帯会社の解約はそのまま電話番号が使えなくなることを意味したため、携帯電話の移行は高いハードルでした。日本ではMNPが2006年10月24日にスタートし通信会社への移行がしやすくなっています。

またMNP開始当初は、移行元・移行先間の手続きの関係でどちらの通信サービスも電話も使えない期間が数日程度も発生しており不便でしたが、最近ではこの空白期間(不通期間)が発生しにくくなっています。

DMMモバイルでMNP転入する際は、SIMカードが到着するまではMNP転入をしない場合と日数は同じですが、その後は任意のタイミングでマイページから「電話番号切り替え手続き」を行うことができ、この日が利用開始日(開通日)となります。電話番号切り替え手続きから最大で3時間程度だけ移行元・移行先(DMMモバイル)ともにモバイル通信や電話が使えない期間が発生します。

DMMモバイル申込から開通までの流れ(MNPの場合)

  • 申込時に用意・確認が必要なもの

DMMモバイルはオフィシャルサイト(http://mvno.dmm.com/)から申込が可能。他社からの移行(MNP転入)の場合には申込時に以下が必要です。

・MNP予約番号

MNP予約番号とは、他社から電話番号を持ち込んで移行する際に必要な番号のことです。移行元の通信会社から取得します。取得方法は以下の通りです。

▽ドコモ・au・ソフトバンク

  ドコモ au ソフトバンク
携帯サイト i-menu->お客様サポート->申し込み手続き->各種お申込・お手続き
(24時間)
EZweb->auお客さまサポート->申し込む/変更する ->携帯電話番号ポータビリティ(MNP)
(9:00~21:30)
Yahoo!ケータイ->My SoftBank->各種変更手続き->MNP予約関連手続き
(9:00~21:30)
PCサイト My docomo
http://www.mydocomo.com)
スマホから 151(9:00~20:00) 157(9:00~20:00) *5533(9:00~20:00)
一般電話から 0120-800-000
(9:00~20:00)
0077-75470
(9:00~20:00)
※フリーダイヤル
0800-100-5533
(9:00~20:00)
※フリーダイヤル

 

ワイモバイル

  ワイモバイル
(PHS・スマートフォン)
ワイモバイル
(旧イー・モバイル)
携帯サイト My Y!mobile->料金&各種申込->MNP予約->MNP予約申込 My Y!mobile->料金&各種申込-> MNP予約->MNP予約申込
PCサイト TOP(https://my.ymobile.jp/muc/d/top) ->My Y!mobile(ログイン)-> 契約内容の確認・変更->携帯電話番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き
(9:00~21:30)
TOP(https://webmy.ymobile.jp/portal/) -> My Y!mobile(ログイン)-> MNP予約-> MNP予約を申し込む
(9:00~21:30)
スマホから 116(9:00~20:00) 151(9:00~20:00)
一般電話
から
0570-039-151
(9:00~20:00)
※フリーダイヤル
0570-039-151
(9:00~20:00)
※フリーダイヤル

MNP予約番号を取得する場合、移行元にてMNP転出手数料(3,000円)が必要です。

・クレジットカード

契約者本人名義のクレジットカードが必要です。登録したクレジットカードに対して請求が行われます。

・本人確認書類

通話SIMカードを利用するためには本人確認用の種類が必要です。
※例:運転免許証・健康保険被保険者証・パスポート・住民基本台帳カード・個人番号カードなど
※引越して現住所が異なる場合は、発行日から3ヶ月以内の住民票もしくは
 公共料金領収書(都市ガス、電気、水道)を補助書類として提出します

・利用端末のSIMカードサイズ

DMMモバイルでは、標準・マイクロSIM・ナノSIM(左に表記したものほど小さい)いずれかのSIMを選択できます。どのSIMサイズが必要か事前に確認が必要です。なおオンライン申込の際に、利用端末の機種名を選択することで自動的に必要なSIMカードの種類を選んでくれる機能があるのでそちらを活用してもよいでしょう。

2サイズ対応の端末であれば、今後主流になると考えられるより小さなサイズのSIMをおすすめします。小さいサイズであれば、数百円程度で購入できる市販のSIMカードアダプタを利用することでより大きなサイズのSIMとして使うことができるので、今後別のスマホを使うことになっても使いやすいです。契約後にSIMカードを交換する場合は3,000円の変更費用が必要になります。

