格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

auひかりの「3年縛り」とは?そのメリットとデメリットについて

auひかりの3年縛りとはどういうこと?

通信サービスを利用するにあたって、「◯年縛り」という言葉を目にした経験があるのではないかと思います。auひかりにも、これに該当するプランが有り、その中で最も大きな数字の年数を持つ縛りのあるプランは「ずっとギガ得プラン」です。

●ずっとギガ得プランとは?

auひかりの「ずっとギガ得プラン」は、戸建てタイプの住居にお住まいの方が利用することができるプランの一種で、最も契約期間の長いプランでもあります。このプランは3年間の契約期間が設定されているため、長期間auひかりのサービスを継続して利用できる人でなければ使い勝手が悪くなる可能性があります。

▽ずっとギガ得プランのメリット

契約期間が長いこのプランを利用することのメリットは「月額料金が安い」ということが挙げられます。マンションタイプと比較して、戸建てタイプのプランは月額料金が高めに設定されています。そのホームタイプの契約の中で、ずっとギガ得プランは最も安い料金設定がなされているのです。

ずっとギガ得プランは、1年目は月額5,100円、2年目は5,000円、3年目以降は4,900円で利用することができます。同じ戸建てタイプのプランで利用できる他のプランでは、「ギガ得プラン」は月額5,200円、「標準プラン」は月額6,300円かかります。2年縛りのプランであるギガ得プランと比較して、1年ごとに100円ずつ、月額料金が割引されます。3年目以降は4,900円で利用し続けることになります。

auひかりの3年契約は途中で解約できる?

月額料金が安い3年縛りのプランですが、そのメリットをデメリット無しで利用できるとは誰も考えないでしょう。ずっとギガ得プランには「3年縛り」というデメリットが存在します。

●3年縛り=3年間は解約できないってこと?

さて、「3年縛り」という名称の意味を考えてみると、3年間はルールに縛られるということになります。ということは、単純に考えると「3年間、auひかりを解約できない=3年はauひかりを利用し続けなければならない」ということになると思われるかもしれませんが、そうではありません。

3年縛りのずっとギガ得プランを契約しても、利用開始から3年以内に解約すること自体は可能です。3年以内だからと言って、解約手続きを断られることはありません。3年縛りのプランを契約したのは良いが、いざ利用してみるとサービスの内容に不満を感じる、もしくは引っ越しを機に解約し、引越し先ではauひかりを利用しないということも考えられます。

そうした事情において、3年縛りのプランであっても解約を妨げることはありません。ただし、ずっとギガ得プランを3年以内に解約した場合、「契約解除料」の支払いが必要になります。

auひかりの3年契約を途中で解約すると違約金はかかるの?

3年縛りの契約であるずっとギガ得プランを利用する際の最大のデメリットは、3年以内に解約した場合の「契約解除料」です。この言葉自体は「契約を解除する際に必要な料金」として、絶対に必要になるコストのようにも見えるのですが、実際には「違約金」としての性質を持っています。

●ずっとギガ得プランの契約解除料

3年縛りのずっとギガ得プランには、契約解除料というデメリットがあります。その金額は15,000円で、ずっとギガ得プランの月額料金の3ヶ月分に相当する金額です。一度に支払うことになる金額としては、決して安いとはいえない金額であると言えます。

ずっとギガ得プランは3年縛りの契約であり、3年以内に解約した場合にはこれを支払う必要があります。しかし、利用から3年が経過している場合でも、契約解除料の支払いが必要になる可能性があります。

3年縛りのプランは、「3年毎に自動更新される契約」です。つまり、3年が経過した後は、再び3年縛りの契約が継続されるということになります。つまり、3年が経過したあとでも、解約に際しては契約解除料の支払いが必要になるということになります。

●契約解除料を支払わずに解約するためには?

15,000円の契約解除料を支払わずに解約したい場合は、「更新期間」の間に解約する必要があります。3年縛りのずっとギガ得プランには、3年毎に2ヶ月の更新月が用意されており、その間に解約した場合は15,000円の契約解除料を支払うこと無く解約することができます。

最初の3年間においては、更新期間は設定されていません。最初の更新期間は、自動更新された最初の2ヶ月間、つまり利用開始から37ヶ月後と38ヶ月後が更新期間となります。4年目以降は、更新期間も含めて3年間の契約期間となりますので、以降の更新期間は36の倍数の月の次の2ヶ月間ということになります。