LINEモバイルを起動したのに繋がらない!対処法まとめ

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

LINEモバイルを起動したのに繋がらない!対処法まとめ

LINEモバイルで動作確認済み端末かどうか

●LINEモバイルの動作確認済み端末は公式サイトで確認

LINEモバイルがつながらない原因としてまず考えられるのはSIMロックですが、SIMロックを解除してもつながらない場合はあります。それが「そもそも動作確認端末ではない」という場合。

格安SIMはSIMカードの購入だけでの契約も可能であることから、他社のスマホについても「動作確認」を行っています。そして、動作確認できた端末はMVNO各社の公式サイトで確認できます。LINEモバイルの場合はこちらのURLから確認してみましょう。

https://mobile.line.me/support/device/

こちらのサイトでは、スマホのデータ通信、音声通話、テザリングの可否が確認できるほか適合するSIMカードのサイズと動作確認に使ったOSも参照できます。たとえ動作確認できた端末でもOSのバージョンアップで動作不良に陥ることがあるので数世代前のスマホの場合はOSのアップデートを手動でできるよう設定します。(とくにiOSでは)

●LINEモバイルではdocomoとSIMフリーの端末が動作確認されています

LINEモバイルの動作確認済みの端末の一覧を見てみると、SIMフリーの端末とdocomoで売られているスマホしかないことが分かります。これは、LINEモバイルがdocomoの通信回線を使っていることが理由と考えられます。

格安SIMは、大手キャリアから通信回線を借りるMVNO(仮想移動体通信事業者)であり、PCに例えるならプロバイダの役割を果たしています。

docomo、au、SoftBankは3Gの通信方式や提供している周波数帯(バンド)が異なるためSIMロックを外してもキャリアを超えて使えない場合が多いです。LINEモバイルの場合も、auやSoftBankからの端末引継ぎは難しいと考えられます。逆に、docomoで購入したスマホであれば同じ回線のLINEモバイルはSIMロック解除なしで使えます。

SIMフリーのスマホでもdocomo回線が使えないものがあるので「SIMフリーならすべて使える」という勘違いも今日で捨てましょう。

●iPhone6以降ならauやSoftBank版でもSIMロックを解除すれば使用可能

LINEモバイルの動作確認済み端末には書かれていませんが、iPhone6s以降であればSIMロックを解除する事によってauやSoftBankでの利用も可能と公式サイトには記載されています。

ただし、softbankに関しては解約から6ヶ月以内でなければSIMロックが解除できなくなってしまうので、注意が必要です。

・iPhoneは周波数帯の対応が多い

周波数帯には、実は10以上の種類があります。それを使い分けることによって通信の混雑を防いでいるのですが、docomo、au、SoftBankで主力の周波数帯が違います。そこでこの3社の周波数帯をしっかりカバーできているiPhoneならdocomo以外のキャリアから乗り換えても使えると考えられます。

ただし、機種によってau版が使えるかどうかは変わるためiPhone5s以前のものは諦めた方が良いと思われます。

SIMカードが端末にきちんと認識されているか

●SIMなしと表示されたらカードが認識されていません

つぎに、SIMカードが端末に認識されていないこともつながらない原因になります。これは画面に「SIMなし」と表示されますし、Androidの場合はAPNを確認するとLINEモバイルのものが確認できません。

このような場合は「SIMカードがうまく挿さっていない」「SIMカードが破損している」「端末が破損している」という3つのトラブルが疑われます。

・SIMカードがうまくささっていない

これは以外によくあるトラブルです。SIMカードを挿すときはトレイにしっかり合わせておくまで挿しこむようにしてください。SIM変換アダプタを使う場合も気をつけましょう。

・SIMカードが破損している

SIMカードは経年劣化を起こすものなので、挿し直してもSIMが認識されなければLINEモバイルに問い合わせてSIM交換をします。逆に言えば、購入してすぐにSIMが破損することは考えづらいです。

・端末が破損している

端末が破損していることの確認は、他の端末にSIMカードを入れて「SIMなし」と表示されないこと、LINEモバイルのAPNが発見できることから分かります。つまり、他の端末でもSIMカードが認識されなければSIMカードに問題があります。

APN設定は完了しているか

●初心者にとってはめんどくさいAPN

LINEモバイルのSIMを初めて使用する時やスマホを買いかえた時にネットワーク通信ができなくなることがあります。その場合はAPN設定を忘れているかもしれません。

APNとはネットワークに接続するための窓口のことで、PCで言うところのプロバイダです。大手キャリアでAPN設定が不要だったのは、予め設定してくれてたからにすぎず、格安SIMでは自分で設定します。AndroidスマホとiOSでは操作が異なります。

●AndroidスマホでAPN設定をする

AndroidスマホのAPN設定はこちらに記載されている通りですが、端末によって微妙に異なります。

https://mobile.line.me/support/apn/android/

端末を起動し設定画面を開くところまでは共通ですが、ネットワークの設定をするための項目やそれ以降の設定が微妙に違うため大まかに説明します。

まず、設定を開いた後は「ネットワーク」と書いてある項目かあるいはWi-Fiのアイコンのある項目をタップしてください。

次に「APN」または「アクセスポイント名」と書かれた項目をタップしてください。

そのあとはAPNの追加で以下の情報を入力するか、APNでline.meを選択できる場合はそこからユーザー名とパスワードを入力します。

名前 LINEモバイル

APN line.me

ユーザー名 line@line

パスワード line

認証タイプはPAPまたはCHAPを選択します。

●iOS(iPhoneやiPad)でAPN設定をする

iOSの端末は、こちらのURLから手順の確認ができます。端末でAPN設定をする代わりにオンラインでAPN構成プロファイルのダウンロードを行うためWi-Fi接続をしておきましょう。また、他社からiPhoneやiPadを引き継ぐ場合は以前使っていたAPN構成プロファイルを削除してください

https://mobile.line.me/support/apn/ios/

また、こちらのURLからAPN構成プロファイルのダウンロードページに直接移動できます。

https://mobile.line.me/apn/line.mobileconfig

イオンストールの際はパスワードのみ必要なので手元に控えておきましょう。ダウンロードページではページ右上に現れる「同意」→「インストール」→「完了」を順にタップするだけです。

本体の再起動をしてみる

スマホも電子機器なので内部で一時的なトラブルが起きることもあります。その場合は一度再起動するだけで解決します。PCやゲームと一緒ですね。

ただし、起動には大きなエネルギーを必要とするため何度も再起動するとSIMや端末の故障につながります。上記をすべて試しても特定できず、かつ2回ほど再起動してもつながらないようならLINEモバイルに連絡しましょう。