格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

LINEモバイルでwifiルーターを使う方法!メリットやデメリットも解説

LINEモバイルでWiFiルーターは使えるの?

Lineモバイルとは、トークが無料で行えるアプリとしておなじみのLINEが提供している格安SIMのことです。格安SIMは通常SIMフリースマホに挿して利用することが多いですが、タブレットやWiFiルーターなどに挿しても使うことができます。

他社のMVNOのHPを見てみても、動作確認されているルーターなどが記されています。ではLINEモバイルは使うことができるのでしょうか?結論から言うとLINEモバイルでWiFiルーターを使う事はできます。

LINEモバイルユーザーの中には、モバイルルーターに挿している人もいるので、特に問題なく使えるでしょう。公式のHPにはスマホの事しか書かれていませんが、実際に使っている方もいらっしゃるので契約して損はしないでしょう。

LINEモバイルでWiFiルーターを持つメリット・デメリット

メリットその1契約料が安い

WiFiルーターのプロバイダをLINEモバイルにする最大のメリットは契約料のリーズナブルさです。WIMAXなどが有名ですが、月額料金が約5,000円ほどなのに対し、LINEモバイルは500円から格安SIMを契約することができます。

約10分の1以下の金額ですので、かなりお得であることがわかります。プロバイダを契約する際に料金を抑えたい方にはおすすめだと言えます。

メリットその2通信速度が速くて快適

LINEモバイルを使うメリットは通信速度が速いということでしょう。LINEモバイルは他のMVNOに比べて新しいサービスです。そのため契約している人も他のMVNOに比べると少ないと考えられます。

ですので、WiFiルーターに挿しても快適に使うことができるのです。また、LINEモバイルには「カウントフリー」という独自のサービスが導入されています。LINEやLINEMUSIC、ツイッターなどが当てはまり、これらのサービスを使っても通信料がカウントされないような仕組みになっています。

普段からSNSサイトをよく使っているという方には使い勝手のいいSIMと言えるでしょう。途中で通信制限がかからないので、ずっと高速回線のまま様々なサービスを使うことができるのです。

ただし、より多くのサービスのカウントフリーを適用するためには「コミュニケーションフリープラン」や「MUSIC+プラン」を選ぶ必要があります。とはいえ他のプロバイダよりも契約料はかなりお安いので、お金を惜しむ必要はないでしょう。

デメリットその1動作確認が取れていないので自己責任となる

しかし、LINEモバイルの格安SIMをWiFiルーターに使うのはデメリットもあります。LINEモバイルはあくまでもスマホ用のサービスです。公式HPにはSIMフリースマホと、ドコモの端末しか書かれていません。

つまり、WiFiルーターには動作確認が行われていないのです。せっかくLINEモバイルを契約しても、手元にあるWiFiルーターが正常に動かない場合があります。使う際はあくまでも自己責任ということになるでしょう。

デメリットその2自分でWiFiルーターを用意する必要がある

LINEモバイルの格安SIMを使う場合、自分でWiFiルーターを用意しなくてはなりません。それも普通の物ではなく、SIMフリーのものです。ですので、今現在使っているものが使えなくなる場合があります。

SIMフリーのルーター自体はAmazonなどで購入することが可能です。大体1万円~2万円ほどで購入することができます。ただし、新たな出費が必要になる事や今使っているものが使えなくなってしまうのが勿体無いと思う方にとっては大きなデメリットに感じてしまうでしょう。

LINEモバイルでWiFiルーターを使う方法

様々なAPN設定を試す必要がある

手元にSIMフリーのWiFiルーターとLINEモバイルの格安SIMが届いたら、まずは本体にセットします。しかし、このままでは使うことができません。APN設定というものを行ってはじめてWiFiルーターを動かすことができます。

通常のMVNOにはルーターの説明書なども付属されていますが、LINEモバイルはあくまでもスマホのみのサービスなのでAPN設定の説明書やコードが付属していない可能性があります。ですので、スマホ用のAPNを試した際に使えなかった場合はネットを検索して探す必要があります。前もってAPNのコードなどもリサーチしておく必要があるでしょう。

lineモバイルでWiFiルーターを使う際の注意点

データSIMを選択する

LINEモバイルには他のMVNOと同じようにデータSIMと音声通話付きデータSIMの2種類が提供されています。しかし、WiFiルーターに使う場合はデータSIMの方にする必要があります。

音声通話付きのSIMでも使う事は可能なのですが、通話をすることはできませんので損をしてしまうのです。また、音声通話付きSIMは解約手数料0円のデータSIMとは違い、1年の契約の縛りが発生します。つまり、途中で解約してしまうと9,800円ほどの違約金を支払わなければならなくなってしまうのです。

万が一、SIMフリーのルーターでつかなかった場合返却すると損をしてしまうことになってしまいます。様々な面から考えてもデータSIMを契約するほうがいいと言えるでしょう。

将来的にサービスがどうなるかわからない

今の段階ではLINEモバイルのカウントフリーがWiFiルーターでも適応されています。しかし、あくまでも現段階なので将来的にどうなるかわかりません。ユーザーが増えきたり、他のサービスが導入されてきたりすると損をする可能性も出てきてしまいます。

将来的にどっちに転ぶかわからないサービスですので、できることなら早めに使っておくほうがいいと言えるでしょう。損をしないためにも、常にLINEモバイルの情報を調べておく必要があるかもしれません。