格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

フレッツ光モバイルパックLTEとは?料金プランやおすすめポイントについて

フレッツ光を自宅で利用しているのは便利だけれど、外出先でも快適なインターネットを楽しみたい。そんなあなたのニーズに応えてくれるサービスが、NTT西日本が提供しているフレッツ光モバイルパックLTEというサービスです。

プロバイダなどが提供しているこのサービスは、フレッツ光ユーザーが加入でき、お家とお外の使い分けによって、よりお得で便利に利用することが可能です。

そんなフレッツ光モバイルLTEについてゼロから解説します。

フレッツ光モバイルパックLTEって?

フレッツ光は、自宅に光ファイバー線を引き込み、その線を通じて超高速インターネットを快適に楽しむサービスです。

引き込んだ線を、お弁当箱サイズのモデムという機械から、LANケーブルというケーブル線でパソコンにつなぐことによって、そのパソコンでインターネットの利用が可能となります。

家中どこでも使えるようにしたい場合は、無線ルーターという機器を利用して、モデムからパソコンまでの間を無線で飛ばし、配線なしでインターネットを楽しむことが可能です。

無線ルーターを使うと、スマホやタブレットでのインターネットの利用も、フレッツ光の月額料金の範囲で可能となります。

でも、どうせなら、外出先でもフレッツ光の高速インターネットを利用したいですよね?

フレッツ光モバイルパックLTEに加入すると、スマホやタブレットなどのうち、SIMフリーの端末にSIMカードを差し込むことで、外出先でもフレッツ光の高速インターネットの利用が可能となります。

プロバイダやSIMフリーってなに?

プロバイダやSIMフリーっていう用語が、なんだかよく分からないという人のために、それぞれ解説したいと思います。知っている人は次の項目まで読み飛ばしてください。

《プロバイダ》

インターネットを利用する場合、NTTなどの回線事業者と、インターネットに接続してくれるプロバイダという事業者との2つの契約が必要です。

フレッツ光モバイルパックLTEの場合は、フレッツ光の契約と、プロバイダ契約の他に、外でモバイル通信を利用するためのプロバイダ契約の、あわせて3つの契約が必要となります。

「フレッツ光+プロバイダ契約+モバイル通信用のプロバイダ契約」

《SIMフリー》

SIMとは、電話番号などの顧客情報が書き込まれているチップのことで、スマホやタブレット端末の中に入っているとても小さな記憶媒体です。

スマホやタブレット端末を利用する場合、NTTドコモやソフトバンクなどのキャリアと呼ばれる通信事業者が、自社回線のみの利用となるようにロックをかけているのですが、そのロックを外してどの事業者でも使えるようにしているSIMカードのことを、SIMフリーカードといいます。

フレッツ光モバイルパックLTEはどんな人におすすめ?

フレッツ光モバイルパックLTEは、自宅でインターネットを利用し、外出先でスマホやタブレットでのモバイル通信が頻繁な人に向いているサービスです。

スーパーで食材からレシピを検索したり、お店のクーポンをダウンロードしたり、旅行中の地図情報やダイヤ検索など、身近な生活においてさまざまな利用シーンがあります。

外出先で利用する場合は、通信容量にプランごとの制限がありますが、自宅利用の場合は無線ルーターを介していれば制限はなく、自宅では好きなだけ使うことが可能です。

お家で通信容量を節約し、外出先で必要な分だけ使うと、とても効率よくインターネットを利用することが可能です。

残念ながらNTT東日本では提供をしていませんので、NTT西日本限定のサービスです。

フレッツ光モバイルパックLTEには通信量に制限があるの?

フレッツ光モバイルパックLTEには通信量に制限があると解説しましたが、その制限はプランによって毎月1GBから10GBと異なります。中には無制限のプランもありますので、あなたの利用状況に合わせたプラン選びが大切です。

1GBの目安は、ヤフーのトップページを約4,338回表示、約204,800通のメール送受信、5分のYouTubeを約95回再生を参考にしていただければと思います。

サービスの利用に必要なものってなに?

サービスの利用にはSIMカードが必要ですが、契約されるプランによってSIMカードの種類が変わります。

SIMカードは2種類あり、モバイルデータ通信用のSIMカードと、音声通話付きのモバイルデータ通信用のSIMカードがあります。

要するに、インターネットだけしかしない場合と、電話も使う場合の2種類があるということです。

《SIMカードの種類》

・モバイルデータ通信用SIMカード

・モバイルデータ通信+音声通話用SIMカード

フレッツ光モバイルパックLTEの料金は?

月額料金について見て行きましょう。月額料金は「フレッツ光利用料+プロバイダ料金+モバイルデータ通信料金(音声通話)」の合計金額となります。

モバイルデータ通信用だけでの利用と、音声通話用も利用する場合とでは、月額料金のプランも異なります。

《月額料金》

・フレッツ光利用料:3,810円(割引適用時)
+
・プロバイダ料金:500円(BB.exciteでの利用料)
+
・モバイルデータ通信料※下記参照

モバイルデータ通信のプラン(数あるプランから一部抜粋)

・ビッグローブ:月額900円 データ容量3GB/月 初期費用1,000円

・@モバイルくん:月額1,810円 データ容量5GB/月 初期費用3,000円

・U-mobile:月額2,480円 データ容量無制限 初期費用3,000円

モバイルデータ通信+音声通話のプラン(数あるプランから一部抜粋)

・ビッグローブ:月額1,400円 データ容量1GB/月

・@モバイルくん:月額1,200円 データ容量500MB/月※1GBの半分

・ノーバス@モバイル:月額1,930円 データ容量3GB/月

・U-mobile:月額2,980円 データ容量無制限

※初期費用はいずれも3,000円

※最低利用期間6カ月から12カ月で、途中解約は6,000円から8,000円の契約解除料あり

フレッツ光モバイルパックLTEの申し込みから利用までの流れ

フレッツ光モバイルパックLTEの申し込みは、NTT西日本のホームページから気軽に行うことが可能です。

申し込みの前に、相談したいことがある場合は「お申し込みに関するご相談」をクリックすると、相談内容を選択して質問することができます。

申し込みを決定したい場合は、申し込みの手順を踏んで行きます。申し込みの手順は以下の通りです。

《申し込みの手順》

・プランの選択

・約款の確認

・お客様情報の入力

・オプションサービスの選択

・申し込み内容の確認

・申し込み完了

申し込みが完了すると、NTT西日本から確認の電話が入り、機器などが到着し、設定後に利用可能となります。

まとめ

フレッツ光モバイルパックLTEは、自宅でフレッツ光を利用している人が、外出先でSIMフリーのスマホやタブレッツでモバイルデータ通信をする人のためのサービスです。

自宅では無線ルーターを利用して無制限に、外出先ではあなたに必要な容量分だけを利用するプランとなっており、効率良くインターネットを利用することが可能です。

モバイルデータ通信だけでスマホやタブレットを利用する場合と、音声通話をする場合とで料金プランが異なり、インターネット使用料に加算した額が月額料金となります。

あなたのインターネットライフに合わせたプランを選択しましょう。