格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

DMMモバイルがつながらない場合の対処方

DMM mobileのネットワーク環境と、繋がらない時の対処方法

dmmモバイルがつながらない

DMMモバイルが繋がらない時はどうすればよいのでしょうか?そのためにはまずはDMMモバイルのネットワーク環境から見ていきましょう。

DMM mobileはNTTドコモの回線を使用

DMM mobileのようなMVNO(仮想移動体通信事業者)は、NTTドコモ、au、ソフトバンクといった携帯キャリアのモバイル回線を利用してサービスを展開しています。そして、DMM mobileをはじめとしたIIJ系の格安SIMサービスではNTTドコモの回線を利用。NTTドコモ回線は特に通信安定性が高いと言われているため、NTTドコモ回線を利用したIIJ系の格安SIMは人気を集めています。

またNTTドコモ回線を利用した格安SIMには、利用できるスマートフォンやタブレットの種類が多いという特徴もあります。SIMフリーの格安スマホのみならず、SIMロックを解除した端末でも利用できるケースが多いのです。

そしてDMM mobileの格安SIMは、NTTドコモ向けの端末でも原則としてSIMロック手続きを行わずにそのまま利用することができます。

さらにNTTドコモ回線を利用したDMM mobileをはじめとした格安SIMサービスは、高速データ通信を行えるエリアの広さによってもユーザーからの大きな支持を集めているのです。

全国各地、97%以上のエリアでLTE通信が可能

スマトートフォンは電話やメールだけではなく、ネットサーフィンやゲーム、LINEなどの新たなコミュニケーションツールをも利用できる非常に便利な道具です。加えて、こうしたさまざまな機能をいつでもどこでも利用できるからこそ大きな価値があるとも言えます。

しかし、これらの機能はネットワークに接続できなければ満足に利用することができません。そして、ネットワークに接続できるかどうかは端末本体ではなく利用するネットワーク回線の影響によるところが大きいのです。

2013年、ある興味深い調査(※)の結果が公表されました。公表された調査の内容は、NTTドコモ、au、ソフトバンクという携帯キャリア3社のLTE通信網のカバー率に関するもの。調査にあたっては、全国約1000か所でLTE通信を行えるかどうかがリサーチされました。この調査の結果、NTTドコモは携帯キャリア3社の中でトップの97.4%のエリアをカバーしていることがわかりました。この調査結果から、NTTドコモのLTE通信網は全国のほぼすべてのエリアをカバーしているということがわかります。

そしてNTTドコモ回線を利用しているDMM mobileの格安SIMも同様に、あらゆるエリアでLTEによる高速データ通信を行うことができるのです。

※「全国LTEエリア調査」(日経BPコンサルティング)

DMM mobileのつながるエリアとつながらないエリア

DMMモバイルはどんな場所ではつながって、どんな場所ではつながらないのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

全国各地のエリアを幅広くカバー

前項で述べた通り、DMM mobileの格安SIMは場所を選ばずに高速データ通信を行うことができます。そのため、東京、神奈川といった首都圏部や、大阪、名古屋、博多、仙台といった全国の主要都市に限らず郊外などでもLTE通信網に接続することができるのです。

ただし、各エリアによって最大受信速度に若干の差があります。そのため、首都圏部以外でLTE回線を利用した場合には首都圏部で利用した場合よりもWebサイトの表示などに時間を要する場合もあります。

富士山でもつながる

NTTドコモでは、富士山でもLTE通信網の整備を進めています。そのため、登山シーズンでは各登山口や登山道、山頂付近などでもLTE通信網に接続することができるようになりました。そのため、日本一の山を踏破した喜びを電話やメールですぐに伝えることができます。

もちろん、NTTドコモ回線を利用しているDMM mobileの格安SIMでも富士山とその周辺エリアで通信を行うことが可能です。

地下鉄の駅や駅間でもつながる

NTTドコモのLTE通信網は、地上のみならず地下においても拡大しています。特に地下鉄の駅や駅間では、LTE回線設備の増設が精力的に進められています。そのため既に、首都圏を中心に地下鉄線内でもLTE接続のできるエリアが大きく拡大。東京メトロ各線(銀座線、丸ノ内線、日比谷線、東西線、千代田線など)、都営地下鉄各線(浅草線、三田線など)、横浜市営地下鉄(ブルーライン、グリーンライン)の駅や駅間でLTE通信を行えるようになりました。その他、関西の主要都市を結ぶ大阪市営地下鉄各線や名古屋市営地下鉄各線でも地下鉄線内のLTE通信網の整備が行われ、高速データ通信が可能となりました。

もちろん、NTTドコモ回線を利用したDMM mobileの格安SIMでもこれらの地域でLTE通信を行うことができます。

一部つながらない(つながりにくい)エリアも

このように、全国の幅広いエリアをカバーしているNTTドコモのLTE通信網。しかし、一部のエリアではLTE通信を行うことができません。たとえば、全国の山間部や関東甲信越の内陸部ではLTE通信エリアの及んでいない箇所も見受けられます。また、離島部においても一部LTE通信の行えるエリアが限定的な島も見られます。なおNTTドコモのLTE通信網カバーエリアについては、NTTドコモ公式Webサイトで詳しく確認することができます。

DMM mobile がつながらない時はどうすればよいのか?

