格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

iPhoneユーザー必見! NTTドコモから格安SIMへの乗り換え

iPhoneユーザー格安SIMへの乗り換えでどのくらいお得になるの?

  • 格安SIMへの乗り換えによるメリットが大きいNTTドコモのiPhoneユーザー

現在NTTドコモと契約してiPhoneを使っているという人は、他社に乗り換えることで今よりも安くiPhoneを利用できる可能性大!特に今話題の格安SIMへと乗り換えることで、毎月の通信料を大幅に節約することができます。そこで今回はNTTドコモのiPhoneユーザーに向けて、「格安SIMに乗り換えることで通信費がどのくらい安くなるのか?」、「格安SIMをiPhoneで使うにはどうすれば良いのか?」といったあたりを深く掘り下げていきます。

それではまず、NTTドコモから格安SIMへと乗り換えることで月額通信費をどのくらい節約できるのかを見ていきましょう。

  • NTTドコモと格安SIMブランドの料金比較!~「カケホーダイプラン」~

今回はNTTドコモと、「DMM mobile」、「楽天モバイル」、「IIJmio」という3つの格安SIMブランドの料金を比較していきます。まずは、NTTドコモの音声通話機能付きスマートフォン向けプランである「カケホーダイプラン」と、3つの格安SIMブランドの音声通話機能付きプランの月額料金を比較していきましょう。

表1.「カケホーダイプラン」と格安SIMとの料金比較

  NTTドコモ   DMM mobile 楽天モバイル IIJmio
  カケ
ホーダイ
プラン
高速
データ通信
利用料
合計        料金 「NTTドコモ」のサービスとの料金差 料金 「NTTドコモ」のサービスとの料金差 料金 「NTTドコモ」のサービスとの料金差
2GB 2,700円 3,500円 6,200円 1,380円 4,820円割安 1,600円(3.1GB) 4,600円割安 1,600円(3GB) 4,600円割安
5GB 5,000円 7,700円 1,910円 5,790円割安 2,150円 5,550円割安 2,220円(6GB) 5,480円割安
10GB 9,500円 12,200円 2,890円 9,310円割安 2,960円 9,240円割安 3,260円 8,940円割安
20GB 6,000円 8,700円 4,680円 4,020円割安 4,750円 3,950円割安    
30GB 8,000円 10,700円     6,150円 4,550円割安    

 

上記表の通り、NTTドコモのスマートフォン向けプランを利用する場合には各プランの基本料金と高速データ通信容量に応じたデータ通信利用料を支払う必要があります。

しかし格安SIMブランドのサービスであれば、容量別の基本料金のみを支払うだけでOK。またその容量別のデータ通信料も、NTTドコモと比較して非常に割安に設定されています。そのため上記表の通り、NTTドコモと比べて3,950~9,310円も割安な価格でモバイル回線を利用することができるんです!

  • NTTドコモと格安SIMブランドの料金比較!~「カケホーダイライトプラン」~

つづいて、NTTドコモで利用できるもうひとつの音声通話機能付きプランである「カケホーダイライトプラン」と格安SIMブランドの音声通話機能付きプランを比較してみましょう。

表2.「カケホーダイライトプラン」と格安SIMとの料金比較

  NTTドコモ   DMM mobile 楽天モバイル IIJmio
  カケホーダイ
ライトプラン
高速データ通信
利用料
合計        料金 「NTTドコモ」のサービスとの料金差 料金 「NTTドコモ」のサービスとの料金差 料金 「NTTドコモ」のサービスとの料金差
2GB 1,700円 3,500円 5,200円 1,380円 3,820円割安 1,600円(3.1GB) 3,600円割安
1,600円(3GB) 3,600円割安
5GB 5,000円 6,700円 1,910円 4,790円割安 2,150円 4,550円割安 2,220円(6GB) 4,480円割安
10GB 9,500円 11,200円 2,890円 8,310円割安 2,960円 8,240円割安 3,260円 7,940円割安
20GB 6,000円 7,700円 4,680円 3,020円割安 4,750円 2,950円割安    
30GB 8,000円 9,700円     6,150円  3,550円割安    

 

上記表の通り、「カケホーダイプラン」よりもプラン料金の安い「カケホーダイライトプラン」と比較しても、格安SIMブランドのサービスの方が2,950~8,310円も割安な価格でモバイル回線を利用できるということがわかります。

  • 通話料込みでも割安な可能性大!

