mineo(マイネオ)の低速モードへの切り替え方法とバースト機能について解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

mineo(マイネオ)の低速モードへの切り替え方法とバースト機能について解説

mineo(マイネオ)には速度切り替え機能がある?

MVNOの多くに、速度切り替え機能があります。速度を切り替えることでデータ容量の節約ができたり、必要なときにだけ高速通信を利用することができる点が、格安スマホの魅力の1つです。

mineo(マイネオ)では「mineo(マイネオ)スイッチ」という専用アプリを使うことで、必要なときに簡単にすぐ速度を切り替えることができます。mineo(マイネオ)の低速モード時の平均的な速度は、200kbps程度です。MVNOによっては、低速モードに切り替えて使い過ぎると200kbpsよりも速度がさらに下がります。

しかしmineo(マイネオ)の低速モードは、低速時に使い過ぎによる速度制限はありません。さらに、バースト機能で低速モードでもストレス無く使用することができるので、普段動画などは使わずに、メールやチャット、ウェブ検索でスマホを使う方に最適です。

mineo(マイネオ)専用アプリでの速度切り替え方法

ここからは、mineo(マイネオ)スイッチでの速度切り替え方法を解説します。利用方法はとても簡単です。また、アプリをウィジェット表示にすると、速度を切り替えたいときにすぐに1タップで変更することができて便利ですよ。

mineo(マイネオ)スイッチを利用するには、まずmineo(マイネオ)スイッチのアプリをダウンロードします。iOSのスマホを使用している方はAppStoreで、Androidのスマホを使用している方はGooglePlayからmineo(マイネオ)スイッチのアプリをダウンロードします。

mineo(マイネオ)スイッチのアプリをダウンロードして起動すると、ログイン画面が表示されます。「eoID」と「eoパスワード」を入力して、ログインをタップします。mineo(マイネオ)で複数の回線を契約している方は、表示される電話番号から利用する番号を1つ選択して「OK」をタップします。

すると、残容量や当月の使用量などが表示された画面がでます。「データ容量節約機能」と書かれたところに、速度を切り替えるアイコンがあります。そのアイコンは、高速モード状態のときには「mineo(マイネオ)スイッチ節約OFF」と表示されています。

アイコンをタップすると「mineo(マイネオ)スイッチ節約ON」の表示に変わり、低速モード状態に切り替わります。低速モード状態の際には「mineo(マイネオ)スイッチ節約ON」のアイコンの下に「通信速度制限中」と表示されます。

高速モード状態にしたい場合は「mineo(マイネオ)スイッチ節約ON」をタップすると、「mineo(マイネオ)スイッチ節約OFF」の表示に変わり、高速モード状態に切り替わります。このように、mineo(マイネオ)スイッチのアプリを使用すると、1タップで簡単に速度の切り替えをすることが可能です。

mineo(マイネオ)低速モードの速度はどのくらい?

mineo(マイネオ)の高速モード時の速度は、最大で225Mbpsですが、低速モード時では最大で200kbpsになります。通信速度を示す単位であるMbpsとkbps。「Mbps」とは、Mega bite per secondの略で、「kbps」は、Kiro bite per secondの略です。

Mbpsは、kbpsよりも大きいです。一般的にストレス無く使用できる速度が3~5Mbps程度です。

低速モードでも、スムーズに利用できる?

低速モードに切り換えるとデータ容量は節約できますが、普段よく使うアプリや機能がスムーズに使えるのか気になりますよね。低速モードの最大速度は200kbpsなので、高速通信と比べると体感は遅くなります。

しかし、200kbpsの速度でもスムーズに利用できるアプリや機能はあります。メールやSMS、文章が中心のウェブサイトなら、高速通信の場合と変わらず、スムーズに見ることができます。

LINEは、画像や動画を送信する場合には少し時間がかかりますが、メッセージの送受信は問題なく普通に利用できます。

TwitterやFacebookは、画像表示が少し遅いときがありますが、テキストを読む程度なら気になるほどではありません。スクロールで過去の投稿をさかのぼるときに、読み込みが遅くなることもあります。

GoogleMapは、地図の表示の場合は、遅さが気になることはあまりありませんが、ストリートビューや航空写真表示にすると厳しいです。

通話アプリは、ネットの回線状態によっては途切れてしまうこともあります。また、自動調整で音質が低下する場合もあります。

スマホのゲームアプリは、ゲームによって体感は変わります。データ通信量が少ないゲームなら、速度は気になりませんが、データ通信量が多いゲームは、200kbpsだと厳しいです。

YouTubeなどの動画アプリの利用は、低速モードだと少し再生してはすぐに止まってしまうので厳しいです。普段は低速モードにして、YouTubeを利用したいときは高速モードに切り替えることをおすすめします。

以上のとおり、低速モードでも意外とできることは多いです。普段は低速モードでデータ容量を温存して、いざというときに1タップで高速モードに切り換えると、少ない容量プランでも充分にスマホを楽しむことができますね。

低速モードでもデザリングはできるの?

mineo(マイネオ)では一部の場合を除いて、デザリング機能を無料で利用することができます。mineo(マイネオ)のAプランでiPhoneやiPadを利用する場合と、ドコモで契約したAndroid端末の一部は、デザリング機能を利用できません。

mineo(マイネオ)の低速モードでのデザリング機能を使うと、パソコンでも最大200kbpsの速度で使うことが可能です。

mineo(マイネオ)の低速時のバースト機能について

バースト機能とは、低速モードに切り替えているときに、通信の始めの数秒間は高速で通信する機能です。バースト機能によって、始めの高速通信時にデータをダウンロードできるので、低速モードでもスムーズに情報を得ることができます。

バースト機能を利用するために必要な手続きはなく、mineo(マイネオ)スイッチで低速モードに切り替えるだけで、通信の始めに高速でデータを読み込むことができます。

mineo(マイネオ)は、高速通信と低速通信の切り替えができるだけでなく、使い過ぎによる制限がなく、さらにバースト機能もあるなど、機能性に優れているMVNOです。

注意点

昼間などネットが混雑する時間帯では、mineo(マイネオ)スイッチで低速モードにすると、ネットワークに繋がりにくくなる場合もあります。混雑する時間帯は、平日の昼間(12時~13時)や、平日の朝や夕方の一部の時間帯です。その時間帯以外では、通常のテキストのみのメールや、ウェブサイトなどはスムーズに閲覧することができます。