格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

mineo(マイネオ)の プラン変更の方法と料金内容について

新しく選べるDプランの料金内容

mineo(マイネオ)のマルチキャリア化に伴い、従来のau回線網のプラン「Aプラン」に加えてdocomo回線網の「Dプラン」が新たに追加されました。Dプランの料金について見ていきたいと思います。

■プランの解説

・Aプラン

従来から提供されていたau回線網を使ってのサービス提供プランです。利用できるスマートフォン・タブレットはauキャリアの白ロム版および、auのバンドに対応したSIMフリー版のものとなります。

・Dプラン

2015年9月1日からサービスが提供された新しいプランです。こちらはdocomo回線網を使ったサービスになります。使える端末はdocomoキャリアの白ロム版および、docomo回線のバンドに対応したSIMフリー版です。

■従来のプラン「Aプラン(au回線網)」の料金(税抜)

基本データ容量 シングルタイプ シングルタイプ
SMS付き
デュアルタイプ
500MB 700円 700円 1,310円
1GB 800円 800円 1,410円
3GB 900円 900円 1,510円
6GB 1,580円 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 2,520円 3,130円
20GB 3,980円 3,980円 4,590円
30GB 5,900円 5,900円 6,510円

 

■新設されたプラン「Dプラン(docomo回線網)」の料金(税抜)

基本データ容量 シングルタイプ シングルタイプ
SMS付き
デュアルタイプ
500MB 700円 820円 1,400円
1GB 800円 920円 1,500円
3GB 900円 1,020円 1,600円
6GB 1,580円 1,700円 2,280円
10GB 2,520円 2,640円 3,220円
20GB 3,980円 4,100円 4,680円
30GB 5,900円 6,020円 6,600円

 

シングルタイプは同じ価格です。総合して見るとAプランはSMSオプションが無料で付けられるのですが、Dプランでは120円/月の追加料金がかかる分、Aプランより高く設定されています。

SMS分を除けばほぼ同額と言って良いでしょう。

■タイプの解説

・シングルタイプ

データ通信専用SIMの契約です。Aプランの場合はSMSのオプションは無料ですので、特に理由がなければSMSオプション付きで申し込むほうがお得です。DプランのSMSオプションは有料(1回線毎に120円/月)でシングルタイプの月額料金に加算されます。こちらも契約時に合わせてSMSオプション申し込みが必要です。

・デュアルタイプ

データ通信に加え090音声通話機能ができるSIMです。両プラン共にSMS機能が標準装備となっています。

プラン変更をするメリット

■MVNOでは最多の動作可能スマートフォン・タブレット機種数を誇る

業界唯一のマルチキャリアMVNOですので、au端末・docomo端末のどちらでも対応が可能です。au端末では2015年10月現在VoLTE端末は動作対象とはならないので注意が必要ですが、1つの契約では業界最多の動作可能端末数を誇ります。端末がau、docomo版に関わらず契約プランさえ端末に合わせることで使うことができるのです。
従ってauのスマートフォンを使っていた方が次に機種変更したい機種がdocomo版だった場合、docomo回線網のMVNOに契約しなおす必要がなく、プラン変更だけで済ませることができます。docomoのスマートフォンを使っていてauのスマートフォンに買い替えたい場合も同様です。SIMフリー版、au版、docomo版とあらゆる格安スマホに対応しているMVNOだと言えます。

■データ量を無駄にしない

mineo(マイネオ)解約から新規に他のMVNOと契約すると、mineo(マイネオ)でのデータ量が残っていたとしても当然ながら0になり、他のMVNOに持ち越すことはできません。mineo(マイネオ)のプラン変更なら異なる回線のサービスでも使えるデータ容量を持ち越すことができます。このように少しでも無駄にしない使い方ができるわけです。

■mineo(マイネオ)のメールアカウントを引き継げる

MVNOを移ってしまうとMVNO提供のメールアカウントも消滅してしまいます。mineo(マイネオ)内のプラン変更ならばメールアカウントも引き継げるため、機種変更により回線プランを変えたとしてもmineo(マイネオ)のメールアカウントを使っていれば引き継ぎできて安心です。無料メールアカウントを使う方法もありますが、やはり有料サービスで提供されるメールアカウントの方が何かと安心できるというものです。

■MNP転出・転入手数料と新規事務手数料をカット。コストを最小限に抑えられる

デュアルタイプ契約時AプランからDプラン、またはこの逆のパターンでプラン変更した場合、電話番号を引き継ぐオプションを選択した上で行えば電話番号を変えることなく異なる回線サービスを受けることができます。

・mineo(マイネオ)を解約し他MVNO(ここでは楽天モバイル)に移転した時の手続きコスト

内訳 手数料
楽天初期費用(事務手数料) 3,000円
mineo(マイネオ)MNP転出手数料 2,000円
合計 5,000円

 

