格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

SIMのセットでお得、IIJmioの「IIJmioひかり」

IIJmioひかりとは?

 

IIJmioひかりとは、NTT東日本・西日本のフレッツ回線をベースとした高速インターネット接続サービスの商品名です。通信速度は1Gbpsです。フレッツ光は「回線の提供はNTTが、回線にデータを流す役目のプロバイダは別の会社が請け負う」このような形なので必ず2つ会社への契約が必要となります。IIJmioひかりの特徴はIIJmioがプロバイダサービスを兼ねていますので、契約が1回で済むのが利点です。また、費用に関しても2つの会社と契約を結ぶより安価でできるのも嬉しいポイントだと言えるでしょう。

 

インターネットはSIM契約だけではだめ?

 

PCでインターネットを使おうという方にはSIM契約だけでは十分ではないことが多いです。また、宅内の固定回線を充実させることでこのようなメリットが生まれます。

 

  • 宅内の高速なインターネットにWi-Fi接続することによりスマホも快適

モバイルデータ通信では比較的得にくい高速性と安定性がある程度保証されます。

  • 宅内でスマホをWi-Fi運用することにより、余計なデータ通信量を使わない
    スマートフォンやタブレットのデータ通信量の増大は即、通信コストの増大に繋がります。宅内でWi-Fi運用することにより、データ通信量を大幅に削減できるかもしれません。一段下のデータ通信量プランにすることが出来れば、さらなるコストカットに繋がるかも?
  • 固定電話サービスを光回線経由にする

従来の番号が使えてもIP電話の一種ですので、停電など緊急時には弱くなってしまいますが、単純な維持費なら固定電話サービスも統合することでコストカットが可能です。

 

IIJmioひかりを導入した時とそうでない時とのコスト比較

コスト比較の前に、各種割引をご紹介しておきます。

  • IIJmioひかりとIIJmioのSIMとのセット申込みで割引適用
    • mio割
      IIJmioひかりとIIJmio高速モバイル/Dサービスをセットで申し込むことにより、月額600円の割引を受けられます。

      • 条件
        同一の契約IDにて、IIJmioひかりとIIJmioのSIM契約(IIJmio高速モバイル/Dサービス)を行うことが必要です。SIM契約はプラン種別を問いません。
      • 申込み方法
        申込み不要。条件を満たした当日から日割りで割引が適用されます。
      • 割引額
        IIJmioひかり1回線につき600円
      • 適用となるパッケージ契約の種類
        既に下記のパッケージをお持ちの方もパッケージ経由の申込みでmio割の対象となります。
        IIJmioウェルカムパックは「IIJmioウェルカムパック for イオン/ IIJmioウェルカムパック for BIC SIM/ IIJmioウェルカムパック for ELSONIC SIM/ IIJmioウェルカムパック」
        IIJmio音声通話パックは「IIJmio音声通話パック for イオン/ IIJmio音声通話パック for BIC SIM/ IIJmio音声通話パック for ELSONIC SIM/ IIJmio音声通話パック」です。
      • 割引終了条件

IIJmioひかりの契約終了。もしくは、同一IDでのSIM契約の終了。

  • 10月31日受付まで!mio割スタートキャンペーン
    mio割と別に2015年10月31日までの期間限定キャンペーンもあります。

    • キャンペーン受付期間

2015年10月31日まで
注意点は申込みの締め切りが10月31日ではないことです。光回線とSIMの回線いずれも開通して実際に使える状態になっていることが求められます。

  • 条件
    上記mio割の条件を満たしていること。
  • 申込み方法
    キャンペーン期間受付期間までに条件を満たしていれば、その翌月から自動的に割引が適用されます。
  • 割引額

SIM契約種別により変わってきます。

  • ミニマムスタートプラン・ライトスタートプラン:月額150円/契約数
  • ファミリーシェアプラン:月額450円/契約数

以上の割引が加算されます。しかし、IIJmioひかり1契約につき割引上限750円と設定されているので、これを超える割引適用分はカットされます。たとえば、ミニマムスタートプランは1契約ごとに150円の割引額が設定されていますが、10枚契約すれば1,500円割引かというとそうではなく、上限750円ですので750円の割引額になります。これがIIJmioひかり2回線の契約とミニマムスタートプラン10契約であれば1,500円の割引が適用されます。

