格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

中部電力forコミュファ光のサービス内容と注意点について

コミュファ光と電気のセットでお得になるの?

 

「コミュファ光と電気サービスを同時に利用すると、電気代がお得になるらしい」。こんな話を聞いたことはありませんか?実は、コミュファ光と中部電力の電気料金メニューをセットで利用することで、電気料金が安くなるサービスがあるんです。

 

そのサービスの名は、「中部電力 for コミュファ光」。2016年8月1日に開始された、新しいタイプのサービスです。インターネットサービスと電気のセットなんて、ちょっと意外な組み合わせと思うかもしれませんね。しかし、コミュファ光と中部電力のタッグは、ある意味必然的に生まれたものといえます。

 

コミュファ光の提供元である「中部テレコミュニケーション株式会社」は、もともと中部電力が出資して誕生した企業。現在も、その株式の約19%を中部電力が保有しています。

 

このように結びつきが強い両社が、2016年にタッグを組んだのは当然のことです。2016年といえば、電力自由化が始まった年。中部地方だけでも、「ソフトバンクでんき」や「auでんき」など、全27の電力会社を選べるようになりました。こうした事情があり、大手電力会社である中部電力も、コミュファ光とのタッグで他社への対抗を開始したというわけです。

 

…と、背景的な事情はさておいて、やはり気になるのはサービスの内容ですよね。次節以降で、「中部電力 for コミュファ光」の実態に詳しく迫ってみましょう。

 

 

中部電力 for コミュファ光ってどんなサービス?

 

前節でご紹介したように、「中部電力 for コミュファ光」は、コミュファ光と中部電力のセット利用によって電気料金が安くなるサービスです。このようにいうと、「ウチも中部電力を利用してるから安くなるかな?」と思う方は多いことでしょう。しかし、サービスの対象となる電気料金メニューは限定されています。

 

サービス対象のメニューを知るには、まずコミュファ光および中部電力の利用エリアを以下の2つに分けて考えなければなりません。

 

・愛知県、岐阜県、三重県、静岡県(富士川以西)

・静岡県(富士川以東)

 

上記2つの地域では、「中部電力 for コミュファ光」のターゲットとなる消費者層が異なります。静岡県富士川町より西の地域でターゲットとなるのは、以前から中部電力を使用していた消費者層です。他方、静岡県富士川町より東の地域では、東京電力を利用している消費者層が主なターゲットとなります。

 

以上の点を踏まえたうえで、「中部電力 for コミュファ光」の対象となる電気料金プランや割引内容を、上記の地域別にチェックしてみましょう。

 

 

愛知県、岐阜県、三重県、静岡県(富士川以西)の地域

 

静岡県富士川以西の地域では、「中部電力 for コミュファ光」専用プランとして、以下の2つを用意しています。

 

・中部電力おとくプラン for コミュファ光

・中部電力とくとくプラン for コミュファ光

 

「中部電力おとくプラン for コミュファ光」は、「従量電灯B」「従量電灯C」「おとくプラン」のいずれかに加入している方をターゲットにした料金プランです。ターゲット層が利用している各プランの詳細は、以下のようになります。

 

・従量電灯B・・・契約電流が40A~60Aのプラン

・従量電灯C・・・契約電流が6kVAのプラン

・おとくプラン・・・従量電灯B・Cと同様の内容を割引料金で利用できるプラン

 

「おとくプラン」を契約すると、従量電灯BやCと同じ契約容量のサービスを、割引料金で利用することができます。割引額は「カテエネ会員」の場合で150円(あるいは150Pのカテエネポイント進呈)、「カテエネ会員」以外の場合で100円となります。

 

「カテエネ」とは、中部電力が提供するWEBサービスの名称です。「カテエネポイント」は、電気料金の支払いに1ポイント1円として利用できる、カテエネ会員向けのポイントサービス。貯まったポイントは、nanacoやT-POINTなどの共通ポイントに交換することもできます。

 

「中部電力おとくプラン for コミュファ光」は、「おとくプラン」にさらに割引がプラスされた、コミュファ光ユーザー向けのプランだと思ってください。プラスされる割引は、カテエネポイントの付与という形で提供されます。毎月100Pのカテエネポイントがプレゼントされる形で、割引が実施されるのです。

 

もちろん、付与されたカテエネポイントは、電気料金の支払いに活用可能。通常の「おとくプラン」より100円安い料金で、中部電力のサービスを利用できます。

 

