mineo(マイネオ)は海外でも利用できる!国際通話や海外用プリペイドSIMについて

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

mineo(マイネオ)は海外でも利用できる!国際通話や海外用プリペイドSIMについて

mineo(マイネオ)は海外で利用できる?

mineo(マイネオ)ユーザーにとっては、海外で利用できるようになるかどうか気になるところだと思います。結論から言うと海外でも問題無く使用することができます。但し、海外で利用する場合には、条件や設定、料金などが異なっています。Dプラン(ドコモ)と、Aプラン(au)があり、Aプランの方が少し安い設定になっています。

その他、国によって、通話料金が変わることと、事前に設定をしておかないと通話ができない点もきちんと理解してください。とはいっても、設定については、日本国内で行うことができますし、日本語サポートデスクもありますので、安心して簡単に利用が可能となります。

使い方は簡単で、渡航先に着いたら、海外モードに切り変えて利用すればOKです。当然海外は料金が割高になりますので、どの程度料金がかかるかを把握した上で通信や、電話を利用しましょう。

以下Dプラン、Aプランそれぞれの利用可否についてまとめたものですので参考にしてください。

〈Aプラン(au)の場合〉

国際電話 滞在先により異なります
国際SMS 1送信毎に100円/受信は無料
データ通信 利用できません

 

〈Dプラン(ドコモ)の場合〉

国際電話 滞在先により異なります
国際SMS 1送信毎に100円~170円/受信は無料
データ通信 利用できません

mineo(マイネオ)の海外での通話料金とその確認方法

mineo(マイネオ)を利用して海外への通話をすることは可能です。但し国によって料金が違いますし、DプランかAプランかによっても料金が変わってきますので注意が必要です。日本の場合だと、20円/30秒ですが、海外の場合は国によって2倍以上の差があるので、自身の行く国についての正しい情報を把握しておいてください。

〈国別通話料金 Dプラン〉

国・地域名 国番号 30秒毎の料金
平日(昼間)
8:00-19:00
平日(夜間・深夜・早朝)
19:00-8:00
土・日・祝(終日)
アメリカ(本土)、グアム、
サイパン、ハワイ
1 34円 31円
中国 86 57円 49円
オーストラリア 61 68円 63円
イギリス 44 108円 78円
イタリア 39 108円 78円
フランス 33 108円 78円

 

〈国別通話料金 Aプラン〉

国・地域名 国番号 通話料金(30秒あたり)
アメリカ(本土) 1 20円
グアム 1-671 20円
サイパン 1-670 20円
ハワイ 1-808 20円
中国 86 55円
オーストラリア 61 20円
イギリス 44 65円
イタリア 39 65円
フランス 33 65円

mineo(マイネオ)を海外で利用する際の注意点

mineo(マイネオ)を利用すると、海外でも携帯が使用できますが、できない機能もありますので、事前に理解しておく必要があります。特に、データ通信はできませんので勘違いしないでください。インターネット通信をする場合は、海外でも使えるポケットWi-Fiなどを持つなどの対応をすれば、インターネット通信は可能となります。

mineo(マイネオ)を海外で利用する際には、日本で使うのと同じ感覚で利用すると、高額の請求がきたり、使い方が異なる場合があるので、注意してください。

特に注意してほしいのが、ローミングエリア情報の更新をすることです。これをしないと、海外で正しく利用ができなくなりますので、渡航前に更新を行ってください。

〈ローミングエリア情報の更新方法〉

日本国内で*5050へ電話発信し、「ICカードのデータ更新が完了しました」という表示がでたら「了解」をタップし、電源を1回オフにしてから再起動すれば完了です。

mineo(マイネオ)海外用プリペイドSIMについて

海外への旅行や出張が頻繁にあり、電話をよく使う人には、mineo(マイネオ)の海外用プリペイドSIMがおすすめです。プリペイドなので、パケット代を使いすぎてしまい、帰国後に高額請求が来ることもありませんし、日本でセットアップできるので、問題が起こった時も日本語サポートデスクが対応してくれます。また今のスマホでそのまま何か国も利用することが可能になるので、手間がかかりません。

mineo(マイネオ)の海外用プリペイドSIMのおすすめ理由は以下の3点です。

  1. 通信量が自由に選べる
     
  2. サポートが日本語で受けられる
     
  3. 今使っているスマホのまま利用できる
     

1.通信量が自由に選べる

データ容量が4つの中から選ぶことができます。また、プリペイド式なので使いすぎることもなく、安心して利用することができるのも海外プリペイドSIMの良い点です。

データ容量は、30MB、100MB、500MB、1GBの中から選びます。

データ容量
30MB 100MB 500MB 1GB
650円 1,480円 5,480円 9,800円

 

