格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

DMMシェアコースを理解してうまく活用しよう!

DMMシェアコースって一体何?

dmmシェアコースとは

DMMモバイルは今格安SIMの中でも勢いは増しており、格安スマホといえばDMMモバイルとまで言われるようになりました。その中にシェアコースというものがあるのご存知ですか?誰かとシェアするの?という想像はできますが、具体的には何を誰とシェアすることができるのでしょうか?

このDMMシェアコース」とは、データ通信量を家族や友人、恋人などとシェアすることができるサービスプランです。シェアする事によって、データ通信量をあまり使わない人が、データ通信量を多く使う人に分け与えてシェアできるので、結果的に料金が安くなるという仕組みです。

このDMMシェアコースではデータ通信容量が8GB.10GB.15GB.20GBの容量になっていますので、このデータ通信容量を家族や友人等とシェアしようというわけです。

例としまして、まずはSIMカードを複数枚購入します。普通は1枚だけだと思うのですが、1度に複数枚のSIMカードを契約してしまいます。(最大3枚までSIMカードは購入することができます。)そしてこの複数枚のSIMカードで上記の通信容量をシェアするわけです。

家族のデータ通信の使用量に偏りがある時に便利

たとえば、ある家族を例に考えてみると、お父さんは電話ぐらいしか使わない、お母さんはメールや電話、たまにネット、子供はアプリもするし、インターネットもたっぷり使うといった時に、お父さんの方で使わないデータ容量をお母さんや子供が利用することができるようになるんです。これは、あまりスマホを使わない側も使う側にとっても分け合えるので快適に使用することができます。お父さんは2GB、お母さんは3GB、子供は5GBといったように、使いたい人に多めにすることができるんです。この家族のスマホの月額料金は、合計7950円となります。これは、今までの一人分の携帯料金くらいではないでしょうか?3人分でこれだけの金額は、家計にも助かりますよね。これは、家族全員がスマホを使っているという時にも便利です。これに契約しておくことで、毎月の携帯料金もかなり安く抑えることができるので、お互いにメリットが大きいコースとなっています。

DMMシェアコースのメリット・デメリット

DMMシェアのメリット

こんなに魅力的なDMMシェアコースですが、メリットとデメリットの両方をきちんと把握しておかないといけません。そこで、それぞれに分けてまとめてみました。

メリット

まずは、メリットから。同時に複数のスマホを契約したい場合に、このDMMシェアコースを利用するとお得になります。というのも、格安スマホは毎月の使用料はリーズナブルですが、最初に初期費用として3000円発生してきます。DMMシェアコースでなら、同時に3人が契約したいと思いSIMカードを入手しても、初期費用は1件分の3000円で済みます。普通の1人で契約するといったシングルコースにすると、3人分で9000円発生するところを3000円で抑えることができるんです。つまり、DMMシェアコースは使い始める前の最初の費用でもかなりお得になるということです。

さらに、最大3人でシェアすることができるので、家族みんながスマホを持つ時にも便利になっています。子供はやっぱりゲームをよくしますし、友達とのやり取りも多くすると思います。しかし、お父さんはとなると、仕事の関係でだけスマホを使う方の方が多いのでは無いでしょうか?そんな事情にしっかりと対応することができるのが、DMMシェアコースとなっています。通信料をよく使わない人は、よく使う人に通信料を分けられるというシステムになっているので、シンプルですね。

デメリット

では、DMMシェアコースのデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?まずは、縛りが厳しいという点です。多くの携帯会社が最低の契約期間が決められており、違約金の設定もしてあると思いますが、DMMシェアコースを契約していて12ヶ月間を超えない時に解約をした場合に、違約金が9000円も発生してきます。この違約金の金額が、普通のシングルコースに比べると少し高めに設定されているんです。なので、DMMシェアコースにするなら、最低1年は使うというのを使用する人の間で約束事として決めておくといいでしょう。

また、SIMカードの変更ができないのもDMMシェアコースのデメリットとして挙げられます。故障や不具合の時には仕方ありませんが、それ以外の時にはSMカードの変更ができないようになっています。つまり、音声通話機能のオンオフの変更や別の大きさのSIMカードにするといったことが無理になってくるんです。これも、最初にDMMシェアコースを契約する際に忘れずにチェックしておかないといけないですね。DMMシェアコースにはこういったデメリットもあるので、それも知った上で自分たちに向いているかどうか考えてみましょう。

⇒DMMモバイルの公式HPはコチラから

DMMシェアコースはこんな人とシェアできる

人々

では、具体的にDMMシェアコースではどんな人とシェアすることができるのでしょうか?ケース別に詳しく見ていきましょう。

家族とシェアできる

一番多いケースは家族で使用するパターンでしょう。最大3枚までSIMカードを購入することができるので、家族にとっては助かりますよね。特に、親子でDMMシェアコースを活用する人が増えています。料金はリーズナブルだけど、たっぷり使いたい人は満足できるし、使わない人はそれを使う人に分けてあげることができるといった感じになっています。

友達同士でシェアできる

友人同士で格安スマホに変えようかなと話している時にもおすすめになっています。友人が1人でも2人でもDMMシェアコースを申し込むことができます。最大3枚までSIMカードを購入できるので、自分含めて最高で2人の友人までも呼ぶことができます。友人もスマホの料金が安いというのは嬉しいと思うので、願っている機種がDMMシェアコースを利用できる場合にはぜひ声をかけてあげるといいでしょう。あまり今月は使わなさそうという時には、使うという友人に分けてあげることができるので便利です。

