格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

「LINEのアカウント」の引継ぎ方法と引継ぐ際の注意点

LINEモバイルでのLINEアカウント引継ぎ方法と注意点について

 

LINEモバイルを利用するにあたって機種変更

 

LINEモバイルを契約して、その際に新しい端末を購入してその端末でLINEを利用したい場合、単純に新規登録する場合であれば特に苦労はありません。しかし、新しい端末でLINEを利用するにあたって、今までLINEで利用してきたさまざまなデータをそのまま移動させて、今までと同じような環境でLINEを利用したいという場合には、「LINEアカウントの引き継ぎ」が必要になります。

 

この手順は、きちんと準備した上で行わないと、失敗してしまうリスクがあります。アカウント引き継ぎに失敗してしまえば、今まで築き上げてきた「友だちリスト」「購入したスタンプ」「コイン残高」なども全て消え去ってしまいます。特に、旧端末でのLINEの利用履歴が長い人ほど、引き継ぎ失敗で失ってしまうものも多くなります。

 

 

アカウントを引継ぐ方法は?

 

それでは、具体的にLINEアカウントの引き継ぎ方法について解説していきます。この方法は、2016年2月において公式に発表された新しい方法です。過去にLINEアカウントの引き継ぎを行ったことがあるという人も、新しい方法では通用しない可能性があるので、きちんと確認した上で実行してください。

 

旧端末での準備

 

まず、LINEアカウントの引き継ぎにあたって、今まで使っていた端末の方で作業を行います。

 

  1. LINEにメールアドレスを登録する

 

まず最初に、最も重要なことは「LINEにメールアドレスを登録する」ということです。これが為されていない場合、LINEアカウントの引き継ぎは出来ないと考えてください。既に登録してある場合はそのアドレスを確認しておきましょう。

 

なお、このメールアドレスは「キャリアメール」ではいけません。LINEモバイルに乗り換えるにあたってキャリアメールは利用できなくなりますので、フリーメールに登録し、フリーメールのアドレスを登録しておくようにしましょう。無料で登録できますので、Gメールなどを登録していない場合は手早く登録を済ませてメールアドレスの取得とLINEへの登録を完了させましょう。

 

  1. 引き継ぎの許可を設定する

 

メールアドレスの登録および確認が完了したら、「引き継ぎの許可」の設定を行います。これは、「機種変更において電話番号が変更される」もしくは「Facebookログインを利用している」という場合に必要になる操作です。

 

まず、LINEの「設定」を開き、「アカウント引き継ぎ設定」で「アカウントを引き継ぐ」をオンにします。これだけで良いのですが、注意点としてこの設定は24時間で自動的にオフに戻されます。なので、事前に設定しておくというよりは、LINEアカウント引き継ぎの直前に設定しておくことが望ましいです。また、旧端末が使えなくなる場合は、それまでに新しい端末とLINEモバイルのSIMカードが届くようにしておきましょう。

 

ともあれ、これで旧端末での作業は完了になります。

 

新端末での作業

 

ここからは、新しい端末での作業に入ります。

 

  1. LINEアプリを起動し、ログインする

 

まず、新しい端末にLINEアプリをインストールします。インストールが完了したら、これを開き、「ログイン」をタップします。間違っても「新規登録」はタップしないように注意しましょう。

 

  1. 登録しておいたメールアドレスとパスワードを入力する

 

ログインをタップすると、メールアドレスとパスワードを入力する画面に移動します。旧端末で登録しておいたメールアドレスおよびパスワードを入力します。入力が完了したら「確認」をタップします。

 

  1. 電話番号の入力とSMS認証

 

次の画面では、電話番号の入力を求められます。これは、「SMS」を利用しての認証作業になります。電話番号を入力したら、その番号あて(つまり、その端末あて)にメッセージが届きます。その中には4桁の認証番号が記載されていますので、これをLINEに入力します。これで、LINEアカウントの引き継ぎ作業は完了します。

 

  • 旧端末での引き継ぎ許可を出していない場合

 

