格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ポケモンGOを格安スマホでプレイできる? 情報まとめ

格安スマホでポケモンGOはプレイできるの?必要なスペックとは

ポケモンGOをプレイするにはAndroid端末かiPhoneを代表とするiOS端末のいずれかが必要です。さらにこのOS別の端末の中でもいくつかのスペックの条件があります。

 

  • Android端末の場合
    • OSのバージョン

Android 4.4~6.0です。対応していないバージョンのGoogle PlayストアでポケモンGOのページを開くと「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」という表示がインストールボタンの直上あたりに現れてインストールできません。

  • OSバージョンの条件を満たしていない場合の対策方法
    • OSのバージョンアップが可能ならバージョンアップを行う
      OSバージョンアップは強制ではなく、必ずユーザーの確認と同意のもとで行われるものです。バージョンアップ可能な通知が来ていてもユーザーが許可しないままであればOSバージョンは古いままなのです。バージョン4未満の方で、4.4以上6.0未満のAndroid OSに更新可能ならば、迷わずバージョンアップを行いましょう。バージョンアップ完了後、Google PlayストアでポケモンGOページを再度確認すればインストールができるようになっているはずです。
    • バージョンアップ可能かどうか端末のメーカーサイトを確認
      通知がきていなくてもメーカーサイトでご利用の端末の型番がどこまでのバージョンをサポートしているのかを確認しましょう。メーカー側のアップデータがある場合もありますので、諦めずに調べることが肝心です。もし、アップデータがあるならば、サイトの指示に従いアップデートを行いましょう。
    • バージョンアップ方法がない場合
      ご利用の端末によってはバージョンアップができずに、4未満で更新が終わっているものがあります。これらの端末をお持ちの方は残念ながらポケモンGOはプレイできません。OSバージョンが4.4以降に対応している端末を購入するしか手がありません。
  • RAM 2GB以上搭載の端末

RAMは別名「内蔵メモリ」や「メモリ」とも表記されます。カタログスペックを確認するときには注意をしておきましょう。

  • RAMの条件を満たしていない場合の対策方法
    • RAM 2GB以上の新しい端末を購入

パソコン・ノートパソコンのように本体購入後のメモリの増設ができない欠点があります。そのためRAM 2GBに満たない機種の場合はそれ以上のRAMを搭載したものに機種変更するしかありません。

  • GPS機能が搭載されていること

端末の位置特定がシステム的に許可されていないとプレイできません。GPS機能がハードウェア的に搭載されており、かつ端末の所有者がGPS機能を有効にしていることが条件です。

  • GPS機能非搭載の端末を所有の方の対策方法

GPS機能がついている端末に買い換えるしか方法がありません。

  • GPS機能をオフにしている方の対策方法

「設定」アイコンからGPS機能を有効にしましょう。「設定」→「位置情報アクセス」→「GPS機能」をオンにすることで設定が変えられます。

 

  • iOS端末の場合
    • OSのバージョン
      対応しているOSのバージョンは8~9です。こちらはAndroid端末と違い対応している端末がはっきりとしていて、iPhone5以降であればOSのバージョンアップさえしていればプレイ可能です。

      • 対応しているiPhone端末一覧
        • iPhone 5/5c/5s/SE/6/6s/6 Plus/6s Plus

公式サイトによりますと、iPad端末での動作保証をしていないようです。

 

格安スマホでポケモンGOをプレイする際の注意点

  • 動作保証対象が変更される可能性がある

公式によりますと、今後のアップデートなどにより対応環境や対応端末の変更があるようです。条件が緩くなれば良いのですが、ぎりぎりの動作環境でプレイしている方は条件が厳しくなる事を想定しておいた方が良いかもしれません。

  • 格安SIMの契約容量が少ない方

ポケモンGOのデータ通信量は1時間プレイすると10MB前後消費するようです。たとえば1日に2時間プレイを1ヶ月(30日)続けたとしましょう。そうすると、1ヶ月600MBのデータ通信量になります。さらにポケモンGOはWi-Fi環境での利用を保証していないため、動作には必ずMVNOのデータ量を消費しないといけないと考えることができます。ポケモンGOは200kbpsの低速通信でも利用可能です。高速データ通信量が少ない方でMVNOが低速通信の切り替えを差ポートしている場合はこまめに切り替えて利用すると良いでしょう。ただし、バトル時やポケモン表示をスムーズにしたい方、ポケモントレーナーが多い場所での利用については高速通信を有効にするのが良いようです。

 

ポケモンGOをプレイするには、ジャイロセンサーが必要?