恋人同士でシェアできる

恋人同士でDMMシェアコースを利用する人もいます。DMMシェアコースを申し込んでSIMカードを2枚購入すれば二人で使用することができます。スマホのデータ容量まで仲良く分けることができるのはいいですよね。恋人同士で通話SIM2枚10GBプランに申し込んだ場合、音声通話がお互い30分することができて、月額3650円となるので、とてもお得です。二人で節約もできてしまいますね。二人でスマホについて話す機会も増えると思います。

DMMシェアコースはこういった人とシェアできるんですね。今のスマホで満足できていない人は、ぜひDMMシェアコースにしてみましょう。DMMシェアコースの具体的な使用、手続き方法DMMシェアコースがどんな内容のコースかわかったところで、実際に使用する場合どのように進めていくのか見ていきましょう。

実際にDMMシェアコースを使用する方法

DMM mobileのホームページに入ります。すると、新規申し込みというボタンがあるので、クリックしましょう。次のページでは具体的にコースを選んでいくようになっています。SIMカード利用枚数というところに、シングルコース(1枚)とシェアコース(最大3枚)が記載されています。DMMシェアコースに申し込む際には、後者のシェアコース(最大3枚)の方を選ぶようにしましょう。

次に、通話SIMプランかデータSIMプランのどちらかを選びます。これは、電話番号付きにするかどうかといった問題になってくるので、多くの場合が通話SIMプランの方を選択することになるでしょう。電話番号を以前のものを引き継ぐかどうかといったことついても、契約を進めていくうちに確認できるようになっています。また、基本データ通信量も何GBにするか、ここでチェックを入れるようにします。

このように、プランを選択し情報を入力していくと、最後にプランの確認というページにたどり着きます。そこでは、最終的に料金の確認ができるようになっています。それに加えて、初期費用の3000円が発生することについても記載があります。その表示されている内容でよければ、次に進みます。次は、個人情報の入力と支払い方法の選択になります。ここも順調に入力を進めていくと、最終的にDMMシェアコースに申し込みが完了しましたという表示が出てきて、これで完了ということになります。あとは、後ほど自宅に届くSIMカードをそれぞれのスマホに入れて利用することができます。機種も一緒に新しく変えたいという時には、DMM mobileのホームページをチェックするとラインナップが出てくるので、その中から選んでみるといいでしょう。ネットでの申し込みになるので、初めは本当にきちんと契約できているかなどといったことが不安になりますが、きちんと問題なくスマホを使えるので安心しましょう。

DMMシェアコースの料金体系を教えて

DMMシェアコースの料金

DMMシェアコースの魅力や手続きの方法がある程度わかったところで、実際に料金体系はどうなっているのか確認しておきましょう。これは、毎月使用していく中で一番重要な点ですよね。シングルコースよりも割高になってしまったら困るので、しっかりと確認するようにしましょう。

まず、DMMシェアコースは8GB.10GB.15GB.20GBのどれかを選ぶことになります。そして、この8GBと10GBの両方にそれぞれ、データSIMのみプラン最大3枚、通話SIM1枚+データSIM最大2枚プラン、通話SIM2枚+データSIM最大1枚プラン、通話SIM3枚プランといった4種類のSIMカードの選ぶ方があります。このどれを選ぶかによって、毎月の料金は変わってきます。

データSIMのみプラン最大3枚の8GBは1980円、10GBは2190円、通話SIM1枚+データSIM最大2枚プランの8GBは2680円、10GBは2890円、通話SIM2枚+データSIM最大1枚プランの8GBは3380円、10GBは3590円、最後に通話SIM3枚プランの8GBは4080円、10GBは4290円といった料金に設定してあります。8GBと10GBの差額があまりないので、みなさん10GBを選ばれることが多くなっています。また、15GB通話SIM3枚で5700円、一番高くなっている通話SIM3枚プランの20GBでも3人スマホを持つことができて毎月7380円となっているので、値段の安さには驚きですね。

DMMシェアコースはデータ容量やプランの組み合わせを選べるようになっているので、複数枚SIMカードを欲しいと思っている時には、最適なコースといえるでしょう。

⇒シェアコースについて公式HPでもう少し詳しく見てみる

実際に使ってみた人たちの口コミ

それではドコモからDMMモバイルのシェアプランに乗り換えた方の実際の体験談を記します。

DMMシェアプランに乗り換えることで10820円安くする事ができました

●ドコモでデータ通信容量5Gの通話定額プランを利用していましたが、2人分で月々16000円かかるので、もうちょっと料金を安くしたいとすっと考えていました、先月に格安スマホをDMM mobileで購入しました。このタイミングで乗り換えた理由は、2ヶ月通話料が無料というキャンペーンをやっていたからです。これだけのキャンペーンをやっている会社は他にありませんでした。

スマホも新しく買い換えたのですが、機種はLG G2miniです。一括だと32400円かかってしいますので、24ヶ月の分割払いにしました。

プランについてはいろいろと悩みましたが、「シェアコース」というDMM mobileのオリジナルプランを選びました。このプランの特徴は、月の通信容量を最大3枚までSIMカードでシェアするというものです。私は8GBのプランにしました。データSIMカードと通話SIMカードで、月に最大8GBまで使うことができます。
家族と通話SIMカードをシェアするので、2枚必要になりました。

通話SIMカード2枚、データSIM1枚、8GBのシェアコースのプランで基本使用料は3380円となります。

⇒TOPページに戻る