格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

DMMモバイルでプランを変更するには?

業界最安値に挑戦し続けているDMM mobileは、格安SIMプランの数も豊富なことで知られています。現在は、データ通信機能のみの「データSIM」、音声通話機能も付いた「通話SIM」という2種類のSIMそれぞれで10のプランを展開。このプランの多さも、DMM mobileが人気を集めている理由のひとつです。

そして、プランが豊富なためDMM mobileユーザーの中には契約途中で「プランを変更したい」を思う人も少なくありません。そこで今回は、DMM mobileのプラン変更方法をご紹介致します。

DMM mobileは途中でプラン変更が可能!

  • いつでも無料でプラン変更可能なDMM mobileの格安SIMプラン

高速データ通信量別に全9種類という業界最多の格安SIMプランを設定しているDMM mobileでは、利用状況にあわせていつでも簡単に格安SIMプランを変更することができます。また、通信容量の変更を行った場合でも原則として変更手数料等は発生しません。

  • プラン変更を行うタイミングに注意

いつでも簡単にプラン変更を行うことのできるDMM mobileですが、プラン変更を申し込む時期には注意が必要です。DMM mobileのプラン変更は、下記の通り申し込みを行った時期によって変更後のプランが適用される時期が異なるためです。

・毎月25日までに申し込んだ場合

→翌月から変更内容が適用

・毎月25日以降に申し込んだ場合

→翌々月から変更内容が適用

DMM mobileではこのように、NTTドコモ、au、ソフトバンクといった携帯キャリアでのプラン変更とは異なり毎月25日以降の変更申請分については翌々月からの適用となります。したがって、できる限り毎月25日までにプラン変更を申請することをおすすめします。

  • 一度申請したプラン変更も、一定期間キャンセル可能

一旦格安SIMプランの変更を申請したものの、さらに検討を加えているうちに自分自身にとってより最適なプランが見つかるというケースも少なくありません。こういった場合、多くの格安SIMサービスでは一旦申請したプラン変更を変更できず、翌月以降に再度プラン変更を申し込まなければなりません。

しかし、DMM mobileの格安SIMプランでは通信容量の変更申請を完了した後であっても、毎月25日まではプラン変更申請をキャンセルすることが可能です。

DMM mobileのプランはどんな時に変更するものなのか?

  • 高速データ通信量が足りない

たとえば、現在DMM mobileの「データSIMプラン」あるいは「通話SIMプラン」で1GB/月のプランを利用しているとします。

月に1GBという容量は、メールやSMSをメインとした使い方であれば十分な容量です。また、Wi-fiなどを積極的に活用している場合も高速データ通信量の消費を節約できるため1GBという容量で十分まかなうことができます。そのためはじめて格安SIMを利用する人の中には、こういった理由から小容量のプランを選択する人も多いはず。

しかしながら格安SIMを搭載するスマートフォンやタブレット端末はとても多機能であり、メールや音声通話以外にもネットサーフィンやゲームなどさまざまな用途で使用することができます。そして、ネットサーフィンやオンラインゲームを利用した場合には、メールやSMSを利用した場合に比べてかなり多くの高速データ通信量を消費することになります。そのため、スマートフォンなどを快適に利用するには1GBという容量では物足りなくなってしまいます。

こうした場合、高速データ通信量の大きなプランへの変更を検討することになります。そんな時、DMM mobileの格安SIMサービスではいつでもプラン変更を申請することができるのでとても便利。またプラン数も豊富なため、自分に適した高速通信量のプランを選択することができます。

  • 高速データ通信量が余ってしまう

上記の例とは逆に、「毎月、高速データ通信量が余ってしまう」というケースも考えられます。

たとえば、現在利用中のスマートフォンとは別に新たにスマートフォンなどを購入した場合やモバイルWi-fiなどを購入した場合には、一般的には高速データ通信量を減らした方が良いでしょう。新規購入した端末のモバイル回線でも、データ通信を行うことができるためです。

このように、現在利用中のプランからより容量の小さなプランへと変更を行う場合であっても、DMM mobileではいつでも原則として無料でプラン変更を申し込むことができます。

  • 音声通話機能を追加したい

DMM mobileでは、データ通信のみ行うことのできるSIMを利用できる「データSIM」とデータ通信に加えて音声通話も行うことのできるSIMを利用できる「通話SIM」の2種類が用意されています。

スマートフォンを2台持ちしている人の場合、サブ端末でDMM mobileの格安SIMを利用する場合には「データSIM」を利用することになることが多いと考えられます。しかし、メイン端末を解約してDMM mobileのSIMを利用しているサブ端末1台に絞り込む場合には、「データSIM」から「通話SIM」へとSIMを変える必要があります。こういった場合であっても、DMM mobileなら簡単にプラン変更を申請することができます。

また、もちろん「通話SIM」から「データSIM」へとSIMを変更することも可能です。ただし、こう言った場合にはSIMカード発行手数料や解約手数料が発生する場合があるので注意が必要です。詳しくは、「料金等はかかるのか?」でご説明します。

