格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

iphoneを格安SIMで使いたい人向けプラン

 

iPhoneで格安SIMを使う方法と対応している格安SIM

iphoneを格安SIMで使う前に、自分が使いたいiphoneがどの種類のiphoneかを把握しなければなりません。

iphoneには大きく分けて、「SIMフリー版」「キャリア版」の二つあります。

キャリア版iPhoneを使用する方法

iPhoneといえば、国内で一番出回っているのはdocomo,AU,SoftBankの3大キャリア版のものです。これらキャリア版の場合はSIMロックと各キャリアの周波数帯にチューニングされているために、格安SIMで運用する場合はSIMロック解除が必要な場合があります。これから何度も言いますが、SoftBank版iPhoneのSIMロック解除は、解約から3ヶ月以内に本人は申し込まないとSIMロック解除しなければいけないので中古端末を購入する場合には本当に本当に気をつけて下さい。

しかし、キャリア版は中古での入手のしやすさとキャリア契約していた方が契約解除して格安SIMに移行するパターンが比較的多いため、ぜひ知っておきたいポイントでもあります。では、3大キャリア別のiPhoneごとに条件を見ていきましょう。

docomoの場合

ほとんどのMVNOの格安SIMが使えます。汎用性が高いため中古価格も他のキャリア版とくらべて割高です。格安SIM使用時のこれといった制限が無いのも特徴で、キャリア版iPhoneの中では一番安定して使えるでしょう。中古でキャリア版iphoneを買うならdocomo版を買った方が無難だと言えます。 docomo版iPhoneのメリットとして、「テザリングが使用できる」点があります。 テザリングなんて使わない、という人はSoftBank版やau版でも問題ないです。

→おすすめは楽天モバイルですね。 楽天モバイルの詳細ページ

auの場合

au版の場合、SIMロック解除しなくてもUQモバイルとmineoのAプランで使用する事ができます。ただし、VOLTEを使用したい場合やテザリング機能を使用したい場合はSIMロック解除が必要です。VOLTEの詳細はコチラ

公式に動作確認が取れているのがiPhone5S、5C以降の機種となりますのでその点は注意してください。

AU版の場合はSIMロックを解除した後にdocomo系格安SIMを契約する事でテザリング機能が使用できます。

SIMロック解除後にmineoのAプラン、UQモバイルなどのau系格安SIMを契約してもテザリングを使用する事が原則できないので注意してください。

SoftBankの場合

SoftBank版の場合はSIMロック解除後、docomo系au系格安SIMを問わず通常通り使用する事ができます。

ただしテザリング機能を使用したい場合は必ずdocomo系の格安SIMで契約してください。

このように使っていたドコモiPhoneと同じキャリア回線をベースとするMVNOではSIMロック解除をしなくても使えることが一番のポイントです。SoftBank版、au版においてはテザリングを使用したいならSIMロック解除後にdocomo系SIMを契約するようにしてください。

ただし、SoftBank版のiPhoneをSIMロック解除して使用できる場合、公式で確認されているのがiPhone6S、SE以降の機種となっておりますので注意してください。

また、SIMロック解除の条件としまして、SoftBankの場合「解約済み端末が解約後90日以内で、本人に限り手続きが可能」となっておりますので中古端末を購入して使用する場合に、SIMロックを解除してある状態かどうか確認してから購入する様にしてください。

格安スマホ学園で一番申し込みの多い楽天モバイルの詳細ページはコチラから

SIMフリー版iPhoneを新規購入して格安SIMを使うパターン

これが一番わかりやすく、問題が起きにくい格安SIMでiphoneを使用できるパターンです。

SIMフリー版ならばあらゆる格安SIMに対応できますし、このSIMフリー版iPhoneならば通信障害などが一番少なく使いやすいです。

しかし当然SIMフリーiphoneは中古市場でキャリア版iphoneよりも高値で取引されています。

月額費用で見る格安SIM運用iPhoneのメリット

格安SIMが使えるかどうかの判断はこれで出来たと思います。次に3大キャリアで運用するiPhoneと格安SIMで運用するiPhoneとの月額料金の差を見ていき、格安SIMがどれだけ費用的に優れているかをわかりやすく解説していきます。

iPhone6の月額料金(3大キャリア)

5GB/月のデータ容量プランの場合

月額料金 料金の内訳
Docomo 8,000円から ・基本料金・パケット定額(5GB/月のデータ容量プラン)・インターネット接続料金
AU 8,000円から
SoftBank 8,000円から

