格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ソフトバンクエアー(SoftbankAir)の料金や注意点について徹底解説

ソフトバンクエアー(Softbank Air)とは?

ソフトバンクエアーとは、固定回線とポケットWi-Fiなどのモバイル通信サービスの中間的なインターネットサービスといえばわかりやすいでしょうか。AXGP・TDD-LTEといったモバイル通信サービス回線を使っているため、ポケットWi-Fi同様にフレッツ光のような回線工事は不要。工事料金もかかりませんし、端末が届けばすぐに使える点はポケットWi-Fiと同じです。

その一方で、規約によりポケットWi-Fiと違って外に持ち出すなどして契約した住所以外の場所で使うことはできません。そもそも提供されるルーター(Airターミナル)はバッテリーを搭載しておらず、AC電源を使って給電する必要があるのでサービス仕様的にも外出先用ではありません。

まとめると、ポケットWi-Fiのように工事なしで手軽に使える固定回線サービスがソフトバンクエアーです。AXGP・TDD-LTEというモバイル通信サービス回線を使うのに固定回線サービスという点が、インターネットサービスをよく知る人だと理解し辛いかもしれませんね。さらに付け加えるとソフトバンクエアーは、ポケットWi-Fiなどのモバイル通信サービスと違い通信データ量による通信速度制限はありません。

ちなみに一番オトクにソフトバンク光を契約できる「株式会社NEXT」という会社では、ソフトバンク光を申し込んでから回線が開通するまでの間上記「ソフトバンクエアー」を無料レンタルする事ができます。→株式会社NEXTの詳細はこちら

ソフトバンク光の詳細はコチラ

Airターミナル(本体)の仕様

ソフトバンクエアーで利用するAirターミナルの仕様は以下の通りです。

  Airターミナル3 Airターミナル2 Airターミナル
サイズ(HxWxD) 約208x95x95mm 約261x220x64mm
重量 本体:約550g
アダプタ:約150g
本体:約610g
アダプタ:約185g
通信方式 AXGP/TDD-LTE AXGP AXGP
最大通信速度 350Mbps 261Mbps 110Mbps
Wi-Fi性能 IEEE 802.11a/b/g/n/ac
(最大866Mbps)
IEEE 802.11a/b/g/n
(最大300Mbps)
LANポート ×2
Wi-Fi最大接続数 64 32

ソフトバンクエアーの通信速度について

ユーザーの口コミを見る限り、ソフトバンクエアーの通信速度に対する評価は高くありません。時間帯や電波状況によっても大きく変化するようで数十Mbpsクラスの通信速度がでることもあるといった声もありますが、1~2Mbps程度にとどまるかもしくはそれ未満という声の方が多い印象です。

これならソフトバンクのスマートフォン契約で使うLTE回線の方が、通信速度は速そうですね。固定回線的なサービスとはいえ、フレッツ光やADSLのように安定して高速な通信速度は期待しない方がよいでしょう。

ソフトバンクエアーには通信速度制限はある?

ソフトバンクエアーには繰り返すように、モバイル通信サービスによくある通信データ量による通信速度制限はありません。しかしオフィシャルサイトをみると、多くのユーザーが利用する夜間などの時間帯には、通信回線の混雑を防ぎサービス安定提供のための通信速度が制御される可能性があると記載されています。(ユーザーの口コミにも使う時間帯によって遅くなるという声があります。)なお制限時の最大通信速度は公開されていません。

この点からも、固定回線と同じように使えると思わない方がよいですね。

コンテンツ・サービスに対する制御について

以下にあげるコンテンツやサービスの利用時には、通信速度の制御やファイルの最適化が行われる場合があります。

  • 音声通話やテレビ電話などをパケット信号に変換し、データ通信にて実現するサービス
  • MPEG、AVI、MOV 形式などの動画ファイル
  • BMP、JPEG、GIF 形式などの画像ファイル
  • 動画閲覧、高画質画像閲覧、P2P ファイル交換、ソフトウェアダウンロードなどをともなうサイト、アプリケーションなど