  • SMSオプションを追加したい

DMM mobileでは、容量別のプランの他にもさまざまなオプションプランを利用することができます。たとえば、「データSIM」プランではSMS機能を利用できるSMSオプションを申し込むことができます。このDMM mobileのSMSオプションは、月額150円で利用することが可能です。そして、SMSオプションの追加もDMM mobile公式サイトのマイページから簡単に申し込むことが可能です。なお、SMS機能を利用する場合には月額料金の他にSMS送信料が発生します。また、「通話SIM」ではSMSオプションを追加せずにSMS機能を利用することができます。

  • SIMカード枚数を増やしたい

DMM mobileでは、月々の高速データ通信量が8GB、10GB、15GB、20GBでは「シェアコース」を利用することができます。シェアコースとは、高速データ通信量を複数のSIMで共有できるサービスのこと。DMM mobileのシェアコースでは、最大3枚まで「データSIM」と「通話SIM」を自由に組み合わせて高速データ通信量をシェアすることができます。この「シェアコース」への申し込みや、SIMカードの追加や削除、SIMカードの種類変更などもDMM mobileの公式Webサイトマイページから簡単に行うことができます。なお、SIMカードの追加や種類の変更を行う場合には別途カード発行手数料や解約手数料が発生します。詳しくは、記事下部の「料金等はかかるのか?」でご説明します。

DMMモバイルと光回線のDMM光をセットで加入すれば毎月ずっと割引に!詳細はDMM光の公式サイトからご覧になれます。

DMM mobileのプラン変更手順

DMMモバイルのプランを変更するためにはどのようにすれば良いのかを解説していきます。

「DMM mobile マイページ」で高速データ通信容量を変更するための手順

それでは、DMM mobileの格安SIMサービスで高速データ通信容量を変更するための手順をご説明します。スマートフォン上では、下記の手順で通信容量を変更することが可能です。

  1. DMM mobile公式サイトの「DMM mobile マイページ」にアクセスする
  2. ユーザーID(または登録メールアドレス)とパスワードを入力して、「ログイン」をタップする
  3. 画面左上部のメニューをタップして、メニュー項目を表示する
  4. 「ご契約内容の変更」をタップする
  5. 「通信容量を変更する」をタップする
  6. 変更後の希望データ通信容量を選択して、「変更内容を確認する」をタップする
  7. 表示された変更内容を確認して、「変更予約を申し込む」をタップする

以上の手順で、DMM mobileの格安SIMプランを変更することができます。また、変更予約申し込み完了後は登録メールアドレス宛に変更内容を記載したメールが送付されます。こちらも、あわせて確認するようにしましょう。

  • SIMカードの追加やSMSオプションの追加も可能

「DMM mobile マイページ」では、高速データ通信容量の変更以外にもSIMカードの追加やSMSオプションの追加、「データSIM」プランから「音声SIM」プランへの変更などを申し込むことも可能です。ただし、SIMカードを追加したりSIMカードの種類を変更する場合には通信容量を変更する場合とは異なりキャンセルを行うことができないことに注意する必要があります。また「データSIM」から「通話SIM」へと切り替える場合や「通話SIM」を追加する場合には本人確認書類の提出が必要となります。

DMM mobileではプランの変更で料金等はかかるのか?

プラン変更の料金

  • プラン変更は、原則無料

DMM mobileの格安SIMサービスでは、「データSIM」から「通話SIM」、あるいは「通話SIM」から「データSIM」への切り替え、「データSIM」へのSMSオプションの追加などを伴わない高速データ通信容量の変更を無料で行うことができます。

  • 「通話SIM」を利用中の場合は最低利用期間に注意

DMM mobileの「通話SIM」には、「利用開始日を含む月の翌月から12ヶ月後の月末まで」という最低利用期間が定められています。たとえば、2015年8月23日利用開始の場合には、2016年8月末日までが最低利用期間として設定されます。この最低利用期間内に「『通話SIM』から『データSIM』へのSIMカード変更」、「通話SIMカードの解約及び削除」、「他社へのMNP転出」を行った場合には解約手数料として9,000円が発生するため注意が必要です。なお「データSIM」の最低利用期間は、「利用開始日を含む月の末日」となっており解約手数料は設定されていません。

  • SIMカードを追加する場合には発行手数料が発生

高速通信容量を上乗せしてSIMカードも追加する場合には、SIMカード発行手数料が発生します。DMM mobileの格安SIMサービスでのSIMカード発行手数料は、SIMカード1枚につき3,000円となっています。また、SIMカードの追加申し込み後は、新しいSIMカードが到着するまで「SIMカードの追加」、「SIMカードのサイズ変更、再発行手続き」を行うことはできません。

  • SIMカードの種類を変更する場合にも発行手数料が発生

「データSIM」から「音声SIM」、あるいは「音声SIM」から「データSIM」への変更、「データSIM」へのSMSオプション追加、SIMカードサイズの変更を行った場合にも3,000円のSIMカード発行手数料が発生します。

以上のように、DMM mobileではSIMカードの追加や変更などを伴わない場合には無料でプランを変更することが可能です。プラン数も豊富で通信容量の変更も簡単に行うことのできるDMM mobileは、利用状況に合わせて臨機応変にプランを見直せるため長く使い続けられる格安SIMサービスであると言えます。

DMMモバイルと光回線のDMM光をセットで加入すれば毎月ずっと割引に!詳細はDMM光の公式サイトからご覧になれます。

⇒TOPページに戻る