格安SIMを法人契約するとどんなメリットがあるの?デメリットは?

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

格安SIMを法人契約するとどんなメリットがあるの?デメリットは?

最近なにかと話題の格安SIM。3大キャリアよりも価格が抑えられるならば、仕事場にも導入したいと考える方も多いのではないでしょうか。そこで今回は法人SIMについて、個人用SIMとの違いや価格、サービスなどをご紹介します。

法人向けの格安SIMとはどんなものなのか?

・そもそも格安SIMって何?

法人向けの格安SIMの話をする前に、そもそも格安SIMとは何かを簡単にご説明します。

SIMカードとは携帯電話やスマートフォンに挿して使う小さなICカードです。このICカードには電話番号や回線の情報が記録されており、これなしには機器を通信端末として機能させることは出来ません。そしてこのSIMカードをMVNOと呼ばれる業者が大手キャリアよりも格安で販売しているのが格安SIMです。

法人向けの格安SIMとは

法人向けの格安SIMは、MVNOが法人向けに販売しているサービスです。

スマホや携帯電話本体を購入するかは自由で、格安SIMに対応している端末を持っていなければ購入する必要が出てくるでしょう。また、格安SIMはSIMカードに対応しているタブレットやモバイルルータに使用する事もできます。

・対応している端末って?

SIMロック解除に対応した端末であれば、現在契約しているキャリアで手続きをすることによってSIMロックを解除するだけで、格安SIMを使う事が出来ます。

勿論、格安SIMの業者によってはスマートフォンや携帯電話を購入する事もできますし、業者とは別に、格安スマホを別途購入する事もできます。格安スマホも名前の通り、3大キャリアと比べると価格が抑えられたモデルで、一般的には既にSIMロックフリーになっている端末の事をさします。

法人契約ができるおすすめMVNO一覧

mineo⇒「あらゆる企業規模に対応 mineoの法人契約を徹底解説

Y!mobile⇒「ワイモバイルの格安料金プランは法人契約も可能!

一般の格安SIMと何が違うの?

一般の格安SIM(個人向けSIM)と法人向けの格安SIMではいくつか違いがあります。
・支払い方法が違う

個人契約の場合は、クレジットカード支払いのみの場合が多いですが、法人契約の場合は、口座振替や銀行振込に対応している業者が多く、場合によってはそれのみの場合もあります。

・費用が違う

法人契約は複数回線まとめての契約が多いため、多くの場合個人向けよりも安く設定されています。

・申し込みには書面契約が必要な場合が多い

個人の場合は、パッケージを購入するかインターネットで購入し、オンライン上で契約することで使用が可能になりますが、法人契約の場合は、別途書類を提出しなくてはいけない場合が殆どです。

全体的に言って、個人契約より損をするという事は殆どありません。支払方法や契約方法が違うだけで、費用は抑えられる場合が多いので、非常にお得です。

どこで購入できるの?

個人契約の場合は、オンライン契約のほかに店頭でパッケージを購入したり店頭契約できる業者も多くありますが、法人契約の場合は、オンライン上か電話での申し込みが殆ど。詳しい情報が知りたい、ネット上の取引だけでは不安という場合は、契約前に一度問い合わせてみると良いでしょう。

法人向けの格安スマホのメリットとデメリット

次に、格安SIMとスマホのメリットとデメリットをご説明いたします。

メリット

・月額料金が安い。

格安SIMのメリットは、まず月額料金が安い事。業者によって様々なプランがありますが、いずれも3大キャリアと比べると安めの月額料金設定がされています。個人契約の場合でも半分以下になることはざらなので、法人契約で複数回線の場合はさらに大きなコスト削減になる事でしょう。

またデータ使用量も細かく分かれている場合が多く、3大キャリアの様に大容量用のプランしかないという事もありません。

・端末の選択肢が広い。

SIMロック解除したもの、もしくはSIMフリーの端末を用意すればいいので、端末の選択肢は広め。3大キャリアの場合、最新機種の殆どはハイエンドモデルとなっていますが、格安スマホには、低価格のロースペックモデルも数多くあり、端末代を安く抑える事が出来ます。

・海外出張が多い方にも便利。

格安SIMを利用しているという事は、SIMフリーの端末を利用している事になりますから、海外で普及しているプリベイド式のSIMカードを別途購入すれば、海外でも楽に回線を変更する事が出来ます。海外出張の多い仕事であればかなり便利でしょう。

