格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

FREETEL(フリーテル)の通信速度について 評判や遅い場合の対処方

FREETEL(フリーテル)の速度は速いの?

FREETEL(フリーテル)は、プラスワン・マーケティング株式会社が運営する格安SIMのブランド名。また同じブランド名でSIMフリーの格安スマホ本体も販売しています。

格安SIMのブランドを選ぶ際に重要なのは通信速度ですね。FREETEL(フリーテル)はドコモ回線を使った格安SIMサービスの1つですが、同じ回線を使っていても格安SIMのブランドによって通信速度が異なります。そのため、格安SIMを選択するときは、ユーザーのレビューなどから通信速度に関する情報・評価を参考にするのが有効。そしてFREETEL(フリーテル)のユーザーレビューなどをみると、「実効速度は悪くないけれど体感速度が遅い」といった声が多いことがわかります。

FREETEL(フリーテル)の速度を計測する

インターネット回線の通信速度を比較する場合は、理論値の最大速度だけでなく実際の利用環境で計測したいわゆる「実効速度」が用いられることが多いです。さてFREETEL(フリーテル)の実効速度ですが、ユーザーのレビューをみると10Mbps弱~20Mbps程度の結果の報告を多く目にします。これは楽天モバイルやOCNモバイルONEといった大手と比較して勝るとも劣らない通信速度です。

FREETEL(フリーテル)では、独自の回線運用(L2接続)によって通信品質の分析や向上を実現。2017年2月時点で期限は特に定めていませんが、ユーザーの増加に耐えられるように毎月2回の増速を実施する「ダブル増速マラソン」というプロジェクトを展開しています。大手他社に負けない通信品質は、こういった努力の結果ともいえるでしょう。しかしこういった実効速度に関する結果とは裏腹に、FREETEL(フリーテル)では速度に関する評判は芳しくありません。

FREETEL(フリーテル)の速度に関する評判

実効速度の数値はよいのに、速度の評判が良くないというのはどういうことでしょうか。それはスピードテストで測定できる実効速度と違って、体感では速度が速く感じられないためです。

ややこしい話に聞こえるかもしれませんが、通信速度の計測アプリを使ったスピードテストの結果と、実際にインターネットをする際に感じる体感速度はイコールではありません。その理由はいくつかありますが、たとえばスピードテストでは、一定期間の通信速度の平均がテスト結果として表示される場合があることがあげられます。

仮に平均速度としては悪くなくても電波の安定性が悪い瞬間があると、その分だけ通信の間にデータの破棄・再取得が発生して、動画の再生が止まったり容量の重いファイルのダウンロードに時間がかかったりすることがあるのです。その場合、当然ながら体感では通信速度は遅く感じることになります。特にここで説明した体感速度に関する傾向は、ホームページの参照のような比較的データ通信量が少ない通信より、YouTube再生などのような大容量の通信の際に強く影響が表れます。

つまり計測アプリを使った通信速度=回線の通信品質ではない、ということです。計測アプリは便利ではありますが、あくまで出力される結果は参考値であって通信速度を正確に表すものではないことは覚えておきましょう。

ネットの噂では「FREETEL(フリーテル)はスピードテストの時だけ通信速度が速いように見せかける”スピードテストバースト”が行われているのではないか」と言われることがあります。格安SIMの提供元(MVNO)では種類毎に通信規制を行えないわけではないので否定できませんが、計測アプリではわからない通信品質がよくない可能性の方が高いのではないでしょうか。「ホームページはすぐ開くけどアプリのダウンロードやYouTubeなどの動画の再生の際に遅く感じる」というFREETEL(フリーテル)の体感速度に対する評判も、そのことを裏付けているように思われます。

FREETEL(フリーテル)の速度が遅い場合の原因と対処法

通信速度を抜本的に改善するためには、より通信品質の高いサービスへ乗り換えることが一番ですが、以下にあげる対処法で改善したりより快適に通信を楽しめることもあります。FREETEL(フリーテル)を使っていて通信速度が遅いと感じた際は、ぜひ参考にして下さい。

▽原因1:時間帯によって遅くなる

これはFREETEL(フリーテル)に限った話ではありませんが、会社や学校の休み時間にあたる12時~13時頃や、多くのユーザーがインターネットを使う夜間などは、混みやすいモバイル通信のサービスは通信速度が極端に遅くなることがあります。この場合は、残念ながら端末側の対応で改善することはできません。

もし外出先で通信を使っているのであれば、FREETEL(フリーテル)のようなモバイル通信ではなく、公衆無線LANを使うのも1つの手です。公衆無線LANの中には、セブンイレブンやローソンといった全国のコンビニなどで使える「Japan Connected-free Wi-Fi」や、スターバックスで使える「at_STARBUCKS_Wi2」といった無料のサービスもあります。

▽原因2:基地局が混み合っている

たとえば駅のホームなど人が多くいる場所では、同じ基地局を利用するユーザーが多くなり混雑によって通信速度が遅くなることがあります。これも端末側で改善はできませんので、その場所から離れてモバイル通信に繋げることが必要です。ちなみに前述のJapan Connected-free Wi-Fiは、JR東日本の主要駅などユーザーが多く集まるスポットでも公衆無線LANのアクセスポイントを提供しているので、一時的にそちらを利用してもよいかもしれません。

▽原因3:スマホ等の端末の調子が一時的に悪くなっている

FREETEL(フリーテル)を使ってインターネット接続しているスマホ等の端末の不調が原因で通信速度が遅くなっている可能性もあります。その場合は、その端末を再起動することで改善することがあります。

