格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ドコモ光電話に電話番号そのままMNPする方法について

NTTアナログ電話からドコモ光電話にMNPで乗り換えることはできる?

ドコモ光に加入をして、従来のNTTアナログ電話からドコモ光電話にした場合、電話番号はそのまま使えるのでしょうか?結論からいいますと、アナログ電話からドコモ光電話へのMNP(ナンバーポータビリティー)は可能です。

今まで利用していた電話番号をそのまま使うことができますので、わざわざ周りの人に電話番号の変更を連絡する手間はありません。さらに、基本的には今まで利用していた電話機もそのまま使えますので、わざわざ電話機を買い替える必要もありません。

一部の特殊な電話機の場合、ドコモ光電話で利用できない場合がありますが、ご家庭用の一般的な電話機であれば大半が利用可能なので、ご自宅の電話環境はそのままで利用することができます。

→ドコモ光電話についてはこちらのページに詳しく書いてます

フレッツ光からドコモ光電話にMNPする方法 

①NTT東日本、西日本で転用番号を取得  

→NTT東日本の場合

→NTT西日本の場合

上記ページから取得するか、もしくは 

東日本→0120-140-202

西日本→0120-553-104 

に電話して転用番号を取得してください。 

②その後ドコモ光へ転用申し込みをして、工事が完了するのを待ってください。 開通と同時に番号そのままで光電話を利用することができます。

フレッツ光のひかり電話からドコモ光電話にMNPで乗り換えることは可能?

従来のアナログ電話ではなく、既に光電話を利用している場合にはどうなるのでしょうか?NTTフレッツ光にも光電話があり、フレッツ光からドコモ光へ乗り換えた場合にもMNPが気になるという人がいらっしゃいます。

しかし、この場合にもMNPで乗り換えることは可能なので、電話番号が変わることに抵抗がある人も安心して切り替えを行うことができます。

ドコモ光からから他社サービスに乗り換える場合ドコモ光電話の番号は引き継げる?

今度は逆にドコモ光から他社光サービスに乗り換える場合にはどうなのでしょうか?実はこの場合にもドコモ光の番号を引き継ぐことは可能です。

ドコモ光から他社に乗り換える時に番号を引き継げないと思っている人の中には、「本当はドコモ光に変えたいけれど、いずれ他社サービスに変える可能性を考えると変えにくい」と思っている人もいらっしゃるようですが、基本的には電話番号は変わりませんので安心してドコモ光に乗り換えることができます。

MNPが出来ない場合はどんな時?

では逆に、MNPが出来ない場合というのはどんなケースが考えられるのでしょうか?それはNTT以外の会社から発番された電話番号の場合が考えられます。原則としてMNPができるのは「NTT東日本・NTT西日本の加入電話や、ISDNから切り替える場合」なので、NTT以外の会社で発行した電話番号は継続できず、ドコモ光に加入した時に発番されることとなります。

KDDIやソフトバンクで新規取得した電話番号を引き継ぐことは基本的にはできないと覚えておきましょう。(電話回線だけ残し、インターネットのみドコモ光にするという手段もありますが割高となります)

電話番号に関する注意点をご紹介

MNPの注意点もいくつか解説しておきましょう。まずは、ドコモ光電話で新規発番した電話番号は、NTT東日本やNTT西日本の加入電話にMNPすることはできません。NTT東日本やNTT西日本で発番したものは継続利用がしやすいのですが、ドコモ光発番のものは継続利用しにくいので注意が必要です。

NTT東日本やNTT西日本で発番した番号を、MNPにより他社で利用し、その後ドコモ光にMNPすることは可能です。NTTの番号であれば、このように他社に変えても継続利用することができます。

MNPによってドコモ光電話で継続利用している電話番号を、ドコモ光電話解約のあと、NTT東日本やNTT西日本の加入電話で継続利用することは可能です。これらの違いをご覧いただくと、NTT発番の番号が有利であることがご理解いただけるかと思います。

まとめ

ドコモ光電話は、従来のアナログの電話に比べて基本料金も通話料も安く、手軽に固定電話を利用することが可能です。NTT東日本やNTT西日本で発番した電話番号の場合、MNPによって同じ電話番号をドコモ光でも利用することができますし、NTTから一旦他社に変えて、その後ドコモ光で利用することも可能です。

しかし、他社で発番した電話番号はドコモ光電話で利用することはできず、ドコモ光で新規に発番する必要があります。この場合はNTTの加入電話で継続利用することはできませんので、NTT発番の電話番号が有利であることが分かります。

多くの人がNTT発番の電話番号を使っておられるかと思いますので、その場合は気兼ねなくドコモ光に切り替えることが可能です。