※各キャリア、2GBバイトプランでは月額料金に-1,500円すると参考価格になります。

※各種割引は除外してあります。表示金額は税別です。

楽天モバイルの詳細解説ページを見たい方はこちらからご覧になれます。

楽天モバイルのデータ通信プランと月額料金

プラン データSIM データSIM+SMS 通話SIM
ベーシック
(低速通信のみ)
525円 645円 1,250円
3.1GBパック 900円 1,020円 1,600円
5GBパック 1,450円 1,570円 2,150円
10GBパック 2,260円 2,380円 2,960円

MVNOの参考では、楽天モバイルの料金を比較対象としました。楽天モバイルは各プラン標準的な価格、そして大容量の10GBが利用できるプランは業界内において割安設定です。

なお、楽天モバイルを利用する際に、使えるiPhoneはSIMフリー版とdocomo版iPhone、SIMロック解除後のau、SoftBank端末です。

ではキャリアでiphoneを運用した時と、格安SIMでiphoneを運用した時にデータ通信量が同じ5GBプランで一年間使った場合の料金比較をしてみます。

追加項目として格安SIMについては各種容量別プランも掲載します。

キャリア運用と格安SIM運用の料金比較表

月額 キャリア運用との月額差 年額 キャリア運用との年額差
キャリア版iPhone6
5GBプラン
8,000円 96,000円
楽天
モバイル
データSIM
ベーシック
525円 -7,475円 6,300円 -89,700円
データSIM+SMS
ベーシック
645円 -7,355円 7,740円 -88,260円
通話SIM

ベーシック

1,250円 -6,750円 15,000円 -81,000円
データSIM
3.1GBパック
900円 -7,100円 10,800円 -85,200円
データSIM+SMS
3.1GBパック
1,020円 -6,980円 12,240円 -83,760円
通話SIM
3.1GBパック
1,600円 -6,400円 19,200円 -76,800円
データSIM
5GBパック
1,450円 -6,550円 17,400円 -78,600円
データSIM+SMS
5GBパック
1,570円 -6,430円 18,840円 -77,160円
通話SIM
5GBパック
2,150円 -5,850円 25,800円 -70,200円
データSIM
10GBパック
2,260円 -5,740円 27,120円 -68,880円
データSIM+SMS
10GBパック
2,380円 -5,620円 28,560円 -67,440円
通話SIM
10GBパック
2,960円 -5,040円 35,520円 -60,480円

どのプランを選んでも一目瞭然、格安SIMの方が圧倒的に安く済みます。プラン選択はご自分の利用状況に応じて行えば良いでしょう。

格安SIMはこれにプラス、「通話料」が必要となってきます。

スマホ利用ユーザーの純粋な音声通話の使用時間の平均は1時間未満となっており、

格安SIMの音声通話料が30秒20円なので、それで計算すると

上記の表に2400円×12ヶ月をプラスするイメージで大丈夫かと思います。ほとんど通話はLINEだという人は通話料はほとんどかかってきませんし。

LINEの通話機能や「楽天でんわ」を利用することでこの通話料は大幅に節約することができますので、月の通話料は1000円程度に抑えられます。楽天モバイルでは月額850円で5分以内の通話かけ放題というプランもあるので使用状況に合わせてプランを変更する事でお得に抑える事ができます。

・楽天モバイルなら契約後のプラン変更が可能

楽天モバイルなら契約後のプラン変更も月1回可能で、毎月1日~20日23時59分までに変更申請を行えば即日新プランの適用となります。毎月21日0時~月末23時59分の間にはプラン変更は出来ません。プラン変更に手数料はかかりません。

→楽天モバイルでiphone運用!公式HPはコチラ

→楽天モバイルの徹底解説ページを見てみる

au版iPhoneがそのまま使用できるmineoの詳細ページはコチラ

mineoでiPhoneを使用する方法

その他楽天モバイルでカバーできないプランについて

たとえば、容量使い放題プランは楽天モバイルでは提供されていません。

「ベーシックプラン」という低速データ通信使い放題というプランはありますが、動画等を見るのはかなりのストレスになります。

どうしても大容量のデータ通信量が欲しいという方は2016/11/4から始まる楽天モバイルの通話SIM20GBが4750円。30GBプランが6150円。

もしくはブロードワイマックスの高速通信使い放題プランが月額3541円(1〜2ヶ月目が2856円、25ヶ月目以降は4041円)と併用というのは一番安く押さえられるのではないでしょうか。