  • 途中契約でもキャンペーン適用可能
    すでにIIJmioひかりを契約していて、キャンペーン受付期間中に条件を満たすようなSIM契約を行った場合にも割引が適用されます。

 

 

  • Mio割適用した場合の月額コスト
IIJmioひかり契約種別 IIJmio高速モバイル/Dサービス
(SIM契約)
工事費
20回分割払
初期費用
2015年10月31日まで無料
mio割適用時の
月額
マンションタイプ
3,960円
ミニマムスタートプラン(3GB)
900円
750円×20回 800円 4,260円
ファミリータイプ
4,960円
ミニマムスタートプラン(3GB)
900円
900円×20回 800円 5,260円
マンションタイプ
3,960円
ライトスタートプラン(5GB)
1,520円
750円×20回 800円 5,480円
ファミリータイプ
4,960円
ライトスタートプラン(5GB)
1,520円
900円×20回 800円 6,480円
マンションタイプ
3,960円
ファミリーシェアプラン(シェア10GB)
2,560円から
750円×20回 800円 6,520円
ファミリータイプ
4,960円
ファミリーシェアプラン(シェア10GB)
2,560円から
900円×20回 800円 7,520円

 

 

 

 

  • NTT(東日本)のフレッツ光契約とIIJmioのSIM契約を別々で行った場合
    マンションタイプは1マンション内の契約数により月額が変動します。ここでは、1つのマンション内で8契約見込める場合の月額でコストを算出しています。
    契約料は上の表の初期費用に該当します。
フレッツ光 IIJmio SIM月額 工事費
30回分割払
契約料 プロバイダ
利用料
フレッツ光+
プロバイダ+
IIJmio SIM
の月額合計
マンションタイプ
3,750円
(2年契約3,650円)
ミニマムスタートプラン(3GB)
900円
初回3,000円

/2回目以降400×30回

800円 500円~ 5,150円
(2年契約適用時 5,050円)
戸建てタイプ
5,700円
(2年間契約5,000円)
ミニマムスタートプラン(3GB)
900円
初回3,000円

/2回目以降500×30回

800円 500円~ 7,100円

(2年契約適用時 6,400円)

マンションタイプ
3,750円
(2年契約3,650円)
ライトスタートプラン(5GB)
1,520円
初回3,000円

/2回目以降400×30回

800円 500円~ 5,770円

(2年契約適用時 5,670円)

戸建てタイプ
5,700円
(2年間契約5,000円)
ライトスタートプラン(5GB)
1,520円
初回3,000円

/2回目以降500×30回

800円 500円~ 7,720円

(2年契約適用時 7,020円)

マンションタイプ
3,750円
(2年契約3,650円)
ファミリーシェアプラン(シェア10GB)
2,560円から
初回3,000円

/2回目以降400×30回

800円 500円~ 6,810円

(2年契約適用時 6,710円)

戸建てタイプ
5,700円
(2年間契約5,000円)
ファミリーシェアプラン(シェア10GB)
2,560円から
初回3,000円

/2回目以降500×30回

800円 500円~ 8,760円

(2年契約適用時 8,060円)

 

  • コスト比較
    IIJmioのみで契約をした場合の表と、NTTフレッツ光とIIJmioSIMの契約を別々に行った場合の表を作ってみましたが、もう少しわかりやすく解説していきます。比較前に次のことを踏まえておきましょう。

    • IIJmioのSIM契約はいずれも初期費用が3,000円かかる
      NTTフレッツとの別々契約、mio割が適用されるIIJmioひかりとのセット契約、いずれもSIM契約時には初期費用として3,000円がかかります。パッケージ経由の申込みをすると多少安く済みます。
    • 光回線の初期費用は2015年10月31日までならば初期費用無料
      ただし、mio割適用のためには10月31日までに回線が使える状態となっていることが条件です。申込み締め切り日とは違いますのでご注意を。
    • 工事費はどちらも同じ
      戸建てタイプは18,000円、マンションタイプは15,000円とどちらも同じです。
    • プロバイダ契約・料金はNTTフレッツの場合別途必要
    • 速度は同じフレッツ光ネクストギガシリーズで比較
      IIJmioひかりも同様ですが1Gbpsのサービスでの料金比較です
光回線契約
IIJmioSIM契約
(プロバイダ契約)
プロバイダ
月額料金

 