最適化とは、より詳細に説明するとコンテンツに表示されないデータなど、視聴・閲覧に影響がでない範囲でダウンロードの際に省略するというものです。省略されたデータは復元できません。

ただ公式サイトでは上記のように「影響がでない範囲で」とありますが、ユーザーの口コミを見ると画像・映像によっては劣化することもあるとの声があるのも事実です。また以前にはこの制御が原因と考えられるアプリの不具合も発生しています。

ソフトバンクエアーはどんな人におすすめ?

フレッツ光などの固定回線と違って回線工事が必要ないので、他の固定回線が提供エリア外だったり建物の事情により工事できなかったりする場合は、ソフトバンクエアーはその代替え手段として検討してもよいかもしれません。仮に引っ越しすることになっても、事前にソフトバンクへその旨を連絡しておけば、引っ越し先でも回線工事なしですぐに使えるのもメリットといえます。

ワイモバイルやWiMAX2+と比較してどちらがよい?

とはいえ「回線工事が不要」というメリットで考えると、同じソフトバンクが提供するモバイル通信サービス「ワイモバイル」やWiMAX2+も該当します。ワイモバイルとWiMAX2+には月間の通信データ量に上限がないプランもあり、固定回線の代替えとして使うユーザーも多いです。

その上、ワイモバイルやWiMAX2+ならソフトバンクエアーと違って外出先での利用も可能ですし、引っ越しに際してサービス提供も連絡する必要もありません。また通信速度に関するユーザーのレビューでみると、ワイモバイルやWiMAX2+の方がはるかに良いです。ワイモバイル・WiMAX2+では、ソフトバンクエアーのように通信速度が1~2Mbpsにとどまるといったユーザーの声はほとんど聞かれません。こういった点を考えるとワイモバイルやWiMAX2+の方が利便性は高いといえるでしょう。つながりやすさという点では、どのサービスも大きな差異は考えづらいです。

対してワイモバイルやWiMAX2+にないソフトバンクエアーのメリットとしては通信データ量による制限がないことがあげられます。ワイモバイル・WiMAX2+は月間の通信データ量に関する制限はないものの、いずれも以下のように3日間の通信データ量に関する制限があります。

  ワイモバイル WiMAX2+
通信データ量 前日までの3日間の通信データ量の総計が10GBだった場合
制限時の通信速度 約1Mbps
制限が実施される時間 当日18時~翌1時まで 当日18時頃~翌2時頃まで

 

ただし、10GBの通信データ量ならYouTube標準画質(SD)の動画が約47時間も、高画質(HD/720p)の動画でも約13時間も見られるほど。これを3日間で使い切れるユーザーの方が少ないでしょう。

ここまで考慮に入れてそれでも通信データ量による速度制限に拒否感があるならソフトバンクエアーを選ぶとよいです。そうでなければ、ワイモバイルやWiMAX2+のようなモバイル通信サービスをおすすめします。

▽固定回線の完全な代替にならないことには注意

通信速度や安定性という点では、フレッツ光などの固定回線と比較して大きな差があることは覚えておいた方がよいでしょう。固定回線には速度制限がありませんし、安定性も高いです。

たとえば、通信の品質を厳しく問われる利用(FPSなどの一部のオンラインゲーム・オンライントレードど)や家族複数人で同時にインターネットを使うことが多い場合などでは、ソフトバンクエアーはおおすめできません。回線工事が入る不便さはあるものの、固定回線の方がはるかに快適でストレスがないでしょう。

ソフトバンクエアーの料金について

ソフトバンクエアーの価格は、SoftBank Air本体(Airターミナル)を購入するかレンタルするか、また利用するAirターミナルのバージョンによって異なります。今からソフトバンクエアーを契約する場合は、利用するAirターミナルのバージョンは2か3になりますが、以下参考までに旧Airターミナルの場合の月額料金も記載します。

