ネット環境がなくても大丈夫!?テザリングができる格安SIMをチェック!

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ネット環境がなくても大丈夫!?テザリングができる格安SIMをチェック!

「テザリング」という言葉を聞いたことがありますか?スマートフォンをネットの共有媒体にして、パソコン等の機器でネットをすることをいいます。このテザリング機能があるとどんなメリットがあるのか、また使う上での注意点など、テザリングに関するアレコレをご紹介します。

テザリングっていったいどんなものなのか?

格安simでテザリング

テザリングとは、スマートフォンや携帯電話をアクセスポイント(ネット接続の親機)として、パソコンや携帯ゲーム機、タブレットなどをインターネットにつないで利用できる機能のことを言います。このテザリングができれば、外出先などでネット環境がなくてもスマートフォンや携帯電話があればネットを楽しむことができるようになるのです。

テザリングには3種類の方式があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

・Wi-Fiテザリング

スマホ端末とパソコン等をWi-Fiで接続する方法です。同時に複数台接続できるので便利ですが、他人に利用されてしまう可能性があるのでセキュリティ対策が必要です。基本的にスマートフォンでパソコン等と繋げてテザリングをする時はこのWi-Fiテザリングが使用されます。

・USBテザリング

スマホ端末とパソコン等をUSBケーブルで接続する方法です。機器同士をケーブルでつなぐ必要があるので不便ですが、通信速度も速く充電しつつ使えるというメリットもあります。端末によってUSBテザリング可能なものとそうでないものがあります。

・Bluetoothテザリング

スマホ端末とパソコン等をBluetoothで接続する方法です。Wi-Fiテザリングよりバッテリーを消費しにくく、セキュリティ面でも比較的安心できます。

テザリング対応のおすすめSIMはこれだ!

最近なにかと話題の格安SIMでもテザリングに対応しているものが多くあります。しかし、テザリング中でもパケット量はどんどん消費されていきますので、データ量が少ない契約のものではあっという間に限度いっぱいになってしまいます。そのため、テザリングを利用するならデータ量に余裕のあるプランのものを選ぶのがポイントです。プランや料金的に、特におすすめの格安SIMをご紹介します。

・DMMmobile

大容量の10GBプランが2,250円~という業界最安値レベルの格安SIMです。10GBあれば、毎日常時テザリングしている状況でもない限りは、テザリングをしつつ普通にスマホとして利用することも可能です。2,000円ちょっとでテザリング可能なスマホが手に入るのは魅力ですね。

・楽天モバイル

こちらも10GBプランが2,380円~の安さの格安SIMです。楽天でんわは高速通信の切り替えやデータの繰越など、データ量の管理がしやすいのも特徴です。月額料金もDMMモバイルより100円ちょっとプラスになる程度ですし、楽天スーパーポイントが貯まる上、定期的に様々なキャンペーンや特典があるのでそちらを目的に契約しても損はしないはずです。

・U-mobile

2,480円~でデータ容量無制限プランがあるU-mobile。このU-mobileの最大の魅力はなんといっても高速通信のままでデータ容量無制限のプランがあるということです。

しかし、短期間で集中的に大量のデータ量を使ってしまうと、一時的に速度制限がかかるようなので、無制限といえど長時間のテザリングは避けた方がいいかもしれません。

テザリングの設定方法と手順

「格安SIMを契約した!さぁこれを使ってテザリングをするぞ!」となった際、あらかじめやっておかなければいけない設定があります。その設定や、スマホを使ったテザリングで最もよく使われるWi-Fiテザリングを実際に行うまでの手順をご紹介します。

今回参考画像として使用したのはau端末なので、端末ごとに説明項目が多少異なっている場合があります。

ドコモ端末以外のスマホを親機にする場合

1、親機となるスマートフォンのテザリング設定をします。「設定」→「詳細」→「モバイルネットワーク共有」→「Wi-Fiテザリング設定」とすすみます。

1

1-2

1-3

2、テザリング設定画面では④の画面がでてくるので「OK」をタップ

2-1

3、「Wi-Fiテザリング」のチェック部分をタップして、チェックをいれます。

3-1

4、テザリングしたいパソコン等でWi-FiをONにし、Wi-Fiネットワークリストの中からスマホのルータ名を選び、パスワードを入力します。

4-1

 

Windows8の場合「スタート」→「コントロールパネル」→「ネットワークをインターネット」→「ネットワークに接続」→Wi-Fiの項目にあるスマホのSSIDを選択し接続。スマホ画面にあるセキュリティパスワードを入力してOKで完了です。

5.テザリングを終了させるときは、スマートフォンのテザリングのチェックを外します。

iPhoneをテザリングの親機にする場合

1、ホーム画面の「設定」をタップします

2、「モバイルデータ通信」をタップします

(iPhone6を利用している場合は「一般」→「モバイルデータ通信」)

3、「インターネット共有」をタップ

4、「インターネット共有」のON/OFF切り替えボタンをタップしてONにします

5、Wi-Fi接続設定に使用する「ネットワーク名(SSID)」と「パスワード」が表示されます

6、子機のWi-Fi設定でSSIDを選び、パスワードを入力してテザリング接続完了です

テザリングをするとどんなメリットがあるのか?