SIM
月額
料金
光回線
月額料金
(割引適用)
月額料金
合計
(割引適用)
2年間の
支払料金合計
(割引適用)
IIJmioひかり
ファミリータイプ/

ミニマムスタート

0円 900円 4,960円
(4,360円)
5,860円
(5,260円)
140,640円
(126,240円)
NTTフレッツ光
戸建て/
ミニマムスタート/
(OCN)
1,100円 900円 5,700円
(5,000円)
7,700円
(7,000円)
184,800円
(168,000円)
IIJmioひかり
マンションタイプ/

ミニマムスタート

0円 900円 3,960円
(3,360円)
4,860円
(4,260円)
116,640円
(102,240円)
NTTフレッツ光
マンションタイプ/
ミニマムスタート/
(OCN)
1,100円 900円 3,750円
(3,650円)
5,750円
(5,650円)
138,000円
(135,600円)
IIJmioひかり
ファミリータイプ/

ミニマムスタート
音声通話機能付

0円 1,600円 4,960円
(4,360円)
6,560円
(5,960円)
157,440円
(143,040円)
NTTフレッツ光
戸建て/
ミニマムスタート
音声通話機能付/
(OCN)
1,100円 1,600円 5,700円
(5,000円)
8,400円
(7,700円)
201,600円
(184,800円)
IIJmioひかり
マンションタイプ/

ミニマムスタート
音声通話機能付

0円 1,600円 3,960円
(3,360円)
5,560円

(4,960円)

133,440円
(119,040円)
NTTフレッツ光
マンションタイプ/
ミニマムスタート
音声通話機能付/
(OCN)
1,100円 1,600円 3,750円
(3,650円)
6,450円
(6,350円)
154,800円
(152,400円)

上記すべての金額に

  • 光回線の手数料800円
  • SIMの初期手数料3,000円
  • 光回線の工事費(戸建て18,000円/マンション15,000円)
    が加算されます。
  • マンションタイプだと3万前後、戸建てのタイプだと4万前後の差でIIJmioに軍配
    • IIJmioひかりファミリータイプ(戸建て)/IIJmioミニマムスタートプラン
    • NTTフレッツ光 戸建て/ IIJmioミニマムスタートプラン/プロバイダ OCN

この2つを比較した場合184,800-140,640=44,160となり、IIJmioでの契約のほうが4万円もお得です。

 

IIJmioひかりにするメリット・デメリット

 

コストの差だけではなく、メリット・デメリットにも言及していきます。

  • メリット
    • 契約が一箇所で済ませられる
      特に固定回線で煩わしいのがプロバイダ契約です。NTTのフレッツ光の契約をすると「光回線はNTT、プロバイダはまた別会社」の契約が必要になりますが、IIJmioならば「光回線もプロバイダもIIJmio」で済ませられます。これにあわせてSIM契約もIIJmioですので契約も楽になりますし、通信費の管理も楽になることでしょう。
    • mio割でコスト削減
      なんといってもSIM契約と合わせたときの無期限の600円割引は大きいです。
    • プロバイダ料金がかからない

IIJmioではプロバイダサービスもしているので、この料金分お得です。

  • デメリット
    • SIMと光回線を一緒に運用していかなければ旨味がなくなってしまう
      どちらかの契約を終わらせてしまうと割引条件から外れてしまいます。絶対条件ではないのですが、SIMと光回線を合わせて使うことが望ましいでしょう。
    • 支払い方法がクレジットカードのみ

 

IIJmioひかり、あれこれ

 

最後に、今までで解説しきれなかったポイントを押さえていきたいと思います。

  • NTTフレッツ光からの転用は可能?
    既に光回線を引いている方であればその回線サービスをIIJmio管轄へと移行できます。ただしIIJmioの契約者と同一名義である必要があります。転用後にIIJmioのSIMサービスを契約すれば割引条件に当てはまります。
  • ひかり電話に相当するものは?
    IIJmioひかり電話というものがあります。月額500円のオプションサービスです。ひかり電話だけの申込み以外にも発信元番号表示など、今のご時世無くてはならないサービスもオプションなので気をつけて契約してください。
  • IIJmioひかり電話にすると従来の電話番号は変わってしまう?

NTTから渡された電話番号、もしくはフレッツのひかり電話番号は引き継いで使うことでできます。ただし、NTT以外の事業者由来の電話番号、もしくはIP電話の番号は引き継ぐことはできませんのでご注意を。

好きな電話番号指定は出来る?
電話番号引き継ぎをしない場合、電話番号指定はできません。