旧端末で「引き継ぎ許可」の設定をオンにしていない場合、2段階認証の時点でストップがかかってしまいます。設定し忘れていた、もしくは設定から24時間が経過してしまった場合にこの状態に陥ってしまいます。対処法としては以下の2種類の方法があります。

 

  1. 旧端末で設定を行う

 

この時点で旧端末をまだ利用できる状態である場合、先ほど説明した手順で引き継ぎの許可をオンにして、新しい端末での引き継ぎ作業を進めます。

 

  1. 旧端末が既に使用不可能な場合

 

既に旧端末を使用できない状態になっている場合は、「認証コードを受け取る」をタップします。これにより、LINEに登録していた電話番号に対して認証コードが書かれたSMSが送信されます。

 

また、この認証コードはLINEのトークで送られてきますので、PC版LINEを利用している場合にはこれにログインすることで認証コードを確認することができます。送られてきたSMSを確認し、認証コードを新しいスマートフォンに入力すれば解決です。

 

 

アカウントを引継ぐ際に事前に準備しておくことは?

 

LINEアカウントの引き継ぎにおいて事前に準備しておかなければならないことは、先ほども説明した「メールアドレスの登録」です。これをやっておかないと、LINEアカウントの引き継ぎを行うことが出来なくなってしまいます。

 

パスワードを忘れてしまった場合は?

 

メールアドレスの入力画面では、同時にパスワードの入力も求められます。パスワードをきちんと覚えている場合であれば問題ありませんが、メールアドレスの登録から時間が経過し、パスワードを忘れてしまっている場合は問題です。もし、パスワードを入力できないとこれも引き継ぎ失敗の原因になります。

 

このパスワードはセキュリティの問題上、旧端末のLINEを操作しても表示されることはありません。そのため、「新しいパスワードを設定する」ことが必要になります。以下に、パスワードの設定方法について解説しておきます。

 

  1. 画面右上の「・・・」をタップする
  2. 画面右上の「歯車マーク(設定)」をタップする
  3. 「アカウント」をタップする
  4. 「メールアドレス登録」をタップする
  5. 「パスワードの変更」をタップする
  6. 「パスワードを忘れた場合」をタップする

 

これで、新しいパスワードを設定することができます。

 

  • 推測されにくいパスワードを入力すること

 

ここで注意しなければならないポイントは、いかに「他人に推測されないパスワード」を設定できるかということです。忘れっぽい人は「またパスワードを忘れてはいけない」と思い、何かすぐに思い出せるような簡単なパスワードを設定してしまいがちです。しかし、そもそもパスワードを何に利用するのかということを思い出してください。

 

このパスワードは「LINEアカウントの引き継ぎ」のために用意します。なので、これがもし「他人でも簡単に推測できるようなパスワード」だった場合、LINEアカウントを乗っ取られてしまう可能性があります。

 

LINEアカウントの引き継ぎには「登録したメールアドレス」と「登録したパスワード」の2種類が必要です。逆に言えば、これらを用意できれば第三者でも簡単にLINEアカウントを引き継ぐことができます。第三者によるLINEアカウントの引き継ぎ、要するに「アカウント乗っ取り」のリスクが伴うのです。

 

本来、アカウントを登録している端末で「引き継ぎの許可」をしていない限り別の端末でLINEアカウントにアクセスすることはできません。しかし、今回は「アカウント引き継ぎのために引き継ぎ設定を自らオンにしている」という状態です。この設定は「新しい端末にアカウントを引き継ぐために必要なこと」であると同時に「メールアドレスとパスワードさえわかってしまえば誰にでもアカウント引き継ぎができる状態である」とも言いかえることができます。

 

もっとも、その有効期限は24時間なので、半永久的にそのリスクが継続するということはありません。しかし、24時間以内で自分がアカウント引き継ぎを完了させるまでであるとは言え、言ってしまえば「自宅玄関の鍵をかけていない状態で外出している」のと同じことです。他人にアカウントを勝手に引き継がれてしまう可能性までは否定することができません。なので、パスワードは絶対に「他人が推測しやすいもの」にしないようにしましょう。もちろん、引き継ぎ作業までに忘れてしまっては元も子もないので、何か「自分にしかわからないようなパスワード」にしておくことを絶対条件としてください。

 

 

アカウントを引継ぐ際に注意することは?