しかしながら、「表1」と「表2」で取り上げた料金はあくまでも毎月必ず発生する基本料金。そしてNTTドコモの場合には、その基本料金に一定量の無料通話が含まれています。

しかし格安SIMブランドの場合には、表中の料金に無料通話は含まれていません。そのため通話時間によっては、NTTドコモと比較した場合の「NTTドコモ」のサービスとの料金差が大きく変動することになります。

とはいえ、一般的な通話時間であればやはり格安SIMブランドのサービスを利用した方がお得。例としてDMM mobileで、通話料込みの月額料金を考えてみましょう。DMM mobileでは、通話料を20円/30秒に設定。そのためたとえば1回5分の発信通話を月に7回行ったとすると、ひと月あたりの通話料は1,400円(300秒(5分)×7回×20円÷30秒=1,400円)となります。そのため上記2つの表の料金に1,400円が加算されるだけですから、やはりNTTドコモの料金と比較すると割安であると言えるのです。

  • NTTドコモと格安SIMブランドの料金比較!~「データプラン」~

最後に、NTTドコモのデータ通信専用プランである「データプラン」と格安SIMブランドのデータ通信専用プランの料金を比較してみましょう。

表3.「データプラン」と格安SIMとの料金比較

  NTTドコモ   DMM mobile 楽天モバイル IIJmio
  データプラン 高速データ通信
利用料
合計        料金 「NTTドコモ」のサービスとの料金差 料金 「NTTドコモ」のサービスとの料金差 料金 「NTTドコモ」のサービスとの料金差
2GB 1,700円 3,500円 5,200円 770円 4,430円割安 900円(3.1GB) 4,300円割安 900円(3GB) 4,300円割安
5GB 5,000円 6,700円 1,210円 5,490円割安 1,450円 5,250円割安 1,520円 5,180円割安
10GB 9,500円 11,200円 2,190円 9,010円割安 2,260円 8,940円割安 2,560円 8,640円割安
20GB 6,000円 7,700円 3,980円 3,720円割安 4,050円 3,650円割安    
30GB 8,000円 9,700円     5,450円 4,250円割安    

 

上記表の通り、データ通信専用プランの場合NTTドコモの「データプラン」と比べて格安SIMブランドのサービスを利用した方が3,650円~9,010円もお得であることがわかります。

このように、iPhoneでのモバイル回線サービスとしてはNTTドコモよりもDMM mobile、楽天モバイル、IIJmioといった格安SIMブランドのサービスを利用した方がお得であるということがわかります。

それでは次に、iPhoneシリーズでこうしたとてもお得な格安SIMを利用する方法などについて解説していきます。

※1. 表中及び本文中の価格は、いずれも税抜

※2. 表中及び本文中の価格は、いずれも記事執筆時点のもの(2017年2月13日)

※3. 表中で取り上げたNTTドコモの料金は、いずれも2年間の定期契約を締結した場合の料金

※4. 表中の料金は、キャンペーン等の利用により変動する可能性有り

NTTドコモから格安SIMへの乗り換えはとても簡単って本当?

  • NTTドコモ系格安SIMブランドならSIMロック解除不要!

NTTドコモなどキャリア向けに提供されているスマートフォンで格安SIMを利用する場合には、「SIMロック解除」を行う必要があります。対応する携帯キャリアのSIM以外も利用できるようにするため、端末の設定を変更しなければならないからです。

しかしNTTドコモ版iPhoneでは、一部の格安SIMブランドのSIMカードをSIMロック解除を行うことなくそのまま利用することができます。その一部の格安SIMブランドというのは、いわゆるNTTドコモ系の格安SIM。具体的には、先ほどの表中で取り上げたDMM mobile、楽天モバイル、IIJmioなどです。

そのため、iPhoneユーザーでNTTドコモからの乗り換えを検討しているという場合にはSIMロック解除不要で料金も割安なDMM mobile、楽天モバイル、IIJmioが特におすすめです!

  • 多くのSIMフリー端末がNTTドコモに対応

NTTドコモ系の格安SIMブランドは、au系やソフトバンク系の格安SIMブランドよりも圧倒的に多く存在します。そのため、先ほどご紹介した「DMM mobile」、「楽天モバイル」、「IIJmio」以外にも「BIGLOBE LTE 3G」、「NifMo」、「NTTぷらら」などをNTTドコモ版iPhoneで利用できる可能性があります。そのためNTTドコモでiPhoneシリーズを利用しているという人は、格安SIMブランドへと乗り換えて月額料金を大幅に節約できる大きなチャンスを持っていると言えます。

iPhoneシリーズユーザーが、NTTドコモから格安SIMへと乗り換える方法は?

