格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

格安スマホの通話料(電話代)を安く抑える方法

格安simの通話料を安く

格安SIMといえば、月額使用料が安い事で今注目を集めていますが、一方で通話料はどの程度かかるものなのか気になる人もいるでしょう。そこで今回は3大キャリアと比較した上で、各社の料金体系や通話料を安く抑える方法などをご紹介したいとおもいます。

格安SIMの通話量はどのくらいかかるものなのか?

格安SIMの通話料については、ほぼ全ての会社が通常20円/30秒としています。

(楽天モバイル、BIGLOBE LTE・3G、b-mobile、DMM mobile、IIJmio、NifMo、OCNモバイルONE、mineo、UQ mobileなど)

ただ無料通話分は無いので、使用すればするほどダイレクトに通話料が上がります。

逆に言えば、電話をしなければ一切かからないので、無駄がありません。

(20円/30秒の場合の通話料)

・1か月の通話時間が0秒の場合

0円

・1か月の通話時間が1時間の場合

2400円

・1か月の通話時間が3時間の場合

7200円

上記のとおり、1か月の通話時間が1時間以内に抑えられるのであれば、超高額という事はありませんが、長時間の通話を考えている場合は、別の通話手段と併用したほうが良いでしょう。

こちらの楽天モバイルの通話のページも参考にしてください。:料金シミュレーションで徹底比較!楽天モバイルの通話料

いずれにしても格安SIM各社の契約プランによって月額使用料の差はあっても、通話料の差はほとんどありません。なので特にこだわりがないのであれば楽天ポイントの貯まる楽天モバイルがおすすめです。

⇒当サイトのおすすめしている楽天モバイルの詳細を見る

格安スマホの通話量は一般的なスマホとくらべて高い?

現在(2015年7月時点)において3大キャリアの通話料は以下の通り。

・docomo

カケホーダイプラン:月額2700円

通話料は無料。

・softbank

通話し放題プラン(スマートフォン):月額2700円

通話料は無料

・au

電話かけ放題プラン:月額2700円

通話料は無料

LTEプラン:30秒/20円(他社携帯電話・固定電話等宛)

au携帯電話宛に発信の場合は1時~21時は無料、21時~翌1時は30秒/20円

auのみ「電話かけ放題プラン」か、「LTEプラン(30秒/20円)」を選べるようになっていますが、3大キャリアのスタンダードは月額2700円で通話料無料というものです。

格安SIMにおいては無料通話分や電話がかけ放題になるプランがないのですが、auのLTEプランにおける通話料と比較してみる限り、通話料の設定はほぼ同じという事になります。

つまり3大キャリアの音声通話と格安SIMの音声通話のどちらがお得かの判断基準は、電話かけ放題が必要かどうかにつきます。

docomoやsoftbankのユーザーで、電話かけ放題のプランしかない事に不満を感じる方は、格安SIMの料金体系の方がずっとお得と言えるでしょう。

格安SIMの通話料(電話代)を安く抑える方法

3d people with a megaphone shouting to another, 3d image. Isolated white background.

 

格安SIMは電話がかけ放題になるプランがないため、通話料を安く抑える事は重要でしょう。そこでいくつか安く抑える方法をご紹介します。

・LINEやSkypeを使って通話する

LINEやSkypeを導入している相手にコールする場合は、これらを使用したほうが安上がりです。なにしろ無料なので、何時間通話しても通話料を気にする必要がありません。

LINE等の通話はどれくらいデータ通信を使用するのかはこちらの記事を参照:LINEの無料通話はどのくらい通信量を消費する?

