格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

NURO光のプロバイダはSo-netのみ!ソネットの料金やメリットを解説します。

NURO光のプロバイダはso-net(ソネット)のみ

NURO光はソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(通称ソネット)が提供する、個人宅向け超高速光回線サービスです。この「NURO光」とは総称(トータル的な呼び名)で、正確にいえば「光回線+特選プロバイダのセット」のサービス提供といえるでしょう。

●NURO光を提供しているのはSo-net

というのも、NURO光を提供しているのはSo-net(ソネット)だからです。

So-netといえば大手ISPとしてプロバイダサービスをはじめ、さまざまなインターネット絡みのサービスを提供している会社です。もちろんなかでも有名なのは、プロバイダとしてのSo-netですよね。

●NURO光はSo-netが提供するインターネット接続サービスのひとつ

So-netが提供・参与するインターネットサービスには、「So-net光」、「auひかり」、「ドコモ光」、「コミュファ光」、「フレッツ光」そして「NURO光」がありますが、このうちSo-netが光回線ごと主導するのが、光コラボの「So-net光」と今回紹介する「NURO光」です。

●「So-net光」、「NURO光」は、So-netが光回線ごと好きにできるサービス

「So-netが主導」するとは、フレッツ光回線のレンタルとはいえ光回線ごとSo-netが管理運営しているもので、他社の光回線に乗っかったプロバイダサービスの提供だけではないということ、ようするに「So-net独自の方針で運営・提供できるインターネット接続サービス」なんですね。

●当然のごとく、NURO光のプロバイダはSo-netになる

So-netの方針で光回線とISP(プロバイダ)サービスが運営できれば、他社との提携・関連での配慮が必要ないので、So-netだけの戦略で純粋にサービス展開できるわけです。

というわけで「NURO光のプロバイダはSo-net」という流れとなり「NURO光はプロバイダが選べない」という図式が完成するわけなんですね。

NURO光のプロバイダがSo-netオンリーであることのメリット

さてNURO光のプロバイダがSo-netオンリーであるということは理解いただけたでしょうか?ここでよく「プロバイダが選べないなんて…」と負のイメージを思わせる表記がありますが、裏を返せば「プロバイダを選ばなくてもいい」こと。また「どのプロバイダを選べばいいんだ?」なんて余計な悩みネタを増やさなくていいというポジティブな考え方もあります。

●NURO光のプロバイダが選べないということはむしろメリット

「プロバイダが選べない」といのは一見、自由度の少ないデメリットのようにも聞こえますが、例えばソフトバンク光のプロバイダがYahoo!BBに決まっていて、ソフトバンクグループの独自特典が受けられることと同じで、プロバイダを含めた自由度の高いサービス提供が期待できるということなんです。

さらにNURO光のような、GPONという特殊で繊細な伝送技術を使った光回線は、他社プロバイダを介することで影響されることのない、自社オンリーの純潔回線経路が必要なわけですね。これによって安定した回線品質が保たれているともいえるんです。

サービス面や技術的なメリットをふまえて、NURO光のプロバイダがSo-netオンリーであるということは、多大なるメリットといえるでしょう。

NURO光のプロバイダ込みの料金はいくら?

NURO光はその超高速な回線速度ももちろんですが、料金の安さにも定評があります。まずは基本料金をみてみましょう。

プラン G2V G2
月額料金 4,743円 7,124円
契約期間 2年 なし
契約解除料(解約金) 9,500円 なし
契約事務手数料 3,000円
工事費 40,000円(1,333円×30ケ月)

 

NURO光の一般的なプランは、2年縛りの「NURO光G2V」で、こちらを前提に工事費無料やキャッシュバックなどのキャンペーンが適用されるので、特別な事情や希望のない限りこのプランになります。

月額料金4,743円にはプロバイダ料金が含まれていて、これだけでも他の光回線サービスと比べればかなりオトク。

ちなみに、フレッツ光のプロバイダ込み料金は月額6,100円、他の大手光コラボが5,100円~5,200円程度、工事費はやはり特殊伝送回線ということもあり少々高めですが、工事費分割払い分が毎月割引になるキャンペーンがあり実質無料、他社は当初から無料をうたっているので結局工事費無料という点では同じ。

