格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

SMSはキャリアだけの機能じゃない mineoでも使えるSMS徹底解説

mineoでSMSは使用できるの?

使用できます。

SMSとはショートメッセージサービスの略です。相手の携帯電話番号さえ分かっていれば送受信できる小規模のメールサービスのようなもので、mineo契約の格安スマホでも利用できます。mineoの契約では次の条件のいずれかに当てはまっていればOKです。

  • データ通信専用SIMでもSMSオプション申込みを行えば利用できる

いわゆるシングルタイプの契約です。

  • 音声通話機能付きSIMは標準でSMSオプションが付属している

デュアルタイプの契約です。

次に端末です。SIMフリー端末でも使えるのですが、SMS対応機種でないといけません。

SMSは通話回線を使ってサービスが提供されるため通話機能がついているスマホであればほとんど問題はありません。しかし、通話機能をメインとしないタブレットでのSMS運用には障害がある場合があります。タブレットでのSMS利用については、事前にその機種でSMSが使えるかどうかを調べておく必要があります。

SMSが問題なく使用できるmineo。公式サイトはこちらからどうぞ。

mineoのSMS設定方法について

まずは、シングルタイプでのSMSオプションを申し込む方法から説明します。シングルタイプでSMSを使うためにはmineoとの新規契約時にSMSオプションを同時申込みするか、後から追加申込みするかの方法に分かれます。さらにAプランかDプランかにより方法が異なりますので、それも分けて解説しています。

Aプラン シングルタイプでSMSを使う方法

●新規申込み時にSMSオプションを追加する手順

1.新規にSIMを申し込む

2.申込み手順の途中に「オプションのお申し込み」ページが表示されるのでオプションを申し込む

Aプランの場合、SMSオプションは無料となっています。SMSオプションの項の「申し込む」にチェックを入れて手続きを進めてください。

3.手続き完了まで行い。SIM到着を待つ

4.SIMカードが到着したらスマホにセットする

SMSオプション無しのシングルプランSIMカードに後からSMSオプションを追加する手順

1.mineoマイページにログインし、スクロールする

2.「ご契約サービスの変更」の「オプション変更」を選択

3.「お申し込みオプション」「SMSオプション」の「申し込み」にチェックを入れて申請

Dプラン シングルタイプでSMSを使う方法

●新規申込み時にSMSオプションを追加する手順

1.新規にSIMを申し込む

2.「サービス」を選択するページが表示されるので「SMS機能」欄に「申し込む(有料:+120円/月)」を選択

Aプランとは違い、Dプランの場合にはSMSオプションが有料です。

3.手続き完了まで行い。SIM到着を待つ

4.SIMカードが到着したらスマホにセットする

●SMSオプション無しのシングルプランSIMカードに後からSMSオプションを追加する手順

1.mineoマイページにログインし、スクロールする

2.「ご契約サービスの変更」の「タイプ変更(音声通話あり←→なし)」を選択

3.「タイプ」の「シングルタイプ(データ通信のみ)」を選択

4.「SMS機能」が表示されるので「申し込む(有料:+120円/月)」を選択

こちらの最大の注意点はDプランの後日SMSオプション申し込みはSIMカードそれ自体の交換が必要になってくる点です。交換手数料2,000円とSIMカードの入れ替えが必要ですので注意です。

■デュアルタイプの場合

AプランDプラン共にSMSオプションは標準装備です。特別な手続きは必要ありません。SIMカードが届いたら端末にセットすることでSMSが使える状態になります。

■SMS利用にスマホへの設定は必要なの?

SMS利用のための設定は必要ありません。SMS利用の基本的なアプリもiOS、Android端末ともに標準でインストールされています。

上記のように設定もいたってシンプルなmineoのSMS。おすすめです。

→mineo公式サイトはこちら

料金はどのくらいかかるの?

  • 月額料金

まず、月額料金はプラン毎に違います。

プラン タイプ SMSオプションの月額料金

Aプラン

 

シングルタイプ 無料
デュアルタイプ 無料
Dプラン シングルタイプ 120円
デュアルタイプ 無料

※ただしDプランのデュアルタイプのSMSオプション料金はSIM契約の月額料金に内包している形です。Aプランより100円前後高くなっているためです。

  • 使用料金

実際に使った分にかかってくる料金についての詳細です。プラン毎に分けて解説します

  • Aプラン 国内SMS
料金内訳 SMS1通あたりの料金
送信 3円
受信 無料

 

  • Aプラン 国際SMS
料金内訳 SMS1通あたりの料金
日本国内にて送信 100円
日本国内にて受信 無料
海外にて送信 100円(免税)
海外にて受信 無料

 

  • Dプラン 国内SMS
料金内訳 SMS1通あたりの料金
送信 3~30円
受信 無料

 