・通話アプリをつかう

電話番号はそのままに、通話料金を抑えて使用する事が出来る通話アプリが多数登場しています。

例えばIIJmioが展開する「みおふぉんダイヤルアプリ」を使用すれば、「10円/30秒」で通話する事が出来ます。月額使用料や初期費用などは一切かからないので、ほぼデメリット無く通常の「20円/30秒」と比べて、通話料を半額にまで下げる事ができます。

このようなサービスを導入している格安SIMの業者は多く、BIGLOBE LTE・3Gも「BIGLOBEでんわ」として「10円/30秒」になる専用アプリを配信していますし、楽天も「楽天でんわ」として同じく「10円/30秒」で配信しています。

楽天でんわの解説ページ:通話料を半額にする格安電話アプリ「楽天でんわ」を活用しよう

これらのアプリケーションは、専用にアプリをAndroidであればGoogle playから、iPhoneであればApp Storeからダウンロードすれば利用できます。

10円/30秒であれば、月に1時間通話しても通話料金は1200円程に抑えられるので、かなりお得ですね。通常と比べて半額に抑える事ができるので、非常に便利です。

・固定電話と併用する

外では携帯電話、自宅では固定電話を利用するというのであれば、通話料はかなり抑える事が出来ます。

NTT東日本の場合、固定電話から携帯電話への通話料金は以下の通り。

・通話先の携帯電話会社がdocomoの場合

通話料金:60秒/16円

・通話先の携帯電話会社がauの場合

通話料金:60秒/17.5円

・通話先の携帯電話会社がsoftbankの場合

通話料金:60秒/17.5円

格安SIMの場合は30秒/20円なので、60秒通話した場合は40円。

通話アプリを使用した場合でも30秒/10円なので60秒通話した場合は20円。

自宅では固定電話を使った方がお得です。

・通話用の携帯電話を別に持つ。

月の通話時間がかなり膨大なのでどうしても定額通話サービスを利用したいという場合は、スマホとは別に通話用の携帯電話をもう1台持つと便利です。

3大キャリアやY!mobileの通話定額プランを利用した携帯電話を1つ持った上で、スマホは格安データSIMを使って利用すれば、通話料をおさえつつ、格安でスマホを運用する事が出来ます。

また、この方法であれば3大キャリアとの契約を残したまま、格安SIMを利用する事ができるので、ためしに格安SIMを使ってみたいという方にも最適です。

参考ページ ガラケーとの2台持ちで通話もネットもたっぷり使いたい人向けプラン

こんな方は特に注意が必要!

・通話時間がとにかく長い方。

月に何時間も通話するなら、通話アプリを使用したとしても月の電話料金はかなりかさみます。「20円/30秒」で月に10時間も話すなら24000円、通話アプリを使って「10円/30秒」だったとしても12000円もかかってしまいます。

この場合は、通話定額プランを利用した携帯端末をもう1台持つのが手軽です。

Y!mobileの場合、ケータイプランの基本料金が1381円で、これに「スーパーだれとでも定額」1500円を利用する事で月額2831円で通話料0円の携帯電話を使う事ができます。

これに格安SIM各社のデータSIMの使用料を合わせても、3大キャリアと比べればかなり安く抑える事ができます。

・3大キャリアでファミリー通話無料サービスを頻繁に使っていた方

3大キャリアでは家族同士の通話はかけ放題プランでなくても無料が当たり前でしたが、格安SIMではそうともいきません。

ただ、たとえばIIJmioでは、家族の通話料が最大60%オフになるサービスを展開しているので価格を抑える事は出来ます。

どうしても無料もしくは定額で通話したい場合は、こちらも別途、通話定額プランを利用した携帯端末を所持した方が良いでしょう。

・格安SIMをすぐに解約するかもしれない方。

データ通信専用SIMであれば、解約手数料はかからないのですが、音声SIMの場合は最低利用期間が設定されており、期間内に解約する場合は違約金が発生します。

例)

