格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

失敗しない!格安SIMとSIMフリータブレットの選び方

SIMフリータブレットはどんなもの?

simフリータブレット

海外ではSIMフリーが当たり前ですが、キャリアで購入した時はSIMロックがかかっていて、その購入したキャリアでしか使えなくなっています。(ソフトバンクで購入したタブレットはソフトバンクでしか使えない)それに対してSIMフリータブレットは「どの会社のSIMも使う事ができる」タブレットです。

ドコモやソフトバンク、auなど大手3社以外にも、MVNOと呼ばれる格安SIM業者で契約することができます。MVNOの中でも自分に合ったプランを選べるので、大手よりも安い料金で契約できます。

よって、SIMフリーのタブレットは格安SIMで運用する事を強くおすすめします。

MVNOの格安SIMとはなにか?

SIM card with smartphones

MVNOは、格安SIMを販売する業者のことをいいます。ドコモなど大手キャリアの通話やネット通信の回線を借りているため大手よりも安い料金でスマホを使えるようなサービスを提供できるのです。

MVNO では、通話に必要な「音声通話SIM」とネット通信に必要な「データ通信SIM」の2種類のSIMカードがあり、いずれも月額料金で利用できます。

タブレットには音声通話機能が付いていないものがほとんどですので、「データSIM」を選んでください。

要注意!タブレットにはWi-FiモデルとSIMフリーモデルの2つの通信方法があり、Wi-Fiモデルのタブレットで格安SIMは使用できない

タブレットは、Wi-FiモデルとSIMフリーモデルの2種類あることをご存知でしょうか?Wi-Fiモデルでは、ネットに接続するためにはルーターもしくは公衆無線wifiなどが必要です。

自宅でネット接続するにはルーターが必要ですし、外出時にはモバイルルーターや公衆無線LANがなければネットに接続できません。

一方のSIMフリーモデルではSIMカードを差すだけでネットに接続できます。自宅にルーターがなくても、外出先にWi-Fiスポットがなくても24時間、いつでも好きなときにネットを利用することができるという特徴があります。

SIM フリータブレットには、カードの出し入れができるスロットがあります。スロットを開けてSIMカードを挿入して設定をすればネットに接続できます。接続方法は、購入したSIMカードと一緒に同封されている説明書にも書いてありますし、公式サイトにも書いてあります。それらを見ながら順番に進めていけば無理 なく設定が完了します。

SIMフリータブレットを使うメリットとは?

●モバイルルーターより通信費が安くなる

SIMフリータブレットを格安 SIMで運用して、そのタブレットでテザリングをすれば、モバイルルーターを使うよりもネット通信費は大幅に安く抑えることができます。格安SIMは月額 500円以下で使えますが、モバイルルーターのWiMAXは月額約3000円です。楽天モバイルなら5GBプランで1470円です。

モバイルルーターを使うよりもSIMフリーのタブレットに格安SIMを契約してテザリングをする方が通信費を安く抑えることができます。

●格安SIMを試すことができる

MVNOはドコモなど大手キャリアの契約のような2年縛りがない業者がほとんどです。ですので、ためしに1ヶ月だけ試してみようという使い方もできます。Wi-Fiだけの使い方と格安SIMで使う場合の両方を試すことができるというメリットもあります。

●海外でも使える

SIM フリーなので、どのようなカードでも使えます。海外に行くときには、海外で使えるプリペイドカードを購入して差し替えるだけで使えます。地図の検索はもち ろん、自分のタブレットを海外でも同じように使えることは大きなメリットです。海外から帰国した際には、また契約しているSIMに差し替えればこれまで通 りに日本でも使うことができます。

⇒楽天市場でSIMフリータブレットを検索

こんな人はSIMフリータブレットがおすすめ

●外出時にネットをよく利用する人

例えば、WEBサイトや動画を見ながらプレゼンするなどIT関連の

仕事をする方にとっては便利なツールです。

スマホだと画面が小さいですし、ノートPCだと大きく外出の際にかさばります。また、Wi-Fiモデルだとモバイルルーターも持ち運びしなければネットに接続できませんが、SIMフリーモデルならSIMカードを入れれば、いつでも好きなときにネットに接続できます。

●スマホの通話時間が短い人

SIMフリータブレットは、電話機能がある端末であればスマホとしても使うことができます。電話の利用が少ない方であれば、ネットがメインのタブレットのほうがスマホよりも画面が大きいですし機能面でも優れているため使い勝手がいいと感じるでしょう。

●ネット通信料金を安く抑えたい方

格 安SIMは1つの契約でSIMカードを3枚もらえるプランがあります。例えば、DMMモバイルではデータ容量8GB以上のプランで最大3枚をシェアするこ とができます。ドコモのデータLパックは8GBで6,700円。格安SIMなら同じ8GBのプランは月額2,140円です。これを家族3人でそれぞれ使え ば大手キャリアで契約するよりも大幅な節約ができます。