  • Dプラン 国際SMS
    Dプランの国際SMSではシングルタイプの海外での送受信が利用できません。
契約タイプ 料金内訳 SMS1通あたりの料金
シングルタイプ 日本国内にて送信 50~500円
日本国内にて受信 無料
海外にて送信 利用できません
海外にて受信 利用できません
デュアルタイプ 日本国内にて送信 50~500円
日本国内にて受信 無料
海外にて送信 100円(免税)
海外にて受信 無料

 

mineoの公式サイトで詳細を確認する

mineoではSMSが使用できないプランもあるの?

mineoでSMS利用ができないプランは【SMSオプション申し込みをしていない】シングルタイプのみです。AプランでもDプランでも基本的には申込時にSMSオプションを申請していれば、SMSが使えないような契約形態はありません。しかし、前述の表のとおりDプランシングルタイプのSMSでは国際SMSが利用できないケースが存在します。

SMSの活用法と利用ケース

各種サービスの認証のために

昔はメールアドレスとパスワード、IDとパスワードという組み合わせでインターネット上のサービスが展開されてきました。しかし、現在ではこの組み合わせはなりすましの危険性が高いため、SMS認証や2段階認証など別の認証方式が採用されることが多くなってきました。SMS機能をいつでも使えるようにしておけば、このようなインターネット上のサービスを円滑に使うことができます。

また、Androidの新規アカウント登録ではSMS対応機種かどうかで大きく手間が違ってきます。SMS対応の場合はかなりスムーズに新規アカウントが取得できますのでオススメです。

メッセージを確実に相手に届けたい時に

SMSで1回のメッセージに書ける文字数はかなり限られています。全角文字で70文字前後といったところです。しかし、SMSの利点はインターネット回線を使わない通信にあります。Eメールは通信料さえ払っていれば特に課金のされないコスト的には優しいサービスですが、あらゆるサービスに依存しています。例えばこちらからEメールを送る際には、いくつかのサーバーを通る必要があります。いずれかのサーバーがダウンした場合、相手に届かない可能性があるのです。その点SMSはインターネットのように不特定多数のサーバーを経由することなく、最小のサーバーを通り相手に届けられます。さらに、メッセージが配達できたかどうかの返信機能がSMSの機能としてあるため、相手に届いたかどうかの確認が自動で行えるのです。このように確実性重視のメッセージ配信に最適です。

セルスタンバイ問題の解決に

端末によってはSMS機能のないデータ通信専用SIMでの運用に問題が発生することがあります。アンテナピクトが表示されなかったり、バッテリー消費が激しくなったりという問題です。これをセルスタンバイ問題と言いますが、この解決方法はSMSオプション付きのSIMを使うことです。音声通話回線の代替としてSMSがあれば端末のこの問題を解決できます。もちろんセルスタンバイ問題が無い端末もありますが、端末を変えて1つのSIMカードを長く使う場合には、やはりSMS機能が付いていた方が安心です。

通信速度に依存しない

前述の通り、SMSはインターネット回線を使いません。そのために、インターネット接続の通信速度にも依存しないのです。例えば、混雑時間帯に通信速度が遅いからといってSMSの送受信にもたつきの影響を与えることはありません。いつでもスムーズなメッセージのやりとりが可能です。

mineoでSMSを使用する際の注意点

  • Dプラン シングルタイプSIMでの後日SMSオプション申し込みはSIMカード交換相当となる

前述したとおりですが、DプランでのSMSオプションの後追いでの追加はSIMカード交換手続きを経由しないといけません。もちろんSIMカード交換手数料2,000円が請求されますので、割高になってしまいます。Dプラン シングルタイプでSMSを利用する際にはぜひとも、新規申し込みの時点でオプション追加をしておくことをおすすめします。新規申し込み時であれば追加の手数料は発生しません。

  • Dプラン シングルタイプのSMSオプションは有料で月額に120円が追加される

Aプラン シングルタイプのSMSオプションは無料ですが、Dプランは有料となります。

  • SMS送受信に非対応の端末では利用できない可能性がある

特にタブレットの場合にはSMSに対応したSIMカードをセットしてもうまくつかえない場合があります。端末自体ではSMS機能を認識していても、Androidが提供するSMS送受信アプリがその端末をSMS非対応機種と識別した場合にはアプリ自体が正常動作しないため、結果的にSMSの利用ができないパターンが存在します。通話機能付きの端末ではほぼ心配することはありませんが、タブレットでのSMS運用を考えている場合には事前にSMS機能が使えるかどうか調査しておきましょう。

  • Aプランでは文字数にかかわらず、SMS1通につき定額制。Dプランは従量制

AプランのSMSは1通あたり定額なのですがDプランでは1通の文字数により料金が変動します。1通最大30円というのはなかなか無視できないコストですので、SMSをメインで使う方は注意しておきましょう。

⇒TOPに戻る