  • 申込から開通までの流れ

1)DMMオフィシャルサイト(http://mvno.dmm.com/)上部の「申し込み」をクリックします。

2)オンラインでの申し込み手続きを行います。ここで利用プランの選択、契約者情報・クレジットカード情報の入力・本人確認書類のアップロードを行います。

3) 毎日12時頃か13時30分頃に入力したクレジットカードにて初回の決済が行われます。なおオンライン申込がその時間の後だった場合は翌日の12時頃か13時30分頃に決済が行われます。

4)決済が正常に完了してから3日以内にSIMカードが配送されます。

5)マイページ(オフィシャルサイト画面右上にリンクあり)から電話番号の切り替え手続きを行います。この手続きをもって移行元の契約は使えなくなり、DMMモバイルから支給されたSIMカードが使えるようになります。なおこの時新旧両方のSIMカードが使えない時間が3時間程発生する可能性があるので注意して下さい。

6)SIMカードを端末に挿入し設定を行います。設定方法は端末によって異なるのでオフィシャルサイト(http://mvno.dmm.com/apn/index.html)で確認して下さい。

DMMモバイル申込から開通までの流れ(新規の場合)

  • 申込時に用意・確認が必要なもの

クレジットカード・本人確認書類(通話SIMの場合)の用意と利用端末のSIMカードサイズの確認が必要です。詳細は「DMMモバイル申込から開通までの流れ(MNPの場合)」と同じなので上記を参照ください。

  • 申込から開通までの流れ

1)DMMオフィシャルサイト(http://mvno.dmm.com/)上部の「申し込み」をクリックします。

2)オンラインでの申し込み手続きを行います。ここで利用プランの選択、契約者情報・クレジットカード情報の入力を行います。また通話SIMを契約する場合はあわせて本人確認書類のアップロードも求められます。

3) 毎日12時頃か13時30分頃に入力したクレジットカードにて初回の決済が行われます。なおオンライン申込がその時間の後だった場合は翌日に決済が行われます。

4)決済が正常に完了してから3日以内にSIMカードが配送されます。

5)SIMカードを端末に挿入し設定を行います。設定方法は端末によって異なるのでオフィシャルサイト(http://mvno.dmm.com/apn/index.html)で確認して下さい。

DMMモバイル開通の際の注意点

  • MNP予約番号の有効期限について

MNP転入を行う場合は、移行元で取得したMNP予約番号の有効期限に注意が必要。MNP有効期間は取得時15日間ですが、DMMモバイル申込には10日以上残っていることを求められます。仮にそれより短い場合は再発行しなければなりません。なおMNP予約番号を取得する際は、移行元にてMNP転出手数料(3,000円)が請求されますが、再発行したからといって2回以上請求されることはないので安心して下さい。

またマイページでの電話番号の切り替え手続きは、有効期限が切れる前々日の19時までに行う必要があります。もしその時点で行われていないと、有効期限前日の10時以降にDMMモバイルが順次自動で電話番号の切り替えを行うことになり、任意でのタイミングの切り替えがききません。

  • MNP切り替えの受付時間について

マイページから電話番号の切り替え手続きが行えるのは、10:00~19:00(土日祝祭日含む)です。仕事で平日はその時間に対応できない人も多いと思います。MNP予約番号の残り期間のことも考えて、事前にある程度スケジューリングしてから申し込んだ方がよさそうですね。

  • シェアコースを利用する場合について

DMMモバイルには契約するデータ通信量を2枚以上の音声通話SIM・データ専用SIMで分け合えるシェアコースがあります。SIMカード利用枚数が複数枚の際に月額料金を節約できるお得なコースですが、シェアコースを利用するのであれば、MNP転入できるのはそのうちの1枚目のみ。2枚ともMNP転入する必要があるのであれば、シェアコースは使えません。

  • 不通期間について

マイページから電話番号の切り替え手続きを行えば、即日で切り替えが実行されます。ただ全く新旧両方のサービスで電話できない時間が発生しないわけではなく、最大3時間程度の不通期間が発生する可能性があるので注意して下さい。またデータ通信は音声の切り替えから最大で1時間経過してから利用可能となります。そのためDMMモバイル側で音声通話ができるようになった後でも、その後1時間程度は、ネットサーフィンやLINE利用、YouTubeでの動画鑑賞などなどインターネットが使えない可能性があるので、仮にそうなったとしても焦らないで待つようにしましょう。

  • 最低利用期間について

データSIMには最低利用期間はありません。一方、音声通話SIMには利用開始日を含む月の翌月から12ヶ月後の月末日までの最低利用期間が設定されています。最低利用期間前に解約すると、解約手数料として9,000円が発生するので注意しましょう。