格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

格安SIMの通話定額かけ放題について徹底解説

Ymobileなら通話定額で話放題の格安SIMがある

格安SIMといえば月額料金は格安なものの、通話に関しては規定の料金がかけた分だけしっかりとかかってしまうというのが難点です。そんな格安SIMの中にも大手キャリアのように定額で通話し放題のプランはあるのでしょうか。

Ymobileを利用する

ymobile料金表

プラン名 スマホプランS スマホプランM スマホプランL
基本使用料 2,980円 3,980円 5,980円
高速データ通信量 1GB 3GB 7GB
通話料(10分以内) 無料 無料 無料
   (10分超過) 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒

 

ヤフージャパンが提供する「Y!mobile」にも通話料節約のためのサービスがあります。

プラン料金内に一定時間内の 通話料が込みという形になっており、毎月300回までなら10分以内の通話料が無料となります。

10分を超過すると通常の格安SIMと同じ20円/30秒 の通話料がかかってきてしまいますが、300回というかなりの回数の通話が10分以内なら無料になるというのは、とても嬉しい内容です。

合計すると3000分、つまり50時間も無料で通話できる計算になります

定額ではないので、長時間通話したい人にとっては足りないかもしれませんが、ちょっとの用事ならメールではなく電話をかけて済ませたい方にとってはとても良いサービスではないでしょうか。

 →Y!mobileの徹底解説ページはこちらからご覧になれます。

Nifmoなら通話定額かけ放題があります

大手プロバイダ、ニフティが提供する格安SIMNifMo」より、格安SIMとしては初となる定額制の電話かけ放題「Nifmoでんわ」を開始しました。

Nifmoでんわなら大手キャリアの半額近くの1300円で通話がし放題です。ただでさえ月額料金が安い格安SIMに通話し放題が加われば、通話料金がネックになっていた格安SIMの使い勝手も大幅に向上します。しかしnifmoは機能面や品質の面等、総合的に見るとあまりおすすめできません。やはりYmobileを選ぶ方が良いような気がします。

ymobileの詳細ページはこちらからご覧になれます。

  大手キャリア(3社共通) NifMoでんわ
通話定額 2,700円 1,300

 

上記に解説したymobile以外にも別の方法もあります。

格安スマホとガラケーの通話し放題の2台持つという方法です。

通話定額のプランをymobileで契約するよりも、実は「格安スマホ+ガラケーの通話し放題」プランの方が安いので、そちらも一度検討してみてはいかがでしょうか↓

→ガラケーと格安スマホの2台持ちプランのメリット、詳しい料金等の詳細はこちらからご覧になれます。

通話定額の格安SIMのメリット

格安SIMに通話定額制が導入されたとしたら、どのようなメリットがあるのでしょうか。

通話料金を気にしなくて済む

今現在様々な会社から提供されている格安SIMは、データ通信の月額料金こそ大手キャリアと比べて格安なものの、通話料金に関しては通話し放題のようなプランはありません。Y!mobileのように、一定の回数と時間内のみであれば通話料無料いうサービスもありますが、大手キャリアのように何時間通話をしても一定額で収まるという内容ではないため、20円/30秒という通話料設定は、たくさん通話をしたい人にとって格安SIMを使い辛くしている原因のひとつでもあるでしょう。

通話料金を定額制にすることで、格安の月額料金と合わせても大手キャリアと比較してかなり安くスマホを使えるということになるでしょうから、通話料金を気にしなくて済む分利便性はかなり上がると思われます。

通話のためにガラケーを契約する必要がなくなる

現在、格安SIMには通話料金の定額制はnifmoしかありません。そのため、他社の格安SIMを使いつつ通話もたくさんする必要がある人は、大手キャリアのスマホと比べてかなり割高になってしまう通話料金を支払うか、スマホの無料IP電話アプリ等を利用するか、ガラケーを通話専用に契約するかの方法しかありません。 2台持ちは面倒くさいですが、格安SIMのデータ通信プラン+ガラケーの通話し放題プランは最強にコスパがいいです。

楽天モバイルの3,1GBプラン(SMS付き)900円 10GBプラン 2260円

docomo、au、softbank、ウィルコムなどのガラケー通話し放題プラン 約2000円

上記組み合わせだと、ymobileのプランよりも断然コスパが良いです。

ちなみにガラケーとの2台持ちの場合は楽天モバイルをおすすめします。値段もリーズナブルで性能もいいですし、楽天ポイントも貯まるのでだいぶオトクです。

⇒楽天モバイルの詳細ページはこちらからご覧になれます。

IP電話アプリを利用する人も多いと思いますが、無料のIP電話は通話品質が決して良好とはいえないことが多いため、格安スマホで通話をする人は、通話料が半額になる電話回線を使った通話アプリを使っている人が多いようです。それより更に通話料を節約したい人は格安スマホとは別に通話専用のガラケーを契約している人もいるようです。しかし、通話専用にわざわざガラケーを契約して常に持ち歩くのはちょっと面倒ですし、手間ですよね。