バナー原稿_b

SIMフリータブレットを選ぶ際の注意点

SIMフリータブレットを選ぶ際に注意しなければならない事がいくつかあります。順番に見ていきましょう。

中古端末は信頼のできるショップで購入する

SIM フリーのタブレットは、中古でも傷も少なく使用頻度が少ない美品が多数販売されています。中古品を購入すれば初期費用を安く抑えることができます。でも、 オークションなど個人間の売買で購入する場合は注意が必要です。写真に掲載されていない傷があったり、赤ロムと呼ばれる契約者の残債が残っている端末の場 合も考えられます。大手の通販ショップであれば保証書や返金保証もついているので中古でSIMフリータブレットを購入しても損をする可能性は少なくなりま す。

自分の利用状況に応じた契約をする

MVNOは主要業者だけでも15社以上ありますし、それぞれプラン内容に違いあり料金も異なります。料金はドコモ、au、ソフトバンクなど大手3社と同じようにデータ容量によって決まります。

デー タ通信専用SIMは一番安いもので月額500円以下のプランがあります。ただし、最安値のプランのかSIMカードでは動画を見るほどの容量はありません。 タブレットでWEBサイトの閲覧だけでなく動画の視聴したい方や仕事で使うという方は5GB以上のプランで契約することをおすすめします。

対応している端末かどうか必ず確認する

SIMフリーのタブレットを手に入れても、格安SIM業者で対応していない場合もあります。

なぜなら、業者によって周波数帯(Band)が異なるからです。周波数帯に対応していない業者で契約すると圏外になったり、混雑時に遅くなることがあります。

対 応しているかどうかについては、格安SIM業者の動作確認済み端末一覧ページで確認することができます。たとえば、mineo(マイネオ)の動作確認済端 末一覧ページでは、iPad Air2は動作確認済みになっていますが、Nexus9は動作確認済みにはなっていません。自分が持っている端末が動作確認済みになっているか必ず確認し ましょう。

また、同時にSIMカードのサイズも必ず確認してください。

SIMカードには標準SIM、マイクロSIM、ナノSIMの3種類のサイズがあります。

たとえば、iPad Air2のSIMカードのサイズは、nano(ナノ)SIMカードですが、Fonepad 7はマイクロSIMです。ちなみにSIMカードの大きさによって料金は変わりません。

→全サイズ対応の楽天モバイルの徹底解説ページはこちら

SIMフリータブレットの種類

SIMフリータブレットはどのようなものがあるのか?人気ランキングで上位にランクされる端末をご紹介します。

iPad Air 2

メーカー:Apple

メーカー:Apple

容量:16GB

OS:iOS

画面サイズ:169.5mm(幅)×240mm(高さ)× 6.1mm(厚さ)

重量:437g

金額:53,800円

iPadの中ではもっとも薄い6.1mm。重量も437gとコンパクトで軽量化されたタブレットになりました。iPad Air 2では最新の「A8X」プロセッサにバージョンアップ。iPhone6/6 Plusの2倍以上の性能を持つCPUを搭載していることになり動作も軽快になりストレスなくネットを楽しむことができます。

Xperia Z3 TABLET Compact

メーカー:SONY

容量:16GB

OS:Android OS

サイズ:123.6(幅)mm×213.4(高さ)mm×6.4(厚さ)mm

重量:270g

金額:52,900円(平行輸入品)

Xperia Z3 TABLET ComactのSIMフリー版は日本では発売されていなかったので海外版の平行輸入品を購入するしか手に入れる手段はありませんでした。ですが、2015年4月からMVNO(格安SIM業者)の契約とセットで日本でも販売がスタートしました。データ無制限のプランで月額利用料金と端末の分割費用の合計6,888円(毎月)で使うことができます。2回線の契約なら5,288円になります。防水、防塵機能があるので外出時に安心して持ち出すことができます。

Nexus9

メーカー:Google

容量:16GB

OS:Android 5.0

サイズ:153.68(幅)mm x 228.25(高さ)mm x 7.95(厚さ)mm

重量:436g

金額:43,090円

HTCが製造するハイスペックなタブレット。Nexus9はAndroid5.0の最新のOSが搭載されています。端末の背面は、ラバーコーティングしたポリカーボネート樹脂でできており、指紋が目立ちにくく滑りにくいという特徴があります。サイズはiPad airと変わらずスペックも特筆すべきところはありませんがHTC製らしく上品で高級感のあるデザインになっています。

Fonepad 7 LTE ME372 TABLET

メーカー:ASUS

容量:16GB

OS:Android 5.0

サイズ:196.6mm×120.1mm×10.5mm

重量:333g

金額:40,240円(税込)

電話機能つきSIMフリータブレット。スマホとタブレットを兼ね備えたいわゆる「ファブレット」として人気のある端末です。LTE対応なので3Gよりも高速でストレスなくネットを利用することができます。

SIMフリータブレットと格安SIMのセット

例えば、OCNモバイルONEでは、lenovo YOGA Tab3とSIMカードのセットが定価20980円、月額972円で販売されています。iPadやNexusにはない内蔵キックスタンドやパワフルなスピーカなどの独自の機能が搭載されています。OSがAndroid 5.1が備わっており、機能的にはとくに困ることはありません。格安SIMをどれにすればいいか分からない、タブレットも使えれば特にこだわりがないという方にはおすすめのセットです。2016年11月現在

⇒OCNモバイルONEの徹底解説ページはコチラ

⇒TOPページに戻る