格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

LINEモバイルにMNPで電話番号そのまま乗り換える方法と注意点について

LINEモバイルでmnpする方法

 

MNPとは?

 

「MNP」とは、「モバイル・ナンバー・ポータビリティー」の略称です。携帯電話会社を乗り換えるにあたって利用できるサービスの一つで、音声通話SIMを利用しているユーザーにとって利便性があります。コストがかかりますが、後の手間を省くことができるサービスです。

 

MNPのメリットは、「電話番号を変えずに格安SIMに乗り換えできる」というポイントです。通常、音声通話SIMを申し込んだ場合、1契約につき1つの電話番号が割り当てられます。これを利用することで音声通話機能を利用することになるのですが、携帯電話会社を乗り換えて音声通話SIMに申し込んだ場合、乗り換え前の携帯電話会社で利用していた電話番号は失効して、新しい電話番号を利用することになります。

 

ここで問題になるのは「今までの携帯電話会社で利用していた電話番号を知っているユーザーに、新しい電話番号を通知しなければならない」というポイントです。今までの電話番号から自動的に転送されるということはなく、メールや口頭で「電話番号が変わった」という旨を通知しなければなりません。もし、すぐに連絡が取れない人物がいる場合、相手から自分に電話をかけたいと思っても、番号が変化しているので連絡が取れなくなってしまいます。こちらが連絡先を把握していない相手が多いほど、デメリットが大きくなります。

 

MNP転入でLINEモバイルに乗り換えることで、今まで使っていた電話番号をそのまま利用しながらLINEモバイルを利用することができます。つまり、自分の電話番号(今まで利用していた番号)を知っている人全員に通知すること無く、携帯電話会社を乗り換えしていないかのように音声通話での連絡を利用することができます。

 

LINEモバイルでmnpをするためには?

 

次に、LINEモバイルでMNP転入を行うために必要な手続きについて解説していきます。

 

  1. 乗り換え元の携帯電話会社で「MNP予約番号を取得する」

 

まずは、乗り換え元の携帯電話会社の所定の手続きに従って「MNP予約番号を予約番号」を取得します。これを利用することで、乗り換え先の携帯電話会社で同じ電話番号を利用することができます。乗り換え元のMNP予約番号の取得方法は各キャリア・MVNOのホームページを確認しましょう。

 

なお、MNP予約番号には「有効期限」があります。つまり、早めに取得してしまうと予約番号が無効になってしまう可能性があるということです。そして、LINEモバイルでMNP転入を行う場合、有効期限が10日以上残っているMNP予約番号を必要とします。そのため、LINEモバイルに申し込む直前にMNP予約番号を取得されることをオススメします。「早めにやっておこう」というのは、MNP予約番号の取得には適さないので、何事も早めにやっておきたいという性格の人は注意しておきましょう。

 

  1. LINEモバイルに申し込みをする

 

MNP予約番号の有効期限が10日以上残っていることを確認し、LINEモバイルへの申し込み手続きを開始します。申し込み手続きを進めていき、「音声通話SIM」を選択します(データSIMではMNP転入をすることができません)。次の画面で「他社からのお乗り換え(MNP転入)」を選択し、「MNP予約番号」「MNP予約番号の有効期限」「転入予定携帯電話番号」を入力して次に進みます。あとは、申し込み手続きを画面の指示に従って進めていきましょう。

 

  1. SIMカードを受け取り、MNP受付窓口に連絡する

 

申し込み手続きを済ませたあと、LINEモバイルからSIMカードが配送されますので、これを受け取ります。次に、「MNP開通受付窓口(0120-889-279)」に連絡を行います。連絡が済んだら、約2時間ほどでLINEモバイルのSIMカードを利用することができるようになります。ただし、音声通話を利用開始してからデータ通信を利用可能になるまでは多少のラグが生じる可能性がありますので注意しましょう。なお、MNP開通受付窓口への連絡がない場合は、SIMカードが配送された翌々日の午後に自動的にMNP開通手続きが行われます。

 

 

mnp手数料はいくらかかるのか

 

次に、MNPを行うに当たっての手数料について解説します。

 

MNP転出手数料

 

MNPを利用する場合、乗り換え元の携帯電話会社に対して「MNP転出手数料」を支払うことになります。これはどの携帯電話会社でも支払う必要がある金額であり、相場は2,000円~3,000円です。ただし、詳しくは後述しますがMVNOによってはMNP転出手数料が高額になるケースがありますので注意が必要です。

