格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

LINEモバイルでLINEのID検索機能 

LINEモバイルは年齢確認ができないとID検索機能を使えないのか

 

遠くに住んでいるユーザーや、一度もあったことのないユーザーとLINEで連絡を取る方法として有名なのが「ID検索機能」です。これを利用することで簡単に友だち登録することができ、連絡をとることができます。しかし、長らく格安SIMのユーザーはこれを利用できないというジレンマに悩まされていました。 しかしLINEモバイルでは問題無くID検索機能を使用する事ができます。

 

格安SIMサービスのユーザーがID検索機能を利用できない理由

 

格安SIMを利用しているユーザーがLINEのID検索機能を利用できない理由は、LINEの「年齢確認」を行うことができないことが最大の理由です。

 

  • なぜ格安SIMのユーザーは年齢確認ができない?

 

LINEにおける年齢確認の機能は、大手キャリアの顧客情報を参照することによって達成するという仕組みが取られています。そのため、年齢確認を行う際にはキャリアにログインすることが必要になります。大手キャリアのユーザーであれば、ここでログインをすることで年齢確認が可能になります。

 

しかし、格安SIMのユーザーの場合は、キャリアのユーザーではないのでここでログインすることができません。昨今はdアカウントをドコモユーザー以外でも作成することができるようになっているのですが、その場合はドコモにログインしようとしても契約しているMVNOのサーバーにアクセスするためエラーが生じ、年齢確認ができなくなります。

 

  • ID検索機能に年齢確認が必要な理由

 

そもそもの問題として、なぜLINEのID検索機能を利用しようとするのに、年齢確認が必要になるのでしょうか。その理由としては「未成年の保護」が挙げられます。

 

ID検索機能は、IDさえ知っていれば誰とでも連絡をとることができます。登録したLINE IDを何らかの連絡手段で伝えることで、どこにいるユーザーでも友だち登録してLINEで連絡を取ることができます。他の方法では、「QRコード」や「ふるふる」などの方法がありますが、QRコードはメールでの連絡が、ふるふるは物理的な距離が問題となります。どちらにしても、ID検索機能ほど使い勝手が良いとは言えません。

 

ですが、同時にこれは「素性を知らない相手とも連絡できる」ということになります。特に、「出会い系」などを原因とした危険行為や犯罪行為に未成年が巻き込まれるリスクを危惧して、数年前からID検索機能を年齢確認無しで利用することが出来なくなったのです。

 

LINEモバイルは格安SIMだけどID検索機能が使える

 

「格安SIM=年齢確認ができない=ID検索機能が利用できない」という公式は。LINEモバイルの登場によって覆されることになります。LINEモバイルの場合は、「利用コード」をLINEで登録することによって、18歳以上であることを証明することができます。

 

利用コードは、LINEモバイルのマイページで確認することができます。これをLINEの利用に際して登録することによって、LINEモバイルの登録情報を基にして年齢確認を行うことができます。今まで格安SIMを利用していてLINEの年齢確認を利用できなかったユーザーは、これを理由としてLINEモバイルに乗り換えたというケースも少なくありません。

 

 

ID検索機能を使えるようになるための手順

 

しかしながら、LINEモバイルのユーザーは無条件でID検索機能を利用できるというわけではありません。ID検索機能を利用するためには、きちんとした手順を踏んで年齢確認を行わなければなりません。

 

  1. 利用コードを確認する

 

まずは、ユーザーの「利用コード」を確認する必要があります。そのために、まずはLINEモバイルの「マイページ」にアクセスします。マイページの画面が表示されたら、IDとパスワードを入力してログインします。ログインしたら利用コードが表示されますので、これを全てコピーします。

 

既にログインしている場合は、マイページ右上の下向き三角のマークをタップします。次に「契約情報」をタップすると利用コードが表示されます。これをコピーしましょう。

 

  1. 年齢確認を行う

 

利用コードの用意ができたら、いよいよLINEの年齢確認を行います。LINEのメニューアイコンをタップして、「年齢確認」をタップします。「年齢確認結果」「未確認」と表示されると思いますので、これをタップします。

 

「年齢確認」と表示されますので、「LINEモバイルをご契約の方」の部分をタップします。LINEモバイルユーザー専用の年齢確認の画面に移動しますので、テキストボックスに先ほどコピーした利用コードを貼り付けて「次へ進む」をタップします。無事に確認することができたら、先ほどの「年齢確認」のページに移動します。年齢確認結果に「ID検索可」と表示され、画面下に「処理が完了しました」と表示されたら完了です。ID検索機能が無事に利用できるかどうか、実際に利用して確認しておきましょう。

 

  1. LINEに新規登録する場合の年齢確認方法

 

上記の手順2は、既にLINEに登録している場合の方法です。次に、LINEに新規登録する場合の年齢確認について解説します。

 

まず、LINEアプリを起動します。起動したら「新規登録」をタップして「次へ」をタップします。ユーザーネームを入力して「登録」をタップします。次に、「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」の設定を行い、「登録」をタップします。

 

次の画面では「NTTdocomoをご契約中の方」と「LINEモバイルをご契約の方」と表示されますので、「LINEモバイルをご契約の方」をタップします。次の画面が年齢確認の画面になりますので、テキストボックスに手順1でコピーした利用コードを貼り付けます。「次へ進む」をタップして、「通知を許可する」をタップします。これで、年齢確認を済ませた上でLINEの利用登録を完了させることができます。ID検索機能が無事に使えるかどうか確認しておきましょう。