LINEモバイルはクレジットカード以外も使用できるのか?支払い方法まとめ

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

LINEモバイルはクレジットカード以外も使用できるのか?支払い方法まとめ

LINEモバイルはクレジットカードがなくても申し込めるの?

格安SIMの多くは銀行からの自動引き落としができないためクレジットカードの登録が必須ですよね。しかし、クレジットカードは出来れば持ちたくないという人やクレジットカードの限度額が危ないという人、クレジットカードの審査に通らないという人は申込むことができません。

結論を言えば、LINEモバイルは、クレジットカードを使わなくても申し込めるものの銀行からの自動引き落としは使えません。またLINEPayというものも利用可能ですが、これは後半で詳しく解説します。

LINEモバイルの支払い方法

LINEモバイルの支払方法を簡単にまとめると以下のようになります。

口座引き落とし 不可
クレジットカード 国内のものは基本的にOK
デビットカード すべて不可
LINE Pay LINE Payカードがあればクレジットカード不要
LINE Payの設定を駆使すれば事実上口座引き落としにすることも可能

 

よって、支払いを行うならクレジットカードかLINE Payを使う必要があります。他社のプリペイドカードも使えそうですが、LINEモバイルでは使えるとも使えないとも記述がありませんでした。

:デビットカードの豆知識

デビットカードとは、クレジットカードとは違い決済したらすぐに口座から引き落とされるカードで使い過ぎ防止方法や、クレカの審査が通らなかった人の便利アイテムとして重宝されています。VISAデビットやJCBデビットのように大手カード会社が提供しているものはクレジットカードと同じ加盟店で使えるうえ同じようにカード番号やセキュリティコードまで付いています。それなのに、デビットカードは使えないのです。

よって、同じようにクレジットカードと同じ手続きで決済できるプリペイドカードもクレカ扱いしてもらえないと考えられます。

ちなみに、デビットカードは銀行口座に拘束されるため使っている銀行が発行していない場合もよくあります。また、地銀やゆうちょ銀行はJデビットという使える範囲の狭いデビットカードしか対応していないため、楽天銀行やスルガ銀行のようにVISAやJCBのデビットが使える銀行で発行すると便利です。

LINEモバイルで利用できるクレジットカードの種類は?

LINEモバイルは、「国内で発行された主要なクレジットカード」なら使用可能としています。実際に、VISA、MasterCard、JCB、AMEX、DinersClubはいずれも使用可能ですが、国際ブランドのひとつである銀聯カードは使えません。

大体の人はVISAかMasterCard、あるいはJCBブランドのクレジットカードを持っているためクレジットカードの種類で手続きがうまくいかないことは無いと考えられます。

支払い方法にあるLINE PayとLINE Payカードって何?

LINEモバイルの売りは「クレカなし」で登録できることでしたが、口座引き落としもできなければ、デビットカードも使えません。

しかしLINEモバイルはLINE Payでの支払いができます。

LINE PayとはLINEのプリペイドサービスで、このような用途で使います。

・LINEや加盟店でのショッピング

・友達への銀行口座番号なしの送金

・送金システムを利用した割り勘。(一人がお金を払い残りの人がLINEPayで一人分の代金を送る)

LINE Payは送金機能を除けば普通のプリペイドカードですが、ポイント還元率は2%と少し高めです。

また、LINE Payカードを発行すればスマホの操作なしに決済を行うことができます。LINE PayカードはJCBブランドを使っているので、JCBカードの加盟店で使えます。LINE Payの加盟店はLINE STOREを入れて20店舗しかないので絶対に発行しましょう。

  • LINE Payの登録方法

LINEアプリの「その他」メニューからLINE Payのアイコンを選択→パスワード設定

これだけで登録が完了します。非常に簡単ですね。

  • LINE Payのチャージ方法

LINE Payのチャージは口座引き落としとコンビニ支払を選べます。クレジットカードを登録するとLINE Payの支払い画面でクレジットカードが選べるようになりますが必須ではありません。

コンビニは主要3社は全て可能です。一方銀行口座引き落としはできる銀行とできない銀行がありますので事前に確認しましょう。少なくともメガバンクとゆうちょ銀行は使えますし、地方銀行も以下なら使えます。それ以外の銀行口座を使う場合はペイジーの利用が必要になります。

りそな銀行、埼玉りそな銀行、千葉銀行、秋田銀行、横浜銀行、親和銀行、伊予銀行、福岡銀行、滋賀銀行、百五銀行、十六銀行、熊本銀行、北洋銀行、八十二銀行

また、口座引き落としを利用する場合はLINE Payのお金が足りなくなることが心配です。そこで料金が〇〇円を下回ったら△△円を引き落とすというオートチャージ機能が使えます。つまりLINE Payでスマホ決済をする場合は事実上銀行引き落としができるわけです。

他にも、LINE Payを利用している人だけに割り当てられる自分専用の口座番号へ銀行振込を行うだけでチャージできる「チャージ専用口座」や、ATMやインターネットバンキングを利用してLINE Payの口座にチャージできる「Pay-easy」も選択できるようになりました。

  • LINE Payでの決済もLINE Payカードを登録した方が無難

さて、LINE Payでスマホ料金を払う方法ですがこれが少し複雑です。

まず、申し込みでLINE Pay決済を選んだ場合はなぜかクレジットカードの登録が必須になります。この時点でクレジットカードなしの申し込みができません。

しかし、クレジットカード支払いを選んでLINE Payカードの情報を入力すればLINE Payでの決済をクレジットカードなしで行うことができます。

分かりやすく説明すると

1.LINE Payカードの登録→クレジットカードの登録扱いになる

2.LINE Payにはクレジットカードの登録が不要

3.よってLINE Payカードでの支払いはクレジットカードを必要としない。

というわけです。

以上から、クレジットカードなしでLINEモバイルを使うためにはLINE Payに登録し、LINE Payカードを発行することが条件です。LINE Payの登録自体はLINEアプリから行えるので初心者も安心です。