・OCNモバイルONE

最低利用期間:6か月

違約金:8000円

・BIGLOBE LTE 3G

最低利用期間:13か月

違約金:8000円

・IIJmio

最低利用期間:12か月

違約金:残りの期間1カ月につき1000円(残り6か月であれば6000円

格安SIMの最低利用期間は短くても6か月程度なので、半年ほどは使うつもりなのか、1年ほどはつかうのか、それとも半年未満で解約する可能性があるかなどで判断していきましょう。3大キャリアと比べれば最低利用期間や違約金は比較的短く安く設定されていますが、違約金は6000円~8000円程度かかるという事だけは覚えておきましょう。

格安SIMで通話する場合のメリットとデメリット

・メリット

基本料金が安い

通話時間が少ないならば、無駄なコストをかけることなく利用できる。

音声通話はLINEやSkypeが主であれば十分。

・デメリット

通話時間が極端に長いならば、通話専用の携帯電話をもつなど対策が必要

家族通話無料サービスがない。

格安SIMは月額使用料を考えると非常に低額で家計にやさしい事は確か。

通話料に関しては、自分の通話時間を考慮して最適な対策方法をとりましょう。

格安スマホと通話専用携帯の2台持ちの解説ページはこちら

格安スマホに標準装備の通話機能、キャリア契約との料金比較

  • MVNO各社の国内通話料金

まずは各MVNOの通話料金は契約した直後に通話アプリ利用・通話パック契約など特別なことをしない時の通話料金です。

事業者名 通話プラン 通話料(税別) 1分あたりの通話料
楽天モバイル 全てのプランで共通 20円/30秒 40円
DMM mobile 全てのプランで共通 20円/30秒 40円
mineo Aプラン Aプラン内で共通 20円/30秒 40円
mineo Dプラン Dプラン内で共通 20円/30秒 40円
Nifmo 全てのプランで共通 20円/30秒 40円
OCNモバイルONE 全てのプランで共通 20円/30秒 40円

 

  • 3大キャリアの通話料

大手キャリア3社(ドコモ・au・ソフトバンク)の国内通話の通話料金比較です。なお、すべてスマホ・タブレット、2年の定期契約有りの料金内容です。さらにプランによってはデータ通信プランの同時申しこみが必須な場合や4Gスマホのみなどの細かい条件があります。詳しくは各キャリアの公式ホームページを参照してください。

事業者名 通話プランと基本使用料 通話料(税別) 1分あたりの
通話料
ドコモ カケホーダイライトプラン(1,700円/月) 1回あたり5分以内の通話無料
5分を超えた場合の超過分:20円/30秒
無料分超過分
40円
カケホーダイプラン
(2,700円/月)
無料 無料
au スーパーカケホプラン(1,700円/月) 1回あたり5分以内の通話無料
5分を超えた場合の超過分:20円/30秒
無料分超過分
40円
カケホプラン
(2,700円/月)
無料 無料
LTEプラン
(934円/月)
プランZシンプル(934円/月)
au携帯宛
1~21時:無料21~翌1時: 20円/30秒他社携帯・固定電話宛
20円/30秒
有料時40円
ソフトバンク スマ放題
(2,700円/月)
無料 無料

スマ放題ライト

(1,700円/月)

1回あたり5分以内の通話無料
5分を超えた場合の超過分:20円/30秒
無料分超過分
40円
ホワイトプラン
(934円/月)
ソフトバンク携帯宛
1~21時:無料21~翌1時: 20円/30秒
有料時40円

 

  • MVNOと3大キャリアの通話料の違い
    • MVNOには「基本」通話し放題プランは存在しない

後述しますがNifmoには通話し放題プランが存在します。

  • 有料時はMVNO・キャリア問わずすべて20円/30秒

一部のMVNOやキャリアの契約形態で違ってきますが基本はこの料金です。

  • キャリア契約には通話ワイド(au)などの通話料割引のオプションが存在する

MVNOにはありません。

  • MVNOには無料通話分が無い

MVNOには無料通話分が設けられていません。

  • MVNO各社の国際電話の契約料金
事業者名 国際電話基本料金 通話料
楽天モバイル 無料 ドコモの国際電話料金に依存
DMM mobile 無料 ドコモの国際電話料金に依存
mineo Aプラン 無料 mineoの公式ページに料金表あり※1
mineo Dプラン 無料 ドコモの国際電話料金に依存

※1 通話先の国別で料金が設定されていますので数が膨大で記事の読解性の都合上割愛させていただきます。詳しくはmineoAプランの国際電話料金表を確認してください

各社とも独自回線でのサービスではありません。そのため国際電話料金はMVNOが借り受けているキャリアの国際電話料金に依存する形です。

格安スマホに通話し放題のプランはあるの?

