格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

【不通期間ナシ】格安SIMへのMNP乗り換えでの即日開通

格安SIMへのMNP乗り換えでも即日開通できるの?

●格安SIMブランドにもMNP制度で乗り換えられる!

携帯キャリアによるサービスよりも低価格で利用できる可能性の高い、MVNOによる格安SIMサービス。そんなMVNOの格安SIMサービスには、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)制度を利用して乗り換えることも可能。つまり、現在使用している携帯電話番号を維持したまま格安SIMへと乗り換えることもできるということです。

しかしMNP制度を利用した格安SIMへの乗り換えでは、「不通期間の存在が気になる」という方も少なくありません。

そこでまずは、この「不通期間」についてご説明します。

●格安スマホ・格安SIMへのMNP乗り換えで気になる「不通期間」

「NTTドコモ→au」、「ソフトバンク→NTTドコモ」のように携帯キャリアから携帯キャリアへとMNP制度をつかって乗り換える場合、転入手続きは各携帯キャリアの店頭で行われます。そして手続き自体も、数十分から長くとも1時間程度で完了します。そのため、転入手続きを行ったその日から転入先の回線を使うことができるのです。

一方で、格安SIMブランドの多くはMNP制度による転入手続きをはじめとした各種手続きをオンラインでのみ受け付けています。そして、MNP制度による転入手続きには数日がかかってしまうという格安SIMブランドも少なくないのです。したがって、転入手続きが完了するまでの一定期間は転出したサービス、転入するサービス、いずれも利用できない期間が発生してしまいます。

これがいわゆる、「不通期間」です。

●MNP乗り換え即日開通に対応した格安SIMを探そう!

しかし、格安SIMへ乗り換える場合に“必ず”不通期間が発生してしまうというわけではありません。格安SIMブランドの中にも携帯キャリアと同じように店頭での手続きを受け付けているところもあるのです。そしてMNP制度を利用した乗り換えについても、即日開通に対応している格安SIMブランドも存在します。

そこで次に、MNP乗り換えの即日開通に対応している格安SIMブランドをご紹介します。

MNP乗り換えで即日開通できる格安SIMはコチラ!

▽BIC SIM

家電量販店の全国チェーンであるビックカメラでは、格安SIMブランドとして「BIC SIM」を展開しています。「BIC SIM」は、IIJmioのサービスを利用した格安SIM。ビックカメラ各店やビックカメラ.comから申し込むことができます。

そして「BIC SIMカウンター」のある店舗なら、店頭で手続きを行えるためMNP乗り換えであっても即日開通することができます。現在のところ、ビックカメラ池袋本店、ビックカメラ有楽町店、ビックカメラ新宿西口店、ビックカメラ渋谷東口店をはじめ、都内19のビックカメラ各店に「BIC SIMカウンター」が設けられています。その他、全国の主要都市にあるビックカメラ各店の一部でも「BIC SIMカウンター」によるサービスを行っています。

▽ゲオモバイル

レンタルビデオチェーンのゲオも、「ゲオモバイル」というブランド名で格安SIMサービスの提供を開始しています。そして「ゲオモバイル」も、一部店舗でMNP乗り換えの即日開通に対応しています。

現在、ゲオ池袋北口店、ゲオアキバ店、ゲオモバイル渋谷センター街店、ゲオモバイル川口樹モール店、ゲオ大阪日本橋店、ゲオ福岡博多口店、ゲオモバイル名古屋大須新天地通店、ゲオモバイル神戸三宮店、ゲオモバイル札幌狸小路4丁目店、ゲオ那覇新都市店という10店舗でMNP乗り換えの即日開通を取り扱っています。

▽楽天モバイル

格安SIMブランドの中でも特に低価格なサービスが特徴的な「楽天モバイル」でも、店頭での手続きを受け付けています。そして「楽天モバイル」や「楽天カフェ」の一部店舗で、MNP乗り換えの即日開通を行っています。

MNP乗り換えの即日開通を行っているのは、楽天モバイル銀座店、楽天カフェ渋谷公園通り店、楽天カフェ二子玉川ライズS.C.店、楽天モバイル神戸三宮店、楽天モバイル名古屋栄店、楽天モバイル心斎橋店、楽天モバイル仙台駅前店となっています。

▽U-mobile

「LTE使い放題」や「ダブルフィックス」など、独自のプランを展開して人気を集めている「U-mobile」でも、MNP乗り換えを店頭で申し込むことによって即日開通させることができます。

現在都内にある、U-NEXTストア南青山、U-NEXTストア自由が丘がMNP乗り換えの即日開通に対応しています。

その他、ヤマダ電機LABI1日本総本店池袋、ヨドバシカメラ新宿西口本店といった家電量販店のカウンターでも「U-mobile」へのMNP乗り換えの即日開通に対応しています。その他、全国30のU-NEXTや家電量販店の店頭でMNP乗り換えでの即日開通を取り扱っています。

そして、格安SIMブランドへのMNP乗り換えで即日開通をしたいという場合には次の点に気を付ける必要があります。

MNP乗り換えの即日開通を申し込む場合の注意点は?

