格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ドコモ光電話のMNP(ナンバーポータビリティー)を徹底解説

「フレッツ光やNTTの電話番号をドコモ光に引き継ぐことはできるのか?」フレッツ光からドコモ光に切り替える場合に、こんな素朴な疑問を持つ人がたくさんいらっしゃるようです。

最近はスマホや携帯電話の普及により、固定電話を積極的に利用している人は少ないのですが、それでも長らく使っている電話番号が変わってしまうことには抵抗がありますよね?

この記事ではMNP(ナンバーポータビリティー)について、その方法や注意点を詳しく解説します。

ドコモ光電話ってどんなサービス?まずは基本からご紹介

ドコモ光電話は従来のアナログ回線での電話に比べて品質と料金の両方でメリットがあります。まず、品質に関しては、アナログ回線よりも通話品質がよく、ノイズや雑音などを気にする事なく利用することが可能です。料金に関しては基本料金も通話料もドコモ光電話の方が安いため、長電話となっても気にせずに話をすることができます。では、どれくらい基本料金や通話料に差があるのかを具体的に比較してみましょう。

《基本料金》

【従来のアナログ回線(住宅用プッシュ回線)】

1級取扱所:1,600円
2級取扱所:1,600円
3級取扱所:1,700円

【ドコモ光電話】

月額基本料:500円

従来のアナログ回線は、管轄のNTT取扱所のクラスによって基本料金が微妙にことなりますが、いずれにしても1,600円から1,700円の基本料金がかかります。ISDNという回線の場合には2,780円となっており、固定電話を利用しているだけでもそれなりの金額が必要です。

しかし、ドコモ光電話の場合は月額料金がたったの500円で済むため、固定電話をワンコインで利用することが可能です。

《通話料:東日本エリアの場合》

【従来のアナログ回線(住宅用プッシュ回線)】

市内:8.5円/3分
県内市外:20円から40円/3分
県外:20円から80円/3分
国際電話(アメリカ):60円/1分
携帯電話(ドコモへの通話):20円/1分
携帯電話(auへの通話):30円/1分
携帯電話(ソフトバンクへの通話):40円/1分

【ドコモ光電話】

日本全国:8円/3分
国際電話(アメリカ):9円/1分
携帯電話(ドコモへの通話):16円/1分
携帯電話(auへの通話):17.5円/1分
携帯電話(ソフトバンクへの通話):17.5円/1分

《通話料:西日本エリアの場合》※携帯のみ東日本と異なる

【従来のアナログ回線(住宅用プッシュ回線)】

携帯電話(ドコモへの通話):17円/1分
携帯電話(auへの通話):18円/1分
携帯電話(ソフトバンクへの通話):20円/1分

【ドコモ光電話】

日本全国:8円/3分
携帯電話(ドコモへの通話):16円/1分
携帯電話(auへの通話):18円/1分
携帯電話(ソフトバンクへの通話):18円/1分

従来のアナログ電話の場合は、かける相手との距離が遠ければ遠いほど通話料金も高くなりますが、ドコモ光電話の場合は全国一律で低料金でという特徴があります。国際電話や携帯への通話も、ドコモ光の通話料が安く、たくさん話すほど差が出るでしょう。

NTTアナログ電話からドコモ光電話にMNPで乗り換えることはできる?

ドコモ光に加入をして、従来のNTTアナログ電話からドコモ光電話にした場合、電話番号はそのまま使えるのでしょうか?結論からいいますと、アナログ電話からドコモ光電話へのMNP(ナンバーポータビリティー)は可能です。

今まで利用していた電話番号をそのまま使うことができますので、わざわざ周りの人に電話番号の変更を連絡する手間はありません。さらに、基本的には今まで利用していた電話機もそのまま使えますので、わざわざ電話機を買い替える必要もありません。

一部の特殊な電話機の場合、ドコモ光電話で利用できない場合がありますが、ご家庭用の一般的な電話機であれば大半が利用可能なので、ご自宅の電話環境はそのままで利用することができます。

フレッツ光のひかり電話からドコモ光電話にMNPで乗り換えることは可能?

従来のアナログ電話ではなく、既に光電話を利用している場合にはどうなるのでしょうか?NTTフレッツ光にも光電話があり、フレッツ光からドコモ光へ乗り換えた場合にもMNPが気になるという人がいらっしゃいます。

しかし、この場合にもMNPで乗り換えることは可能なので、電話番号が変わることに抵抗がある人も安心して切り替えを行うことができます。

ドコモ光からから他社サービスに乗り換える場合ドコモ光電話の番号は引き継げる?

今度は逆にドコモ光から他社光サービスに乗り換える場合にはどうなのでしょうか?実はこの場合にもドコモ光の番号を引き継ぐことは可能です。

ドコモ光から他社に乗り換える時に番号を引き継げないと思っている人の中には、「本当はドコモ光に変えたいけれど、いずれ他社サービスに変える可能性を考えると変えにくい」と思っている人もいらっしゃるようですが、基本的には電話番号は変わりませんので安心してドコモ光に乗り換えることができます。

MNPが出来ない場合はどんな時?

では逆に、MNPが出来ない場合というのはどんなケースが考えられるのでしょうか?それはNTT以外の会社から発番された電話番号の場合が考えられます。原則としてMNPができるのは「NTT東日本・NTT西日本の加入電話や、ISDNから切り替える場合」なので、NTT以外の会社で発行した電話番号は継続できず、ドコモ光に加入した時に発番されることとなります。

KDDIやソフトバンクで新規取得した電話番号を引き継ぐことは基本的にはできないと覚えておきましょう。(電話回線だけ残し、インターネットのみドコモ光にするという手段もありますが割高となります)

電話番号に関する注意点をご紹介

MNPの注意点もいくつか解説しておきましょう。まずは、ドコモ光電話で新規発番した電話番号は、NTT東日本やNTT西日本の加入電話にMNPすることはできません。NTT東日本やNTT西日本で発番したものは継続利用がしやすいのですが、ドコモ光発番のものは継続利用しにくいので注意が必要です。

NTT東日本やNTT西日本で発番した番号を、MNPにより他社で利用し、その後ドコモ光にMNPすることは可能です。NTTの番号であれば、このように他社に変えても継続利用することができます。

MNPによってドコモ光電話で継続利用している電話番号を、ドコモ光電話解約のあと、NTT東日本やNTT西日本の加入電話で継続利用することは可能です。これらの違いをご覧いただくと、NTT発番の番号が有利であることがご理解いただけるかと思います。

まとめ

ドコモ光電話は、従来のアナログの電話に比べて基本料金も通話料も安く、手軽に固定電話を利用することが可能です。NTT東日本やNTT西日本で発番した電話番号の場合、MNPによって同じ電話番号をドコモ光でも利用することができますし、NTTから一旦他社に変えて、その後ドコモ光で利用することも可能です。

しかし、他社で発番した電話番号はドコモ光電話で利用することはできず、ドコモ光で新規に発番する必要があります。この場合はNTTの加入電話で継続利用することはできませんので、NTT発番の電話番号が有利であることが分かります。

多くの人がNTT発番の電話番号を使っておられるかと思いますので、その場合は気兼ねなくドコモ光に切り替えることが可能です。