▽原因4:Wi-Fiの電波干渉

これはモバイルWi-Fiルータースマホをルーター代わりにするテザリングを使っている時に起こりうる現象です。この際、Wi-Fi(無線LAN)を利用していると、他の機器との電波干渉が発生して通信速度が遅くなることがあります。そしてこの電波干渉が発生しやすいのはWi-Fiの中でも2.4GHzの周波数帯を使っている時です。この場合は、5GHzの周波数帯を使ったIEEE802.11n・IEEE802.11ac等の通信方式を利用することで通信速度が向上する可能性があります。

▽原因5:速度制限が発生している

FREETEL(フリーテル)には速度制限のルールが存在します。仮に速度制限に抵触してしまうと、最大200Kbpsという一昔のナローバンド並の低速な通信速度となり、YouTubeなどの動画再生はほとんどできなくなります。またホームページが中々開かなくなるなど快適にインターネットが使えなくなってしまいます。速度制限に関する詳しい内容は後述します。

FREETEL(フリーテル)には速度制限はあるの?

FREETEL(フリーテル)には1日や3日といった比較的短い期間を基準とした速度制限はありません。その代わりに、毎月の使用量によって料金が決まる「使った分だけ安心プラン」では月間20GBのデータ通信量を消費した際に、毎月決まった料金で使える「データ定額プラン」では契約で定められたデータ通信量を消費しきった際に、速度制限にかかって月末まで最大通信速度が200Kbpsとなります。

速度制限中はカウントフリーの対象も低速になるの?

カウントフリーとはサービスで決められた特定の通信に関しては、契約で決められたデータ通信量にはカウントされない機能です。カウントフリーを活用すれば、データ通信量を節約して速度制限に抵触しにくくなります。

使った分だけ安心プランとデータ定額1GBプランでは、LINE・ポケモンGO・WeChat・WhatsAppが、データ定額3GBプランではそれに加えてFacebook・Twitter・Instagram・Messengerがカウントフリーの対象です。

※ポケモンGOがカウントフリー対象となるのは2016年9月7日~2016年9月6日まで

速度制限は残念ながら、カウントフリーの対象サービス・アプリも残念ながら対象となります。これらのサービス・アプリをよく使う場合は、速度制限に抵触しないように注意しましょう。なお仮に通信速度が低速になっても、基本的にLINEでのテキストメッセージのやり取りやTwitter・Facebookのチェック(画像・動画を除く)程度であれば通常通り行えるでしょう。

速度の切替がアプリでできる

FREETEL(フリーテル)では、高速通信をON/OFFできる節約モードという機能が提供されています。節約モードをONにすると通信速度が最大200Kbpsに制限される代わりに、データ通信量のカウントが行われなくなるメリットがあります。月末に近くなって残りのデータ通信量が少なくなった際などは、大事な残り容量を高速通信が本当に必要な時にまわせるようになり便利ですね。この切替はマイページ及び、Android/iOS用の専用アプリ「FREETEL(フリーテル)マイページアプリ」からも簡単に実行できます。

ただし節約モードにも注意があり、ユーザーのレビューをみると利用時に通信速度が数十Kbps程度で簡単なホームページの読み込みでもタイムアウトすることがあるようです。その程度の通信速度であると、LINEでメッセージ送受信をする際やメール送受信、テキストばかりのホームページの閲覧程度でないと快適な利用は難しいでしょう。

ちなみに例えば格安SIMでは最大手のOCNモバイルONEでも同様の機能が用意されていますが、ユーザーのレビューを見る限り低速通信時でも100Kbps後半の通信速度がでているとの声が多いです。さらにOCNモバイルONEでは、低速通信時でも一定量までは高速通信を使える「バースト転送機能」を採用しており、スマホ向けなら少し画像が使われているくらいのページも比較的スムーズに表示されます。私もOCNモバイルONEユーザーですが、私の環境では低速モードで低画質ならYouTube動画も、ほぼ問題なく鑑賞できました。

FREETEL(フリーテル)のデータチャージ料金と方法

データチャージとは、データ通信量を追加購入することで速度制限を解除する有料オプションのことです。FREETEL(フリーテル)では0.5GB毎に500円でデータチャージが可能で、追加したデータ通信量は翌月まで繰り越されます。データチャージは毎月最大4GBまで可能です。なお、データチャージを1度申し込むと取り消しはできないので注意しまょう。

FREETEL(フリーテル)でのデータチャージは以下の方法で実行できます。

  1. マイページ(https://mypage.freetel.jp/login)にログインする
  2. データチャージ対象の電話番号の下にある「チャージする」を選択する
  3. データチャージする量を選択する
  4. 「チャージ実行」をクリックする
  5. 確認画面へ移行するので、内容を確認し「次へ」をクリックする
     

なおデータチャージした履歴は、マイページの「チャージ履歴表示」から確認が可能です。

FREETEL(フリーテル)の速度に関する注意点

FREETEL(フリーテル)の通信速度に関しては、仮にスピードテストの結果がよい報告があったとしても、残念ながらその結果程に体感速度がよくないレビューが多いので注意が必要です。そのため通信速度重視ならおすすめしにくいです。たとえば頻繁に高画質な動画を鑑賞したり、アクション系のオンラインゲームをたっぷりプレイする利用したりであると、使い辛く感じるかもしれません。

一方データ専用プランで月額299円~、音声通話付きで999円~という低価格は魅力なので、LINEを使ったりちょっとホームページをみたりする程度のライトユーザーであれば向いているかもしれません。その程度の利用ならFREETEL(フリーテル)の通信速度でも、苦になることは少ないでしょう。