格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

海外でも利用できる! SIMフリー・格安スマホの魅力

海外でも格安スマホをつかえるの?

  • 「国内SIMの国際ローミング」もしくは「現地のプリペイド式SIM」を使う

機種しだいでは、10,000円代で購入することができる“格安スマホ”。この格安スマホは、国内だけではなく海外でも利用することができます。そしてSIMフリーの格安スマホを海外で利用するには、「国際ローミング対応の国内通信事業者のSIMカード」もしくは「現地で購入できるプリペイド式SIMカード」をスマートフォン本体に挿入する必要があります。

  • 国際ローミング対応の格安SIMサービスも登場

「国際ローミング対応の国内通信事業者のSIMカード」は携帯キャリアだけではなく、MVNOの一部も提供しています。具体的には、「楽天モバイル」、「DMM mobile」、「mineo」、「OCN モバイル ONE」などの格安SIMブランドは、国際ローミングに対応したサービスを実施しています。そしてこうした格安SIMブランドのSIMをつかうことで、海外でも格安スマホをつかって音声通話などを行うことができます。

参考:格安SIMでも使える国際ローミング

特に楽天モバイルは楽天ポイントも貯まるのでとてもおすすめです。

楽天モバイルの詳細ページはこちらからご覧になれます

  • SIMフリーなので海外のプリペイド式SIMも使える

また最近では、海外からの渡航者向けにプリペイド式のSIMカードを販売している国も多くなっています。こうした現地のプリペイドカードを本体に挿入することによっても、日本国外でも格安スマホを利用できます。携帯キャリアのSIMのみならず海外も含めて数多くのブランドのSIMを利用できるというのは、SIMフリー・格安スマホを使う上での大きなメリットと言えます。

ただし、国際ローミングや現地のプリペイド式SIMを利用すれば日本国内にいる時とまったく同じようにスマートフォンを使うことができるというわけではありません。格安スマホを日本国内で利用する場合と海外で利用する場合とでは、次のような違いがあるのです。

国内利用とは異なる海外での格安スマホ利用

  • 格安SIMサービスの国際ローミングは、音声通話のみに対応

先ほど触れた通り、一部の格安SIMブランドは国際ローミングに対応しています。しかしほとんどの場合、国際ローミングでは音声通話機能のみを提供しています。つまり、データ通信サービスを利用することはできないということ。したがって公衆無線LANなどを使わなければ、格安スマホでメールの送受信やネットサーフィンを行うことはできません。

  • 国内利用時とは利用料金が異なる

国外で国際ローミングを行った場合、現地通信会社の回線を利用することとなります。そのため通話料や通信料も、現地通信会社の設定している価格にしたがって発生します。つまり、たとえ渡航先で国内と同じSIMカードを利用していたとしても海外での利用時には発生する利用料金が異なるということです。

また現地のプリペイド式SIMカードを購入した場合にも、当然その通信会社の料金体系が適用されます。そのため渡航先しだいでは、価格の高低を問わず日本国内での料金設定とは大きく異なる可能性があります。

このような違いを考慮すると、海外で格安スマホを利用する場合には次の点に注意する必要があります。

海外で格安スマホを使用する際の注意点

  • 格安SIMの国際ローミングではデータ通信を行えない

前述の通り、格安SIMブランドの国際ローミングではデータ通信を行うことができません。しかしながら、海外では格安スマホをつかってデータ通信を行える余地がまったく無いというわけではありません。駅やカフェなどに敷設されている公衆無線LANを利用すれば、ネットワークに接続することも可能です。

とはいえ、公衆無線LANの利用できるエリアは限られています。また、宿泊先に公衆無線LANが設置されていないということも考えられます。そのため海外で音声通話だけではなくデータ通信も頻繁に行う可能性が高いという方は、現地でプリペイド式SIMを購入した方が良いでしょう。

  • 国内利用時よりも通話料金が割高

また国際ローミングでの通話料金は、国内通話料金よりも割高となっています。たとえば「楽天モバイル」の場合、国内通話(発信)の料金は20円/30秒となっています。しかしたとえばハワイへと旅行して楽天モバイルの国際ローミングで現地の「AT&T/Cingular」を利用した場合、ハワイ国内への通話料金は125円/分となります。つまり、国際ローミングをつかうと3倍以上の通話料が発生してしまうということになるのです。

  • 電話を“受けた”側にも着信料金が発生する

また国際ローミングを利用した場合には、電話を“受けた”場合にも着信料金が発生します。なおハワイへと旅行して楽天モバイルの国際ローミングで現地の「AT&T/Cingular」を利用した場合には、着信料金として1分あたり175円が発生します。