〈利用対象地域〉

利用可能な地域は以下の通りです。

中国、香港、台湾、韓国、タイ、アメリカ(アメリカ本土・アラスカ・ハワイ)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、オーストリア、イギリス、クロアチア、チェコ、オランダ、ベルギー、フィンランド、ハンガリー、ポルトガル、スウェーデン、スロベニア、ポーランド、デンマーク、ルーマニア、ブルガリア、アイルランド、スロバキア、リトアニア、ギリシャ、エストニア、ラトビア、キプロス、ルクセンブルク、マルタ、スイス、ノルウェー、アイスランド、モナコ、セルビア)

2.サポートが日本語で受けられる

海外では、自身の携帯電話は他と繋がることのできる大切な存在なので、肌身離さず持ち歩くことが大切です。また、電池切れや、データ容量が足らなくなることがないように常に注意しておきましょう。海外でちゃんと利用できるかどうかの確認と、通話費用がどの程度になるかは、あらかじめmineo(マイネオ)のサイトなどから確認しておきましょう。

設定を日本国内で行いますので、何か困ったことなどがあれば、日本国内のサポートデスクへ問い合わせて確認することができます。

購入した通信データ残量をウェブ上で確認することもできるので、海外旅行の途中でデータ容量がなくなることが無く安心です。mineo(マイネオ)には海外SIM用のマイページがあるので、そこから確認することができます。

3.今使っているスマホのまま利用できる

今使っているスマホがそのまま海外でも利用できるのもmineo(マイネオ)をおすすめする理由です。もちろんSIMロック解除やネットワーク設定は自分でする必要がありますが、それほど難しくないので問題なくできるでしょう。

あとはSIMカードを差し替えるだけですが、端末のサイズに合ったSIMカードにすることを忘れないようにしてください。これは今日本で使っているSIMカードのサイズを確認し、購入時にそれと同じサイズを選べばOKです。

mineo(マイネオ)海外プリペイドSIMは、購入した時に、チャージなしで30MBのデータ通信容量がついてきます。ですので、この分はチャージする前から利用が可能となり、プリペイドカードを購入してすぐに使うことが可能です。

SIMカードは12ヵ月間1度もチャージされないと、自動的に無効となり利用できなくなりますので注意してください。

〈海外用プリペイドSIMの使い方〉

1.プリペイドSIMを購入する

購入はmineo(マイネオ)の専用サイトからできます。

2.初期登録

SIMカードを有効にするにアクセスし、購入したSIMカードの裏に書かれている19桁の数字と連絡先電話番号・メールアドレスを入力します。

登録が完了するとアカウントが発行されます。アカウントがあると、海外用プリペイドSIMのマイページを見ることができ、残高などの確認が可能になります。

3.スマホに挿入

スマホに挿入して電源を入れます。その際にはSIMロックがかかっていない端末を利用してください。

4.万松の設定とテスト

出国前に設定を完了させておき、海外ではすぐに使えるようにしておいてください。

実際に設定して、インターネット通信が問題なく出来るかの確認をしておきましょう。

5.データ容量チャージ

出国前にデータ容量をおこなっておきましょう。購入した時点で30MBはチャージされていますが、それ以上必要な場合は事前にチャージを行っておきましょう。どの程度チャージすればいいのかは、訪問する国と、通話予定時間などから判断してください。チャージは海外SIM用マイページからできます。ここで注意してほしいのが、チャージの方法には2種類あるということです。データ容量を選択してチャージする「データパックチャージ」と、金額を指定して事前入金できる「従量チャージ」の2種類です。

mineo(マイネオ)の他に海外用プリペイドSIMの提供をしているMVNO

海外で格安SIMを使おうとした場合、mineo(マイネオ)以外のメーカーもそれぞれ独自のプランを展開しており、海外対応も可能となっています。中でも楽天モバイルの海外SIMはデータ通信もできるので、mineo(マイネオ)とは違うメリットがあります。

楽天モバイルでは、180か国以上で利用が可能となる海外SIMを展開しています。プランは地域別パックで分かれており、一番安い50MBのコースでは、アメリカ、ハワイは880円~、中国、韓国、タイは1,040円~、ドイツ、フランス、スイスは820円~となっています。

楽天モバイルの海外SIMは、データ通信のみの利用にして、料金を安くすることも可能ですし、通話+SMSの利用にして、たっぷり通話を出来るコースにすることも可能です。

電話番号も今使っているものが利用可能で、SIMカードを入れ替えるだけですぐに使えるので、ストレスなく、海外でも通話やデータ通信が可能となります。