 

契約解除料

 

MNP転出に際しては、乗り換え元の携帯電話会社に対して「契約解除料」を支払うことになる可能性があります。携帯電話会社によっては「解約手数料」「解約金」と表現されていることもあります。

 

契約解除料は、「最低利用期間」の間に解約した場合に、携帯電話会社に支払う必要のある「違約金」の性質を持った手数料です。相場としてはMNP転出手数料とは別に8,000円~10,000円の支払いを求められることになります。なお、これはMNP転出ではなく、これを利用しない通常の乗り換えであっても同様です。

 

  • 最低利用期間

 

携帯電話会社によって設定されている、「契約からその期間中に解約する場合、契約解除料を支払ってもらう」というルールです。最低利用期間とは言いますが、その期間内でも解約をすることは可能です。しかし、その場合には高額な契約解除料を支払うことになります。

 

MNP転出は、携帯電話会社を解約して別の携帯電話会社と契約することになるので、自動的に解約をすることになります。そのため、最低利用期間中のMNP転出に際しては、MNP転出手数料プラス契約解除料を支払うことになるということです。

 

例えば、MNP転出手数料が3,000円、契約解除料が9,000円だとすれば、合計で12,000円を乗り換え元の携帯電話会社に支払うことになるということです。金額にして転出手数料の4倍もの金額を支払うことになるのです。

 

契約事務手数料

 

最後は「契約事務手数料」です。これは、乗り換え先であるLINEモバイルに支払うことになる初期費用の一種です。MNP転入ではない通常の新規契約の場合でも支払うことになる金額です。LINEモバイルに限らず、どの携帯電話記者でも支払うことになる手数料なのですが、キャンペーンでこれが無料になることもあります。

 

 

手数料のかからないようにするには

 

LINEモバイルで必要になる手数料は、少なくとも5,000円は必要になります。これは、LINEモバイルの契約事務手数料が3,000円、乗り換え元の携帯電話会社でのMNP転出手数料が最低でも2,000円かかることが理由です(転出手数料が3,000円であれば、最低6,000円は必要になる)そして、これに「契約解除料」が上乗せされることで、1万円を超える金額を支払うことになります。

 

手数料を節約するための鍵は「契約解除料を支払わないこと」

 

前述の2種類の手数料は、MNP転入を利用することになる以上どうしても支払わなければならない金額です。そのため、MNPにおいて手数料を全く支払わないでおくということは不可能です。ここで重要なポイントは「いかにして契約解除料を支払わないか」ということです。

 

契約解除料(解約金・解約手数料)は、最低利用期間中に解約(MNP転出)することによって支払い義務が発生します。逆に言えば、最低利用期間中にMNPさえしなければ、これを支払う必要は無いということになります。例えば12ヶ月以内の解約では9,000円の解約手数料が必要な格安SIMからのMNPを想定します。その場合、最低利用期間中のMNPでは手数料に9,000円が上乗せされます。なので、できればこれを回避して、最低利用期間が経過した後にMNPを利用するというのが一番スマートな方法だと言えます。

 

しかし、例えば乗り換えによって月額料金が毎月2,000円安くなると想定します。その場合、最低利用期間の経過まで5ヶ月以上あるとすると、9,000円の契約解除料を支払っても節約できる2,000円×5ヶ月=10,000円で元をとることができます。逆にあと1,2ヶ月程度で最低利用期間が経過する場合だと、節約効果よりも契約解除料の方が高く付きます。この場合であればあと数ヶ月待ってからMNPした方が安くなります。

 

そのため、重要なのは「今すぐMNPする」べきか、それとも「少し待ってからMNPする」か、どちらのほうがコストが安くなるのかを総合的に判断する必要があります。特に、最低利用期間が長い携帯電話会社の場合であれば、最低利用期間の経過まで時間がかかる場合もあるので、きちんと計算した上でMNPの予定を組む必要があります。

 

  • 最低利用期間は無くても危険な場合がある

 

逆に言えば、「最低利用期間の無い格安SIMであれば問題ない?」と思われるかもしれません。確かに契約解除料は最低利用期間に基づいて支払い義務が発生するので、例えばデータSIMのように最低利用期間が設定されていない契約形式であれば契約解除料は発生しません。ですがMNP転出をする前提となる「乗り換え元で音声通話SIMを利用している」ということを踏まえると、乗り換え元の格安SIMが「音声通話SIMに最低利用期間が設定されていない」ということが条件となります。そんな格安SIMはあるのか、と思われるかもしれませんが、実はいくつかあるのです。

