格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

mineo(マイネオ)のバースト転送機能の詳細やメリットについて解説

mineo(マイネオ)にはバースト転送機能はあるの?

バースト転送機能とは、低速モード時でも通信の始めの数秒間は高速で通信できる機能です。格安スマホは、安いプランとなるとデータ量が少ないものが多いです。バースト転送機能があることによって、通信を開始した最初は高速通信を行うため、スムーズに情報を得ることができます。

mineo(マイネオ)のバースト機能を使用するために必要な手続きはなく、自動的に低速モード時の通信の始めは高速で通信します。

バースト転送機能のメリット

ネットにつなぎ始めは高速で通信ができるため、データをある程度ダウンロードすることができます。バースト転送機能がないと、低速モード状態では画像の表示や、ファイルのダウンロードに時間がかかってしまいます。

テキストがメインのウェブサイトの閲覧や、メールやチャットでの使用なら低速状態でもスムーズに使うことができます。しかし、画像の多いサイトやSNSを見る際には、低速状態だと見たい画像を表示するのに時間がかかってしまいます。

格安スマホを使用する方で、調べものを沢山する方や、SNSで画像を見たりアップロードすることが多い方は、バースト転送機能のあるMVNOをおすすめします。mineo(マイネオ)は便利なバースト転送機能だけでなく、使いすぎによる制限がない点や、アプリで簡単に速度の切り替えをすることによって、データ容量の節約ができるのでおすすめです。

低速状態が続くとイライラしてしまったり、表示されるのを待つ時間がもったいないと感じる方も多いかもしれません。スマートフォンはガラケーと比べると、便利な機能やアプリが沢山あります。スマートフォンを充分に楽しむためにも、ある程度の速度は欲しいですよね。

キャリアのスマートフォンと違って、データ容量の節約ができるMVNOがある点が格安スマホの魅力の1つです。データ容量の節約ができて、ネットにつなぎ始めの高速通信によってスムーズに情報を得ることができる点が、バースト転送機能の大きなメリットです。

バースト転送機能があっても利用が厳しいものは?

バースト転送機能があっても、再生時間の長い動画や、データ量の多いゲームアプリの利用は厳しいです。YouTubeなどの動画アプリは、バースト転送機能によってはじめにある程度見ることができたとしても、すぐに止まってしまいます。低速状態になってしまえば、後は少し進んでは止まり、また少し進んでは止まる状態を繰り返してしまいます。

YouTubeなどの動画アプリを利用する際には、高速通信モードにするか、データ容量の大きいプランを選ばれることをおすすめします。

ゲームアプリは、データ使用量の多いゲームの利用は厳しいです。ゲームアプリを楽しむためには、サクサク通信できることが重要になります。バースト転送機能があったとしても低速モード状態では、まずゲームアプリをインストールするのに時間がかかり、長いときは何時間も待つ必要があります。

低速状態で時間をかけてインストールできたとしても、最新のものにアップデートする際にまた時間がかかってしまったり、快適にゲームをすることは厳しいです。

動画やゲームの他には、地図アプリでストリートビュー表示にする場合も、時間がかかってしまうため厳しいです。バースト転送機能は、動画やゲーム等の利用は厳しいですが、ウェブサイトで調べものをする際には役立ちます。

mineo(マイネオ)の他にバースト転送機能のあるMVNOは?

■楽天モバイル
楽天モバイルでは通信速度の制限時でも、通信開始時の75KB分は高速通信が可能です。楽天モバイルでは、APNが「rmobile.co」の場合、バースト転送機能を利用することができます。

■IIJmio
バースト転送機能を他のMVNOよりも先に搭載したのが、IIJmio(アイアイジェイミオ)です。200kbpsに制限された状態でも、最初の75KB分は、高速で通信することができます。75KB分とは、時間にすると約3秒分です。

■DMMモバイル
DMMモバイルは、DMMが提供するMVNOのモバイル通信サービスです。DMMモバイルは、プランが豊富でデータ容量に応じて選ぶことができます。高速データ通信がONの場合は、下りは最大375Mbpsで、上りは最大50Mbpsです。低速データ通信時は、最大で200kbpsです。DMMモバイルにもバースト転送機能は搭載されています。

■エキサイトモバイル
エキサイトモバイルのプランには、使った分を支払うプランと定額プランから、自分に合う好きなプランを選ぶことができます。エキサイトモバイルは、IIJmioの通信設備を使用しています。バースト転送機能もあり、速度の切り替えはウェブブラウザを開いて行います。

■OCNモバイルONE
OCNモバイルONEは、通信を開始した最初の150KB分を高速で通信することができます。バースト転送される量が、楽天モバイルやIIJmioの2倍もある点が特徴です。バースト転送機能によって、データ容量の少ない画像や、ウェブサイトを短い時間で表示することができます。

■NifMo
NifMoは、ニフティ株式会社が提供する、MVNOのモバイル通信サービスです。NifMoのバースト転送機能は、通信開始時に150KB分を高速で通信します。NifMoは速度が速いと評判が高いです。公衆のWi-Fiサービスが追加料金なしで利用できる点も魅力的です。

以上のように、バースト転送機能は様々なMVNOに搭載されています。バースト転送機能があることによって、低速時も最初は快適に通信することができます。格安スマホは料金が安いだけでなく、バースト転送機能でデータ容量を節約しつつ、スムーズに情報を得ることができる点が、キャリアスマホにはない魅力の1つです。