格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

格安SIM対応のソニーモバイルの格安スマホ「Xperia」シリーズの詳細情報

ソニーモバイルの「Xperia」シリーズにも格安スマホはあるの?

  • ソニーモバイル唯一のSIMフリー・スマホ、「Xperia J1 Compact」

NTTドコモ、au、ソフトバンクという携帯キャリア向けのスマートフォンとして「Xperia」シリーズを展開しているソニーモバイル。「Xperia」シリーズはスマートフォンとしての基本スペックのレベルが高いだけではなく、ソニー伝統のWalkman(ウォークマン)シリーズで培った技術を活かした高音質な音楽再生機能も備えています。また国内メーカーのスマートフォンとして、「おサイフケータイ」機能など日本独自規格の機能にも対応しています。そして、そんな「Xperia」シリーズ唯一のSIMフリー機種が「Xperia J1 Compact」なのです!

  • 「Xperia J1 Compact」は「おサイフケータイ」にも対応!

ソニーモバイルの「Xperia J1 Compact」は、キャリア向けの「Xperia」シリーズと同様に「おサイフケータイ」にも対応。格安スマホでありながら「おサイフケータイ」機能も利用できるという、非常にレアなスマートフォンなのです! ちなみに「Xperia J1 Compact」の「おサイフケータイ」機能では「楽天Edy」、「WAON」、「nanaco」、「QUICPay」といった電子マネーを利用することが可能。加えて、「ローソンモバイルPonta」や「モバイルスターバックスカード」などのポイントカードサービスにも対応しています。

このように、格安スマホでありながら「おサイフケータイ」機能を備えている点は「Xperia J1 Compact」の大きな魅力と言えます。

  • 「Xperia J1 Compact」は防水・防塵仕様!

ソニーモバイルの「Xperia J1 Compact」が他の格安スマホと異なるのは、「おサイフケータイ」機能を備えているという点だけではありません。実は「Xperia J1 Compact」は、「IPX5/8」の防水性能と「IP5X」の防塵性能を誇っているのです。そのため「Xperia J1 Compact」は、キッチンやバスルームでも安心して使うことができます。

  • 「STAMINAモード」を使えばバッテリーも長持ち!

ソニーモバイルの「Xperia J1 Compact」は、2,300mAhの大容量バッテリーを搭載。そのため1回のフル充電で、さまざまなアプリを長時間利用することができます。さらに「Xperia J1 Compact」は、「STAMINAモード」を利用することも可能。「STAMINAモード」とは、アプリの待機中における動作を制限してバッテリーの消費を抑えることのできる機能のこと。そしてこの「STAMINAモード」を活用すれば、バッテリーをより長い時間持たせることができるようになります。

  • 2,070万画素の高性能カメラを搭載!

さらにソニーモバイルの「Xperia J1 Compact」は、2,070万画素という高性能なメイン(背面)カメラを搭載。格安スマホとしては最高水準の画素数を誇っており、あらゆるシーンで鮮明な写真や動画を撮影することができます。また「Xperia J1 Compact」のカメラでは、「プレミアムおまかせオート」が動作します。「プレミアムおまかせオート」は、シャッターを押すだけで手ブレやノイズを自動補正してくれる機能。そのためカメラアングルを安定させることの難しいスマートフォンのカメラでありながら、美しい写真を撮影することができるのです。

  • エフェクト機能を活用して写真や動画をもっと素敵に!

そしてソニーモバイルの「Xperia J1 Compact」で撮影した写真や動画には、エフェクト機能を利用してさまざまな加工を施すことができます。たとえば「クリエイティブエフェクト」機能を使えば、撮影した写真や動画に18種類のエフェクトを施すことが可能。写真や動画を絵画風にしたり、昔懐かしい8mmフィルム調にすることで誰でも簡単にオリジナリティあふれる作品をつくりあげることができます。

  • オーディオは「Walkman(ウォークマン)」仕様なので高音質!

このようにソニーモバイルの「Xperia J1 Compact」は、非常に高性能な格安スマホ。そして、優れたオーディオプレイヤーでもあるのです。「Xperia J1 Compact」で「Walkman」アプリを利用すれば、お気に入りの音楽を高音質で楽しむことが可能。さらに「ClearAudio+」を設定すれば、イコライザーを自動的に最適化して臨場感あふれる音質を楽しむこともできます。

  • もちろんLTE回線の高速データ通信にも対応!

ソニーモバイルの「Xperia J1 Compact」は、LTE/4G回線での高速データ通信にももちろん対応。LTE回線での下り最大通信速度は150Mbps、上り最大通信速度は50Mbpsとなっています。またSIMフリー端末のため、格安SIMを利用して高速データ通信を利用することができます。

  • 「楽天モバイル」なら、月額2,466円から購入可能!

このようにハイスペックな格安スマホであるソニーモバイルの「Xperia J1 Compact」は、現在「楽天モバイル」と「So-net」で格安SIMとのセット販売が行われています。

「楽天モバイル」での格安SIMとのセット販売では、一括払いの場合には54,800円(税抜)で「Xperia J1 Compact」を購入できます。なお分割払い(24回)の場合には、月々2,466円(税込)で購入可能です。楽天モバイルに乗り換えを考えている方は以下の2ページを参考にしてください。

楽天モバイルの徹底解説ページ

また「「So-net」でも、月額3,888円(税込)で利用できる「Xperia J1 Compact」と格安SIMのセットプランを展開しています。

格安SIMを使えるのは「Xperia J1 Compact」だけなの?

