格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

法人向けネット回線NURO BIZのサービス内容と導入事例について

So-netでは、法人向けICTソリューションサービスとして、「NURO BIZ」の提供を行っています。NUROといえば、下り最大2Gbpsの通信速度を特徴とする光インターネット通信サービス。同じNUROの名をもつ法人向けのサービスは、どのような内容になっているのでしょうか。本文で詳細をチェックしてみましょう。

 

 

nuroアクセス スタンダードのサービス内容

 

NUROアクセス スタンダード(以下スタンダードと表記)は、NURO BIZの中核を担う標準的なサービスです。インターネット通信速度は、下り回線が最大2Gbpsで、上り回線が最大1Gbps。家庭用のNURO光と同様の速度になっています。

 

では、スタンダードは家庭用回線と同じサービスなのかというと、そうではありません。「帯域確保型回線」となっており、上り下りともに最低10Mbpsの通信速度を確保してくれます。

 

また、固定IPアドレスを標準で1個利用できることも、スタンダードの特徴です。ビジネスでインターネット通信を利用するうえで、固定IPアドレスは必須。スタンダードなら、標準のIPアドレスに加えてオプションで固定IPを追加できます。

 

SLA(Service Level Agreement)を標準装備していることも、スタンダードの特徴です。SLAとは、サービス品質保証制度のこと。サービス内容が規定の基準に満たない場合に、状況に応じて料金の一部が返還されます。

 

これに加えて、24時間365日対応のオンサイト保守が標準提供される点も見逃せません。オンサイト保守とは、いわゆる駆けつけサービスのこと。通信障害が発生した場合に原因を調査し、現地で保守対応を実施してもらえます。

 

以上の特徴をもつスタンダードは、中小企業はもとより大手企業のインターネット回線にも最適です。スタンダードの導入および、継続利用に必要となる費用をチェックしておきましょう。

 

・月額料金・・・18,850円

・初期費用・・・150,000円

・事務手数料・・・3,000円

・基本工事費・・・50,000円

 

上記はいずれも税抜価格となります。初期費用はやや高額ですが、2年間の継続利用により実質無料とすることが可能です。充実した内容をもつ企業向け回線として、月額18,850円は割安。スタンダードは、コスト削減と快適なインターネット通信を両立できるプランとなっています。

 

 

nuroアクセス プレミアムのサービス内容

 

NUROアクセス プレミアム(以下プレミアムと表記)は、大容量データを利用する大企業向けのインターネット通信サービスです。スタンダードとの主な違いは、サービスの提供方式。プレミアムは、ギャランティ型(帯域保証型とも)のインターネット回線となっています。

 

スタンダードも10Mbpsの通信を確保していますが、品質の保証には対応していません。一方、ギャランティ型であるプレミアムは、最低ラインとして30Mbpsもしくは50Mbpsの通信速度を保証しています。つまり、回線が混雑しても、最低限30Mbps以上の通信を確保できるのです。

 

帯域保証が付くことにより、インターネット通信への信頼性は大きく向上するもの。安定した通信を必要とする大企業に、プレミアムは最適なサービスとなっています。

 

このほか、固定IPアドレスやSLA、オンサイト保守を標準装備している点はスタンダードと同様です。プレミアムの運用に必要な費用をチェックしてみましょう。

 

・帯域保証30Mbpsプランの月額料金・・・50.000円

・帯域保証50Mbpsプランの月額料金・・・150,000円

 

初期費用や事務手数料、基本工事費は、スタンダードと同額です。ちなみに、KDDIの帯域保証型イーサネットサービスは、10Mbpsを保証するプランの月額料金が156,000円となっています。比べてみると、プレミアムの料金設定はかなり安価。高額な費用をかけずに、ギャランティ型のインターネット通信サービスを利用できます。

 

 

nuroアクセス エントリーのサービス内容

 

NUROアクセス エントリー(以下エントリーと表記)は、SOHOや小規模事業者むけのインターネット通信サービスです。主なサービス内容は、個人向けのNURO光とほぼ同様。下り最大2Gbpsの高速通信を、事業に活かすことができます。

 

高速無線LAN機能付きのONUを利用できる点が、エントリーの大きな特徴です。小規模なオフィスでも、LANケーブルの配線には手間がかかるもの。エントリーで利用できるONUは最大450Mbpsでの無線通信に対応しているため、オフィス内の快適な通信環境をワイヤレスで構築できます。

 

このほか、プロバイダと回線事業者が一体となっている点も、エントリーのもつ利点です。問い合わせ先が1つであるため、トラブルが発生した際も迷わず相談を行えます。以上の特徴を持つエントリーの、月額料金を見てみましょう。

 

・戸建オフィス向けプランの月額料金・・・4,743円

・オフィスビル向けプランの月額料金・・・6,190円

 

戸建オフィス向けプランの月額料金は、個人向けのNURO光G2Vプランと同額になっています。一方、オフィスビル向けプランの料金は、やや高額ですね。続いて、エントリーの導入に必要となる費用を確認してみましょう。

 

・初期費用・・・30,000円

・事務手数料・・・3,000円

・基本工事費・・・50,000円

 

初期費用の3万円は、エントリーを2年間利用することで実質無料となります。基本工事費も、WEBからの申し込みによって無料とすることが可能です。導入時にかかる費用を抑えられる点はうれしいですね。