以上が大きなメリットとなります。やはり月額使用料安く大幅にコスト削減出来る事が最大のメリットといえるでしょう。

おすすめはスペックが高くて使いやすいmineoの法人契約です。詳しくはこちらの「あらゆる企業規模に対応 mineoの法人契約を徹底解説」のページをご覧ください。

デメリット

次にデメリットについてご説明します。

・無料通話が無い。

現在3大キャリアでは月額使用料が高いものの通話し放題のサービスが主流。

しかし音声通話対応の格安SIMの場合は、無料通話がありません。SkypeやLineで通話を行えば通話代がかかりませんが、固定電話やそれらのソフトを導入していない相手に電話する場合は、通話アプリを利用して通話代を下げるなどの工夫が必要になります。

ちなみに通話アプリとは、通常格安SIMで通話を行う場合、「20円/30秒」が当たり前ですが、各社が容易するアプリケーションなどを利用すると「10円/30秒」程までさがります。初期費用や月額使用料はかからないので、利用するだけで通話料が半額になります。例として楽天モバイルの楽天でんわ等があります。

参考;通話料を半額にする格安電話アプリ「楽天でんわ」を活用しよう

キャリアメールが使えない。

「@docomo.ne.jp」や「@ezweb.ne.jp」、「@softbank.ne.jp」で終わるようないわゆるキャリア専用のメールアドレスが使えなくなってしまいます。格安SIMに限らずキャリアを移動する限り必ず通らなくてはいけない壁ですが、Googleが手掛ける「@gmail.com」のようなフリーメールアドレスに移行するか、会社用のメールアドレスをスマートフォンでも受信できるように設定して運用する必要があるでしょう。

・実店舗カウンターが無い。

ドコモであればドコモショップ、AUであればAUショップといったように、3大キャリアは数多くの実店舗を構えていますが、格安SIMではそういったものがありません。すべて電話やメールによる問い合わせになるので、カスタマーサポートの連絡先はしっかりと把握しておきましょう。➡実店舗があるMVNOも増えてきています。各種MVNOの店舗の有無や詳細についてのページは以下をどうぞ。

dmmモバイルの実店舗ってあるの?

即日開通可能!店頭申し込み可能なUQ-mobileの魅力

トーンモバイルの店舗一覧 まとめ

法人向けの格安SIM一覧

最後に法人向け格安SIMを取り扱っている業者を紹介いたします。

IIJ

●プラン名:定額プランライト(データSIM)

初期費用:一回線につき3,000円

通信料金:一回線につき月額900円

通信速度:最大150Mbps

高速データ通信量:3GB

その他:データ通信量を増やす場合は、別途バンドルクーポンを購入する必要あり。

バンドルクーポン:S(1GB)月額300円、M(2GB) 月額600円、L(3GB) 月額900円

●プラン名:定額プランライト:いちねん(データSIM)

初期費用:一回線につき3,000円

月額通信料金:一回線につき年間10,000円

通信速度:最大150Mbps

高速データ通信量:3GB

その他:データ通信量を増やす場合は、別途バンドルクーポンを購入する必要あり。

バンドルクーポン:S(1GB)月額300円、M(2GB) 月額600円、L(3GB) 月額900円

●プラン名:定額プランL(データSIM)

初期費用:一回線につき3,000円(1回線目は20,000円)

月額通信料金:一回線につき月額5,500円

通信速度:最大150Mbps

高速データ通信量:7GB

その他:データ通信量をシェアする事が可能

●プラン名:三段階定額プランL(データSIM) ※現在もこのプランがあるのかは公式サイトに要問合せ

初期費用:一回線につき3,000円(1回線目は20,000円)

月額通信料金:一回線につき月額500円~5,700円

通信量により変動。3MBまで500円、1GBまで2,800円、3GBまで5,700

通信速度:最大150Mbps

高速データ通信量:3GB

OCN モバイル ONE for Business

●プラン名:1GBコース(データSIM)

初期費用:一回線につき3,000円

月額通信料金:一回線につき月額2,000円

通信速度:最大375Mbps

高速データ通信量:1GB

●プラン名:3GBコース(データSIM)

初期費用:一回線につき3,000円

月額通信料金:一回線につき月額3,500円

通信速度:最大375Mbps

高速データ通信量:3GB

●プラン名:7GBコース(データSIM)

初期費用:一回線につき3,000円

月額通信料金:一回線につき月額5,500円

通信速度:最大375Mbps

高速データ通信量:7GB

●プラン名:30MBプラスコース(データSIM)

初期費用:一回線につき3,000円

月額通信料金:一回線につき月額500円

通信速度:最大375Mbps

高速データ通信量:30MB(30MBを超過した場合は0.0108円/128バイトの超過料金発生)