  • キャリア向けの「Xperia」シリーズでも格安SIMを利用可能

冒頭で触れた通り、現在ソニーモバイルの提供しているSIMフリー格安スマホは今回ご紹介している「Xperia J1 Compact」のみとなっています。しかし格安SIMを利用できるのは、この「Xperia J1 Compact」だけではありません。

NTTドコモやau向けに提供されているキャリア向けスマートフォンでも、対応する格安SIMを利用できるのです。そこで以下の項目で、格安SIMブランド各社より「動作確認済み端末」として発表されているキャリア向け「Xperia」シリーズをご紹介します。

  • 動作確認済みのNTTドコモ向け「Xperia」シリーズ

NTTドコモ向けの「Xperia」シリーズとしては、「XperiaZ3 Compact」、「Xperia Z2 SO-03F」、「Xperia A2 SO-04F」、「Xperia Z1 SO-01F」、「Xperia Z1 f SO-02F」、「Xperia A SO-04E」、「Xperia Z SO-02E」、「Xperia AX SO-01E」、「Xperia SX SO-05D」、「Xperia GX SO-04D」などの機種が「楽天モバイル」や「So-net」をはじめとしたNTTドコモ系格安SIMブランドより動作確認済み機種として発表されています。

  • 動作確認済みのau向け「Xperia」シリーズ

au向けのXperiaシリーズとしては、「Xperia ZL3 SOL26」、「Xperia ZL2 SOL25」、「Xperia Z Ultra SOL24」、「Xperia Z1 SOL23」、「Xperia UL SOL22」、「Xperia VL SOL21」などの機種がmineoなどのau系格安SIMブランドより動作確認済み機種として発表されています。

  • 格安SIMも利用できるソニーモバイル「Xperia」シリーズの特徴

このようにSIMフリーの「Xperia J1 Compact」だけではなくキャリア向け機種の多くでも格安SIMを利用することのできる、ソニーモバイルの「Xperia」シリーズ。

そんな「Xperia」シリーズの機種に共通する特徴としては、何と言っても高水準の防水・防塵性能を備えていること。「Xperia」シリーズは、「スマートフォン=壊れやすい」という一般的なイメージを覆す耐久性能に優れたスマートフォンシリーズなのです。そして「Xperia 」シリーズは、高音質で音楽を再生できることも特徴のひとつ。「Walkman」アプリを使うことで、自分の好きな音楽を高音質で再生できるのです。加えて、「Xperia」シリーズは最新機種を中心に「おサイフケータイ」にも対応。そのため電話としてだけではなく、ショッピングでの決済手段としても便利に使うことができるのです。

そしてこのような特徴を備えるソニーモバイルの「Xperia」シリーズは、格安SIMユーザーにとって以下のようなメリットのあるスマートフォンシリーズです。

ソニーモバイル「Xperia」シリーズのメリットは?

  • ハイスペックなSIMフリー格安スマホがラインナップされている!

今回ご紹介した通り、ソニーモバイルのSIMフリー・スマートフォンである「Xperia J1 Compact」はハイスペックな格安スマホです。そのため、「格安スマホに乗り換えたいけれど性能面では妥協したくない」という人にとっては特にメリットの大きな格安スマホと言えます。

  • NTTドコモ系とau系、どちらの格安SIMユーザーもキャリア向けスマホもある!

ソニーモバイルの「Xperia」シリーズは、格安SIMユーザーが乗り換えることのできる機種が数多くラインナップされているスマートフォンシリーズでもあります。先ほどご紹介したように、同等のスペックを誇る機種の多くをNTTドコモ向けとau向けのそれぞれで提供しているため幅広い層の格安SIMユーザーが乗り換えることができるのです。

ソニーモバイル「Xperia」シリーズのデメリットは?

  • SIMフリー機にこだわるなら「Xperia J1 Compact」を選ぶしかない

とはいえソニーモバイルの「Xperia」シリーズは、格安SIMユーザーにとってのデメリットとなる要素も抱えています。

繰り返しになりますがソニーモバイルでは、現在のところ「Xperia J1 Compact」しかSIMフリーのスマートフォンを販売していません。そのため格安SIMユーザーがSIMフリーのソニーモバイル・スマホに乗り換えようとした場合には、選択の余地なく「Xperia J1 Compact」に乗り換えるしかなくなってしまうのです。

それでは最後にソニーモバイルの「Xperia」シリーズで格安SIMを利用する場合におすすめの機種、そして格安SIMブランドをご紹介します。

格安SIMを「Xperia」シリーズで使う場合、おすすめの機種と格安SIMブランドは?

  • 中古の「Xperia」シリーズを入手するのは困難

先ほどご紹介した通り、SIMフリー格安スマホである「Xperia J1 Compact」だけではなくキャリア向けの「Xperia」シリーズでも格安SIMを利用することが可能です。そしてキャリア向けの「Xperia」シリーズですぐに格安SIMを利用しようという場合には、中古の「Xperia」シリーズを購入することになります。

しかし現在、中古の「Xperia」シリーズについては多くの機種が品薄状態となっており価格も高騰しています。

そのため「Xperia」シリーズで格安SIMの利用を希望する場合には、SIMフリーである「Xperia J1 Compact」を購入するのが最も簡単かつ出費をおさえられる可能性の高い手段であると言えます。

  • 「Xperia J1 Compact」と「楽天モバイル」の組み合わせがおすすめ

そしてソニーモバイルの「Xperia J1 Compact」を購入するなら、「楽天モバイル」が行っている「Xperia J1 Compact」と格安SIMとのセット販売が要チェックの選択肢!

「楽天モバイル」は、業界最安値水準の価格で格安SIMサービスを展開中。データ通信専用のデータSIMは月額525円から、音声通話機能のついた「通話SIM」なら月額1,250円から利用できます。

楽天モバイルの詳しい解説ページはこちら