格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

日本通信b-mobileの格安SIMサービスを解説【使い放題プランも有り】

日本通信の「b-mobile」は、他社と比べてどうなの?

  • 日本通信の格安SIMブランド、「b-mobile」

b-mobileは、日本通信株式会社の運営する格安SIMブランド。

日本通信では、2001年にDDIポケット(現ソフトバンクモバイル)のPHS回線のリセール事業を開始。これが、国内におけるMVNO事業のスタートとされています。つまり日本通信は、実は老舗のMVNO(Mobile Virtual Network Operator、仮想移動体通信事業者)なのです。

そんな日本通信の運営する格安SIMブランドであるb-mobileの料金やサービス内容を、他社と比較してみましょう。

「b-mobile」と他の格安SIMブランドとの比較

b-mobileでは、高速データ通信量の上限が決まっていないいわゆる「使い放題」プランも設定しています。そこでまずは、b-mobileの音声通話機能付きの使い放題プランである「b-mobile SIM 高速定額 音声付(以下、高速定額音声付)」を他社の使い放題プランと比較していきましょう。

今回は、ぷららモバイルLTEの「音声通話付SIM定額無制限」、U-mobileの「通話プラスワンLTE使い放題」と「通話プラスプランLTE使い放題2」、UQ-mobileの「データ無制限+音声通話プラン」と比較します。

表1.「b-mobile」と他社との音声通話付定額SIMプランの比較表

格安SIMブランド b-mobile ぷららモバイルLTE U-mobile UQ-mobile
プラン名 b-mobile SIM
高速定額 音声付
音声通話付SIM
定額無制限
通話プラスプラン
LTE 使い放題

通話プラスプラン

LTE 使い放題2

データ無制限+
音声通話プラン
月額基本利用料 2,780円 3,736円(税込) 2,980円 2,730円 2,680円
高速データ通信量 無制限
下り最大通信速度 225Mbps 3Mbps 225Mbps   500kbps
回線 NTTドコモ au

 

上記「表1」の通り、b-mobileの「高速定額音声付」は高速データ通信量が無制限であるだけでなく通信速度も通常プランの最大速度と変わりません。

また月額基本利用料については、UQ-mobileの「データ無制限+音声通話プラン」とU-mobileの「LTE使い放題2」に次ぐ安さとなっています。ただしU-mobileの「LTE使い放題2」については、最低利用期間が12ヶ月と長めに設定されています。また最大通信速度が500kbpsであるUQ-mobileの「データ無制限+音声通話プラン」とは違い、b-mobileの「高速定額音声付」での最大通信速度(下り)は225Mbpsとなっています。

つづいて、b-mobileデータ通信専用の使い放題プランである「b-mobile SIM 高速定額(以下、高速定額)」を他社の使い放題プランと比較していきましょう。

先ほどと同じように、ぷららモバイルLTE、U-mobile、UQ-mobileの使い放題プランと比較します。

表2.「b-mobile」と他社とのデータ通信専用定額SIMプランの比較表

格安SIMブランド b-mobile ぷららモバイルLTE U-mobile UQ-mobile
プラン名 b-mobile SIM
高速定額
データ専用SIM
定額無制限
データ専用プラン
LTE使い放題
データ無制限プラン
月額基本利用料 1,980円 2,980円 2,480円 1,980円
高速データ通信量 無制限
下り最大通信速度 225Mbps 3Mbps 225Mbps 500kbps
回線 NTTドコモ au

 

「表2」の通り、b-mobileの「高速定額」はUQ-mobileの「データ無制限プラン」と同様に今回比較した中では最安となる月額1,980円という料金設定となっています。

また先ほどご紹介した音声通話付使い放題プランと同様に、b-mobileの「高速定額」はUQ-mobileの「データ無制限プラン」よりも速い最大通信速度となっています。

そしてb-mobileでは使い放題プランだけではなく、高速データ通信量の上限の決まっている「ライトプラン」も設けています。

そこで、「b-mobile」の「b-mobile SIM ライトプラン 音声付(以下、ライトプラン音声付)」を他社のプランと比較していきたいと思います。今回は、楽天モバイル、DMM mobile、BIGLOBE SIM、OCN モバイル ONEのそれぞれ3GB/月相当の高速データ通信が可能なプランとb-mobileの「ライトプラン音声付」を比較します。

表3.「b-mobile」と他社との音声通話付3MB/月SIMプランの比較表

格安SIMブランド b-mobile 楽天モバイル DMM mobile BIGLOBE SIM OCN モバイル ONE
プラン名 b-mobile SIM
ライトプラン 音声付
通話SIM
3.1GBプラン
通話SIMプラン
3GB
音声通話SIM
エントリープラン
音声対応SIMカード
3GB/月コース
月額基本利用料 1,980円 1,600円 1,500円 1,600円 1,800円
高速データ通信量 3GB/月 3.1GB/月 3GB 3GB/月 3GB/月
下り最大通信速度 225Mbps 262.5Mbps 262.5Mbps

 

上記「表3」の通り、毎月3GBの高速データ通信量を利用できるプランについてはb-mobileの「ライトプラン音声付」よりも他社のプランの方が割安であることがわかります。

つぎに、データ通信専用であるb-mobileの「b-mobile SIM ライトプラン(以下、ライトプラン)」と上記4ブランドのデータ通信専用プランとを比較していきます。

