格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

NURO光は関西で利用可能?気になるウワサと評判まとめ

NURO光は西日本や関西でも利用可能になる? 現在の使用可能エリアについて

2017年6月現在のNURO光のサービス提供エリアは、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県の6県のみとなっています。つまりNURO光の利用可能エリアは関東圏に限定されており、関西エリアへの進出は果たしていません。

NURO光の提供エリアを詳しく知りたい方はこちら

大阪をはじめ関西ではいつから利用できるの?

前節でご説明したとおり、NURO光の利用可能エリアは厳格に定められています。とはいえ関西圏の方も、この超高速回線を速く利用したくてウズウズしているはず。はたしてNURO光は、いつごろから関西圏でも利用可能となるのでしょうか。

ネット上には、NURO光の提供エリア拡大に関するウワサが飛び交っています。そのウワサの中には、「関西エリアで利用可能となる時期は近い」といった内容のものも少なくありません。

こうしたウワサの根拠としてあげられるのが、NURO光が毎年のように行っている拡大化の動き。NURO光は毎年何らかの拡大路線と目される動きを見せています。

たとえば2014年には、関東圏でのサービス提供エリア拡大を行いました。また2015年12月8日には、5階建てマンションへの対応を実現するという大きな進歩を見せています。以上のように着々とサービス拡大および地盤固めと見られる動きを見せているため、NURO光の関西エリア進出への期待が高まっているのです。

ただし、実際にNURO光が関西進出に乗り出す動きを報じるニュースは流れていません。NURO光が関西エリアへ進出するには、多額の資金が必要となるはず。現時点のNURO光は関東での地固めに力を入れているため、関西進出が早急に行われる可能性は低いといえるでしょう。

またネット上では、「NURO光は関東限定の光回線に落ち着くのではないか」と予想する声も散見されます。実際eo光のような関西限定の光回線もあるぐらいですから、NURO光が関東エリアに留まる可能性もあるでしょう。

これらのウワサを総合すると、NURO光の関西エリアへの進出は不透明だといえます。もちろん、関西でNURO光のサービスが提供される可能性はゼロではありません。ただし関西進出が実現されるのは、どれだけ早くても2017年以降だと予想されます。 

ただ最近では近々関西方面へ進出するとの見方も取られており、注意深く観察していきます。

NURO光の最新情報についてはこちらのページを参考にしてください。

福岡など九州地区、広島などの中国地方でNURO光が開始になる可能性は?

NURO光が関西以外にも、福岡などの九州地方や広島など中国地方でもサービスが開始される可能性はゼロではありません。 しかし、まず始まるとしても東海地方、近畿地方、が先でしょうからまだまだ福岡や広島でNURO光を使用できる日は遠そうです。

NURO光以外の関西や西日本で使えるおすすめの光回線とは?

前節で述べたとおり関西圏でNURO光を使えるようになる時期は、現段階では不明です。とはいえ関西のネットユーザーの中には、ハイスピードな光回線の登場を待ちきれない人が多いはず。なぜならば、関西では光回線の混雑が激しく、満足いく回線スピードを得られないケースが多いからです。

ではそんな関西圏にあって、最もおすすめできる光回線として何があげられるのでしょうか。光回線と聞いて最初に名前があがるフレッツ光は、加入者の多さから回線スピードが遅くなる傾向にあるためおすすめできません。

光回線は1本の光ファイバーを最大32分岐させて利用するため、利用者が多いほどに回線速度が落ちてしまいます。NTTの光回線という安心感から老若男女に人気があるフレッツ光の回線速度が低下するのも、無理のないことといえるでしょう。

では、関西電力が提供するeo光はどうでしょうか。こちらは地域によっては十分な回線速度が出ているようです。ただeo光は申込みから工事が行われるまでに、長期間待たされる場合があります。地域によっては2ヶ月待ちとなるケースもあるため、こちらも100%おすすめとはいえません。

では関西圏のネットユーザーにはどの光回線がおすすめなのかというと、ズバリ「auひかり」「ドコモ光」「ソフトバンク光」などの各キャリアの光コラボです。これらは戸建てタイプの月額料金が5,100円程度(ずっとギガ得プランの場合)と安価。顧客満足度も高い、おすすめの光回線となっています。また、これらの回線はドコモユーザーならドコモ光、auユーザーならau光と合わせて契約する事で、毎月1,000円程度の割引を受けられます。 各キャリアユーザーなら必須の割引額となっているので要検討ください。

参考ページ→http://kakuyasu-sumahogakuen.com/hikari-net/docomo-hikari/6929.html