格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

SIMロック解除義務化で人気を博している格安SIM。どのような端末で利用するのがいいのかをまとめました。

三大キャリアの利用者が格安MVNO SIMを利用するには

現状三大キャリアの端末を利用している人はどうすればベストなのかをお伝えします。まず一番得に利用できる可能性が高いのが現在ドコモのスマートフォンを利用されている方です。格安MVNO事業者が利用している回線はmineo以外はドコモの回線を使っています。そのため、格安MVNO SIMをそのままお使いの端末で利用できます。ただし事業者によって対象の機種が異なるため、事前にHPで確認をすることをおすすめします。次にauの端末を使っている方も格安MVNO SIMを利用できる可能性があります。ただしiPhone6やiPhone6Plusが利用できないケースが多いためこちらも確認が必要です。そしてSoftbankの端末を利用されている方はそのままだとお使いの端末は格安MVNOを利用できません。別途3000円を支払うとSIMロック解除が可能ですので格安SIMを利用することができます。

お使いの端末をそのまま引き継ぐケースもあれば、各MVNO事業者が用意しているセット端末販売を利用することもおすすめします。例えば一括で新しい端末の支払をすることが難しい利用者は端末代金を分割で払える場合が多いです。ただし、端末代金は4~5万します。また今後長く利用されるのであればAppleのOnlieStoreにてSIMフリーiPhoneを購入することもできます。いままでiPhoneの操作性に慣れている人には端末代は高いですがおすすめです。SIMフリーにして端末が使いにくいというストレスもないでしょう。

 

白ロム、もしくはSIMフリー端末探すのがおすすめ

お得に乗り換えられる方法として大きく分けて2点提案することができます。一つ目はMVNO事業者に対応しているドコモの端末を白ロムとして探すことです。多くの中古端末がネットで検索して見つけることができます。安いもので5000円前後、1〜2万の端末が主流です。そして多くの方が使っているiPhoneも中古で探すことができます。二つ目は新品のSIMフリー端末を自分で探して購入することです。例えば価格.COMで検索すると多くのSIMフリー端末を見つけることができます。安いものだと1〜2万円で購入することができますので、中古はいやだなと思う方にはおすすめです。注意点もあります。まずは三大キャリアで使用していた方は、端末のサポートをショップで持っていって受けていた人もいるでしょう。SIMフリーの機種、格安SIMを利用するとなると基本的に自分でネットなどで調べて解決する必要がありますので、手厚いサポートが必要という人にはそもそも不向きです。また白ロムを購入する場合に注意しなければいけないのが、白ロムを扱う業者やオークションで購入した場合、はじめから不具合がある端末が来てしまい、いざ使おうと思っても使えないケースも多いです。ですので、信頼ある大手の販売業者から購入するほうがいいでしょう。間違っても金額が安いからといって、オークションで購入しないでください。

 

 

おすすめのSIMフリー端末

いま注目されているSIMフリー端末を紹介します。まずはASUSから発売されているZenfone2です。こちらの端末は16GBの容量、メモリが2GBで35424円と初心者のエントリーモデルとしてはスペック、価格帯ともにおすすめです。16GB、32GB、64GBの容量の選択ができて現行のiPhoneになくなってしまった人気の32GB、64GBモデルに関してはメモリ4GBを選択することが可能です。普段メールやSNS、ネットのブラウジング中心の方であれば2GBで十分ですが、ゲームを頻繁に使う方であればメモリを4GBの端末が選べることが嬉しいですね。スマートフォンに4GB

のメモリを搭載している端末は世界初です。そんな端末が価格帯は35424円から 54864円で購入できるのはコストパフォーマンスがいいです。その他機能としても当然LTE対応ですし、テザリング可能、カメラの性能はアウトカメラは1300万画素の高画質です。満足できる端末ではないでしょうか。

もう一つおすすめなのが、圧倒的なコストパフォーマンスが売りのHauweiのP8liteです。最安値で27792円で購入できます。容量は16GBモデルでメモリは2GBのみ。初心者だけでなく中級者以降のサブ機として利用することもできます。後ほどお伝えするデュアルSIMにもこの値段で対応しているのが魅力です。

 

SIMフリーの魅力、デュアルSIMとは

海外では通信環境の地域格差もあり、日本のように端末とモバイルデータ通信の契約を一緒にするケースが少ないと言います。簡単に言うとデュアルSIMとは、その地域で安く快適に使うためにSIMをひとつの端末に対して複数持つことを言います。日本ではまだ馴染みは少ないですよね。通信環境やLINEなどの無料通話ができるアプリが発達したためまだまだ日本では浸透はしていませんが、それでも便利な使い方があるので紹介します。例えば、長年三大キャリアでSIMを利用しているとします。その上で節約したいがいちいちMNPを利用するのは面倒という場合です。デュアルSIM対応のSIMフリー端末を購入して、現在使っているキャリアのSIMと通話ではなく通信専用の格安SIMを同じSIMトレイに装着します。そうすれば切り替え作業が必要ですが、通話の時は現行のSIM。通信をする場合は格安SIMと切り替えを行いお得に使うことが可能です。ただし、通話のSIMを使っている場合は通信ができなかったり、通信の格安SIMを使っている時は通話ができなかったりするため注意が必要です。どれくらいお得になるかと言うと、あくまで契約プランにもよりますがドコモの場合、通話のカケホーダイプランが2700円、OCNモバイルONEというMVNOの格安SIMを通信用として契約した場合、5GBの契約をしても1450円なので4150円で利用することができます。非常に経済的です。通話の部分を心配されている利用者には気軽に利用できるため、このようにデュアルSIMで使うことも検討していいと思います。

 

このように、格安SIMについて理解が進めば進むほどお得に利用できる可能性が広がると思いませんか?デュアルSIMを活用しながら格安SIMをストレスなく使い、今まのでの半額以下に携帯料金を抑えることもできるのではないのでしょうか。ぜひこの機会に検討されてみてください。