格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

LINEモバイルで使用できるメールアドレスと機種変更前に行うべき事について

LINEモバイルでは現在使用しているメールアドレスは使えるのか

格安SIMへの乗り換えは、多くの人が不安を抱えながら実行するのではないかと思います。「安かろう悪かろう」が格安SIMには100%は該当しないとは言っても、大手キャリアではできていたことが格安SIMではできなくなるといったことはあります。

スマートフォンで利用できる機能の一つに「電子メール」があります。メールは、専用の「メールアドレス」を知っている人同士でテキストメッセージやファイルのやり取りを行うことができますが、LINEモバイルに乗り換えるにあたって今まで使ってきたメールアドレスは引き継いで利用することができるのかと不安になる人は少なくありません。

■LINEモバイルで従来のメールアドレスは引き継げるのか?

結論から言ってしまえば、「引き継げるアドレス」と「引き継げないアドレス」があります。前者は今までと同じように利用することができますが、後者はLINEモバイルに乗り換えるにあたって使用不可能になります。

・LINEモバイルに引き継げるメールアドレス

LINEモバイルに引き継ぐことができる、というよりは「他社に乗り換えるにあたって引き継ぐことができるアドレス」は、「フリーメールのアドレス」です。例えば「Gメール」「Yahooメール」がこれに該当します。

・LINEモバイルに引き継ぐことができないメールアドレス

LINEモバイルに引き継ぐことができないメールアドレスは「キャリアメールのアドレス」でも、これもまた、他者に乗り換えるにあたって引き継ぐことができないメールアドレスです。

■メールアドレスの引き継ぎに関するまとめ

ここまでの情報をまとめると、今までフリーメールをメインに利用していたユーザーは、今までと同じ手順でメールアドレスを利用することができます。逆に、キャリアメールを利用していたユーザーは、これまでのメールアドレスは乗り換えにあたって利用できなくなります。なので、その場合はフリーメールに登録し、アドレスを取得しておく必要があります。

LINEモバイルではメールアドレスは提供されるのか

では、LINEモバイルに加入することで、「LINEモバイル専用のアドレス」は入手できるのかと言えば、LINEモバイルのホームページの「よくある質問」では「メールアドレスの提供はありません」とはっきり断言されています。LINEモバイルでメールのやり取りをしたい場合は、フリーメールの登録を急いでおきましょう。

LINEモバイルでメールするにはどうすればいいのか

前述の通り、LINEモバイルでメールをするためには、フリーメールに登録することが必要です。フリーメールは無料で登録することができますが、その登録には「別のメールアドレス」を必要とするケースがあります。なので、利用できなくなる前のキャリアメールを利用して、一つでもフリーメールを登録しておきましょう。その後は、新規作成したフリーメールのアドレスで、別のフリーメールに登録することができます。最初に登録したフリーメールが気に入らない、もしくは複数のアドレスがほしいという場合には、一つだけで良いのでフリーメールのアドレスを取得しておきましょう。

■フリーメール以外の手段

しかしながら、フリーメールだけがスマートフォンで利用できるテキストメッセージサービスではありません。他にはどのような方法があるのか、ということについて解説していきます。

・LINEモバイルなのだから「LINE」で連絡

まずは、LINEモバイルに乗り換えるのですから「LINE」でメッセージのやりとりを行いましょう。LINEモバイルの場合は「LINEフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」のどちらの場合でも「カウントフリー機能」において、LINEの機能の多くがカウントフリー対象となっていますので、通信量を気にすること無くメッセージのやりとりを行うことができます。他社の格安SIMサービスより割高な料金設定であるため、強みとなるカウントフリーの特性を活かしましょう。

・SMSで連絡を行う

LINEモバイルの契約において「SMS付きデータSIM」もしくは「音声通話SIM」を契約している場合は、LINEモバイルから電話番号が割り当てられます。その電話番号を利用して「SMS」を利用することができます。

これはガラケー時代における「Cメール」と同じであり、メールアドレスではなく電話番号を基にして短いメッセージのやりとりを行うことができます。データ通信SIM(SMS無し)のプランでなければ、この方法で最低限の連絡手段を確立することができます。

・これらのサービスが使えればフリーメールも不要?

とは言え、これらのサービスが使えるとしても、たちまちフリーメールの価値が喪失してしまうということはありません。やはり、フリーメールの利用は大前提となります。

そもそも、フリーメールは「無料でメールアドレスを取得できる」というメリットが大きいです。これを利用して「プライベートの連絡手段」「仕事での連絡手段」「WEBサービスの会員登録に利用」など、さまざまな利用法に応用することができます。

LINEやSMSでも連絡手段としては十分に活躍してくれます。しかし、フリーメールで利用することができる恩恵の全てを享受できるというわけではなく、特に「登録用メールアドレス」としての機能は期待することができません。単純な連絡手段としてではなく、さまざまな場面で必要になるということを考えれば、フリーメールのアドレスを一つだけでも取得しておくことには大きな意味があります。

なぜ現在のメールアドレスはLINEモバイルでは使えないのか

最後に、念のため「現在のメールアドレスがLINEモバイルで使えなくなるのか」ということについて補足しておきます。考えてみれば簡単な理屈なのですが、LINEモバイルで利用できないアドレスというものは「今まで契約していた携帯電話会社から提供されていたメールサービス」です。LINEモバイルに乗り換えるということは、今まで利用していた携帯電話会社は解約するということになるのですから、そのキャリアから提供されていたメールサービスが使えなくなることは当然なことです。

基本的に、「ドコモ」「au」「SoftBank」で利用していた「@docomo」「@ezweb」「@softbank」が含まれるメールアドレスは、解約によって利用できなくなります。同様に、格安SIMからLINEモバイルへの乗り換えにおいても、乗り換え元のMVNOで提供されていた格安SIMサービスの一環としてメールアドレスが提供されていた場合、それも利用できなくなります。

■従来のメールアドレスが使えなくなる前に

元の携帯電話会社を解約することで、そこが提供していたメールアドレスは使えなくなってしまいます。その際に注意しなければならないポイントとして「メールアドレスの変更」が挙げられます。

まずは「個人への連絡」です。今までキャリアメール等で連絡をとりあっていた知人や親戚には、メールアドレスが使えなくなるということと、フリーメールなどの代替手段で連絡いて欲しい旨を通知しておく必要があります。

次は「そのメールアドレスで登録したサービスの登録変更」です。昨今はWEB上のサービスの利用においてはその多くのケースにおいてメールアドレスを登録しています。場合によっては登録のときだけ利用することもありますが、サービスの利用に関する情報の通知にそのアドレスを利用している場合は、登録内容を変更する必要があります。場合によっては旧アドレスが利用できなくなることで重要な情報の通知が滞ってしまい、取り返しの付かないことになる可能性があります。

なので、早めにフリーメールの登録とアドレスの取得を終わらせて、キャリアメールで登録しているサービスの中でも連絡の必要性のあるサービスだけでもメールアドレスの登録内容をフリーメールのアドレスに変更しておく必要があります。とは言え、数多くのサービスをキャリアメールで登録していることもありますので、その際には最低限「このサービスだけは連絡が滞ると困る」というサービスだけでも登録を変更しておきましょう。