 

  最低利用期間 契約解除料 MNP転出手数料
mineo なし なし 12ヶ月以内:11,500円
それ以降:2,000円
FREETEL なし なし 12ヶ月以内:15,000円-利用期間×1,000円
それ以降:2,000円
イオンモバイル なし なし 180日以内:8,000円
それ以降:3,000円
楽天モバイル 12ヶ月 9,800円 3,000円

*楽天モバイルは比較用

 

数は限られますが、最低利用期間および契約解除料が設定されていないMVNOもいくつか存在します。それらを利用している場合であれば、いつMNP転出してもコストはかからないと思われるかもしれませんが、ここにはちょっとしたカラクリがあります。

 

それらの格安SIMサービスでは、MNP転出手数料にちょっとした工夫があります。MNP転出手数料に関して、特定の期間内にMNP転出を行った場合、通常よりも高額なMNP転出手数料が課せられているのです。例えば「mineo」の場合であれば、12ヶ月以内のMNP転出には11,500円のMNP転出手数料がかかります。ここで「楽天モバイル」と比較してみましょう。楽天モバイルは12ヶ月の最低利用期間と9,800円の契約解除料が設定されており、合計金額は12,800円です。対してmineoの12ヶ月以内のMNP転出は11,500円で、ほとんど変わらない金額が設定されています。

 

つまり、最低利用期間が存在しない格安SIMサービスでは、MNP転出を行う際に一定期間内であれば契約解除料に相当する金額が上乗せされているということになります。各MVNOの格安SIMサービスの契約内容をしっかりと確認し、本当に契約解除料やMNP転出手数料の上乗せがされないかどうかを確認しておきましょう。

 

 

LINEモバイルでmnpする際の注意点

 

最後に、LINEモバイルにMNP転入する際の注意点について確認しておきます。

 

MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている

 

まず、先ほども述べましたが、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている状態で申し込み手続きをすることです。発行したMNP予約番号には、発行から15日という有効期限が設定されています。つまり、発行から15日経過すると無効な番号になり、手続きをやり直す必要があるのです。

 

また、15日以内であっても一定の有効期限日数が残っていない状態だとMNP転入を受け付けない場合があります。携帯電話会社によって規約は異なりますが、少なくとも3日は残っていないとMNP転入を正常に受け付けることができないようです。LINEモバイルの場合は10日残っていないと手続きができないので、発行から5日以内にLINEモバイルの申し込みをする必要があるということになります。

 

MNP転入を利用できないMVNOがある

 

次に、LINEモバイルにMNP転入するにあたって、転出元のMVNOによっては受け入れができない場合があるということです。LINEモバイルでは、以下のMVNOからのMNP転入ができません。

 

・OCNモバイルONE

・Master’sONEモバイル

・ぷららモバイル

・NifMo

・GTNモバイル

・Sun-Netモバイル

・ANSIM

・MUSASHI MOBILE

・J-mobile

・ハルモバイル

・坊っちゃん電力のSIM

・大一でんわ

・やまとモバイル

・カシモ

 

上記のMVNOからは、MNP転入を行うことができません。

 

  • MNP転入ができない場合はどうするのか?

 

上記のMVNOのを利用中のユーザーは、LINEモバイルに対してMNP転出を行うことができません。つまり、MNPを利用すること無く、新規申し込みでLINEモバイルを利用するしか無い、要するに電話番号を新しくするしかLINEモバイルを契約することができないということになります。

 

電話番号が変わってしまうので、連絡先を教えている人が多いユーザーには不便に感じてしまう可能性があります。どうせ電話番号が変わってしまうのですから、いっそのこと音声通話SIMではなくデータ通信専用SIMを契約し、通話はLINEの音声通話機能を利用するという方法もあります。月額料金および通話料を節約することができるので、少しでもスマホ代を浮かせたいという場合にはオススメです。しかも、「LINEフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」のどちらでも、LINEの通話機能の利用によるデータ通信量はカウントフリー対象サービスなので、データ通信量が嵩んでしまうこともありません。ただし、IP電話なので通常の音声通話よりも利便性は損なわれます。