格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

au iPhone乗り換えについての「キャンペーン・注意点」まとめ

キャンペーンや割引特典はどんなものがあるの?

  • MNPを使う際有効なキャンペーン

■auの学割

▽条件

・25歳以下かつ下記の条件のいずれかをクリアしている方

 *他社からの乗り換え
 *新規契約
 *機種変更と同時に機種の購入をされた方
 *データ定額(5/8/10/13)加入の方

▽特典内容

・契約者の方が25歳になるまで毎月5GBプレゼント
・25歳以下の方とau契約者の家族で下記条件を満たす方はデータ定額料が1年間最大1,000円割引

▽契約

・25歳以下の方

 *他社から乗り換え/新規契約
  ・「データ定額5/8/10/13」+「誰でも割」の加入

 *機種変更(下記条件の全てを満たす必要があります)
  ・機種変更と同時に機種の新規購入
  ・「データ定額5/8/10/13」の加入
  ・現在の機種を18ヶ月以上利用している方

・25歳以下の方の家族

 *他社から乗り換え/新規契約で下記の条件を全て満たす方
  ・契約時に上記25歳以下の方と同一の「家族割」に加入
  ・「データ定額5/8/10/13」の加入
  ・「誰でも割」の加入

▽キャンペーン受付期間

2016年1月14日~2016年5月31日

▽その他備考

auの学割かつ1,000円割引対象者がauスマートパス・ビデオパス・うたパス加入することで月額情報料相当額を期間限定割引のサービスもあります。auスマートパスは372円/月、ビデオパスは562円/月、うたパスは300円/月のサービスとなります。それぞれの契約サービスにより受付期間と割引期間が異なります。

・auスマートパス・ビデオパスの場合

 *受付期間 2016年1月14日~2016年5月31日
 *割引期間 2016年7月末まで

・うたパス

 *受付期間 2016年1月14日~2016年3月31日
 *割引期間 2016年5月末まで

■auにのりかえ割

▽条件

・他社から乗り換えで「データ定額5/8/10/13」の加入をされた方
・もしくはLTEフラットに加入された方

▽特典内容

・データ定額5/8/10/13加入の方・・・2年間毎月1,000円割引
・LTEフラット・・・2年間毎月934円割引

▽キャンペーン受付期間

2016年1月14日~2016年5月31日

■下取りプログラム

▽条件(2つの条件を満たす方)

・他社からMNPと同時にauスマートフォンまたはauケータイを新規購入された方

・下取り対象機種が故障・水濡れ・破損がなく正常動作すること

▽申し込み方法

auショップ・PiPit・その他のau取扱店で申し込みします。

郵送やau Online Shopでの受付もしていますが、WALLETポイント付与の下取りとなり、MNP転入時に購入する携帯電話・スマートフォンの代金の充当には使えません。

▽その他

次の条件にあてはまる端末は下取りしてもらえません。

・電源が入らない

・充電器に接続しても充電されない

・電話機本体や液晶に破損や割れなどがある

・暗証番号ロック解除とオールリセットが実施されていない

・水濡れシールに反応がある
明らかな水没以外にもこの反応が出てしまう場合もありますので注意が必要です。

・製造番号が確認できない機種

・改造を施してしまい、メーカー保証外となるような状態のもの

・契約者が端末の所有権を持たない端末

・ネットワーク利用制限されている端末

・NTTドコモ キッズケータイ・ソフトバンク みまもりケータイ、ディズニー・モバイルの機種は下取り対象外

■iPhoneデータ増量キャンペーン

▽条件

・iPhoneを所有し「データ定額2/3/5/8/10/13」に加入された方
iPhoneはauが発表している最新機種のものでなければいけません。

▽特典内容

最大13ヶ月データ容量1GB/月プレゼント

▽受付期間

2014年8月13日~

終了時期は2016年2月21日現在、決まっていません。終了時期が決まり次第告知されるようです。

au iPhoneに乗り換えて得する人はこんな人

  • 通話をたくさんする方

キャリア契約での利点は何より「通話し放題」にあると言えるでしょう。プランによっては通話し放題の条件が変わってきますが、基本的にキャリア回線のメリットはここにあると考えておくのが一般的です。