テザリングのメリット

「テザリングができる」という格安スマホ端末があった場合、テザリングができることによるメリットとは?

・どこにいてもネットを繋げることができる

外出先でパソコンや携帯ゲーム機を使ってネット通信がしたい場合、公衆無線LANスポットを探さなければいけません。飲食店やコンビニエンスストアなどで利用が可能ですが、契約しているプランによっては利用ができなかったり、お店なのであまり長時間いることもできません。

しかし、このテザリングを使えば、スマートフォンさえあればどこでもネット通信が可能になります。出張先でちょっとノートPCを使いたいとき、暇つぶしでネット通信ゲームをしたい時など、いつでも気軽に使えます。

・パケット料金節約

ネット通信を行う際、本来であれば「スマートフォン+Wi-Fiルーター」の料金が必要なところ、テザリングが可能なものなら「スマートフォン月額料金」のみで済みます。自宅にネット環境がない場合でも、テザリング可能な端末があればそれで通信が可能になります。

テザリングを行う際の注意点

とても便利なテザリング機能ですが、スマートフォンさえあればそれでOK!というわけではありませんし、使用に際し、注意しなければいけないこともあります。

・ドコモ系端末では使用不可

通常のドコモ契約のスマートフォンでは問題はないのですが、「格安SIM」の契約で以前ドコモ契約だった端末を使うことはできません。

スマホでテザリングを行う際、ANP(アクセスポイント)設定を行う必要がありますが、格安SIMを差したドコモの端末では、このANP設定がドコモ契約用に書きかえられてしまうためです。通常のドコモ契約の場合はまったく問題ないのですが、格安SIMとドコモ端末の組み合わせになるとテザリングはできません。

例外的に、root化(管理者権限をユーザー側で奪ってしまうこと)するとテザリング可能にはなりますが、当然正式なやり方ではないため保証の対象外になりますし、端末のプログラムに何らかの悪影響を及ぼす可能性も否定できないため、おすすめできません。

格安SIMでテザリングを使いたい場合は、au系端末かSIMフリー端末を選ぶようにしましょう。

・電池消費が激しくなる

テザリングをすると、通常の使い方をしているときより明らかに電池の減りが早くなりますので、テザリング中にUSBで充電できない場合は、モバイルバッテリーを持ち歩くなどの対策が必要です。

・データ量の消費が激しくなる

テザリングは、契約しているデータ量を消費しながらネットに繋げるためデータをどんどん消費します。なので契約プランが低かったり、時間を気にせず何時間もテザリングしたままだと、あっという間に契約データ量を使い切り、速度制限がかかってしまいます。

テザリングを行うことを想定するならあらかじめデータ量多めのプランか、無制限のプランを契約し、必要なときだけ繋げるようにしましょう。

モバイルルーターとテザリングはどちらがお得?

外出先でネット通信をする際に便利なのがモバイルルーターです。しかし、このモバイルルーターは月額料金がかかるため、外出先でそんなに頻繁にネット通信をしない時は格安SIMのテザリングを使うほうが月額料金の節約になる場合が多いです。そこで、

代表的なモバイルルーターと、特に人気の格安SIM(テザリング用にデータ量最大プラン)2社それぞれを比較しました。

  ルーター名 / 格安SIMプラン名 最大速度 月額料金
モバイルルーター Yahoo!Wi-Fi (Yahoo!) 110Mbps 2,743円
Pocket WiFi GL10P (イー・モバイル) 110Mbps 3,880円
格安SIM DMMモバイル 通話SIMプラン10GB 225Mbps 2,950円~
楽天モバイル 通話SIM 10GBパック 150Mbps 2,960円~

 

モバイルルーターは最安でYahoo!のモバイルルーター2,743円です。このルーターの月額料金の他に格安SIMの月額料金がプラスされます。

たとえば、Yahoo!のY!mobileの最安プラン「スマホプランS(月額2,980円)」と「Yahoo!Wi-Fi(2,743円)」を契約した場合、月額料金は5,000円を超えます。

外出先で毎回数時間パソコンやゲーム機でネット通信を行う場合は、モバイルルーターを持ち歩き、ルーターを経由して繋げるほうが良いのですが、毎回外出先で長時間ネット通信を行うわけではない場合は、格安SIMのテザリングを利用するほうが月額料金の節約になります。格安SIMを使ったテザリングでも、10GBなどの大容量プランなら。かなりの量のデータ通信に使用することができます。数日に一度外でPCを使う人であれば5GBプランでも充分なので、そちらを契約する事で料金をもっと節約できます。 DMMモバイルの5GBプランだと1970円でテザリングができます。

・データ通信の目安(1GB=1,024MB)

ネットの動画サイトを閲覧するのに通常画質で1時間視聴した場合400~450MB消費されます。

ネットの様々なサイトを閲覧する場合(google検索やFacebook等)だいたい1ページで平均1MB消費します。毎日ネットサイトを100ページみたとして、1カ月で約2GBほどデータ量を消費します。(TwitterはFacebookほど消費しません)

メールについては、データ量はほぼ0と見て問題ありません。1,000通のメールを送受信してやっと10MBほどの消費になります。

⇒TOPページに戻る