ポケモンGOはAR(Augmented Reality:拡張現実)の機能でゲームを構成しています。

 

  • まず大事なのはカメラ

テレビなどでポケモンGOをしている状況を見たことがある方も多いと思います。その際、ユーザーはスマホを進行方向に向けてプレイしているはずですが、これは何をしているかというとスマホの背面カメラで周りの風景を撮影しているのです。風景をカメラで取り込み、アプリ側でポケモンが地面に立っているという画像を構成し、ユーザーにそれを見せているわけです。従って、ゲームをするためにはジャイロセンサーだけでなく大前提として背面カメラが必須です。

  • ジャイロセンサーなしでも遊べる
    ジャイロセンサーが無い場合、ARをオフにするかどうかの確認が行われます。AR機能利用不可にすることでジャイロセンサー無しでも遊べる設計にはなっています。ただし、先ほど解説したカメラ画面にポケモンを表示できなくなるので面白みに欠けることになるかもしれません。
  • バッテリーセーバーも使えない?

画面が伏せている状態だと判断されると自動的にバッテリー消費を抑えてくれる状態にしてくれるようです。ただしこの機能もジャイロセンサーで本体の傾きを検知できないと使えない機能です。

  • グローバルスマホはジャイロセンサーが付いてない可能性UP

メジャーどころではZenFone 5/Go/Max/2(一部機種除く)ではジャイロセンサーが搭載されていません。かなり有名な機種ですが、GoやMaxではポケモンGO自体のインストールもできないようです。

 

動作が遅い!!まずはここを確認する

  • 低速通信モードになっていないか?

低速通信モードでも利用可能なのですが、快適に利用ができるかというとNOです。通信速度は動作のもたつきに直接つながるので、低速通信にしている方でもたつきを感じる場合には通信速度の切り替えをしてみると良いでしょう。低速通信に強制的に切り替えられている方は、格安SIMの速度制限を受けている、または高速データ通信量を使い果たしていることも考えられます。データ通信量を使い果たしている方はデータ量が回復するタイミングまで待つか、追加データ容量を購入するかで解決可能です。直近のデータ使用量で速度制限を受けている方は基本的には速度制限解除まで待機するしかありません。

  • 電波受信が困難な場所での利用をしている

ポケモンGOはオンラインゲームの一種です。よって、通信障害があるとポケモンGOの動作自体に影響します。端末の電波受信状況はアンテナゲージを見ることで確認できます。アンテナのゲージの本数が少ない場合にはポケモンGOがうまく動作しないと認識しておくと良いでしょう。この場合には、電波の良いところへの移動を強くおすすめします。

  • 可能であればポケモンGOアプリ1本で動作させる

タスクから他のアプリの動作を消去して同時に動作しているアプリをポケモンGOだけになるようにしてみましょう。iOS・Android端末の両方において言えることですが、ポケモンGOが画面に表示されている状態でも裏では他のアプリが動作できる仕組みになっています。裏で動作しているアプリが多いとそれだけ端末の動作パワーが分散してしまうので、動作が遅くなる原因になります。

 

どうしてもポケモンGOがプレイしたい!おすすめの機種とは?

  • Nexus6P

Android OSも最新の6.0とリファレンス機としてはかなりおすすめの機種です。画面サイズは5.7インチと大画面でも重量は178gに収まっている点も携帯性と機能性を両立させていることがわかります。またバッテリーも3450mAh搭載しておりスマホ界では中規模にプラスした程度の十分なバッテリー容量を持っています。RAMが3GB、GPSや傾き検知などのセンサーも充実していますのでゲームをするのに隙のない仕上がりだと言えるでしょう。Googleが直接提供しているリファレンス機に該当し今後のアプリアップデートによる動作保証対象外機種になる可能性が低いこともメリットです。また、Googleの端末はAndroid OSのアップデート保証もあるので今後のグローバルな変化にも対応できます。

iPhone 6s系
iOSからはやはり6sは外せないところでしょう。しかし、iPhoneの欠点としてバッテリー持ちが悪いことが挙げられます。モバイルバッテリーなどでこれを補うことができるのであればiPhoneは悪くない選択です。また、Android機種のように同じ機種内の細かいモデル分けがなされていないため「iPhone 6s系であれば大丈夫」といった動作面の保証も安心できる点です。購入時にも迷うことが少ないでしょう。iTunesやMACをお使いの方はこちらを選択した方がポケモンGO以外の総合的な利用の面で捗ること請け合いです。