格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ついに登場したiPhone 7の新機能と、キャリア・格安SIMそれぞれでの運用料金比較

iPhone 7の機能と料金について

  • iPhone 7の新機能
    • iPhoneシリーズ初、防塵・防水対応

従来のiPhoneは全て防水非対応でした。そのため水は大敵。誤って水没や水濡れした時には故障の可能性があるため肝を冷やさなければいけませんでした。さらに、修理対応や売却時などに水没反応が出ていると不利になるなど、繊細な扱いが求められていた歴史がありました。iPhone 7では防塵・防水レベルを表す「IP67」という等級が付けられています。このレベルはどの程度まで大丈夫なのでしょうか?

  • 防塵レベルは6

IP67の6に当たる部分が防塵レベルを表します。防塵等級6の定義によると『粉塵が中に入らない』とあり、防塵等級としては最高レベル、「防塵形」と呼べる性能です。

  • 防水レベルは7
    IP67の7に当たる部分が防水機能の等級を表しています。定義では『一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない』性能となっています。これは従来のiPhoneユーザーが恐れていた『水没』『液体をこぼしてしまう』などの事故からほぼ完全に防護される形です。ただし、これは真水に対してのテスト結果を示すもので、海水や特殊な水溶液に浸かった時の性能は不定です。温度についても同様で熱湯などへの水没耐性を示すものではありません。特殊な条件下での防水機能は、この防水等級が示すものより低くなると想定しておいた方がより安全に使いこなすコツとなります。
  • Suicaに対応

こちらも防水機能と同じく国内向けの対応です。いままでのiPhoneはおサイフケータイを利用できなかったので、iPhoneとは別にICチップ付きのカードを用意されていた方が多いかと思われます。今回、Suicaに対応したことでiPhone 7一台で決済への対応力がグンと向上したと言えます。Suicaを持っている方は引き継ぎも可能ですし、Suicaを持っていない方はApple Payで使えるSuicaの作成も可能です。

  • 背面カメラが2つになった

より美麗に写真を撮るための措置だと思われます。

  • 光学2倍ズーム搭載

従来はデジタル処理で拡大を行っていた擬似的なズームです。iPhone 7から本格的なカメラに搭載されている光学ズームに対応しました。

  • 暗いところでもキレイに撮影

従来のスマートフォンでは暗い場所は苦手とされていましたが、レンズの光を取り込む性能が向上したため暗い場所でもキレイに撮影できるようになりました。

ドコモでiPhone7を購入した場合とSIMフリーのiPhone7を購入し格安SIMで運用した場合の料金比較

  • ドコモ契約でiPhone 7を購入する際の料金表
iPhone 7モデル 分割支払金(24回) 月々サポート(24ヶ月) 実質負担金 支払い総額
32GB 3,429円 2,322円 1,107円 26,568円
128GB 3,915円 2,322円 1,593円 38,232円
256GB 4,401円 2,322円 2,079円 49,896円

※MNP・新規契約・機種変更、全て同じ金額です

  • Apple StoreでSIMフリー版iPhone 7を購入する際の料金表とドコモ版iPhone 7との差額
iPhone 7モデル 購入金額 ドコモ版iPhone 7との差額
32GB 72,800円 46,232円
128GB 83,800円 45,568円
256GB 94,800円 44,904円

面白い特徴としてドコモ版との各モデル全てにおいて差額が45,000円前後でほぼ一律という点があります。

  • ドコモ契約でiPhone 7を運用した際の月額料金と年間支払い総額
    • 契約条件
      • iPhone 7を契約・運用
      • 契約形態は新規契約・機種変更・MNPのいずれか

どの契約形態でも同額になります

  • 料金割引オプションは考慮しない
  • 通話プランはカケホーダイライトを契約

5分以内までの通話なら通話無料のプランです。最安構成を前提としていますので、通話定額オプションではないことに注意してください。

  • データMパック(5GB/月のデータ容量)およびspモードを契約
  • ドコモ契約のiPhone 7運用では最安となる料金プラン構成
  • シェアオプションは利用しない
  • 月額料金・年間支払い総額一覧

()内の金額は端末代金を支払い終えた25ヶ月目からの金額です。

契約しているiPhone 7モデル 月額料金 年間支払い総額
32GB 8,667円(5,238円) 104,004円(62,856円)
128GB 9,153円(5,238円) 109,836円(62,856円)
256GB 9,639円(5,238円) 115,668円(62,856円)
  • 格安SIMでiPhone 7を運用した際の月額料金と年間支払い総額
    • 契約条件
      • SIMフリー版iPhone 7の所持が前提・MVNOからの提供はSIMカードのみとする