The 3D guy and a few of colourful box

キャリア契約では通話定額サービスがひとつのウリになっています。格安スマホでは通話定額サービスはあるのでしょうか?

Nifmoの通話し放題

Nifmoの格安SIMには通話し放題のオプションがあります。月額料金1,300円でかけ放題なのですが、実質にはIP電話です。IP電話はデータ通信を使いますので、Nifmo契約のデータ容量から実際の通話で消費されたデータ分が消費されます。従って、厳密にはかけ放題とは言えませんが、相手を選ばずに通話料がオプション代金の月額料金1,300円固定で行えるのは魅力です。

●Nifmoの通話し放題の注意点

・通話先によっては発信者番号の通知ができない

・緊急通報用電話番号やフリーダイヤル・ナビダイヤルには発信ができない

・発信時にはIP電話と同様にデータ通信で通話がされる

・データ通信速度が安定していないと発信時の通話が安定しない

・音声通話機能付きSIMプランの契約が必須

・国内電話+国際電話バージョンは別のオプションになる

ワイモバイルの通話無料サービスについて

ワイモバイルでは通話無料サービスがあり、1回あたりの通話が10分以内であれば月300回まで無料です。しかし、本記事のメインコンテンツである「格安SIM」とはまた違ったカテゴリに属するので参考程度に情報を挙げておきます。

ワイモバイルの詳細な解説ページはこちらから

MVNOの通話品質は?キャリア契約とくらべて低下してしまう?

MVNOの通話品質はどうなっているのでしょうか?キャリア契約に比べて劣ってしまうことがあるのでしょうか?MVNOの通話品質まわりの基本的な疑問を解決していきます。

  • 通話品質はキャリアの品質と変わらない

MVNOはキャリアの電話回線を借り受けてサービス提供をしているため、通話時の品質が変わることがありません。ただし、VoLTEの対応・非対応の違いによる品質の違いはあらわれます。通話品質を大きく向上させるVoLTEもMVNOによっては対応しはじめてきているところがありますので、この点についても変わらないと言えるでしょう。

  • IP電話を使った場合の品質は?

これは設定とインターネット回線の状況により大きく変動します。場合によっては一般の通話品質より向上することもありますが、大きく低下する場合も存在するのです。回線速度とIP電話の設定に依存しますので、ベストな品質を出せるようなチューニングが難しかったりします。

格安SIMの弱点「通話料」を少しでも下げる方法

The 3D guy and a calculator

●格安電話サービスを使う

プレフィックスサービスを使った楽天電話などが有名です。専用の電話アプリからダイヤルするだけで割引サービスが受けられます。楽天電話に限って解説すると

●公式ページで楽天でんわユーザー登録が必須

●月額料金は0円

●通話代は登録してあるクレジット払い

●専用の電話アプリをインストールし、そこからダイヤルする

●通話に対して楽天スーパーポイントが付く

大きなポイントはこの5点です。楽天スーパーポイントとの相性が良いため、楽天モバイルとの契約をしているとさらに通話代節約に繋がる特徴もあります。しかし、デメリットがあります。IP電話を使えば同アプリ同士で無料の相手が居たとして、楽天電話経由では無料にはなりません。電話をかける相手によっては割高になってしまうケースが存在するのです。