●プラン名:200kbpsコース(データSIM)

初期費用:一回線につき3,000円

月額通信料金:一回線につき月額800円

通信速度:最大200kbps

高速データ通信量:0.5GB

ぷららモバイルLTE for Business

●プラン名:エコノミープラン(データSIM)

初期費用:一回線につき3,240円(税込)

月額通信料金:一回線につき月額972円(税込)

通信速度:最大150Mbps

高速データ通信量:1日当たり110MB

●プラン名:ビジネスプラン(データSIM)

初期費用:一回線につき3,240円(税込)

月額通信料金:一回線につき月額2,980円(税込)

通信速度:最大3Mbps

高速データ通信量:制限なし

BIGLOBE LTE・3G

●プラン名:エントリープラン(データSIM)

初期費用:一回線につき3,000円

月額通信料金:一回線につき月額700円

通信速度:最大150Mbps

高速データ通信量:3GB

●プラン名:ライトSプラン(データSIM)

初期費用:一回線につき3,000円

月額通信料金:一回線につき月額1,250円

通信速度:最大150Mbps

高速データ通信量:6GB

●プラン名:スタンダードプラン(データSIM)➡12GBプラン

初期費用:一回線につき3,000円

月額通信料金:一回線につき月額2,500円

通信速度:最大150Mbps

高速データ通信量:12GB

●プラン名:エントリープラン(音声通話SIM)

初期費用:一回線につき3,000円

月額通信料金:一回線につき月額1,400円

通信速度:最大150Mbps

高速データ通信量:3GB

●プラン名:ライトSプラン(音声通話SIM)

初期費用:一回線につき3,000円

月額通信料金:一回線につき月額1,950円

通信速度:最大150Mbps

高速データ通信量:6GB

●プラン名:スタンダードプラン(音声通話SIM)➡12GBプラン(音声通話付き)

初期費用:一回線につき3,000円

月額通信料金:一回線につき月額3,200円

通信速度:最大150Mbps

高速データ通信量:10GB

NifMo

●法人シェアプランが登場 詳しくはNfmo公式サイトをご覧ください。

●プラン名:3GBプラン(データSIMプランだが音声通話はオプションで可能)

初期費用:一回線につき3,000円

月額通信料金:一回線につき月額900円

通信速度:最大262.5Mbps

高速データ通信量:3GB

その他:音声通話対応の場合プラス700円

●プラン名:5GBプラン(データSIMプランだが音声通話はオプションで可能)

初期費用:一回線につき3,000円

月額通信料金:一回線につき月額1,600円

通信速度:最大262.5Mbps

高速データ通信量:5GB

その他:音声通話対応の場合プラス700円

●プラン名:10GBプラン(データSIMプランだが音声通話はオプションで可能)

初期費用:一回線につき3,000円

月額通信料金:一回線につき月額2,800円

通信速度:最大262.5Mbps

高速データ通信量:10GB

その他:音声通話対応の場合プラス700円

mineo

●プラン名:Dプランシングルタイプ(データSIM)

初期費用:一回線につき3,000円

月額通信料金:各通信量コースにより変動(500MB、1GB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GB)

500MB(一回線につき月額700円)、1GB(一回線につき月額800円)、3GB(一回線につき月額900円)、6GB(一回線につき月額1,580円)、10GB(一回線につき2,520円)、20GB(一回線につき3,980円)、30GB(一回線につき5,900円)

通信速度:最大225Mbps

高速データ通信量:各通信量コースにより変動(500MB、1GB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GB)

●プラン名:Dプランデュアルタイプ(音声通話SIM)

初期費用:一回線につき3,000円

月額通信料金:各通信量コースにより変動(500MB、1GB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GB)

500MB(一回線につき月額1,400円)、1GB(一回線につき月額1,500円)、3GB(一回線につき月額1,600円)、6GB(一回線につき月額2,280円)、10GB(一回線につき月額3220円)、20GB(一回線につき4,680円)、30GB(一回線につき6,600円)

通信速度:最大225Mbps

高速データ通信量:各通信量コースにより変動(500MB、1GB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GB)

等々。他にもAプランもあり。詳しくはmineo公式サイトでチェック。

各社、プランにより値段は大きく変動しますが、判断基準としてはまず音声通話が必要かどうかで、次に高速データ通信量がどの程度必要になるかでしょう。また通信速度を制限したプランであれば最大通信量が大きかったり価格が安かったりするので、その辺りを基準に選択すると良いかと思われます。

⇒TOPページに戻る