●本人確認書類、クレジットカード、MNP予約番号などを忘れずに持参する

MNP制度を利用して格安SIMブランドへと乗り換える場合には、「運転免許証などの本人確認書類」、「本人名義のクレジットカード」、「転出先から発行されたMNP予約番号」を忘れずに持参するようにしましょう。基本的には、これらの必要書類が整っていない場合には申し込みを受け付けてもらえません。

また、クレジットカードとMNP予約番号の名義は、いずれも本人確認書類に記載されている人物と一致している必要があります。本人確認書類に記載されている住所地と申込書類に記載する住所地が異なっている場合には、別途「補助書類」などが必要になることもあるので事前に確認しておきましょう。

●MNP予約番号の有効期間

MNP予約番号の有効期間は、「予約当日を含めて15日間」となっています。そして有効期間を超過してしまうと、その予約番号をつかって他社に乗り換えることはできなくなってしまいます。

さらに、先ほどご紹介したようなMNP乗り換え即日開通に対応している格安SIMブランドは、「MNP予約番号の有効期間が7日以上であること」といった即日開通の条件を設定していることもあります。そのためMNP乗り換えでの即日開通を希望する場合には、予約番号を受け取ったらすぐに転入先への手続きを行うことをおすすめします。

●混雑状況や来店時間しだいで、即日開通が難しい場合も

MNP乗り換えの即日開通に対応した店舗であっても、混雑しだいではなかなか開通手続きが進まないということも珍しくありません。場合によっては、申し込み日当日には開通に至らない可能性もあります。特に各店舗の営業時間や受付時間の終了間際は、十分な手続き時間が確保できずに手続きを断られてしまう可能性もあります。そのため即日開通に対応した店舗には、十分な時間的余裕を持って足を運ぶようにしましょう。

MNP乗り換えの即日開通のサービス内容は?

・20~30分程度でMNP乗り換え手続きと回線の開通が完了

携帯キャリアでの窓口手続きと同様に、格安SIMブランドへMNP乗り換えする場合の窓口手続きも早ければ20~30分程度で完了します。しかし先ほど注意点としてご説明した通り、受付カウンターの混雑状況しだいではさらに長い手続き時間となってしまう可能性もあります。

MNP乗り換えで即日開通させることのメリットは?

●乗り換え後すぐに利用を開始できる

MNP乗り換えを即日開通させることの一番のメリットは、何といっても不通期間無しで利用を開始できることです。「不通期間中に大事な連絡があるかもしれない」、「数日の不通期間は長すぎる」といった理由でMNPをつかった格安SIMへの乗り換えをためらっている方も少なくないはず。しかし、今回ご紹介した即日開通に対応した格安SIMブランドの店頭で申し込めば、このような心配もありません。

●初期設定サポートを受けられる場合がある

即日開通を受け付けている格安SIMブランドのカウンターでは、申し込み手続き以外のさまざまなオプションサービスも行っています。

たとえば「BIC SIMカウンター」では「オプションサポートメニュー」として、ネットワーク設定、Gmail設定、セキュリティソフトインストールなどのオプションサービスも展開。いずれも800~900円前後で利用できます。

格安SIMへ初めて乗り換えた場合、不安に感じてしまいがちなのが端末の初期設定作業です。そのためこのようなサービスを受けられることは、店頭での申し込みを行う大きなメリットでもあります。

MNP乗り換えで即日開通させることのデメリットは?

●対応している格安SIMブランドが限られる

一方で、すべての格安SIMブランドがMNP乗り換えでの即日開通に対応しているわけではありません。そのため、「MNP乗り換えの即日開通に対応していること」を最優先した場合には乗り換えることのできる格安SIMブランドが限られてしまいます。そのため、サポート体制や料金プランなどその他の要素については妥協せざるを得ないかもしれません。

今回ご紹介した通り、すでに複数の格安SIMブランドがMNP乗り換えの即日開通サービスを開始しています。そのため、不通期間無しで格安SIMに乗り換えたいという方は、今回ご紹介したブランドへの乗り換えを検討してみては?