・Airターミナル2 or 3

  Softbank Airのみ Softbank Air+おうち割/光セット割
端末購入の場合 3,800円(25ヵ月目以降は4,880円) 4,300円(25ヵ月目以降は4,880円)
レンタルの場合 4,290円(25ヵ月目以降は5,370円) 4,790円(25ヵ月目以降は5,370円)

※月月割、はじめようSoftbankAir割適用
※端末購入費(分割)・レンタル代を含む

・旧Airターミナル

端末購入の場合 3,696円
レンタルの場合 4,186円

※加入特典適用
※端末購入費(分割)・レンタル代を含む

端末購入とレンタルを比較すると、レンタルの方が「Airターミナルレンタル料」(490円)が含まれる分だけ高くなっています。たいして端末購入は58,320円(Airターミナル2 or 3の場合)が毎月分割(1,620円×36ヵ月)で請求されていますが、月月割がきくことで実質無料。しかし仮に支払いが終わる36ヵ月以内に解約すると月月割が利かなくなり1,620円×残月数の支払いは続けることが必要です。

このようにそれぞれメリット・デメリットがあります。長期契約するつもりなら月額料金が安い端末購入がおすすめですが、契約して1~2年程度で解約する可能性があるなら端末の購入費を支払わなくてよいレンタルの方がよいでしょう。

なお契約時には契約事務手数料3,000円が必要。工事費は他に発生しません。

▽キャンペーンについて

ソフトバンクではソフトバンクエアーを対象に、さらなる月額料金の割引やキャッシュバックのキャンペーンを行っていることがあります。気になる場合はオフィシャルページで確認して下さい。

過去のキャンペーン例:

・春のSoftBank Air割(2017年4月6日(木)から2017年5月31日(水)まで)

課金開始4ヵ月目から21ヵ月間、ソフトバンクエアーの月額料金を500円割引

・25歳以下限定 SoftBank Air 2万円キャンペーン(2017年1月16日(月)から2017年5月7日(日)まで)

25歳以下のユーザーがソフトバンクエアーに加入すると、JCB商品券20,000円分をプレゼント(キャッシュバック)

▽違約金について

ソフトバンクエアーは2年間の契約期間(2年縛り)があります。そのため契約満了月以外に解約すると、9,500円の違約金(解除料)が発生することになるので注意しましょう。

▽えらべるオプション – Yahoo!BB基本サービスについて

Yahoo!BB基本サービスとは、Yahoo!の各種コンテンツが利用できたり特典が受けられたりするサービス。以下の通りスタンダードプラン・プレミアムプランの2種類があります。ソフトバンクエアーでこのオプションを利用する場合(利用しないことも可)、スタンダードプランは月額300円、プレミアムプランは月額800円です。なおプレミアムプランに加入するとソフトバンクエアーの料金は毎月300円割引となるので、実質月額500円の追加と考えてよいでしょう。

コンテンツ名 概要 スタンダード プレミアム
Yahoo!ショッピング 会員特典あり 対象のセールで
Tポイント上乗せ
Tポイント14倍
Yahoo!ボックス オンラインストレージサービス
会員は容量上乗せ(基本5GB)
50GB 100GB
ヤフオク! 出品数日本最大級の
ネットオークション
ワンプライス出品
ワンプライス購入
オークション入札
オークション出品・入札
Yahoo!ブックストア 国内最大級の電子書籍サイト 無料特典あり
Yahoo!メール メールサービス
会員は容量上乗せ(基本5GB)
容量無制限
Yahoo!ジオシティーズ ホームページ公開サービス
会員は容量上乗せ(基本100MB)
300MBまで無料
お買いものあんしん補償 Yahoo!での買い物の補償サービス 一部の補償のみ
利用可能
全ての補償を
利用可能
あんしん補償 Airターミナルの機器補償サービス 機器の交換や紛失・盗難による補償

 