格安SIM運用のiPhoneのメリット・デメリット

月額では圧倒的なアドバンテージがあったiPhoneの格安SIM運用。では、価格以外のメリットは?デメリットは無いのでしょうか?きちんと押さえておきたいところですね。

メリット

●キャリア回線と比べると「縛り」に該当する最低利用期間が緩めに設定されている

2016/10/27現在では、各格安SIM会社は通話SIMで1年未満の解約で解約金10000円程度というのが相場です。キャリア回線では2年経つと自動更新が一般的で気づくとまた2年間待たないといけない状況になっていたと思います。格安SIMにおいては「最低利用期間」での縛りが一般的ですので、その最低利用期間を過ぎればいつでも違約金0での解約が可能という場合がほとんどです。

デメリット

●キャリアであったサポートが一切受けられない

キャリアの大きな存在意義のひとつに手厚いサポート、駆け込み寺に該当する店頭ショップでの対応が受けられないのが格安SIMのデメリットだと言えます。もっとも、iphoneは端末の故障などはキャリアショップで受け付けてくれないのでその点では格安SIMもキャリアも変わりません。どうしても格安SIMを使用するのに不安があるという方の場合、楽天モバイル、UQモバイル、mineoなど比較的店舗が多い格安SIMをチョイスするのはいかがでしょうか。

●初期設定を自分で行う必要がある

SIMカードの差し込み、APNの設定。これらを自分で行わなければなりません。これらは一見難しい様に感じますが、意外と簡単です。

この記事の下の方では楽天モバイルのAPN設定方法をご紹介しますので是非参考にしてください。

●キャリアメールが使えない

○○○@docomo.ne.jp○○○@ezweb.ne.jpといったキャリアメールが使えなくなります。

しかし、格安SIMでは個人で取得した各種メールアドレスアカウントが使えます。楽天モバイルなら@rakuten.jp、mineoなら@mineo.jpというメールアドレスを使用する事ができます。もっとも、これからの時代はキャリアに縛られないスマホの契約は必須となってくると思いますので、gmailやyahoomailなどのフリーメールアドレスを取得して、それらをメインのメールアカウントにする事を強くおすすめします。

格安SIMのAPN設定方法

楽天モバイルのSIM契約をした場合の設定方法をご案内します。宅内でWiFi接続できる環境が必要となります。

用意するもの

1,楽天モバイルのSIMカード
サイズはnanoSIMです。申込み時に間違いの無いよう注意してください。

2,WiFiでインターネットに接続できる環境
自宅内のモバイルルーターがWiFi接続できるものでなくてはなりません。
先んじて、iPhoneの設定でWiFi接続できるようにしておいてください。
自宅内にWiFiが出来る環境が無い場合にはコンビニエンスストアなどで無料のWiFiを提供していることがあります。前もって近場の無料WiFiスポットを探しておき、接続できる下準備をしたiPhoneを持っていきましょう。

3,SIMフリー版iPhone 4/4s/5/5s/5c/6/6plusまたはdocomo版のiPhone5s/5c/6/6plus項目1番でnanoサイズと言及しましたが、iPhone4/4sだけはmicroSIMのサイズになります。

接続手順

1,電源を落としたiPhoneにSIMカードをセットし、電源を入れてください。

2,WiFiを利用し、インターネット接続が出来るiPhoneでsafariブラウザを使いhttp://broadband.rakuten.co.jp/support/apn/voice.mobileconfig
にアクセスしてください。

3,APN構成プロファイルをダウンロードします

4,ダウンロードが完了すると[プロファイル]画面が開きますので
画面右上の[インストール]ボタンをタップしてください。

5,設定変更の確認画面が表示されますので、[インストール]をタップしてください。

6,インストールが完了画面が表示されます。[完了]をタップして設定は完了です。

以上で、格安SIM経由の通話やネット回線が使えるようになります。お疲れ様でした。

接続方法で注意する点ですが、APN設定は契約するMVNOにより違います。上記手順は楽天モバイルとの契約時に有効なものですので、他のMVNOのSIMでは使えません。ご了承ください。

iPhoneを格安SIM運用するためのまとめ

SIMフリー版iPhoneを入手するのが一番手っ取り早いことは解説しましたが、新品・中古両方において一番割高なのもこの機種です。新品が使いたい方はSIMフリー版をオススメしますが、中古や流用でも大丈夫な方にとってはdocomo版iPhoneが一番オススメだと思います。 SoftBank版は特に、SIMロック解除済みの端末を購入しなければならないという事を良く覚えておいてください。