契約先MVNOでのiPhone購入は考慮しない前提です。

  • 新規契約・MNPが対象

ただし、MNP手数料や新規契約手数料は考慮しません。

  • 通話定額や通話割引オプションはなし
  • 契約するSIMカードはすべて音声対応SIMとします
  • 最安プランとドコモのデータMパックとの比較用に5GBプランの2つを掲載
  • 下記の表+音声通話はかけた分30秒あたり20円かかるので、音声通話が多い人はその分を加算してください。
    ただし、5GBプランが無い場合には掲載をしていません。
  • 月額料金・年間支払い総額一覧

表の()内の金額はドコモ契約のiPhone 7の端末代金を支払い終えた年間支払い総額との差額です。

契約先MVNO名 プラン名 月間データ容量 月額料金 年間支払い総額
楽天モバイル ベーシックプラン 通信速度200kbps固定 1,250円 15,000円
(-47,856円)
5GBプラン 5GB 2,150円 25,800円
(-37,056円)
OCNモバイルONE 110MB/日コース 1日110MBまで 1,600円 19,200円
(-43,656円)
5GBコース 5GB 2,150円 25,800円
(-37,056円)
Mineo Dプラン500MB 500MB 1,400円 16,800円
(-46,056円)
Dプラン5GB 5GB 2,280円 27,360円
(-35,496円)
DMMモバイル ライト 通信速度200kbps固定 1,140円 13,680円
(-49,176円)
5GB 5GB 1,910円 22,920円
(-39,936円)
IIJmio タイプD ミニマムスタートプラン 3GB 1,600円 19,200円
(-43,656円)
  • まとめ

ドコモキャリア契約から格安SIM運用にすると、年間で3万円から5万円弱ほど通信費の節約になることがわかります。通話SIMでの比較となりますので、データ通信専用SIMの格安SIM契約であればこれよりさらに安くなります。しかし、ここではドコモ契約とほぼ同じ条件にするため分かりやすい通話SIMでの料金での比較をしました。注意点は格安SIMの料金は通話料を一切考慮していない点です。ドコモ契約では5分、契約によっては24時間、通話を行っても無料です。対する格安SIMの条件には通話割引について一切考慮していない金額です。そのまま通話を行うと大抵20円/30秒の料金がかかります。たとえば楽天モバイルとドコモ契約の年間差額「47,856円」でどれだけ通話ができるかというと年間にして約20時間ぶんの通話時間です。月平均にすると100分ぶんです。近頃の格安SIMでは通話割引オプションがある契約も多いので、通話時間・通話料金を考慮すると差額がほとんど無くなってしまう、もしくは逆転現象が起きてしまう方はキャリア契約のままが良いか、格安SIM+通話割引オプションの組み合わせを考慮した方が良いでしょう。

  • 格安SIM運用に向いている人
    • 少しでも通信費を抑えたい方
    • 通話主体ではなくデータ通信主体でiPhoneを扱う方

通話料金は格安SIM運用の方が割高になります。

  • 自分で各種トラブルに対応出来る方
    たとえばユーザーサポートはキャリア契約時の方が手厚いです。
  • データ通信専用SIMでも運用に差し支えない方

従来の通話回線経由の通話は使えませんが、より月額料金を抑えることができます。

iPhone 7を格安SIMで使用する際の注意点

  • 防水機能を過信しない

機能として搭載されていても、従来通り「水濡れが原因の損傷は保証の対象外」とのこと。機能が増えることは大変喜ばしいことですが、過信してお風呂場での使用や、水場で使うなどの行為はやはり避けておいた方が良いでしょう。

  • おサイフケータイの完全互換ではない

「iPhone 7のApple Payが特別にSuicaのみ対応した」と見ておくべきでしょう。Androidのおサイフケータイ対応端末ではいろいろな電子マネーを1台に集約して使うことができましたが、このイメージをiPhone 7にスライドして考えられるかというと「間違い」です。さらにApple Pay自体日本国内でのサービスが始まっていないため(本記事執筆は10月17日です)詳細を元にご紹介できないのが残念ですが、少なくとも従来のおサイフケータイよりも制限事項が多いことは明らかです。

  • Apple Payの対応クレジットカードの中にVISAカードは無い

クレジットカードでは大手ですのでVISAカードをメインで使っている方も多いかと思います。しかし、Apple PayはVISAカードに対応していません。これはかなり大きな注意点です。

  • Suica対応の改札を通る時、iPhone 7のバッテリー残量に注意

内部バッテリーが完全に0になっている状態ではSuica機能もオフになるようです。Suica機能を使う方はiPhone 7のバッテリー残量に気をつけておきましょう。緊急時に充電できるサブバッテリーを持ち歩く対策方法も考えられます。

※auとソフトバンクの場合については文字数の都合上削除しています