 

なお、エントリーでもオンサイト保守を利用可能です。ただし無料で利用できるのは、オフィスビル向けプランに加入した場合のみ。戸建オフィスで利用するには、月額1,500円の「オンサイト保守オプション」に加入する必要があります。また、エントリー向けのオンサイト保守は、平日の9時30分から18時までしか対応していません。

 

 

導入事例について

 

NURO BIZのサービスは、数々の企業に導入されて高い評価を得ています。他社回線に実現できないサービス内容や、コストの安さをもつことから、大企業に採用されるケースもめずらしくありません。たとえば以下の有名企業が、インターネット通信サービスにNURO BIZを選んでいます。

 

・SBI証券

・生和コーポレーション

・東北新社

・KING SOFT

・ポニーキャニオン

・JAL

・ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ

 

このほか、専修大学や大妻学院といった学校法人でも、NURO BIZは導入されています。続いて、実際のNURO BIZ導入事例をチェックしてみましょう。ご紹介するのは、JALとソニーネットワークアプリケーションズでの導入事例です。

 

 

JALでの導入事例

 

JALでは、NURO BIZ導入以前より、IP-VPN(安全性の高い閉域ネットワーク)による通信網を確率していました。しかし、客室乗務員が使用するiPadを導入した結果、帯域不足が発生する可能性が浮上。結果的に、NURO BIZの導入を決行するに至ったのです。

 

ここで、iPadの導入がなぜNURO BIZの導入に繋がったのかを、詳しく解説しておきましょう。JALが導入したiPadの数は、実に5,500台。毎日早朝になると、このiPadの多くにデータを一斉送信しなければなりません。というのも、多数の客室乗務員が早朝に出勤するからです。

 

帯域不足の発生に不安を感じたJALは、いったんモバイルデータ通信による問題解決を画策。しかし、7GBのデータ通信量制限によって、対策は失敗に終わりました。こうした流れを経て、NURO BIZの導入へと舵を切ったのです。

 

JALが導入したのは、「NUROアクセス プレミアム 30M」「NUROアクセス Fライン」「NUROセキュリティ マネージドL3VPN」の3サービス。データセンターには、帯域保証型である「NUROアクセス プレミアム 30M」を割り当てて、安定した通信を確保しました。

 

一方、NUROのエリア外である成田空港と羽田空港には、「NUROアクセス Fライン」を採用しています。Fラインは、フレッツ回線を使用するプロバイダサービス。NUROのサービスエリア内外をまたぐ拠点間での、通信網構築に役立つサービスとなっています。

 

これに加えてJALでは、データセンターと成田および羽田間の通信を安全に行うために「NUROセキュリティ マネージドL3VPN」を導入しました。以上の組み合わせにより、スムーズで安定した通信網の構築を実現。問題の解決に至ったのです。

 

 

ソニーネットワークアプリケーションズでの導入事例

 

ソニーネットワークアプリケーションズ(以下ソニーと記載)は、組み込み系のソフトウェア開発を専門に行う企業です。ソニーでは、新サービス「Webアプリケーション診断」開発のためにNURO BIZを導入しました。

 

インターネット回線にチョイスしたのは、「NURO アクセス スタンダード」。これに「NUROセキュリティ マネージドサービスtypeV」をプラスしました。マネージドサービスtypeVは、セキュリティ対策を一括して外部委託できるサービスです。回線に合わせて導入することで、セキュリティ機器の設置から保守に至るまで、NUROに委託することができます。

 

以上のチョイスで実現されたのは、NUROの存在を感じさせないほどに不便と不満のないネットワーク環境。通信の安定性や安全性に気を揉むことなく、エンジニアがシステム開発に集中できる環境が実現できたのでした。

 

 

nuro光を法人契約する前に確認しておくべきこと

 

ここまでの内容を読んで、NURO光の法人契約を視野に入れる方も多いかもしれませんね。NURO BIZを企業の回線に選べば、安定したインターネット環境を構築できます。ただ、契約に踏み切る前に、以下のポイントは確認しておいてください。

 

・申し込みから開通までに1〜2ヶ月かかる

・関東エリア以外では利用できない

・2年以内に解約すると初期費用の残金精算が必要となる。

 

NURO BIZの利用開始には、申し込み時点から数えて1〜2ヶ月ほどかかります。フレッツ光のように、スピーディーに利用開始できないのでご注意ください。またNURO BIZは、関東エリア以外の地域では利用できません。仮に関東エリア外へのオフィス移転が決まっても、回線の引越は行えないのです。

 

このほか、解約時に生じる可能性のある、初期費用の残金返済にも注意が必要です。先にもご紹介したように、NURO BIZを2年間利用すると初期費用が実質無料になります。より具体的にいうと、本来は24ヶ月かけて支払う初期費用が、月々の割賦額と同額の割引によって無料となるのです。

 

こうした割引システムとなっているため、割賦払いが終了する前にNURO BIZを解約すると、初期費用の残金を一括返済する必要が生じます。返済額の計算式は、スタンダードとプレミアムの場合で、6,250円×残り割賦月数。NURO BIZ契約から12ヶ月後に解約した場合は、6,250円×12=75,000円の支払いが必要となります。解約時にこうした費用がかかる可能性がある点は、覚えておいてください。