  • iPhoneを安く手に入れたい方

MNP転入をすると、毎月割が適用され割安にiPhoneが手にいれられます。割引無しでの購入は8万円以上(iPhone6sの場合)かかってしまうので、16GBモデルでは7万円弱の割引が受けられます。

  • 店頭ショップのサポートを受けたい方

格安SIMとの大きな違いは店頭ショップでのサポートの手厚さです。また、auショップは全国各地にありますので、アクセスのしやすさも強みとなっています。

  • スマホの使い方を教えてもらえる「auスマートサポート」

有料ですが、大企業ならではのサポートです。スマートフォンデビューの方にもおすすめできます。格安SIMでは楽天モバイル等一部でしか受けられませんが、

乗り換えに当たっての注意点

  • キャッシュバックがなくなってしまう

大手キャリアのキャッシュバックは廃止の方向に向かっています。NTTドコモではキャッシュバックを行う販売方法を廃止する方針を固めたようです。auでも2016年2月を目処に廃止の方向です。キャッシュバック目当てや実質0円というキャリアならではの契約条件が無くなってしまうのはかなりの痛手です。

  • キャンペーンの条件「データ定額加入」における注意点

データ定額は月々使えるデータ容量によって細かく分類されています。キャンペーンの条件によっては「データ定額2」が除外されていることがありますので、一概にデータ定額だからといって条件を満たすと考えない方が良いでしょう。データ定額が条件となっている場合は、必ずその容量までしっかりと確認する必要があります。

  • AndroidからiPhone、ガラケーからiPhone移行はデータ移行が難しい

乗り換え・MNP利用につきものなのがデータ移行です。異なるOS間のデータ移行はできないことはないですが、同OS間の移行よりも難易度が上がると考えておいた方が良いでしょう。他キャリアからの移行であれば、旧キャリア契約先のキャリアメールの消滅も避けられません。移行先の端末がiPhoneと決まっている場合は、データ移行方法を前もって調べておくことをおすすめします。

MNPの手続き方法と注意点

  • まずMNP予約番号の発行

現在の契約先にてMNP予約番号を発行してもらいましょう。手続きは契約先にて大きく異なりますので、公式サイトなどで確認した上で行うことをおすすめします。MNP予約番号を発行するだけではMNP転出はまだ完了したとは認められません。従って、MNP転出手数料はMNP転入先(本記事ではau)の転入が完了した時にはじめてMNP転出も完了したとされます。MNP転出手数料および、転入先でのMNP手数料は転入完了時に発生します。
また、MNP転入をMNP予約番号の有効期限である15日以内に完了しなかった場合、MNP転出はキャンセルされます。この場合も手数料は発生しません。

  • 予約番号を受け取ったらauの窓口へ

auのMNP受付の窓口は「au Online Shop」かお近くの「auショップ」です。ここではauショップでの手続き方法を解説します。

▽次の必要なものを準備し、お近くのauショップへ

・MNP予約番号

・印鑑

・本人確認用書類

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート(日本国発行)
  • 身体障がい者手帳または療育手帳または精神障がい者保険福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード+外国発行パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真つき)
     

・クレジットカードなど支払い手続きに必要なもの

  • クレジットカード
  • キャッシュカード
  • 預金通帳+金融機関登録印

・必要な費用

  • 契約事務手数料:3,000円
    初回の電話料金に合算して請求されるため、auショップ内では必要ありません。
  • 端末の購入代金
    auショップでの新規端末購入時にかかる代金です。

・(任意)下取り希望の場合は、その本体
データのバックアップはユーザー側で取っておく必要があります。

au iPhoneに乗り換えるとiPhoneが○○円で手に入る

  • auへMNP転入した際のiPhone6sの実質負担額
  実質負担額(合計) 毎月の支払い額(24回払い)
16GBモデル 16,080円 670円円
64GBモデル 28,920円 1,205円
128GBモデル 41,760円 1,740円

 

  • 注意点

▽端末の完済前の解約には要注意

「毎月割」が適用されている額ですので、端末の残債がある状態でauの途中解約をしてしまうと「残り支払い回数×割引額」分の額が増額されて請求されてしまいます。iPhoneの元値を考えると相当の金額となってしまいがちですので、MNP転入から2年(24回払い)は解約しない方が良いでしょう。