続いて「中部電力とくとくプラン for コミュファ光」について。こちらは、契約容量7kVA以上の「従量電灯C」または、「とくとくプラン」加入者をターゲットとしたプランです。

 

より詳しくいうと、「中部電力とくとくプラン for コミュファ光」は、「とくとくプラン」に割引が追加されたコミュファ光ユーザー向けプランとなります。そのサービス内容を知るために、まずは「とくとくプラン」の概要をチェックしてみましょう。以下をご覧ください。

 

・契約容量7kVA以上のサービスを、従量電灯Cと同じ基本料金で利用できる

・月間の電力使用量120kWhまでは、従量電灯Cより電力量単価が0.5円/kWh上がる

・月間の電力使用量300kWh以上は、従量電灯Cより電力量単価が1.4円/kWh下がる

・カテエネ会員は毎月150円割引orカテエネポイント150Pの付与を受けられる

・カテエネ会員以外は毎月100円の割引を受けられる。

 

「とくとくプラン」は、たくさん電力を使う世帯向けの電気料金プランとなっています。主な割引特典は「おとくプラン」と同様です。「中部電力とくとくプラン for コミュファ光」は、この「とくとくプラン」に毎月カテエネポイント100Pの付与がプラスされるプランとなっています。

 

以上の点をまとめましょう。静岡県藤川以西のコミュファ光ユーザーは、「おとくプラン」あるいは「とくとくプラン」を通常より月々100円安く利用できます。

 

このようにいうと、「なーんだ、たったの100円か」と思うかもしれませんね。しかし、サービス加入を機に電気料金メニューを見直すと、大きな節約に繋がる可能性がありますよ。

 

 

静岡県(富士川以東)の地域

 

静岡県富士川以東の地域では、「中部電力 for コミュファ光」専用プランとして、「中部電力カテエネプラン for コミュファ光」を用意しています。このプランのターゲットをチェックしてみましょう。

 

・東京電力で従量電灯B(30A〜60A)を契約している消費者

・中部電力で「カテエネプラン」を契約している消費者

 

後者が契約している「カテエネプラン」は、東京電力利用者を抱え込むために設けられたプランです。「中部電力カテエネプラン for コミュファ光」は、この「カテエネプラン」に割引が追加されたものになります。そのサービス内容を知るために、まず「カテエネプラン」の特徴をチェックしてみましょう。

 

・東京電力の従量電灯より基本料金が6.4%安い

・東京電力の従量電灯より電力量単価が0.5%〜13.4%安い

 

「カテエネプラン」の基本料金や電力量単価は、東京電力の従量電灯より安価に設定されています。電力消費量が少ない家庭でもお得感を感じられる点が、「カテエネプラン」の大きな特徴。電力使用量が120kWh以下と少ない場合も、1kWhあたりの料金が東京電力より0.5%安くなります。

 

この「カテエネプラン」にカテエネポイント100Pの特典が付いたプランが、「中部電力カテエネプラン for コミュファ光」です。簡単にいってしまうと、コミュファ光ユーザー向けの特典は100円分の割引のみとなります。

 

とはいえ、基本料金や電力単価の安さを踏まえると、東京電力から中部電力のサービスに乗り換える価値は大。次節からは、「中部電力 for コミュファ光」の申し込み条件や申し込み方法を見ていくことにしましょう。

 

 

中部電力 for コミュファ光に申し込むのに条件はあるの?

 

「中部電力 for コミュファ光」を申し込むための条件は、お住まいの地域が静岡県富士川以西か以東かによって少し違います。まず、愛知県や岐阜県、三重県と静岡県富士川以西にお住まいの方は、特別な条件なしに同サービスを申し込めます。

 

強いて条件をあげるとすれば、コミュファ光を利用している住所と、中部電力を利用する住所が同一であることぐらいです。賃貸住宅にお住まいの方も、中部電力のコミュファ光ユーザー向けプランに加入できます。

 

特別な事情がない限り、契約する電力会社の変更について大家さんに断りを入れる必要はありません。ただし、お住まいの賃貸住宅でコミュファ光を利用できるかどうかは別問題です。

 

他方、お住まいの地域が静岡県富士川以東である場合は、少し話が違ってきます。「中部電力カテエネプラン for コミュファ光」は、3kVA以上の契約容量で電気を利用している方を対象としたプランです。このため、契約容量30A以下のプランを契約している方は、そのままでは申し込みを行えません。

