格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

格安SIM各社の通信速度を比較してみました

様々な会社(MVNO)から提供されている格安SIM。実は会社やプランによって通信速度が結構違うんです。そんな各社ごとの通信速度を比較し、速度ごとのメリット・デメリットや通信速度が速い格安SIMはどんな人におすすめなのか等、通信速度について気になる疑問にお答えします。

各MNVOの格安SIMの通信速度を徹底比較しました

格安SIMのプランごとの通信速度(回線速度)を比較します。低速のプランはプラン名を表記していますが、それ以外の高速プランは特定のプラン名がついているもの以外はまとめて「通常プラン」と表記しています。

低速通信プラン

会社名 プラン 通信速度 容量制限 高速通信可否 高速容量追加 その他
インターリンクLTE SIM 128kbpsで使い放題プラン 128kbps 無制限 不可   速度制限解除あり
楽天モバイル ベーシックプラン 200kbps 無制限   100MB/300円  
DMMmobile プランライト 200kbps 無制限   100MB/200円 バースト機能あり
b-mobile フリーData 200kbps   不可    
ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE 480円プラン 250kbps 無制限 不可    
ServersMan SIM LTE 通常プラン 250kbps 無制限   100MB/250円  
SkyLinkMobile フリーデータコース 300kbps 無制限 不可    
UQ-mobile 無制限プラン 500kbps 無制限 不可    
OCNモバイルONE 500kbpsコース 500kbps     0.5GB/500円  

 

高速通信プラン

会社名 プラン 通信速度 容量制限 高速通信可否 高速容量追加 その他
ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン 3Mbps 無制限      
mineo 通常プラン 75Mbps        
b-mobile X SIMプラン 112.5Mbps        
Y!mobile 通常プラン 112.5Mbps        
アット モバイルくん。 3G使い放題プラン 14.4Mbps 無制限   500MB/500円  
楽天モバイル 通常プラン 150Mbps     100MB/300円  
UQ-mobile 高速プラン 150Mbps        
U-mobile LTE使い放題 150Mbps 無制限      
U-mobile 通常プラン 150Mbps        
ぷららモバイルLTE 定額プラン 150Mbps        
NifMo 通常プラン 150Mbps     0.5GB/900円  
OCNモバイルONE 通常プラン 150Mbps        
FREETEL SIM 通常プラン 150Mbps        
ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE 通常プラン 150Mbps     200MB/540円  
PLAY SIM 通常プラン 150Mbps        
b-mobile 通常プラン 150Mbps        
SkyLinkMobile 通常プラン 150Mbps        
SANNET LTE 通常プラン 150Mbps       速度制限解除あり
ASAHIネット LTE 通常プラン 150Mbps        
インターリンクLTE SIM 通常プラン 150Mbps        
DMMmobile 通常プラン 225Mbps     100MB/200円 バースト機能あり
IIJmio 通常プラン 225Mbps     100MB/200円 バースト機能あり
BIGLOBE LTE・3G 通常プラン 225Mbps     100MB/300円  
BB.exciteモバイルLTE 通常プラン 225Mbps        
Wonderlink LTE 通常プラン 225Mbps        
hi-ho LTE typeD 通常プラン 225Mbps       バースト機能あり
アット モバイルくん。 通常プラン 225Mbps     500MB/500円  

 

低速通信の場合でも、128kbps~500kbpsまで幅があります。多くの低速通信プランは速度が遅い代わりに月のデータ容量に制限がありません。高速通信は一部のプラン以外は150Mbpsと225Mbpsでまとまっています。同じ通信速度表記でも、会社によって実速度は異なる場合があります。

格安SIMの場合はドコモやauの通信回線の一部を借りて通信を行っているため、平日昼間などの通信が混み合う時間帯は速度が低下することもあります。

そのような場面では数秒だけ早い通信を行えるバースト機能や一時的に制限速度をなくすといった便利機能を活用するのがおススメです。低速プランでもバースト機能で一時的に高速通信することが可能です。

速度が速いとどんなメリットがあるの?