それでは繋がらない時の対処法みていきましょう。いくつか方法がありますので、順にチェックして確認していって下さい。

正常に通信できない場合の対処法

全国津々浦々をカバーしている、DMM mobileの格安SIMで利用可能なNTTドコモの通信網。しかし時には、端末やネットワーク設定の問題で正常にモバイル回線を利用できない場合もあります。そのような場合には、下記に挙げる方法のいずれかで通信の安定性を回復できる可能性があります。

APN設定は行ったか?

格安SIMを初めて利用するという場合には、APN設定に注意が必要です。APN設定とは、いわゆるネットワーク接続設定のこと。格安SIMをスマートフォンやタブレットで利用する場合に、最初に行わなければならない設定です。

しかし、携帯キャリアで端末を購入した場合にはSIMカードがあらかじめ端末に挿入されAPN設定も行われています。そのため、携帯キャリアからSIMフリースマホに乗り換えて初めて格安SIMを利用するという人の中には、このAPN設定を忘れてしまっている人も珍しくないのです。そのため、「ネットワークにつながらない」という場合には、まずこのAPN設定を行ったかどうかを確認してください。

なお、APN設定の方法については後述します。

一旦通信を切断してみる

LTE回線での通信が安定しない場合や圏外となってしまう場合には、機内モードにするなどして一旦通信を切断し再度接続し直すことで通信が安定することもあります。また一旦本体の電源を切り、再起動させることで正常に通信を行うことができるようになる場合もあります。

利用していないAPN設定を削除する

Android端末では、複数のAPN設定を行っている場合に通信の切断などを引き起こすことがあると言われています。原因は定かではありませんが、AndroidOSのバグが原因ではないかと考えられています。

したがって、Android端末でDMM mobileの格安SIMを利用している際にネットワーク接続に不具合が頻発する場合には利用していないAPN設定を削除することで解決できる場合もあります。

●APN設定の削除方法は、次の通りです。

  1. ホーム画面のアプリ一覧をタップする
  2. アプリ一覧の「設定」アプリをタップする
  3. 「その他の設定」をタップする
  4. 「モバイルネットワーク」をタップする
  5. 「アクセスポイント名」をタップする
  6. 右上のメニューをタップする
  7. 「APNを削除」をタップする

ただし、利用していないAPN設定を削除することで必ずネットワーク通信の不具合を解消できるとは限りません。また、利用しているネットワークのAPN設定を削除することでネットワーク通信の形態が変わり高額な料金を請求されてしまう可能性もあります。そのためAPN設定の削除は、くれぐれも慎重に自己責任のもと行うようにお願いします。

APN接続設定について

apnの設定

それでは最後に、iOS端末、Android端末それぞれでのAPN設定の方法を説明します。

iPhoneなどでのAPN設定方法

  1. 本体にSIMカードを挿入し電源を入れる
  2. Wi-fiなどでインターネットに接続する
  3. DMM mobileの公式サイトにアクセスして、「初めてガイド」ページを表示する
  4. 「各種設定について」項目の「SIMカードの挿入手順/APN(ネットワーク)設定方法について」
  5. ページを表示する
  6. APN構成プロファイルをダウンロードする
  7. ダウンロード完了後プロファイル画面が表示されたら「インストール」をタップする
  8. 確認画面表示後、再度「インストール」をタップする
  9. 「完了」をタップする
  10. 「一般」をタップする
  11. 「設定」をタップする
  12. 「モバイルデータ通信」をタップする
  13. Wi-Fiがオンになっている場合には、オフに設定を変更する
  14. 「LTE回線を使用」をオンに設定する

Android端末でのAPN設定方法

またAndroid端末では、下記の手順でAPN設定を行いDMM mobileの格安SIMを利用できるようになります。

  1. 本体にSIMカードを挿入し電源を入れる
  2. ホーム画面のアプリ一覧をタップする
  3. アプリ一覧の「設定」アプリをタップする
  4. 「その他の設定」をタップする
  5. 「モバイルネットワーク」をタップする
  6. 「データ通信を有効にする」にチェックを入れて、「アクセスポイント名」をタップする
  7. メニューをタップして「新しいAPN」をタップする。もしくは、画面上部の+ボタンをタップする
  8. ネットワーク情報(名前、APN、ユーザー名、パスワード、認証タイプ)を入力する
    • ネットワーク情報は、SIMカードと同封されている説明書やDMM mobile公式サイトの「ご契約内容確認ページ」で確認可能です。
  9. 作成したAPN(DMM mobile)をタップする

今回ご紹介した通り、DMM mobileの格安SIMはNTTドコモの回線を利用しているため全国の幅広いエリアで高速データ通信を行うことができます。その上DMM mobileは格安SIMサービスの高速データ通信プランも豊富。「データSIM」、「通話SIM」のそれぞれで9プラン、合計18プランを設定しています。その上、全プランで業界最安値に挑戦中。そのため、高品質かつ広範囲な通信回線を格安で利用できるSIMサービスなのです。