 

独り暮らしで少ない容量の電気料金プランを契約している方は、一度契約内容を見直してみてください。現在の契約容量を30A以上に変更すれば、「中部電力カテエネプラン for コミュファ光」を申し込めます。

 

 

中部電力 for コミュファ光の申し込み方法

 

「中部電力 for コミュファ光」の申し込みは、コミュファ光のホームページに用意された申し込みフォームで行えます。申し込みには、現在利用している電力会社との契約情報が必須。検針票や契約書を用意した上で、申し込みを行ってください。「中部電力 for コミュファ光」の申し込みフォームへは、以下の手順でアクセスできます。

 

1.コミュファ光のホームページにアクセス

2.「ご利用中のお客さま」をクリック

3.「サービス内容・料金」項目内にある「オプション・サービス」をクリック

4.「その他のオプション」項目内にある「中部電力 for コミュファ光」をクリック

5.「サービス概要」項目でお住まいの地域をクリック

6.画面を下にスクロールさせて「お申し込みはこちら」をクリック

 

申し込みフォームには、「供給地点特定番号」や電力会社の契約番号を入力する項目があります。どちらも検針票でチェックできるので、参照しつつフォームの項目を埋めてください。

 

 

申込から利用までの流れ

 

「中部電力for コミュファ光」を申し込んでから利用を開始するまでの流れは、静岡県富士川以西と以東で少し違います。まず、富士川以西にお住まいの場合は、申し込みから利用開始までの間に行うべきことは特にありません。ただし、利用開始日は、現在加入している電力会社や申し込みタイミングによって、以下のように変わります。

 

・中部電力を利用しており、検針日前日までに申し込んだ場合・・・当月の検針日に利用開始

・中部電力を利用しており、検針日以降に申し込んだ場合・・・翌月の検針日に利用開始

・中部電力以外を利用しており、検針日の「1営業日+2歴日前」までに申し込んだ場合・・・当月の検針日に利用開始

・中部電力以外を利用しており、検針日の「1営業日+1歴日前」以降に申し込んだ場合・・・翌月の検針日に利用開始

 

続いて、静岡県富士川以東で申し込んだ場合の流れについて。東京電力を契約している方が「中部電力 for コミュファ光」に申し込んだ場合は、まず電気メーターの取り替えが行われます。旧来のメーターから、通信機能付きの「スマートメーター」へと交換されるのです。

 

取替工事は無料で行えますが、宅内での工事となるので立ち会いが必要となります。サービス申し込み後に東京電力から連絡が入るので、日程を調整してください。なお、「中部電力カテエネプラン forコミュファ光」の利用開始日は、申し込みタイミングによって以下のように変わります。

 

・前月10日〜当月9日に申し込んだ場合・・・契約中の電力会社の、翌月の検針日に利用開始

・当月10日〜翌月9日に申し込んだ場合・・・契約中の電力会社の、翌々月の検針日に利用開始

 

タイミングによっては、申し込みから利用開始までに2ヶ月近くかかる場合があります。月初めに利用を思い立った場合は、その月の9日までに申し込みを行ってください。

 

 

中部電力 for コミュファ光に申し込む際の注意

 

「中部電力 for コミュファ光」はお得なサービスですが、利用によって必ずしも現在の電気料金が安くなるとは限りません。たとえば、中部電力で「Eライフプラン」「タイムプラン」「ピークシフト電灯」を利用している方は要注意。コミュファ光ユーザー向けのプランに変更することで、電気料金が高くなってしまう可能性があります。

 

東京電力やその他電力会社のプランを利用している方も、「中部電力 for コミュファ光」申し込み前に現在の電気料金を確認してください。電力会社の乗り換えによって損をしては本末転倒。中部電力への加入前後の料金をよく比較したうえで、サービス申し込みの是非を決定しましょう。

 

 

コミュファ光を解約した場合電気料金はどうなるの?

 

「中部電力 for コミュファ光」加入後にコミュファ光を解約すると、サービスの適用対象外となります。結果的に電気料金は値上がりしますが、コミュファ光ユーザー向けの特典である100Pのカテエネポイントがもらえなくなるだけです。解約前後の電気料金に、それほど大きな差はないといってよいでしょう。