各MVNO(仮想移動体通信事業者=格安SIM会社)の格安SIMプランには、それぞれ通信速度というものがあります。これは通信データのやり取りがどの程度の速度でできるかというものを表したもので、この数値が大きいほどより多くのデータを転送できるということになります。

通信速度は「kbps」「Mbps」という単位で表されます。1ビットのデータを1秒間で転送する単位が「1bps」です。つまり1ビットの情報を1秒かけて送るということです。1kbpsは1,000bpsで1秒間に1キロビットのデータを転送します。1Mbpsは1,000kbpsで1秒間に1メガビットを転送します。

データ容量表記で使われる「バイト」は8ビットで1バイトです。1バイトは半角文字1つ分です。全角文字は2バイトで16ビットということになります。つまり「あ」という文字は16ビット、「ありがとう」という文字なら80ビットです。

通信速度が速いということは、短い時間でより多くの情報量を転送することが可能ということになります。単純計算で、たとえば200kbpsなら1秒間に半角文字なら2万5千文字、全角文字なら1万2千5百文字を送れます。これが150Mbpsの場合、半角文字なら1,875万文字、全角文字なら937万5千文字も送れるということになります。

いかに高速通信で転送できる情報量が多いかわかるでしょうか?これが画像や動画になると通信速度がとても影響してきます。通信速度が早ければ短時間で表示されますが、遅いとなかなか表示されずストレスになることもあるでしょう。つまり単純に考えて、より多くの情報量を転送できるということは、より快適にネットを楽しむことができるということです。

動画や画像が多いブログやサイトをよく閲覧するという方や、仕事の都合などでスマホで地図をよく使うという方にも通信速度が早めの格安SIMがおススメです。

速度が遅いとどんなデメリットがあるの?

通信速度が遅いことによるデメリットは、ずばり「あらゆるデータのダウンロードや表示が遅くてストレスになる」ということでしょう。逆に言えば、時間があるときにダウンロードだけ行っておいて後で閲覧するというような使い方をする方や、スマホではメールやLINEなどのやり取りのみで動画やネットはあまり見ないという方にとっては通信速度が遅めでもストレスを感じることは少なくなります。

通信速度が遅いということは、決まった時間内に転送されるデータ量が少ないということになりますが、メールやLINEなどのメッセージアプリ程度はやりとりされるデータ量が少ないため通信速度の影響をあまり受けないためです。

スマホでサイズの大きな画像や動画等を見る方にとっては、通信速度が遅いとダウンロードや表示にかかる時間が長くなってしまい、待ち時間が増えるためデメリットとなります。自分がスマホをどう使っているのかを改めて確認し、それに応じた通信速度のプランを選ぶと良いでしょう。

速度の速い格安SIMはどんな人におすすめなのか?

通信速度の速い格安SIMは

  • ネット動画をよく見る人
  • インターネットをよく使う人
  • 画像が多いサイトをよく見る人
  • 地図サイトをよく利用する人

に特におすすめです。

一般的に通常画質の動画をそこまでストレスなく閲覧するために必要な通信速度が700kbps以上と言われています。高画質の動画になると1.5Mbpsほど必要になります。高画質で見るとその分データ容量が消費されますので、なるべく普通の画質でみるのがおススメです。

インターネットでウェブサイトを見るためには2Mbps以上が必要になります。サクサクとストレスなくページが表示されるのには5Mbpsほどあるのが理想です。2Mbpsの速度でもページの表示に6~8秒ほど待てるのであれば問題ありません。3~4秒ほどでスムーズにページが閲覧できるほうがいいなら5Mbpsほど見ておきましょう。

通信速度で選ぶ場合は、普段どの程度スマホでウェブページを見たり、動画を見るかがキーポイントとなります。普段スマホで動画やウェブサイトはほとんど見ないという方であれば、1Mbps以下の低速プランでも充分使っていけるでしょう。

データ容量が無制限の代わりに速度が遅いというプランがありますが、毎日動画を見たりネットの閲覧をするのであればあまりおススメできません。ページが表示されるまで毎回何十秒でも待てるというのであれば一度試してみても良いかもしれません。

基本的にスマホで通信手段以外の使い方をよくする人は最大通信速度が高速になっているプランがおススメです。通信速度を見る場合、基本は「最大下り速度」をチェックすれば」大丈夫です。

自分のスマホからデータや画像を頻繁に送信するという人は上りの速度も一応気にしておくと良いですが、格安SIMの場合、高速通信の上り速度は基本的にどの会社も同じ速度であることが多いです。