 

それでは、LINEアカウント引き継ぎにあたって注意しなければならないポイントについてまとめておきましょう。

 

旧端末での作業は完璧に行っておく

 

まずは、「旧端末での作業」についてです。これは新端末での作業に際して旧端末が利用可能な状況であればまだ挽回できるのですが、新端末での設定作業の段階で既に旧端末が利用できない状況だと、最悪の場合はリカバリー不可能な状況に陥ってしまいます。

 

旧端末では「LINEへのメールアドレスの登録」「パスワードの確認」「引き継ぎの許可設定」を行います。このうち、特に取り返しがつかないのはメールアドレスとパスワードです。新端末での設定段階で「あ、忘れてた!」と気がついたら、旧端末を引っ張ってきて設定するしかありません。しかし、この時点で既に旧端末が利用できない状況にあると、その時点で最悪の事態を想定しなければならなくなります。新端末での設定時点で旧端末が利用できない状態になるとわかっているのであれば、旧端末での設定を完璧に行っておきましょう。

 

「新規登録」をしない

 

次は、新端末での引き継ぎ作業において「新規登録」をしないことです。これをやってしまうと、これもまた取り返しの付かないことになります。これにより、アカウントの引き継ぎを行わないまま新しいアカウントを作成してしまうことになるので、今までのLINEのデータが全て削除されてしまいます。

 

削除されたデータは二度と復活させることができません。いくらLINEの担当者に問い合わせをしたところで、もはや元に戻すことはできません。新端末でLINEアプリを起動したら、絶対に「ログイン」をタップし、「新規登録」はタップしないように注意しましょう。特に気を配り、雰囲気で流れ作業的にタップしてしまわないように注意が必要です。

 

引き継がれない情報もある

 

次に、正常にアカウント引き継ぎが完了したとしても、引き継ぐことができない情報もあるというポイントです。引き継ぐことができる情報と引き継ぐことができない情報は以下のとおりです。

 

  • 引き継ぐことができる情報

 

  1. 友だちリスト
  2. 「ノート」「アルバム」に投稿した内容
  3. 自分のプロフィール情報
  4. ホーム/タイムラインの内容
  5. 購入したスタンプ/きせかえ情報(スタンプは再ダウンロードが必要)
  6. 課金アイテムの購入履歴やコイン残高
  7. 連動アプリ(LINEゲーム・LINE PLAYなど)の登録に関するデータ

 

  • 引き継ぐことができない情報

 

  1. 過去のトーク内容(バックアップで引き継ぎ可能)
  2. トーク背景
  3. 通知音の設定
  4. 異なるOS間でのコイン残高

 

 

アカウントの新規作成方法

 

最後に、LINEアカウントを引き継ぐのではなく、新しくアカウントを作成する方法について解説します。引き継ぎに失敗した、もしくは引き継ぐ気にならない場合は、新端末用の新しいアカウントを作成しましょう。以下に、大まかな手順について記載しておきます。

 

LINEアカウントの新規登録方法(電話番号で認証を行う手順)

 

  1. LINEアプリをインストールする
  2. アプリを起動し、「新規作成」をタップする
  3. 「番号認証」をタップし、「OK」をタップする
  4. SMSで届いた4桁の認証番号を入力して「次へ」をタップする
  5. 名前を入力して「登録」をタップする
  6. 友だち追加設定を設定する
  7. 残りの設定はスキップする(後ほど追加で設定することができます)

 

Facebookアカウントと連携して登録する方法(手順2までは上記と同じ)

 

  1. 上記の手順3の時点で「Facebookでログイン」をタップする
  2. Facebookに登録しているメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」をタップする
  3. 「◯○としてログイン」をタップする
  4. 年齢認証等の手順はスキップする(後ほど設定できます)
  5. 電話番号の登録をキャンセルする
  6. メールアドレスとパスワードを設定する
  7. 登録したメールアドレス宛に認証番号が届くので確認する
  8. 認証番号を入力して「メール認証」をタップする
  9. 残りの設定を行うもしくはスキップする(後ほど設定変更できます)