・mineo(マイネオ)内でプラン変更をした時の手続きコスト

内訳 手数料
mineo(マイネオ)プラン変更手数料 2,000円
合計 2,000円


※全て税抜価格です、別途消費税がかかります

※mineo(マイネオ)の転出手数料は回線を13ヶ月利用したものと仮定しています。12ヶ月以内のMNP転出手数料は11,500円(税抜)となります。

このように、au回線・docomo回線の問題だけでMVNOを移るより、mineo(マイネオ)内のプラン変更で済ませた方が総合的に見て割安になるのです。上記したように、データ容量残も引き継げますので、この額面以上にコストパフォーマンスに優れていると言えるわけです。

格安SIMの大きなテーマとして「ランニングコストのカット」があるのは間違いありません。mineo(マイネオ)に契約することで長い目で見た時にかかるコストを圧縮することができるのです。

プラン変更の方法

■プラン変更の手数料

・Aプラン契約時の各種手数料

項目名 手数料(税抜)
新規契約時 3,000円
プラン変更時(auプラン←→ドコモプラン) 2,000円
タイプ変更時(シングル←→デュアル) 2,000円
SIMカード再発行時 2,000円

 

・Dプラン契約時の各種手数料

項目名 手数料(税抜)
新規契約時 3,000円
プラン変更時(auプラン←→ドコモプラン) 2,000円
タイプ変更時(シングル←→デュアル) 2,000円
SIMカード再発行時 2,000円
SMS契約変更(SMSあり←→SMSなし)
※シングルタイプ契約時のみ
2,000円

 

プラン変更手順

この記事のメインコンテンツであるプラン変更(Aプラン←→Dプラン)についての手順を紹介していきます。

  1. マイページにログイン
     
  2. マイページ下部にスクロールし「プラン変更(Aプラン←→Dプラン)」を選択
     
  3. プランを選択(AプランまたはDプラン)
     
  4. タイプを選択(シングルタイプ/デュアルタイプから選択)
     
  5. シングルタイプの場合、SMS機能の有無を選択
     
  6. コース(データ容量)を選択(500MB/1GB/3GB/6GB/10GB/20GB/30GB)
    利用状況により、選択できるコースが限られている場合があります。この時はコースが確定してから、後から再度コース変更を申し込みしてください。コース変更にかかる手数料は無料ですのでご安心を。
     
  7. SIMカード+端末 もしくは、SIMカードのみかを選択
     
  8. 次へ進むをクリック
     
  9. SIMカード形状(nano/micro/標準)を選択
     
  10. 確認画面が出ますので、確認の上次へ進むを選択
     
  11. 本人確認
    契約内容によっては本人確認が求められます。端末の同時購入申し込み、またはデュアルタイプへの変更時にはこの手続きが必要です。
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種被保険者証
  • 顔写真付き住民基本台帳カード
  • 共済組合員証
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 特別永住者証明証
  • 年金手帳
  • 身体障害者手帳
     
    のいずれか一つのアップロードを求められます。あとは画面の指示に従ってください。
     

プラン変更時の注意点

・Dプラン契約期間中のSMSオプション変更はSIMカードの交換が必要

Dプラン・シングルタイプ契約でSMS無しの契約をしている方は契約途中でSMSを付与する申し込みができますが、SIMカードの交換が必要となってきます。この場合は事務手数料2,000円(税抜)も必要となってきます。対して、Aプラン・シングルタイプ契約の方はSIM交換の手続き無しでSMSオプションの有無を変更できます。後者の場合はもちろん無料です。

・Aプランに変更時、au VoLTE端末は使えない

2015年10月現在でのことです、現時点ではau版VoLTE端末の全てが動作非対応ですので、プラン変更時にはご注意を。2015年11月半ばよりau VoLTE端末でも使えるようになるとのことです。 ⇒2017年4月現在、au版VoLTE端末も使えるようになっています。詳しくはmineo(マイネオ)公式サイトで確認してください。

・利用不能期間がある

変更手続きの審査完了後、1週間程度で新しいSIMカードが届けられ古いSIMカードと差し替えるまでの間mineo(マイネオ)のサービスが使えなくなります。デュアルタイプへの変更時には、これに加え回線切り替え手続きを行うまで利用ができなくなります。いずれも、かなりの不通期間が設けられているため、プラン変更は忙しい時期には控えておくのが良いのかもしれません。

Dプランの通信速度について

mineo(マイネオ)のMVNO業界での通信速度は中の上といったところです。

▽Xi通信時 下り最大225Mbpsの回線速度

docomoのキャリア契約と同等のスペックです。MVNOだからといって物理的な制限があるわけではないのでご安心を。

▽高速通信時でも混雑時にはどうしても弱い傾向にある

これはほぼ全てのMVNOに通じて言えることですが、通勤時間帯、お昼休みの時間帯(12時~13時前後)において、通信速度が低下する現象が見受けられます。mineo(マイネオ)では実測1Mbpsを切るようなことはまだ無いようなので(現在地によります)。かなり良好なMVNOだと言えるでしょう。

しかし、やはり混雑時間帯には同じスループットが出るかというとそうではないので、留意する必要があります。