  • SMS送信料金も高額

同様に、「楽天モバイル」の国際ローミングで現地の「AT&T/Cingular」を利用した場合にはSMS送信でも1通あたり100円の送信料が発生します。これも、「楽天モバイル」の日本国内でのSMS通信料(送信)が3円/通であることを考えるとかなり割高であると言わざるを得ません。

このように考えると、渡航先でプリペイド式のSIMカードを購入した方が良いとも言えるかもしれません。とはいえ、現地にてプリペイド式のSIMカードを購入する場合にも注意すべき点があるのです。

  • プリペイドの場合、事前のチェックが必要

プリペイド式SIMの場合、訪れる国や選択する通信事業者によって料金体系が大きく異なります。また対応している端末についても、通信事業者によって差があります。そのため格安スマホでプリペイド式SIMを利用する場合には、現地で販売されているプリペイド式SIMについて渡航前に十分情報を収集しておく必要があります。

そして、国内通信会社の国際ローミングを利用する場合には特に利用料金に注意をしなければなりません。国際ローミングによって日本国内にいる時と同じ感覚で格安スマホを使ってしまうと、高額な利用料金を請求されることとなってしまう危険性もあるからです。

格安スマホで国際ローミングを使った場合のリスク

  • 50,000円程度までは、利用停止措置が実施されない

先ほどご紹介した通り、国際ローミングの利用時には国内利用時よりも割高な通話料・通信料が発生します。そのため多くの格安SIMサービスでは、国際ローミングの利用額について上限を設定しています。しかし「DMM mobile」をはじめ多くの格安SIMブランドは国際ローミングの上限額を50,000円/月ほどに設定。つまりうっかり国際ローミングを使い過ぎてしまうと、50,000円程度までの料金は支払わなければならない可能性があるということになるのです。

  • さらに高額な利用料金を請求される可能性も

そしてこうした国際ローミングの上限は、あくまでも利用停止目安額として設定されています。そのため利用額が50,000円を超えたからと言って、すぐに利用停止措置がとられるというわけではありません。そのため場合によっては、国際ローミングをつかったことで50,000円以上の利用額が発生する可能性もあるのです。

とはいえ、このような注意点や国際ローミングの危険性を事前に承知しておけば、海外でも格安スマホを安心して利用することができます。そして海外でも利用できる格安スマホを探す場合には、次のポイントをおさえるとピッタリな1台を見つけられるはずです。

海外でも使えるおすすめの格安スマホは?

  • NTTドコモ系格安SIMを使える格安スマホがおすすめ

今回ご紹介した通り、格安スマホを海外で使いたいという場合には「国内通信会社の国際ローミングサービス」もしくは「現地販売のプリペイド式SIM」を利用するという方法があります。そしていずれの方法をとる場合であっても、料金体系などには注意をする必要があると言えます。

そして料金体系は、現地の通信事業者によって異なります。そのためできる限り低料金で現地通信事業者のサービスを利用するためにも、NTTドコモ系回線に対応したSIMフリー・格安スマホを選択することをおすすめします。

NTTドコモ系SIMに対応した格安スマホであれば、海外ローミング対応ブランドの格安SIM、渡航先のプリペイド式SIM、いずれについても利用できる可能性が高いからです。

NTTドコモ回線系の格安スマホは以下になります。

■楽天モバイル⇒楽天モバイルの解説ページはこちら

■mienoのDプラン⇒mienoの解説ページはこちら

■DMMモバイル⇒DMMモバイルの解説ページはこちら

■OCNモバイルONE⇒OCNモバイルONEの解説ページはこちら

■BIGLOBE SIM⇒BIGLOBE SIMの解説ページはこちら

etc・・

  • 「デュアルSIM対応」の格安スマホも登場

格安スマホの中には、2枚のSIMカードを搭載できる「デュアルSIM対応」の機種も登場しています。ASUSの「ZenFone2」や「ZenFone2 Lazer」、HUAWEIの「P8max」などはデュアルSIM対応の格安スマホ。こうしたデュアルSIM対応の格安スマホでは、現地で利用するSIMカードを渡航前に購入してあらかじめ端末に搭載しておくこともできます。

いくつか注意すべき点があるとはいえ、今回ご紹介したようにSIMフリーの格安スマホは海外でも十分利用することができます。そしてSIMフリーの格安スマホであれば、キャリア向けスマホとは違い国内の格安SIMや海外のプリペイド式SIMも利用することが可能です。そのため旅行や出張で海外に出かけることの多いという人は、国内外のさまざまな通信会社を利用できるSIMフリーの格安スマホへの乗り換えをぜひご検討ください。