ここまでみると、フレッツ光を除いてプロバイダ込みの月額料金はあまり変わらないということになりそうですが、じつは違うんです。

NURO光とSo-net光の比較

先の照会でも触れたように、NURO光はSo-netの光回線サービスで、So-netは別に光コラボの光回線サービス「So-net光」も提供しています。

So-net光は全国展開なので、当然関東圏も提供エリア。同じSo-netが提供する光回線サービスNURO光と関東圏ではバッティングしますよね。ここでユーザーは、どちらを選ぶのかと選択肢を迫られるわけです。

では両者の違いはどこにあるのでしょうか?そこでNURO光とSo-net光をポイント比較してみました。

●NURO光とSo-net光の根本的な違いは提供エリア

まずは両者の根本的な違いは、NURO光が関東エリア限定でありSo-net光は全国版であるということ。

光コラボはフレッツ光回線を利用しているわけですから、NTT東西とはいえもともと全国版ですよね。

これに対しNURO光も厳密にはフレッツ光回線を使ってはいるのですが、これは「フレッツ光回線の余剰分(ダークファイバー)&G-PON技術での伝送方式」というわけで、フレッツ光回線をそのまま使えず設備投資が必要なんです。

簡単にいえば「余ったフレッツ光回線を安く買って特殊加工し付加価値を見出した高スペック回線」なんですが、いかんせんその費用は半端ではなく、イッキに全国展開とはいかないわけです。

このことをふまえて、まずは人口密度も高くコスパに優れた首都圏にターゲットを絞ったということなんでしょう。当然加入者やレビューも集めやすく、後のエリア拡大に向けての施策がとりやすいというものです。

●NURO光とSo-net光の回線速度の比較

回線速度を比較してみましょう。ご存知の通りNURO光のうたい文句は、世界最速下り2Gbpsの高速回線ですよね。So-net光のベストエフォートで下り1Gbps、これでも十分早いのですが実際はどうなんでしょう?

かなり信頼性が高いといわれ通信業者が参考にする、ユーザーの測定実績をもとに累積評価しランキングを行なう測定サイトに「RBB SPEED TEST」があります。このサイトにおける最新のランキング「SPEED AWARD 2015」の「PC測定の部」において、

・回線事業者部門・関東エリアでは、NURO光が1位で下り457.68Mbps、

・光コラボレーション部門では、So-net光が1位で下り230.05Mbps

と、両者とも1位を独占。さらにSo-netはISP部門でもauひかりとのコラボで1位(下り265.58Mbps)を獲得しているんです。NURO光はプロバイダがSo-netですから、この結果からいえば「So-netがプロバイダなら速い」ということが言えそうです。

NURO光とSo-net光の回線速度比較は、技術的な違いもあってNURO光に軍配が上がるのは当然といえばそうなのですが、むしろSo-netの存在が脅威にさえ思えてくるのも新たな発見かもしれません。

●NURO光とSo-net光の料金の比較

回線速度でホッとした所で、次に気になるのが料金です。NURO光の料金は先ほども戸建ての場合を紹介しましたが、まだまだ入居戸数のハードルなどで数少ないマンションプランになるともっと安くなるんです。わかりやすく表にして比べてみましょう。工事費はどちらも実質無料になるので省略、ここでは月額料金だけとしますね。もちろんどちらもプロバイダ込み料金です。

  月額料金
NURO光/戸建て 4,743円
NURO光/マンション 1,900円~
So-net光/戸建て 5,200円
So-net光/マンション 4,100円

 

これを単純にみるとやはりNURO光の方が安いようですね。しかも無線LAN・セキュリティ込みでこの料金ですから、So-net光では有料オプションになっていることからみればやはりNURO光のほうが安いようです。

たださらに深く掘り下げれば、金額はまちまちですがどちらもキャンペーン適用でキャッシュバックや月額料金の割引きがあったり、So-net光の場合は転用だと工事費が無料だったりと、一概にはいえないというのが現状なようです。

まとめ

こうしてみると、NURO光と専用プロバイダのSo-netのコラボは現在の所、あえてとりあげるほどのデメリットもなく「バッチリうまくいってる」ということになりそうです。

NURO光を利用できる関東圏ならNURO光、その他のエリアはSo-net光で何ら問題はないでしょう。できれば回線速度も速く料金もオトクなNURO光の提供エリア拡大を早期に推進して欲しいところです。近い将来を楽しみにしておきましょう!