表4.「b-mobile」と他社とのデータ通信専用3MB/月SIMプランの比較表

格安SIMブランド b-mobile 楽天モバイル DMM mobile BIGLOBE SIM OCN モバイル ONE
プラン名 b-mobile SIM
ライトプラン
データSIM(SMSなし)
3.1GBプラン
データSIMプラン
3GB
データSIM
エントリープラン
データ通信専用SIMカード
3GB/月コース
月額基本利用料 1,180円 900円 850円 900円 1,100円
高速データ通信量 3GB/月 3.1GB/月 3GB 3GB/月 3GB/月
下り最大通信速度 225Mbps 262.5Mbps 262.5Mbps
回線 NTTドコモ

 

「表4」の通り、データ通信専用プランについてもb-mobileの「ライトプラン」よりも他ブランドのプランの方がより安い価格設定となっていることがわかります。

こうした他の格安SIMブランドとの比較から、b-mobileは次のような理由で選ばれていると考えられます。

「b-mobile」の強みとは?

  • 高速データ通信可能で安い「使い放題」プランがあること

先ほどご紹介した通り、b-mobileの使い放題プランである「高速定額」と「高速定額音声付」は他社の使い放題プランと比べて手ごろな価格設定となっています。加えて、通信速度も通常のプランと同じく下り最大225Mbpsとされています。

このような「高速データ通信可能で安い使い放題プランがある」という点で、b-mobileは選ばれているのではないかと考えられます。

「b-mobile」の通信速度は?

  • 高速データ通信時の下り最大速度は225Mbps

b-mobileの展開している格安SIMサービスの通信速度について、b-mobile公式Webサイトでは速度に関する具体的な言及は見当たりません。

しかし、価格.comやAmazonで販売されているb-mobileの格安SIMパッケージに関する情報を見ると、最大通信速度は下り225Mbps、上り最大50Mbpsであることがわかります。

また、高速データ通信量を使い切ってしまったことなどによる速度制限時には最大通信速度が200kbpsとなるようです。

ただし、他の格安SIMブランドと同様に最大225Mbpsという通信速度はあくまでもベストエフォートとなります。そのため、端末のスペックはもちろんのこと、通信エリアや通信時間帯しだいで通信速度は変動します。

特にb-mobileについては、Webサイト上の口コミなどで通信速度に対するユーザーからの不満の声も多く見受けられます。

「b-mobile」へと乗り換える場合の注意点

  • 「『高速定額』だと通信速度が遅い」というユーザーからの声が多い

b-mobileの使い放題プランである「高速定額音声付」と「高速定額」について、ネット上にはユーザーからの「通信速度が遅い」という意見も見られます。ただし、1日中通信速度が遅いというよりも通信速度の変動幅が大きいと表現した方が適切であるように思われます。

通信速度に関するネット上でのレビューを見てみると、夜間については下りで10~20Mbpsでの通信も可能なようです。一方で平日の日中、特に12時前後については下りの通信速度が1Mbpsを割り込んでいるというレビューも散見されます。

  • 「動画を見るときに、速度が遅くなる」という声も

通信速度に関する意見の他、b-mobileについて「動画視聴時には通信制限が起こっているようだ」というユーザーからの声も多く見られます。Youtubeなどの動画サイトで動画をストリーミング再生した場合、画質のポイントを144p程度まで落とさなければスムーズに再生できないといったユーザーレビューも存在します。

ただし、動画視聴時に速度制限を実施しているか否かについてはb-mobileが公式の見解を示していない以上何とも言えません。

そして、こうした注意点を含めるとb-mobileは次のような人におすすめです。

「b-mobile」はこんな人におすすめ!

  • 高速データ通信可能な使い放題プランを探している人

他の格安SIMブランドとの比較を通してご紹介した通り、b-mobileの「高速定額音声付」と「高速定額」は、高速データ通信可能な使い放題の格安SIMプランです。また、「高速データ通信可能」な使い放題プランとしては月額基本利用料が割安に設定されています。そのため、「通信速度が速い、使い放題プランを探している」という人は、b-mobileの「高速定額音声付」か「高速定額」への乗り換えを検討してみることをおすすめします。

  • 「動画視聴は固定回線で」という人

先ほど注意点として触れた通り、b-mobileの格安SIMサービスの利用者からは「Youtubeなどで動画をストリーミング再生した場合に、通信速度の低下が見られる」という声も聞かれます。繰り返しますが、動画視聴時の速度低下についてb-mobileからの公式な発表はなされていません。とはいえ、動画視聴をメインに格安SIMの回線を利用するのであればb-mobileは避けた方が良いかもしれません。

逆に言えば、「動画は家でしか見ない(=動画視聴時には、自宅の固定回線を利用する)」という場合にはb-mobileの回線であっても特に大きな問題は無いということです。そして、b-mobileには高速データ通信も可能な使い放題プランもあります。そのため屋外でのネットサーフィンやメールの送受信などが主な用途であるという場合には、b-mobileも乗り換え先としての有力な選択肢のひとつとなるでしょう。

今回ご紹介した通り、b-mobileには業界でも珍しい高速データ通信も可能な使い放題プランがあります。そのため、「毎月利用できる容量の上限を気にせずに使える格安SIMに乗り換えたい」という方は、b-mobileへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?