▽ソフトバンク光との料金比較

固定回線の代替えとしてソフトバンクエアーをとらえて他サービスと料金を比較してみましょう。たとえば同じソフトバンクの光回線サービス「ソフトバンク光」の月額料金は戸建てなら5,200円、集合住宅なら3,800円。(※いずれも2年自動更新プラン適用の場合)

対するソフトバンクエアーはAirターミナル2 or 3の場合で、端末購入なら月額3,800円(25ヵ月目以降は4,880円)、レンタルなら月額4,290円(25ヵ月目以降は4,880円)。ソフトバンク光の戸建て料金より少し安いですが、集合住宅料金なら同じくらいなります。

たとえば戸建てなら最大でソフトバンクエアーの方が月額約1,400円安くなるため、通信費用節約のためにソフトバンクエアーを契約する方法はありますが、この程度の料金差で回線品質がソフトバンク光と比較して大きく異なるソフトバンクエアーを選ぶかは疑問の残るところです。集合住宅であると25ヵ月目以降はソフトバンク光の方が安くなります。

ソフトバンクエアーの申込方法

公式サイトの専用フォーム、電話、ソフトバンクショップ店頭で申し込みできます。公式サイト申込・電話申込だとAirターミナルは1週間~10日程度で配送、店頭申込の場合は在庫さえあればその場でAirターミナルが受け取れます。

また公式サイト申込・電話申込なら自宅から時間をかけずに手続きできますが、ショップのスタッフに話を聞きながら店頭申込を選ぶとよいでしょう。それぞれメリット・デメリットがあるので希望に近い方法をえらんでください。

ソフトバンクエアーを申し込む際の注意

ソフトバンクエアーは無線の電波を使うサービスなので、電波が届かないエリアでは利用できません。またエリアによって使える通信方式に違いがあり、最大通信速度も異なります。エリア毎の最大通信速度は以下公式サイトのURLから確認できます。

「SoftBank Air」4G住所別対応速度情報

http://www.softbank.jp/ybb/air/area-list/

ただし仮に上記URLに住んでいる地域が掲載されていても、申し込みできない(サービス未提供の)エリアがあるようです。サポートセンターへ問い合わせたところ、上記URLより確実な確認は申込してからでないとできないとのことでした。

ソフトバンクエアーのターミナル保証はある?

まずAirターミナルを分割で購入する場合、1年間のメーカー補償があります。永年補償をつけるのであれば、Yahoo! BB基本サービスのプレミアムプラン(月額800円)を契約します。このプランに含まれる「あんしん補償」の利用ができ、この補償なら使用時の故障だけでなく、盗難や紛失も補償の対象です。

たいしてレンタル契約の場合は、正常な利用での故障なら無償での交換が可能。ただし水漏れなどユーザー責任の故障や紛失・盗難では16,000円の有償交換となります。レンタル契約でもYahoo!BB基本サービスのプレミアムプラン(月額800円)加入で、分割払いの場合と同じくあんしん補償を利用することも可能です。

8日以内なら無料で解約できる

ソフトバンクエアーは無線の電波を使うサービスなので、仮に提供エリア内でも環境次第ではインターネットにつなげない可能性があります。その点が不安で契約をためらっているのであれば心配ありません。

提供エリア内であることを確認の上で契約したにも関わらず自宅の電波状況が悪くて外バンクエアーが使えなかった場合で、なおかつ契約開始日から8日以内なら無料で解約できるというルールがあります。実際に自宅でソフトバンクエアーを試した上で、契約を続けるか無料で解約するか選べるわけです。このルールを使うためには申し込んだ店舗もしくは以下オンライン専用コールセンターへ連絡します。

・ソフトバンク オンラインセンター

0800-919-5051(無料/受付時間9:00~21:00)

※一般電話からのみ

電波が届かなかった際に損をしないためにも、Airターミナルが届いたら速やかに接続できるか試すようにしましょう。

ソフトバンク光の評判はこちらからご覧になれます。