楽天モバイルの詳細ページはこちら

●IP電話を使う

格安スマホではIP電話アプリをインストールすることで、IP電話が使えるのが特徴です。IP電話は通常の通話回線を使う料金より割安です。同じ系列のIP電話同士なら無料というのも大きなポイントです(一部例外はあります)。種類によって月額基本料が必要なものもありますが、詳しくはコンテンツ6にて解説します。

●無料通話アプリを使う

SKYPEやgoogle提供のハングアウトなどを使う方法があります。同じアプリ間の通話であれば大抵無料です。さらにビデオ通話までサポートしていたりすることもあり、一部では通常の通話よりも便利に会話が楽しめるのが特徴です。問題点は、連絡先に電話番号が流用できない点にあります。

●各方法の比較

どれがベストな方法とは言えません。それぞれの方法にメリット・デメリットが存在します。おそらく混在させて使うのがベストですが、わかりやすいように表にまとめてみました。

通話方法 手間・手軽さ 通話料 専用アプリが必要か? SIM以外のサービス契約 インターネット
回線の影響
標準 不要 不要 無し
プレフィックスサービス 一部割高になるので△
(あると好ましい)
無し
IP電話 専用でなくても良いが基本的に要 有り
無料通話
アプリ

同アプリ間であれば無料

一般通話に関しても○

会員登録が要 有り

主要な電話アプリ比較

スマホの機能ならではの格安電話アプリ・無料通話アプリをあわせた主要通話アプリについてそれぞれ比較していきます。

アプリ名 月額基本料 特徴
SKYPE 無料

・事前に通話相手を登録しておく必要がある

・通話料無料

・一般の電話向けに通話する場合は別途有料

・チャット機能あり

・ビデオ通話も可能

googleハングアウト 無料

・国内固定電話宛て約3円/分

・発信者番号通知が使えない

・チャット機能あり

LINE電話
(Line Out)
無料

・ケータイ/スマホ宛て 6.5~14円/分

・固定電話宛て 2~3円/分

・利用のためには携帯電話番号認証が必須

 

通話料節約術には必須? IP電話のメリット・デメリット

契約するIP電話タイプにより、月額基本料の有無や1分あたりの音声通話料の違いなど差はありますが、一般的なメリットとデメリットを紹介します。

  • メリット
    • 同じ系列のIP電話同士なら通話が無料
      IP電話を使う場合は通話料節約術として、同じ系列のIP電話の連絡先相手と通話することをおすすめします。連絡先アプリなどで無料通話リストをカテゴリ分けして管理するのがかしこい方法です。
    • 有料通話が割安
      無料系の通話手段を除くとおそらく最安の部類です。一般の電話網を通さずにインターネット回線を経由していることが理由です。キャリアからの電話網を使うとどうしても施設を借りている分、料金が高くつく仕組みになっています。インターネット回線であればデータ通信でサービスできるため、一般の通話よりも割安なのです。
  • デメリット
    • アプリ経由で通話する必要がある
      Androidアプリ、iOSアプリどちらでも対応のアプリをインストールし、アプリ経由で通話しなければなりません。スマホに標準装備されている通話機能の代替として使うことができないのです。
    • 一部連絡先とは通話ができない
      緊急通報用電話番号やフリーダイヤル・ナビダイヤルには発信ができません。
  • 発信者番号が050から始まる

IP電話が普及しているとはいえ、050番号の認知度はまだ低いです。携帯電話番号の信頼度はある程度の地位を得ていると思われますが、IP電話の信頼性については携帯電話番号よりも低いと言わざるを得ないでしょう。主に勤務先の連絡先登録時にはIP電話であることを説明する必要があるかもしれません。また、通話先によっては通知不可能・非通知などで繋がってしまう場合があります。

  • 通話品質がネット回線に依存するため安定性に欠ける

メリットにもデメリットにもなるポイントです。場合によっては一般の通話回線よりもクリアに通話が可能な場合もありますが、ネット回線が混雑していたりした場合の品質に対する影響はかなり大きめです。