  • まずは乗り換える格安SIMブランドの選択から!

NTTドコモから格安SIMブランドへと乗り換える場合、まずは乗り換える格安SIMブランドを選択しなければなりません。NTTドコモからの乗り換えを行うの場合には、先ほどご紹介したNTTドコモ系の格安SIMブランドから乗り換え先を選択するようにしましょう。

  • 必ず「動作確認端末」のチェックを!

また乗り換え先を決めるに当たっては、乗り換えようと考えている格安SIMブランドが手もとにあるiPhoneに対応しているかを確認することも重要です。そのため、自分の持っているiPhoneが動作確認済みの機種であるのかをチェックしましょう。ほとんどの格安SIMブランドは、公式Webサイトの「動作確認端末」ページなどで動作確認済みのiPhoneシリーズに関する情報を公開しています。

  • 申し込みに必要な4つのものを用意!

NTTドコモから他の格安SIMブランドへと乗り換える場合には、下記4点を準備する必要があります。

  1. 登録用メールアドレス

サービスへの申し込みを行う場合、多くの格安SIMブランドでは登録用メールアドレスが必要となります。登録用メールアドレスは、申し込み内容の確認メールなどを受け取る際に利用することになります。

  1. 本人確認用書類

音声通話機能付きのサービスに申し込む場合には、サービス申し込みと同時に本人確認書類の提出が必要となります。また、データ通信専用サービスに申し込む場合でも一部の格安SIMブランドでは本人確認書類の提出を求めています。そのため申し込みにあたっては、運転免許証、パスポート、健康保険証をはじめとした本人確認書類を用意しておきましょう。

  1. 本人名義のクレジットカード

ほとんどの格安SIMブランドは、料金の支払い方法としてクレジットカード払いのみを受け付けています。そのため、支払いに利用するクレジットカードも手もとに用意しておきましょう。

  1. MNP予約番号

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)制度を利用してNTTドコモから格安SIMブランドへと乗り換える場合には、申し込み時にMNP予約番号も必要となります。なおMNP予約番号は、乗り換え元(NTTドコモから乗り換える場合には、NTTドコモ)に対して発行を申請することができます。

NTTドコモでは、「My docomo」の「ドコモオンライン手続き」ページからMNP予約番号の発行を申請することができます。また「ドコモ インフォメーションセンター」に電話することで、MNP予約番号の発行を申請することも可能。「ドコモ インフォメーションセンター」の電話番号は、携帯電話からは「151」、一般電話からは「0120-800-000」となっています(受付時間は、9:00~20:00)。さらに「ドコモショップ」でも、各店舗の営業時間内でMNP予約番号の発行を申請できます。

  • 必要なものが揃ったら、早速申し込み!

多くの格安SIMブランドには、各ブランドの公式Webサイト上にある申し込みページから申し込みを行うことができます。携帯キャリアのサービスと比べて料金体系もシンプルな場合が多いため、プラン選択も短時間で済ませることが可能。本人確認書類の提出なども画像ファイルをアップロードする形で完結できるため、申し込みと本人確認書類の提出を10分程度で完了できます。

また実店舗を設けている格安SIMブランドについては、各店舗や家電量販店の専用カウンターなどからサービスに申し込むことのできる場合もあります。

  • SIMカード到着後には、忘れずAPN設定を!

サービスへの申し込み後、通常1週間程度でSIMカードが郵送されます。また実店舗で申し込んだ場合には、即日SIMカードを受け取ることのできる場合もあります。

SIMカードを受け取ったら、早速カードをiPhoneに挿入しましょう。そしてSIMカードを挿入したら、APN(アクセスポイント名)設定を行う必要があります。APN設定は、挿入したSIMカードをiPhoneに認識させてモバイル回線を利用するために必要な作業。とはいっても、iPhoneシリーズの場合にはとても簡単に設定を行うことが可能。各格安SIMブランドの公開しているプロファイル設定のダウンロードページからプロファイル設定をダウンロード・インストールすることで、設定を完了することができます。なおAPN設定は、Wi-Fiに接続した状態で行う必要があります。

今回ご紹介したように、NTTドコモのサービスでiPhoneシリーズを利用しているという人はNTTドコモ系格安SIMブランドへと乗り換えることで毎月の出費を大きくおさえることのできる可能性が高いんです。そして、NTTドコモ系格安SIMブランドは数も多いため乗り換え先の選択肢も豊富。その上SIMロック解除などの面倒な手続きも不要!
そのためNTTドコモでiPhoneを利用しているという人は、ぜひこの機会に格安SIMへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?