格安SIMに通話定額制が導入されれば、このような通話料金を考えてわざわざ手間のかかることをせずに済むというのも嬉しいポイントです。

IP電話の弱点を気にせずに済む

NifMoが発表した通話料定額システムはIP電話の仕組みを利用したものです。無料のIP電話アプリはいくつかありますが、「LINEやSkypeなど、同じサービスを使っている同士しか無料にならない」という弱点があります。しかし、NifMoが提供予定のIP電話システム「NifMoでんわ」なら今まで通話料金がかかっていた携帯電話や固定電話への通話もすべて無料(正しくは定額内)になるので、電話先を気にせずに電話ができることになります。 ※フリーダイヤル、ナビダイヤル等は発信できません

通話定額の格安SIMはこんな人におススメ

格安SIMに通話定額制が導入されるとしたらどんな人におススメできるのでしょうか。

とにかく通話で済ませたい人

スマホを使っている人のなかには「いちいちメールを打つのが面倒。とりあえず電話をかけてササッと用事を伝えたほうが楽」という考えの人も多いと思います。そのような人にとって、通話料金が割高な格安SIMは乗り換えを検討している人にとってはデメリットとなりますが、もし通話定額制となれば通話料の心配をすることなく好きなだけ通話ができるようになります。

仕事などでスマホ通話が必要な人

全ての人が仕事専用のスマホを支給されているわけではありません。人によっては個人のスマホで仕事のための通話をしなければいけないこともあるでしょう。仕事に必要であれば何時間でも通話が必要になる人の場合は、通話料のことを考えたら格安SIMの通話料金は、格安スマホに乗り換えた方が逆にスマホ代が上がってしまうことにもなりかねません。

せっかくスマホ代を節約しようと格安SIMを契約したのに、通話料金のせいで大手キャリアでの月額料金を上回るなんてことになったら本末転倒です。

通話料が定額になれば、仕事などでどうしても長時間通話が必要な人でも格安SIMへの乗り換えができるようになるので、格安SIMにしてスマホ代を節約したいけど、通話料のことを考えたら乗り換えができないと悩んでいる人にとっては乗り換えのための大きなきっかけになるかもしれません。

通話定額の格安SIMの注意点

通話料が定額になることは全ての格安SIM利用者にとってメリットばかりではありません。まだ定額制の導入を発表した会社からも詳しい内容が提示されていないため、どのようなプラン形態になるかは不明ですが、今から定額制になることで注意しなければいけない点を確認しておきましょう。

NifMo電話の通話定額はあくまでIP電話

今現在通話料定額制を発表しているのはNifMoだけですが、このNIfMo電話もIP電話の仕組みを利用しています。電話回線を使った大手キャリアの通話定額と比べ、IP電話にとって避けることのできない「110番,119番などにかけることができない」という致命的なデメリット部分はそのままになってしまう可能性が高いです。携帯電話の普及に伴い街角の公衆電話もだいぶ減ってきている昨今、このIP電話の致命的な欠陥がどうなるのかが気になる点です。

自分にとって通話定額は必要か否かを見極める必要がある

よく通話する人にとっては通話料の定額制はとても嬉しいことですが、元々用事はほとんどメールやLINEなどのメッセージアプリで済ませていて、特に通話を必要としない人にとっては、強制的に利用プランに通話定額がプラスされるなんてことになった場合は「通話定額は必要じゃないのに勝手につけられて月額料金が高くなった」としか受け取れません。

今後定額制を導入する格安SIMも、希望者だけにオプションとして通話料定額制を選べるようにするのか、または大手キャリアのように最初から強制的につけられるのかを選ぶことになるでしょう。

自分が月にどの程度通話をしているのかをしっかりと把握し、自分に合ったサービスを提供してくれる格安SIMを選ぶ必要があります。

「通話料定額がプラスになった場合の月額料金を把握する」

通話料金が定額になるということは、通常の月額料金に定額分の料金がプラスされるということになります。現在通話料金定額開始を明言しているNifMoの通話定額は大手キャリアの半額程度を予定していると発表していますが、今後通話定額を導入する全ての格安SIMが同じような料金に設定するかは不明です。

せっかくスマホ代を節約しようと格安SIMに乗り換えたのに、そこまで使わない通話料定額分が月額料金にプラスされた場合、回線品質やキャリアメールなどのメリット部分を評価して、少し月額料金が上がっても大手キャリアに戻ったほうが良いと判断する人も出てくるかもしれません。

通話料金定額分がプラスになってもなお、格安SIMを使い続けたほうが良いか、または多少料金は上がっても大手キャリアに戻ったほうがいいかをきちんと自分で見極めることが大切です。

⇒TOPページに戻る