格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

IIJmioの2つのアプリを使いこなそう!アプリの機能や利用方法など

IIJmioの「みおぽん」と「みおふぉんダイアルアプリ」はどんなアプリ?

IIJmioは、自社の格安SIMユーザー向けに「みおぽん」と「みおふぉんダイアルアプリ」という2つのアプリを提供しています。これら2つのアプリは使用用途が異なるのですが、どちらもとても簡単に使えて、しかも便利。IIJmioの格安SIMを使うなら、ぜひ知っておきたいアプリです。

みおぽんとは?

みおぽんは「IIJmioクーポンスイッチ」の略称で、クーポンのオンオフを切り替るためのアプリです。IIJmioでは高速通信ができるデータ量のことをクーポンと呼んでいます。クーポンは、毎月使える量が決まっていますよね。みおぽんを使って、高速通信でネットにつなぎたいときはクーポンをオンに、それ以外のときはクーポンをオフにして低速通信に切り替えることで、限られたクーポンを効率的に使うことができます。

みおぽんは、機能を最小限に絞ったシンプルなつくりで、はじめての人でも使いやすいアプリです。IIJmioのクーポンの切り替えができるのは、このアプリと、IIJmioの公式ホームページからのみとなっています。

みおぽんの利用方法

みおぽんの利用方法は以下の通りです。

  1. アプリをダウンロードして、起動する。

アプリは、iOS端末はApp Store(https://itunes.apple.com/jp/app/miofone-dial/id979168845)から、
Android端末はGoogle Play Store(https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ad.iij.miodial)からダウンロードできます。

  1. mioIDmioパスワードを利用してログインをする。
  2. オンオフを切り替えたい電話番号を選択。
  3. 「適用」を押す。

これでクーポンのオンオフの切り替えができます。アプリを2回目以降に使用する際は、mioIDとmioパスワードを入力せずに使うことができます。

みおぽんに関する注意点

  • データ通信の利用量はあくまで目安

クーポンのオンオフを切り替える画面で電話番号をタップすると、どのくらい通信量を使用しているのかが表示されます。この通信量は数時間ごとにしか更新されず、リアルタイムの数値ではないため、あくまで目安として使うようにしてください。

  • 低速通信で366MB/3日を超えると通信が規制されることがある

クーポンがオフになっている低速通信(最大200kbps)の状態で、3日間の通信量が366MBを超えた場合は、通信が規制されることがあります。規制された場合には、電話番号をタップして表示されるデータ通信の利用量の下に、「OFF時 通信規制中」という赤い表示がでます。

みおふぉんダイアルとは?

「みおふぉんダイアル」とは、相手の電話番号の頭に「0037-691」という専用の番号をつけて発信することで、通話料が50%オフになるサービスです。通常20円/30秒の通話料が、みおふぉんダイヤルを通して発信することで10円/30秒になります。

このサービスを利用するのに便利なアプリが、「みおふぉんダイアルアプリ」です。iOS端末の場合はAppStore(https://itunes.apple.com/jp/app/miofone-dial/id979168845)から、Android端末の場合はGoogle Play Store(https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ad.iij.miodial)からダウンロードできます。このアプリを通して発信すると、相手の電話番号の頭に「0037-691」が自動的に付与され、50%オフの割引が適用されます。自分で電話番号を入力して発信する場合とは違って、手動で「0037-691」をつける手間がかからず便利です。

みおふぉんダイアルのサービスは特に申し込みなどは必要なく、相手の電話番号の頭に「0037-691」をつけて発信するか、「みおふぉんダイアルアプリ」をダウンロードすればすぐに使うことができます。また、みおふぉんダイアルには次のような特徴があります。

IP電話ではなく電話回線を使った通話

・国際通話にも割引が適用される

・ファミリーシェアプランとの併用が可能

みおふぉんダイアルはデータ通信を利用したIP電話ではなく、電話回線を使った通話で、IP電話より通話の音質が安定しています。いつも使っている電話番号をそのまま使うことができ、みおふぉんダイアルアプリを通して発信しても、電話をかけた相手の携帯にはいつもの電話番号が表示されます。

また、みおふぉんダイアルの割引は、国内通話だけでなく国際通話にも適用されます。遠く離れた海外に住む家族や友人とも、10円/30秒の通話料で話せるなんてお得ですよね。ただ、どの国や地域でもOKというわけではないため、ご自分のかけたい国や地域が対象かどうかを事前に公式ホームページでチェックすると安心です。

※ みおふぉんダイアルの対象となる国や地域は、こちらのページ(https://www.iijmio.jp/hdd/miofone/dial.jsp)の「国際電話サービス提供国・地域」という項目でチェックできます。

みおふぉんダイアルアプリの利用方法

みおふぉんダイアルアプリの利用方法は、次の通りです。

1. アプリをダウンロード

2. アプリを開き、「連絡先」を押す。

3. スマホに登録した連絡先がアプリに反映されているので、発信したい連絡先を選び発信する。

みおふぉんアプリを開けば、あとはスマホに元から入っている通話アプリとほとんど同じように使うことができます。

みおふぉんダイアルアプリの注意点

  • 利用できるのは音声通話機能付きSIMの契約者のみ

みおふぉんダイアルアプリを使えるのは、音声通話機能付きSIM(みおふぉん)を利用している人のみです。データ通信のみのSIMを利用している場合や、IIJmioを契約していない場合などには使うことができません。

  • フリーダイヤルや110番などへの発信はできない

100番などの3桁の電話番号やフリーダイヤル、ナビダイヤルなどへみおふぉんダイアルアプリで電話をかけることはできません。「0037-691」の番号をつけなければ、発信することができます。

  • 通話料の請求は1ヶ月遅れ

みおふぉんダイアルでの通話料の請求は1ヶ月遅れです(みおふぉんダイアルを使わずにみおふぉんで通話する場合も、同じく1ヶ月遅れです)。通話料の詳細はこちらのページ(https://www.iijmio.jp/service/setup/hdd/calldetail/)から確認できます。